こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

私がタバコを吸う理由は、孤独感を紛らわせるため、仕事の精神的な疲れから

私がタバコを吸う理由は、孤独感を紛らわせるため、仕事の精神的な疲れからリラックスさせたい、また気分転換など、精神的理由が主です。
家族とも彼氏とも遠距離で暮らしており、半年に1回くらいしか会えず、特に孤独感が強く、タバコなしではどうしていいかわかりません。
しかし喫煙すればするほど体調が悪くなっているのも実感していて、禁煙したいです。

タバコを吸わずに、他の手段で精神的安定を保てるものが見つかりません。
アドバイスお願いいたします。

投稿日時 - 2010-09-24 01:02:02

QNo.6203857

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

No2の方の回答に同意です。
私も以前は喫煙者であり、こう考えていました。
「酒もギャンブルもやらないんだからせめてタバコくらい吸わないとストレス解消できないじゃん」
でもそれは本当に中毒者の言い訳でした。
「ストレスを感じると吸いたくなるだけであり、吸うことでストレスを解消できるわけではない」
このことに気付いて下さい。タバコと精神的安定は関係がないのです。
ストレスが強い時もただ本数が増えるだけで何も変わらないでしょう?
私自身禁煙しても精神的安定に関しては何も変わりありませんでした。
むしろ今の世の中では喫煙することによる余計なストレス(周囲の目、場所探しなど)の方が大きいのではないかと思います。

おそらくあなたは今精神的に弱っているのでしょうね。
逆にそんな時だからこそ禁煙が成功したらひとつの自信になると思いますよ。
他の方への回答でも書きましたがタバコを止めて良かったことは多くても、困ったことは何一つありませんでした。
禁煙することでひとつ自分を変えてみてはいかがでしょう?

投稿日時 - 2010-09-27 18:35:23

お礼

回答ありがとうございました。
お礼が大変遅くなり申し訳ありません。

おっしゃる通りです。
ストレスが強いときほど、本数が増えてしまいます。
頑張ります。

投稿日時 - 2010-10-08 23:13:16

ANo.4

このQ&Aは役に立ちましたか?

6人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.6

タバコにそんな効果はありません。

投稿日時 - 2010-10-06 08:43:35

お礼

回答ありがとうございました。
お礼が大変遅くなり申し訳ありません。

そうですね、タバコを吸っても、精神的苦痛は変わりません。

投稿日時 - 2010-10-08 23:16:04

私は、うつ病で、精神安定のために喫煙していた、
と思っていました。

でも、アレン・カーの『禁煙セラピー』を読んで、
考え方が、ガラリと変わりました。

今では、アレン・カーの禁煙セラピーを読んで、
卒煙し、疲れたら、禁煙のカフェなどで、ボーっとしてます。

精神的安定を求めるなら、
何か趣味を作ってみるとか、
(料理とか生け花とか、頭を使いつつ、熱中できるもの)
おひとり様で、色んな所に出かけてみるとか、
今までしたことのない事をやってみるのはいかがですか?

投稿日時 - 2010-10-06 01:07:58

お礼

回答ありがとうございました。
お礼が大変遅くなり申し訳ありません。

禁煙セラピーの本、興味を持ちました。
今までしたことのないことなど、始めたい気持ちはあるのですが、
なかなか精神的にも時間的にも余裕がなく、趣味もありません。

こんな自分から変えていければと思います。

投稿日時 - 2010-10-08 23:14:58

ANo.3

まず最初に、喫煙することが本当にあなたの孤独感を紛らわせてくれていますか?
私が考えるに、逆に孤独感を増しているだけだと思います。

今はそれほどでも無いのですが、私も一昔前はものすごく孤独感が強く、すごくツラかったです。
その結果、うつになり精神科医に通いました。
そこで処方された薬を数カ月飲むことも回復の理由だったのは間違いないですが、何よりも大事なのは今ある環境を変えることだ、と気づきました。

薬でそれなりに精神状態は回復出来ますが、現状の環境は誰が変えてくれるわけでもなく、自分で変えるしかないのです。その環境というのは「職場」「友人関係」「恋人」などなど様々です。
私がそこで出会ったのがフィットネスジムに通いはじめヨガに出会いました。ヨガは孤独ですが、その孤独が心地良くさえ思えます。そんなこんなで別のプログラムではありますが、インストラクターの資格を取得し、レッスンをたまに持てるまでになりました。よって自分に自信を持てるようになりました。

ただ、孤独感が100%無くなることは一生ないと思います。
でも自分を好きになることで孤独感を忘れていられる時間は多くなります。

先程も書いたとおりヨガはオススメですが、それ以外にも喫煙しない本当の友人を作ることはオススメです。
そうしたら飲みにいっても皆吸わないので自然と「吸わない自分」を作ることが出来、それを継続することで禁煙時間が増えます。

喫煙し続けることはあなたにとって何もメリットは生まれないと思うので、禁煙頑張ってくださいネ♪

投稿日時 - 2010-09-25 08:14:20

お礼

回答ありがとうございました。
お礼が大変遅くなり申し訳ありません。

環境を変えることは難しいので、ヨガなど、趣味を作りたいと思います。
喫煙してもメリットはありませんね。
頑張ります。

投稿日時 - 2010-10-08 23:11:28

ANo.2

タバコを吸う理由を「孤独感を紛らわせるため」とか
「リラックス」とか「気分転換」とかいろんな理由を付けますが
実のところは単なる「ニコチン中毒」だということを理解するのが
禁煙に成功する一番の近道です。

普通によく考えれば、
それらのストレス等がタバコを吸うことで癒されないということは
実際は自分で理解出来ると思うのですが
ニコチン中毒ゆえにタバコが吸いたいがために
実はタバコを吸う理由を無理に探しているということを自覚しましょう。

中毒だから、禁煙すると孤独感やストレスが出たりするんです。

覚醒剤とは一緒とは言えませんが、覚醒剤にまた頼る人は同じ理由で中毒から抜けられません。

なんとか頑張ってニコチン中毒から抜け出て
タバコに支配されている現状から脱出し
健康を取り戻してください。

投稿日時 - 2010-09-24 13:42:50

お礼

回答ありがとうございました。
お礼が大変遅くなり申し訳ありません。

確かに、タバコを吸うことで、ストレスが軽減するわけではないですね。
それは自分でも実感しています。

頑張ります。

投稿日時 - 2010-10-08 23:09:00

僕はタバコを全く吸わないので、しょっちゅうタバコを吸う友人に聞いた事があるんですが、やっぱり何かしら理由があるんですね、その友人は「吸えば落ち着くから吸ってる」と言ってましたっけ。しかし余りにもヘビーなので、少し減らせば?とアドバイスしましたが、仕事のストレスからか、年々ヘビーになっていってます。でも間違いなく健康は害しているでしょう。タバコは一種の「合法麻薬」と考えます。大麻草がタバコ草に変わっただけで、それで気分が落ち着くなら、立派に麻薬と同じと思われます。

禁煙に成功した人の話を羅列してみたいと思います。

●徐々に本数を減らしていった
●愛煙から禁煙へ、とかいう会に入り、同じ境遇の仲間と共に禁煙に成功した
●食事中に吸い、周りに迷惑だと言われ、禁煙を決断した

心理学上、タバコを吸う人が「吸う目的」は「とにかく落ち着くから」というのが第一です。落ち着きたいという心理は「ストレスから一時的にでも解放されたいという思い」が働いている確たる証拠です。じゃぁどうせば良いの?という話になってきますが、「何かストレスを発散できる趣味なりを探す事」から始めるのが第一です。そうしながら、本数を減らす等を並行して行えば、少しづつではありますが、喫煙癖から解放されます。いきなり吸うのを止めたら、逆効果ですから、それは避けた方が良いです。momorin1979さんの場合は孤独感が第一の原因ですから、なるたけ「孤独」を感じない環境に自分を置く事です。成功を祈ります。

投稿日時 - 2010-09-24 01:25:49

お礼

回答ありがとうございました。
お礼が大変遅くなり申し訳ありません。

実際、家族や彼氏がそばにいるときは、全く吸わなくても大丈夫なのです。
しかし環境を変えるのは難しいので、趣味を見つけたいと思います。

投稿日時 - 2010-10-08 23:07:13

あなたにオススメの質問