こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

中国人は 尖閣列島の帰属をどのように認識しているのでしょうか。

中国人は 尖閣列島の帰属をどのように認識しているのでしょうか。
問題になっている尖閣列島問題ですが、帰国した船長は尖閣列島は中国の領土で自分は法を侵していないと発言し、中国外務省は謝罪・賠償を求めています。
中国の一般人は尖閣列島を中国領土と日本と領土問題があると思っているのか100%中国領土と信じているのかどちらでしょうか。
当然 報道規制のある国ですから尖閣列島は中国領と一歩的な報道をされていると推測されますが、一般人は100%そう信じ込んでいるのでしょうか。
それなら 日本政府は 過去の教科書問題で中国から批判されて様にこの問題で中国政府に強く尖閣列島の記述の誤りを訂正するように要求すべきではないでしょうか。
(ちなみにGoogleMapでは日本名と中国名をへいきしていますが)

投稿日時 - 2010-09-26 15:08:55

QNo.6209260

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

中国では40年前ほどから「教育」で尖閣諸島を中国領であるとしています。
その為、50歳未満程度の中国人は尖閣諸島は紛れもなく中国領土であると、答案用紙に書きます。学校のテストでは。
ちなみに50歳以上の人はそれ以前の時代も知っています。

しかし中国人もよく考えてみれば分かる通り、中国領土なら何故中国人が住んでいないのか。何故中国の施設が建設されてないのか。何故中国の漁船が日本官憲に追い出されたり捕まったりするのか。
それは中国領であると主張する中国側に理不尽なごり押しがあるからである、と。
まともに考えれば中国人はそう結論を出します。
この判断上で自国を正当化するには、尖閣諸島を日本が不法占拠している、としなければなりません。

中国人の多くは政治的に決定付けられた方向に同調し、政府主導の下でそのごり押しに参加します。
これが中国です。
共産党或いは中国軍の方針に従うことが立身出世の寄与し、金儲けに寄与し、制裁を受けずに安全に暮らしていけるから、そのごり押しに参加します。
そうするうちに多くの中国人はそれを事実であると集団的に錯覚しだし、つまり尖閣諸島は中国領土であるが 『不法に日本が領有権を主張』しているから、けしからん、核ミサイルを撃ち込め!と喚き散らします。

総合して言えば中国人は中国政府と中国軍の日本侵略を支持しているのだと言えます。少なくとも表側に見えている中国社会情勢面では。
こういう中国国内事情が誰の目にも明らかに見えていますと、それに従わない中国人は制裁の対象となります。
ですので中国人の殆どはそれに同調せざるを得ません。
また、相手が何を言っても安全な日本だから…安心して喚き散らすのですね。

このままいくと尖閣諸島は中国化されます。
その阻止方法は日本が軍事的に対処することです。日本が軍事対処すれば日本側に勝機が無いように見られる場合に限り、米軍がバックアップ出動します。
ここでよく憲法9条の縛りだとかを持ち出す人もいますが、尖閣諸島に対する中国民間人・中国軍の不法行動があれば、日本国国内法の及ぶ領域内での法の執行は憲法違反でも何でもありません。
文民官憲の能力の及ばざるところは武装公務員の出番です。
例えば出入国管理法違反、銃刀法違反、殺人罪・傷害罪、公務執行妨害、内乱罪など。
抵抗すれば殺害すればよい。

投稿日時 - 2010-09-26 18:36:33

お礼

ご回答ありがとうございます。
>中国人の多くは政治的に決定付けられた方向に同調し、政府主導の下でそのごり押しに参加します。
中央政府の一方的なな報道・教育以外に情報源がない状態では、対外国に対してのスタンスは決められていて批判や疑問を持つことができない状態なのですね。

投稿日時 - 2010-09-28 22:18:02

ANo.3

このQ&Aは役に立ちましたか?

4人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(7)

ANo.7

中国人?なにそれ。中国人とはどのような基準を満たす人のことでしょうか?
特に尖閣列島を侵略しようとする人を中国人とするなら、1,000人もいない。

投稿日時 - 2010-10-15 11:33:58

基本的に中国は19世紀に列強に領土を半植民地化で
ズタズタにされて、20世紀になってから日中戦争の勝利
国共内戦の勝利で共産党が「失われた領土」を回復させて
拡張してきました。

このストーリーの上に乗っかって
国際法的に問題があっても、抗日ならばなんでも許される
造反有理、愛国無罪の風潮があります。

投稿日時 - 2010-09-27 11:00:48

お礼

ご回答ありがとうございます。
中国は大国になりかかっていますが、政府、国民の思考方法はあまり改善せず
>国際法的に問題があっても、抗日ならばなんでも許される
造反有理、愛国無罪の風潮があります。
が 根本なのですね。

投稿日時 - 2010-09-28 22:47:28

ANo.5

尖閣諸島は日本と中国との領土問題ですが、似たような領土問題が中国とフィリッピン(ミスチー環礁)、中国とヴィエトナム(西抄諸島)の間にも起っています。 ここ数年、中国は領土拡大とも取れる動きをしています。 その裏に何があるのか。 領土問題で国民の意識を外に向けざるを得ない何かが国内に存在しているのです。 それはチベット族、ウィグル族、モンゴル族など国内少数民族の独立運動です。 

それに加えて、中国政府には大きな問題が起っています。 中国共産党による一党独裁が『風前の灯』なのです。 1997年7月香港島が中国に返還されました。 これを契機に中国共産党の綱領が改訂され、資本家の入党も認められました。 欧米で教育を受けた香港の資本家が共産党に入党すればどうなりますか?  中国から一歩も出たことのない労働者出身の党員との能力差は歴然としています。

私はODAコンサルタントとして中国でもいくつか仕事をして来ました。 彼らの背景を聞くと殆ど海外渡航経験を持っていない。職業選択の自由もなければ、移住の自由すらない。 国内旅行だって共産党の許可を必要としています。 彼らは私がこれまで世界50ヶ国を歴訪し、数ヶ国語を自由に操れると聞いて驚きます。 こんなのは自由主義社会では珍しいことではありません。 

しかし、中国ではすべてが統制下に置かれています。 一般国民が我々と接すると自由主義社会の優れているのはすぐにわかります。 実際、今中国の多くの企業は香港の華僑によって買収され、資本主主義的経営手法が導入されています。 これから『顧客満足』『品質管理』といった概念が定着して行くのです。 香港出身の経営者がこの国のトップに立つのは時間の問題でしょう。 僅か一千万の人口の香港島に人口13億の中国大陸が呑み込まれようとしているのです。 

そう遠くない将来、中国共産党に一党独裁は崩れます。 中国が我々の国と同じような国家体制になるのはそう遠いことではありません。 それほどに現在中国共産党は内部では大きく揺れ動いているのです。 

投稿日時 - 2010-09-26 21:43:53

お礼

ご回答ありがとうございます。
中国が独裁が崩れ香港の華僑が勢力を伸ばす構図は興味深いです。
その状態で日本がとるべき方策を香港の華僑より先に読めればいいのですが。

投稿日時 - 2010-09-28 22:27:04

ANo.4

 尖閣諸島には豊富な資源が眠っている、おまけに良い漁場である。是非あそこが欲しい、自分たちの物だという事にしよう。

 これが中国政府の発想。中国人の発想も大差ありません、あそこは民族丸ごと暴力団みたいなものです。13億人が謙虚で温厚な民族なのに、政府だけが凶暴と言う事はありません。例え共産党の一党独裁国家とはいえ、民族性という物は必ず反映される物です。

投稿日時 - 2010-09-26 18:56:31

お礼

ご回答ありがとうございます。
>政府だけが凶暴と言う事はありません。例え共産党の一党独裁国家とはいえ、民族性という物は必ず反映される物です。
そのとおりですね。大国化しより凶暴になりつつあるように感じます。

投稿日時 - 2010-09-28 22:49:59

先祖代々の土地に関しても「中国人民の土地だ!」と言われて共産党に接収されてしまった国民ですよ。
ですから、知識階層は「共産党があんなこと言っているよ。」ぐらいにしか思っていないでしょう。

でも、同時に、共産党に対しては、チベットとかウイグルなどの土地を接収し国土を拡大して欲しいと願っているでしょうね。「その程度の強硬策が出来ないようなら独裁政権なんか認めてやらないぞっ」てのが声に出さない実感かもしれません。

投稿日時 - 2010-09-26 15:39:27

お礼

早速のご回答ありがとうございます。
中国は共産主義ではなく 独裁政権国家と考えると理解しやすいですね。

投稿日時 - 2010-09-28 22:09:23

ANo.1

領土紛争となれば、民族意識が刺激されますから、どの国も自分のものだと言う気になります
たとえ根拠が薄くても、負けたくない、採られたくないと言う意識がわくからです

従って、愚問ですね

投稿日時 - 2010-09-26 15:30:35

あなたにオススメの質問