こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

中国と日本どっちが強い…!?

中国と日本どっちが強い…!?

日中関係の緊張がものすごく高まってきましたが、
「日本が本気を出せば中国なんて相手にならない」と言っていたひとがいました。
中国がいくら発展してきているとはいえ、
確かに日本に比べたらまだまだなのかなとも思いました。
日本と中国どっちが強いのでしょうか?
わかりやすく教えてくださいよろしくお願いします。

投稿日時 - 2010-09-23 22:00:31

QNo.6203449

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

国によって得手不得手がありますからね。
一概にどっちが強いとはいえません。

ただ、相手になめられないようにするには
日本も憲法を改正して自衛隊を発展解消し
日本軍に作り変えないといけません。

そしてアメリカとの同盟を金科玉条のように
崇拝するのでなく、アメリカとも戦えるだけの
軍事力を自前で持たなければなりません。

アメリカとて他国の権益を守るために
出血してまで本気で合力してくれるとは
思えません。

日本はただ世界で1国だけ核戦争を体験した国
ですから、核武装することも当然の権利として
主張できるわけです。

アメリカ太平洋艦隊と互角の戦力、
核武装、
これらがあいまって初めて中国、ロシア、韓国にも
物がきちんといえるようになります。

アメリカの腰巾着をしていても
アメリカ自体が以前ほどの力を
持っていません。

中国はその辺の事がわかっているから
日本を恐喝してくるのです。

投稿日時 - 2010-09-25 16:31:53

このQ&Aは役に立ちましたか?

7人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(18)

ANo.17

ほら見たことか私の言ったとおりになったでしょう。
民主主義でなく国民の軍隊でない中国は北朝鮮と同じで正論や論理は通用しないのですよ。
世論はないのですから、
むちゃくちゃのヤクザの論理を振り回しても又は論理などなくても、自国に謝罪せよ、自国の子分になれ、
ついでに沖縄ももらおうかな。考えられないことをしますよ。
しかも人質までとって、、
それに対し民主的な日本は為す術も無くオロオロするばかりです。
頼りはアメリカの支持ですが、鳩ポッポがアメリカは頼りにしないなんて空想論を言ったものだから・・

この版でも数字やまともな理論を持ち出してどうのこうの言いますが、要するに力ですよ。
しかも その力を使える気力ですよ。

いますぐすることは 中期的には9条改正し軍隊をもつこと、短期的には防衛費を3倍に増額して諸外国にヤル気を見せること、 自衛隊は原子力潜水艦を持つこと

理論より力ですよ No4でも一貫して主張していますよ

投稿日時 - 2010-09-25 11:35:24

ANo.16

No.12です。返答有難うございます。
補足です。
会議までは必要ないが、応戦発砲する場合も(総理?)大臣の許可が必要。
緊急時には無線で許可を出すか前もって許可を出しているはずなので、問題に成らないでしょう。
この事を国会で決めると思っている人がいるようですが、国会は立法権しかないので国会では発砲許可はだせません。
行政権のある内閣が決めます。今は菅内閣か・・・うーん。
実弾使用もハードルが高いし。
ネット上でなので書きませんが、防衛上の問題は色々あり仲の良い自衛官に聞けば分かります。(憂鬱)
憲法上問題はあまり無いはずなので、緊急事態に備え法整備を急いで欲しいと考えています。
麻生さんにしろ、安倍さんにしろ、憲法改正など理念より実効性の高い法整備を先に進めて欲しかった。
しかし、自衛官が平和惚けという意見が有るのは納得できません。
自衛隊は後方支援で戦地になんども行っていますよ。
後方支援中、実弾が全く飛んでこないと思っているのかな?
ちなみに小泉政権の非戦闘地域という違憲ぎりぎりの判断のせいで、イラク戦争のとき自衛官は何度も攻撃を受けています。
この様な経験をしているのに平和惚けとは思えません。
こういった事を知らせないマスコミや、知らずに平気な国民が、一般に言う平和惚けだと思うのですが・・・
質問趣旨からずれてしまいましたね。ごめんなさい。

投稿日時 - 2010-09-25 11:32:48

ANo.15

現実問題として日本が勝てるわけ無い。
敵国を占領する事が出来ないのに数で負けてる国が勝てる道理は無いです。

>「日本が本気を出せば中国なんて相手にならない」
日本が本気を出す事は無いでしょう。
平和ボケの政府が外交で事を収めようとしている内に上陸されるでしょう。
装備が良くても兵隊に覚悟が無いのも問題ですし。

勝てる戦で調子に乗った中国兵をアメリカ(NATO)が排除して終わり?
多分にアメリカの気分しだいです。

日本が勝てると思う人は夢見すぎじゃないかな。

投稿日時 - 2010-09-25 05:26:08

ANo.14

 とりあえず軍事的な面で。(核はつかわないって前提でね)

 日本は侵攻能力がないので、やりあうとしたら中国が日本に侵攻してくるって形になると思います。そうなると、多数の輸送船を中国海軍が護衛して上陸を企図、そこを自衛隊が迎撃っていうことですね。
 その場合、まず空自と海自による対艦ミサイル攻撃が行われると思います。自衛隊はこの分野では極めて優秀な装備をそろえていますが、対する中国海軍はまともな艦隊防空システムを持っていません。また戦闘行動半径の問題から、十分なエアカバーも見込めません。結果中国側の大半の艦艇が海の藻屑、上陸までに至らない可能性が高いのではないかと思います。
 中には「自衛隊は実戦経験がない」とおっしゃる方もおられますが、まともな海戦、しかも防空戦なんぞの経験があるのは英海軍くらいのものでしょう?どこだって似たようなものですよ。少なくともようやく外洋に出ることができるようになったばかりの中国海軍に、自衛隊を上回る実力があるとはとうてい思えませんが。

投稿日時 - 2010-09-24 16:32:46

お礼

やはり中国は数ばかりで内容が無いようですね。
日本の装備は優秀で毎年日米で実戦を想定した訓練もしていますから、
経験豊富な米軍からの経験知識を吸収しているのではないのでしょうか?

投稿日時 - 2010-09-24 16:41:36

ANo.13

 どちらが強いとかではなく、やり方の方法で書きます。
外交では中国が上です。それは核を持っているから、強気なのだと思います。
もしもの時、国を守れるからです。日本はアメリカと同盟を約束をしているから、思ったことをあまり言えないのだと思います。
 

投稿日時 - 2010-09-24 16:29:42

お礼

中国は核を日本は日米安保を持っているということですね。
もし日本が核かそれに替わる強固で強力な脅威を保有していたらどう対処しているのでしょうか?
当然民主党=中国党のような政党ではなく自国を責任をもって守る政治の元でのことです。

投稿日時 - 2010-09-24 16:38:29

ANo.12

戦ったら、どっちが勝つかですか?
日本は憲法上、攻め込む事が出来ないので防戦しか出来ない。
その為、(外国を)攻める為に必要な装備が無いので攻めた瞬間負けます。
ただ、守り抜く事は出来るでしょう。

陸軍力の話が頻繁に出てきますが、日本は上陸されたら負けです。
陸軍力に関しては中国相手では装備も、数も全く相手になりません。
あ言っておきますけど、日本の自衛隊の練度や士気は諸外国から見てもかなり優秀ですよ。
実戦経験はありませんが、本気になって戦えばかなり強いはずです。
これは実際のアメリカ軍の評価です。

話がずれましたが、上陸させたくないので、海上で揚陸部隊を
殲滅するのが日本の防衛思想です。うち漏らしたやつが陸自の担当。
だから日本の自衛隊は海軍力に重点が置かれています。
海軍力では、まだ中国より日本の方に分が有るというのが一般的な意見ですね。
(船の数は負けています)
ただ、かなり接近しているのが現状です。
中国で空母建設が出来れば形成は逆転する可能性があります。

あ勘違いしている人がいるようですが、中国の艦船が発砲してきたら日本は応戦できますよ。
憲法で軍隊は持ってはいけないとしていますが、守る事に関しては制限ないというのが日本政府の解釈ですから。北朝鮮の工作船に対しても応戦したでしょ?(あれは自衛隊じゃないけどね)
あと、中国が攻めてきたら間違いなくアメリカは日本を防衛しますよ。
アメリカは日本を、ロシアと中国の防波堤として考えています。
日本があるおかげで、連中が太平洋側に出てこれないのです。
周りが海なので、日本は天然の要塞としても良く防衛拠点として最適。
それなので、「アメリカ本土の防衛の為」防御します。
日米同盟が一番重要な事の本音はこれです。
つまり軍事上は、日本はアメリカ防衛の前線基地なんです。
あと韓国もですが・・・
前線基地に住んでいる日本人の能天気ぶりが悲しい。

緊張といいますが・・・・
中国は他の国にはこの様な接し方をしていましたが、今までは日本の海軍力の方が優れていたので、ちょっかいを出してこなかっただけです。
むしろこれが中国の対外的な正常な態度でしょう。

日本の防衛に対して、最近失政続きなのも響いていますよね。
自民党時代からの失策です。
本当に色々、ため息が出ます。
愚痴になりましたが、参考に成れば幸いです。

投稿日時 - 2010-09-24 13:19:28

お礼

日本に防衛力は相当あるのですね。
中国に攻撃されても会議とかしないとならなくて応戦できるのはやられてからだと言う回答がありましたが、
それが間違いで本当はすぐさま応戦することができるのですね。
アメリカも日本を敵にまわすような回答がありましたがそれも間違いで高官の発表どおり日本を守って戦闘するのですね。
前線基地をあまんじるのはどうかとも思いますが核の傘の下に入り攻撃力を纏うことなどを考えるといいのかもしれませんね。
日本の政治が終わっているせいでやられっぱなしですよね。

投稿日時 - 2010-09-24 14:03:56

ANo.11

お返事ありがとうございます。
質問者様は様々に疑問があると思いますので、要点だけ説明させていただきます。
日米安保条約について
日米安保条約を読んでもらえばわかりますが、条約を破棄する権利はアメリカにあります。
冷戦もソビエトの崩壊により終結し、アメリカの戦略的には、日本を必要としないのです。
今のアメリカは日本より中国と手を組む事を望んだいます。
最悪の事態になった場合は日米安保条約を破棄する可能性は大です。
何故、憲法改正をしないのか?
今の国会議員の方々は、自己主張の集まりと、人気投票を行なっていて、憲法改正を持ち出せば、当選できないという風習が残っているからです。
自衛隊の武器使用について
まずは、中国軍が上陸してきたと仮定します。
当然、最前線の戦闘員は、武力を持って上陸した事で、武器使用の許可を所属部隊の部隊長に許可願いをします。
それを聞いた部隊長は、師団司令部に報告し、幕僚幹部会が緊急招集されます。そこで武器使用を決定する判断をし、
国会の緊急招集になります。
そこで憲法改正が論議され、更に国会議員の3分の2以上の採決と国民投票が行われ、憲法改正審議会が発足し、憲法改正をします。
改正した憲法を天皇にサインしてもらい、新しい憲法ができてから、武器使用の許可がおります。
簡単に言えば、中国軍が上陸し、自衛隊の隊員が小銃の使用できるのは、最短で1ヶ月後という事です。

投稿日時 - 2010-09-24 08:01:05

お礼

ここ数日米高官が中国を否定し日本を肯定し安保によって戦闘を行うと発表していますよ。
実際日本に日本から中国大陸まで届くミサイルを搭載した大型爆撃機を呼び寄せ、
グアムにはグローバルホークという無人偵察機を展開したそうです。
国防に問題があるのを皆知っているのに誰も改正できないなんて終わってますね。

投稿日時 - 2010-09-24 12:54:45

ANo.10

軍事力は、中国の方が圧倒的に強い。

しかし、中国人はまとまりません。
中国人にとって、自分と身内以外は全て敵。

デモなどを見ると一見、まとまっているように見えますが。
他人の指示で、働くのを最も嫌います。

牛の尻尾より、鶏の頭......と言う格言があります。
会社勤めしても、すぐにやめて独立したがる。
だから、中国には大企業は成り立たない。

ましてや、人口も多く、いろんな人種がいて、
経済格差等による、政府の不満も多い。
まとまる訳ないです。

中国の、貧乏人からしてみれば、何で我々が、
何にもしてくれない、政府のために、
戦わなくてはならないのか?

仮に日中戦争になっても、じきに内乱が起きます。
そして、崩壊。
ローソクと洞穴の、原始時代に逆戻り。

投稿日時 - 2010-09-24 07:42:38

お礼

中国人の問題が大きいようですね。
民度が低いとよく言われていますし統率をとるのは難しそうです。

投稿日時 - 2010-09-24 12:49:49

ANo.9

ご安心ください。日本のほうが強いです。
中国に原爆があっても原爆を使うとアメリカの報復があるから使えません。

日本は専守防衛の国ですから海上で中国軍を迎え撃ちます。
海軍力では日本が上です。少なくとも防衛能力では上です。
陸軍の兵士の数を叫んでいる人がいますが、それは日本が中国へ攻め込んだ場合のことです。何億人いても海上では兵士の数などまったく意味をなしません。
海戦では、
1.兵器の性能。
2.戦闘能力。
3.兵士の士気。
この三つが勝負を決します。

中国はせいぜい大使館に石を投げて騒ぐだけで勇気がありません。腰ぬけです。先の大戦でも中国軍は当時世界最高のチェコ製の機関銃を持っていましたが、日本兵の単発式歩兵銃に恐れをなし機関銃を捨てて逃げました。烏合の衆です。「行け行け!」と勇ましくけしかけますが、自分が死ぬのは嫌なんです。日本軍の砲弾が中国艦の近くに落ち水しぶきがあがるとすぐ逃げ出します。
日本軍は祖国防衛の戦いですから士気は十分。引きさがりません。最初から勝負が決まっています。ご安心ください。

投稿日時 - 2010-09-24 05:38:29

お礼

やはり日本のほうが強いんですね。
確かに人数では負けていますが民度は日本が上ですよね。

投稿日時 - 2010-09-24 12:45:29

ANo.8

>中国が日本に攻撃侵略して戦争になったら射撃できますよね?

 まともに対応できるか心配だけどね~

この映画を見るとわかります
http://www.cinematopics.com/cinema/works/output2.php?oid=3285

 今の自衛隊 反撃をするにも
武器を使用するにも その都度 政府に伺いを立てて
政府は、会議でどうするか決めるようなので
対応が、後手後手になります。

大変申し訳ございませんが、この投稿に添付された画像や動画などは、「BIGLOBEなんでも相談室」ではご覧いただくことができません。 OKWAVEよりご覧ください。

マルチメディア機能とは?

投稿日時 - 2010-09-24 02:19:02

お礼

そうしている時間の無駄があってやられてしまうなら、
ならどうして法改正しないのですか?

投稿日時 - 2010-09-24 12:43:36

ANo.7

日本が中国に勝つ為には、アメリカに援軍を貰う必要がありますが、アメリカの国益から見た場合、寧ろ中国に附いた方が有利なので、中国に対しては中立になるでしょう。
そうなると、人民解放軍対自衛隊になり、憲法問題を抜きにした場合に恐らく46で中国では。
憲法問題をいれると、専守防衛とは艦船に対する砲撃は出来ず、あくまでも飛んで来た弾薬を打ち落とすだけ。上陸不可。

投稿日時 - 2010-09-23 23:38:59

お礼

アメリカはあてに出来ないんですね。
中国が日本に攻撃侵略して戦争になったら射撃できますよね?

投稿日時 - 2010-09-23 23:50:57

ANo.6

中国と日本の兵力について、
現在の陸上・海上・航空自衛隊を総動員しても、日本の兵力は10万人位です。
かたや中国の兵力は陸上部隊だけで100万人を越えます。
兵力の差は確実に中国です。
武器や装備については、日本が有利かもしれませんが、資源が乏しく、大量生産は不可能でしょう。
日米条約は破棄される可能性が高いですね。
第2次世界大戦か始まるまえに、アメリカは中立的立場だったにもかかわらず、中国に武器弾薬や戦闘員を与え、更に物質の補給など至れり尽くせりで、その事が日本にとって宣戦布告とみなし、戦争が始まっています。
また実際の戦闘経験は自衛隊にはありません。中国の国境警備隊などは、実際の戦闘を行なっており、経験は豊富ですね。
実際に、もし、日本と中国が戦闘状態になった場合は、憲法9条があり、実際に自衛隊が戦闘する事はできません。
あほみたいな話、警察が、国内法に照らし併せて逮捕する事しかできません。例えば、公務執行妨害とか、銃刀法違反とか、その程度の事しか出来ないのが日本の現実ですね。

投稿日時 - 2010-09-23 22:44:54

お礼

アメリカとの安保や基地があるから戦争になっても大丈夫じゃないんですか?
どうして自分の国を自分で守る当たり前になるように法改正しないのですか?

投稿日時 - 2010-09-23 22:52:34

ANo.5

自国を自力で防衛できない国が、勝てるわけが無かろう。
装備? 戦後65年間実戦経験無しのハリボテに何ができるのか。
過去の冷戦でアメリカ最大の敵は旧ソ連でした。現在は中国です。
また、中国の示威行為は、日本のアメリカに対する忠誠度を上げる事にも
繋がりますので、アメリカの助力は期待できない。

米中の両大国が日本叩きを是としているのは、
日本が国際戦略を何も考えなかった証に他ならない。

諜報においても日本はスパイ天国です。万が一、日本が腰を上げても
戦闘行為に入る前に内部崩壊するのがオチだ。大体、韓国で反日運動に参加した
岡崎トミ子氏が公安委員長のポストに就いている事実を噛みしめましょう。
戦争する前から負けている。現政権は、相手側の尖兵に過ぎない事は明白です。

資源もノウハウも無い国が生き延びる道は、軍事力に頼らない高度な外交である。
先の大戦で、何も学ばなかったのか。嘆かわしいですね。

投稿日時 - 2010-09-23 22:44:04

お礼

日本が弱いのは日本自信のせいだということですか?
核まで落とされたのにどうして日本は強くならなかったんですか?

投稿日時 - 2010-09-23 22:49:57

そりゃ中国が強いに決まってますよ。アメリカより中国は強いですよ。
石原慎太郎がいつも言ってるじゃないですか。
フランスの大統領ミッテランが鄧小平との話でたまげた人のことです。
中国は12億もいるので100万くらい死んでもどうって事ないと言ったそうな、
アメリカは世論の国なので他国と戦争しても1000人も死者が出れば世論が持たないが中国は民主国でないのでアメリカは中国にかなわないとよく言います。

要するに気力やる気の問題ですよ。核を持っていようとミサイルを持っていようといざという時跡すざりするようでは負けますよ。
逆に北朝鮮みたいに原始国家でも気力さえあればアメリカさえ相手に出来ますよ。

それにしても質問者様の鋭い感覚やコメントはいつも感心しています。
只者ではないですね。素晴らしい感覚だと思います

投稿日時 - 2010-09-23 22:36:28

お礼

人数が多くて精神力も強い中国は日本はおろかアメリカよりも強いんですか?
疑問を質問してわかりやすい回答をいただきたいだけです。

投稿日時 - 2010-09-23 22:47:19

ANo.3

>日本にはかなりいい装備があるんじゃないんですか?

 いい装備と戦力は違いますよ
・中国人民解放軍 - 現役軍人数:約344万人
・自衛隊 約24万人
http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/5220.html

極端な例えですが
 銃を持った 1人と
ナイフを持った14人を相手にするという事かな・・・

 近代的な装備を持っていても
圧倒的戦力は補えませんよ(日本の装備に限り)

>実戦ならアメリカとの関係もありますよね。

 アメリカが、助けてくれるかどうか・・・

大変申し訳ございませんが、この投稿に添付された画像や動画などは、「BIGLOBEなんでも相談室」ではご覧いただくことができません。 OKWAVEよりご覧ください。

マルチメディア機能とは?

投稿日時 - 2010-09-23 22:24:55

お礼

戦力は中国のほうが強いんですね。
戦争になってもアメリカは助けてくれないんですか?

投稿日時 - 2010-09-23 22:30:59

ANo.2

>日本と中国どっちが強いのでしょうか?

 装備じゃ日本が有利かもしれませんが
兵力差があり過ぎます。

 長期戦になった場合
燃料、食料、武器弾薬等 圧倒的に日本は、不利です。

投稿日時 - 2010-09-23 22:09:58

お礼

戦力は中国なんですか?
日本にはかなりいい装備があるんじゃないんですか?
実戦ならアメリカとの関係もありますよね。

投稿日時 - 2010-09-23 22:15:14

ANo.1

何に対して強いと言うの?
戦争?経済力?技術開発力?それとも他の国に対する影響力?
それが明確に解らなければ回答のしようがないけど?

投稿日時 - 2010-09-23 22:09:57

お礼

全般です。
あなたが戦争、経済力、技術開発力、他の国に対する影響力についてわかるなら、
それぞれについて回答してください。

投稿日時 - 2010-09-23 22:16:39

あなたにオススメの質問