こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

昭和60年頃に催された恐竜博

昭和60年頃に催された恐竜博


お世話になります。
私の記憶にある恐竜博(らしきもの)が何だったのかが知りたく質問します。

年代は昭和60年前後(±2年程度)で、恐らく東京の「四谷」「飯田橋」「市ヶ谷」辺りだったと思います。私の記憶が確かならば・・・大きな恐竜の大腿骨だかなんだかが発見され、その関連で催されたイベントでした。

屋外に実物大の恐竜の像があり、特設テント(サーカスのような大きさ)の中では学術的なことが展示され、コースの最後には広い広場でテレビゲームの大会が行われていました。一緒にいった兄弟がこれで入賞し大きな「骨組みの恐竜プラモデル」のようなものをもらっています。

あと恐竜グッズの販売コーナーもあり、兄の賞品がうらやましかった私はお小遣いを使って小さな「恐竜の骨プラモ」を買った記憶があります。



メインの恐竜の大きさは、小3~4年生くらいの平均的身長だった私は恐竜の足首から膝下くらい、展示されていた「大腿骨(と思しきもの)」は当時の私の感覚で50センチ強だったと思います。


しかし、これがどんな恐竜でなんで催されていたのか、いまいち記憶があいまいです。
肝心の連れて行ってくれた親は既に他界しており、また兄も「そういえばそんなことあったなぁ」という記憶レベルです。苦笑


どなたか、このイベントに心当たりある方はいらっしゃいませんか? ^^;

投稿日時 - 2010-09-28 04:00:14

QNo.6213030

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

#4です、リンク貼ってなかったですね。
http://www.kahaku.go.jp/research/researcher/books_other.php?d=y-tomida

記憶がよみがえってきたのですが、似たような時期に、新宿西口の空き地にテントを張ってロボット展か恐竜展をやっていた記憶があります。これは、その後、新宿西口の開発が進んで、用地が確保できなくなってから幕張に移転したという流れではなかったかな。こちらは、フジテレビが絡んでいたような記憶があります。

投稿日時 - 2010-09-29 15:00:26

お礼

ご親切にありがとうございます。

触れるイグアノドンの骨・・・今じゃぁ絶対に無理でしょうね・・
他の方へのお礼にもかかせていただいたのですが、上野ではなかったんです。
総武線か中央線のどちらかに乗ったはず・・少なくとも方角は新宿~渋谷or千代田あたり。。

新宿西口の情報はかなりビビッときました。
怪しいですねぇ・・・。雰囲気としては間違いなくそんな感じです。未開発もしくは開発前(準備中)の空き地に恐竜の実物大模型が1体と、サーカスのような特大テントです。特設会場であることは間違いないですね。

気になるのは展示エリアを終えたところにあったゲーム会場。テレビゲームとかきましたがPCゲームだったような気がするんですよ。それもメジャーなソフトではない。司会者もいて、ゲーム大会自体は50人以上が同時にやっていたような・・


バブルの時代ですものねぇ・・どこの団体がやったものなのか怪しいものですねぇ。

色々と有益情報を提供していただき感謝です。

投稿日時 - 2010-09-29 15:31:07

ANo.5

このQ&Aは役に立ちましたか?

4人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.4

上野の国立科学博物館で1985年(昭和60年)に「恐竜イグアノドン展」が開催されていたので、それではないでしょうか。
現在の科博のアーカイブにはその年代の特別展の案内がないので詳細は確認できませんが、以下の研究者紹介の1985年のところで該当展の図録の販売が案内されています。

イグアノドンの大腿骨の本物がゴロンと展示され、イグアノドン・タッチと称して誰でも触って良く、証明書をくれるという、無茶だけど夢のようなイベントでした。またやって欲しいなあ。

投稿日時 - 2010-09-28 23:59:33

お礼

ありがとうございます。後ほどまとめてお礼させてください。

投稿日時 - 2010-09-29 15:13:07

ANo.3

 時期は覚えていませんが、国立科学博物館で恐竜博があったのを覚えています。

 入って、ロボットの恐竜がお出迎えしていたかな。

 

投稿日時 - 2010-09-28 09:49:35

お礼

ありがとうございます。

国立科学博物館の恐竜博は数年前のものならいったことがあります。
「スー」の頃の・・。


残念ながら私がいったのはそういった立派な施設ではなく、どこかの駐車場というか、とにかく屋外でした。駅から歩いていくと恐竜の長い首(長かったかのかただ大きかったのかは記憶が・・汗)がビルの合間からニョキッとしていたような気がします。。

しかし恐竜博も本当に色々とあったのですねー
そして皆さん結構いかれているし、私のようなおぼろげなものも含めるとかなりの率で心に残っているものですね。ロマンを感じてしまいます。


貴重な体験談を共有させていただき感謝します。

投稿日時 - 2010-09-29 15:09:38

ANo.2

一度、福井県の恐竜博物館に電話でお聞きになってはいかがですか、
その方が確かなように思いますが?

http://www.dinosaur.pref.fukui.jp/
恐竜博物館のところをクリックすると、電話番号が出てきます。

投稿日時 - 2010-09-28 08:11:00

お礼

ありがとうございます。

なんと!
そういう手段は思いつきませんでした。なかなかもってナイスなアイデアですね。
(いまどき「ナイス」なんていわないか・・w)

ネットで調べていたときこちらの博物館の情報はいくつもでてきていたのに、発想がいたりませんでした。
時間があうときに早速電話させていただこうかと思います。

有益な情報に感謝します。

投稿日時 - 2010-09-29 15:05:07

地方なんですが、それくらいのころに恐竜展にいきました。

中国の恐竜展?だったかな?
実家に行けばパンフレットがあったかとは思うのですが…。

でも昭和56年なので、ちょっと違うかな?

ティラノサウルスの骨格標本もあったと記憶しています。
トリケラトプスや、卵からかえりかけた恐竜の化石なども…。

どこの部位の骨かわかりませんが脛骨か大たい骨らしき骨で
実物を触れるコーナーもあったのを記憶しています。

http://page22.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/l40251930

ティラノから立ち去るときに少し離れて振り返っても迫ってくる大きさで
追いかけてこられたような錯覚に陥ったことを覚えています。

投稿日時 - 2010-09-28 07:36:57

お礼

ありがとうございます。

骨の実物を触れるコーナーはなかったような・・
皆さんの回答を拝見しているうちに、少しずつ記憶がもどってきたのですが、大腿骨らしき骨は全体ではなくごく一部でした。実物の骨のまわりに「本来の大きさ」をしめしていました。こんなパーツの欠片でなぜ「どこの骨」とわかるんだろう?と考えていたのを思い出しました。

私が子どものころにいった恐竜展はたぶんこの1度だけだと思うのですが、S56年でも行われていたのですねー


>ティラノから立ち去るときに少し離れて振り返っても迫ってくる大きさで
追いかけてこられたような錯覚に陥ったことを覚えています。

これ、すごいわかります。
この感動を子どもたちにも伝えたくて、私も大恐竜博に何度か連れていったものです。

有益な情報を感謝します。

投稿日時 - 2010-09-29 15:02:47

あなたにオススメの質問