こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

貯金はどれくらいあれば安心ですか?

貯金はどれくらいあれば安心ですか?

結婚5年目で子供はいないのに約100万円しかありません。私は少ないと思います。
皆さんはどう思いますか?

投稿日時 - 2010-09-30 20:32:56

QNo.6218928

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

4人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(9)

ANo.9

私も結婚5年目位は、妻が独身の時にためていた預金のみで、それ位でしたよ。質問からは、その他の条件があまり分からないれど、旦那さんも、あなたもサラリーマンで、健康保険組合、厚生年金等の会社で加入する保険に入っていれば、いざという時には何とかなるります。病気や怪我の保証はあるし、資産に関しては、退職金や年金で積み立ててますからね。また、二人同時に、働けなくなることは無いでしょうしね。
ただし、子供をつくらずに、ずーっと二人で生活するならばです。それだって、私と同業の夫婦で、奥さんが産休をとって、〇歳児保育で勤め続けているのもいます。私の甥っ子は、親のところに頼っているようですが、弟の連れ合いは、孫の面倒は迷惑何て言っているけど、うれしいのも半分以上あるようです。それも、方法でしょう。住んでるところや、勤めている会社の環境の問題もありますがね。
さて、本当に財産は無いんですかね。お礼をみてると、保険の見直しをしたとのことですよね。私の所は、貯蓄性の保険でだったから、40歳位になって、おっ、結構、その分の財産があるんだってありましたよ。二人で働いてるのに、何も無いのは、ちょっと、浪費が過ぎるかもしれませんね。
新婚と言われる内は、二人で楽しむ方がいいと私は思います。でも、別々で生活するよりは、60~70%の生活費は済むでしょう。効率はいいんですよ。それで、何らかの財産を作れないのは、両方か、どちらかが、一人で生活無い程度の稼ぎしかないんじゃないかもしれません。
今、質問されている通り、二人の今後の時を考える時期なんでしょう。でも、今、将来いくら必要なんですかね。子供を作るんだったら、教育、生活費だけでも、全部公立だったら一千万、全部私立なら二千万はかかりますよね。その時期は苦しいとは思います。でも、旦那さんが一生サラリーマンだったら、退職金や企業年金で2億は楽に超える稼ぎはあるります。
私は、もうすぐ還暦をになる歳だけど、どちらかが、定年までサラリーマンやってたら、生活には、そんなに困らないでしょう。前の回答者さんに異論じゃないけど、今の年金生活者の大多数が,300万ちょっとの年金の範囲で生活はしています。余力は持ってた方がいいに決まってるけど、無くたって生きてはいけます。
自動車って便利だよね。私は、事業をするために、必要だから免許をとり、自動車を買ったけど、家の次にかかるのは、保険か自動車でしょうね。購入費を割返し、駐車場も含めての維持費を割り戻すと、購入額なんかの事や保険、住んでるところにもよるけど、40~60/年は楽にかかるんじゃないの。若いんだから、原付でもいいってこともあるけど、その地域で必要ってあるし、楽しみならそれでもいいと思います。でも、その分は、他で我慢しないとね。

投稿日時 - 2010-10-02 01:17:20

お礼

家を建てる予定も子供の予定もありません。
二人で老後を迎えるつもりです。
車がないとやっていけない場所に住んでいるのでどうしても車は2台必要です。
でも、指摘通り車に金を使い過ぎました。
過去よりも今からを考えて、お金の使い方、貯め方を考えていきたいと思います。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-10-02 01:53:22

ANo.8

確かに100万円は多いとは言えませんが、これから頑張れると言う前向きにもなれる金額です。
実際旦那は、私と付き合う前は100万円の貯蓄で、「十分」と思い、遊びほうけていました。
でも、結婚式もしたい、新婚旅行も、結婚と同時に一戸建ても・・・と考え、貯蓄するようになりました。
ですから、将来の自分のビジョンです。
友人は、結婚式も新婚旅行もなし、実家暮らしでしたから、結婚資金なんて貯めずに入籍だけでした。
今の時代85歳まで生きる可能性も、成人病で40代で死ぬ可能性もあります。
貯蓄もですが、保険もあわせて考えたほうがいいでしょうね。
ちなみに、私なら、300万円です。
旦那はあまりお金を持っていたら、大病すると信じているので、500万円以上は貯蓄しないと、固く心に決めています。

投稿日時 - 2010-10-01 15:34:35

お礼

お金の貯め方はひとそれぞれですね。
ゼロではないので、やりくりして頑張って貯めます。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-10-01 20:42:37

ANo.7

とりあえず月収の3ヶ月は非常時備金として換金用意な商品で回します。
例えば1ヶ月定期の自動継続にするとか、通知預金(2日前に解約通知が必要)が代表になります。
3ヶ月分を超えて6ヶ月未満であれば、自動積立定期等で元金を貯め、種銭が貯まる迄は3ヶ月定期等で細かく回します。
6ヶ月分に届いたら、それは利付き国債とかの元本保証商品にします。(積立は続行)
国債は10年ものが毎月出ます。2年や4年の中期国債はその時次第。10年が長いなら5年の個人向け国債もあります。
さてと、生命保険はどうされていますか?
家族全員共済ならそれで充分。
民間生保の死亡保障偏重主義は無視して宜しい。
既に入っていれば、貯蓄が増える度に減額を進めます。
目安として、貯蓄が50万円増えたら定期特約を100万円減額。
貯蓄が200万円増えたら入院特約を日額1000円減額。
その削った保険料も積立に回して行きます。
これは「自家保険」と言い、自分自身で保険を引き受けるのです。
健康管理をきちんとして入院費用をあらかじめ抑える。そこまで最終的には進みます。

投稿日時 - 2010-10-01 13:18:46

お礼

すごいお詳しいですね。
貯金の仕方もいろいろですね。生命保険も最近見直しました。
参考になりました。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-10-01 13:55:25

ANo.6

年齢や毎月の支出額(毎月掛からない費用は毎月積み立てるようにして計上)等にもよるでしょうか。
個人的には借金(ローン)と差し引いて、少なくとも生活費の半年から1年分以上ないと安心出来ないでしょうか。なお、これにはすぐに換金出来ない投資等は含みません。一月10万円で暮らせるなら10ヶ月分はありますし、当面の生活には困りません。ただ、年齢が上がってくると老後の資金を貯め始めないといけません。退職金の有無にもよりますが、40~50才程度には開始しないといけないのではないでしょうか。あと、将来家を購入するとかであれば、頭金として物件価格の20~30%以上は欲しいですし、これとは別に先述したいざという時の生活費も必要です。
なお、貯蓄も当然必要ですが、先ずはローン等を組まないような生活を心掛けましょう。車を頻繁に買い替えてるとのことですし、この時にローンを組んでるような気がしましたので。ローンは将来の収入を先取りしているに過ぎません。毎月幾らなら払えるとの簡単な試算だけで借金していると、将来後悔することになる可能性が高いです。計算してみれば分かりますが、大きな金利負担があることも忘れずに。住宅ローン以外の借金はしないくらいの気持ちで行きましょう。

投稿日時 - 2010-10-01 08:10:44

お礼

ローン、組んでいます。
もうこの先、10年は買い替えないつもりです。
やっぱりローンは家計に響きます。その分、貯金に回せればこんな不安にはならないんですけどね。しょうがないですね。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-10-01 12:18:46

ANo.5

今現在35歳で100万円しかないのは現実ですので,いきなりは増やせませんので,これから増やすしかありませんよね。
同じようにもっと歳を取ってから気づいたのでは,もっと大変なわけですから,35歳にして気づいた事を喜んで,そして生かさなければいけません。
人生は後半に向かって幸せ度をアップしていくことが大事だと思いますし,要は何のためにお金がいるかといいますと,幸せに生きるためにお金が必要なのです。
しかし,たくさんあれば良いという単純なことではない,でも,お金が無いと幸せとはいいづらい?と思います。
心がリッチに生きれることが大事だと思います。
最低限お金なりは必要でしょうし,そして宝物(物だけではない)を増やしていくことが大切です。

今の時代はリッチ度の格差が開いていますよね。
まして日本も厳しい時代にありますよね。世界レベルで考えていかないといけない時代が来ていると感じています。他人との比較ではありません。自分達(家庭や夫婦なり)が本当の幸せをつかんで生きることが大切なんです。

具体的にお金のことを言えば,もし夫婦で共働きだとしたら奥さんの稼いだ分は8割以上くらい貯蓄するくらいで行きたいですね。
冗談ではありません,本気ですよ!

これは幸せになるためのうちの行為のひとつのことでしかありませんし,ぜんぜんそれだけでは足ません。
厳しいこと書いてますが,自分を幸せにするのは自分でしかないんです!

それから,トイレ掃除や家の掃除,玄関廻り周辺道路,ご先祖様のお墓等々をきれいにしましょう。何かが違ってきますよ。

ありがとうございました。では失礼します。


やれば出来ますよ。

投稿日時 - 2010-09-30 23:31:41

補足

関係ありませんがまだ35歳ではないです。

投稿日時 - 2010-10-01 00:31:26

お礼

そうですね。
気付いた今から家計の見直しを頑張りたいと思います。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-10-01 00:20:07

ANo.4

>貯金はどれくらいあれば安心ですか?
この答えを私なりに考えますと収入は関係ありません。
問題は生活費(支出)です。
例えば毎月、25万円で生活しているのであれば
100万円あれば4ヵ月分の生活費ですよね。

もしも、もしも、ですよ。 (怒らないでね!)
失業したとしても貯蓄+失業保険を会わせて半年以上です
その間に気持ちを持ち直して仕事を探せば良いと言う話です
そう考えれば100万円でも特に不安を感じる事も無いでしょう

貯蓄額を何万円と考えて他人と比較するよりも
自分の貯蓄額は生活費の何ヵ月分かと換算する方が
現実的な考え方かと思います

投稿日時 - 2010-09-30 21:22:28

お礼

自分の貯蓄額は生活費の何ヵ月分かで考えるのはシンプルで良いですね。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-09-30 21:43:34

ANo.3

>皆さんはどう思いますか?
確かに少ないですね。

>貯金はどれくらいあれば安心ですか?
こればかりは何とも言えません。
金銭感覚は人それぞれです。
1000万円あれば安心と思う人もいるし、1億あってもまだ貯めたいて思う人もいるでしょう。

もちろんお金はいくらあってもじゃまにはなりませんからいいですが、お金にこだわりすぎるといつまでたっても幸せにはなれません。
たとえば、1000万円あれば幸せになるだろう、安心だろう、て思う人は、1000万円たまっても満足(安心)できず、2000万円、3000万円…てなり、いつまでたっても満足(安心)できないと言います。
これを”いつか神話、やがて神話”ていいます。

ちなみに、老後、夫婦2人が85歳まで生きたとした場合、8000万円あればそれなりの生活、1億円あれば余裕のある生活ができると言われています。
もらえる年金がいくらか、退職金がいくらもらえるかで、自分たちで金融資産をいくらもっている必要があるかおのずと出てきます。

投稿日時 - 2010-09-30 21:16:07

お礼

確かに金銭感覚は人それぞれですね。
そんなに老後にお金がいるなんて老後が不安になりました。
二人で考えたいと思います。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-09-30 21:37:48

ANo.2

結婚5年目という事ですが今日までの生活ベースはいかがだったのでしょうか?
生活の仕方でも変わってきますし、年収によっても限度があるかと思います。
何が無駄で何が無駄でないかをお二人で良く話し合って可能な限り貯金したほうが良いかと私は思います。独身時代とは違うのですから・・・・お二人の安定した生活を期待します。

投稿日時 - 2010-09-30 21:03:56

お礼

今まで振り返って無駄だと思うのは車にかかるお金です。
何度も買い替えてしまいました。
車のローンが終わればその分を貯金に回したいです。今できることは…まずは二人で考えたいと思います。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-09-30 21:32:59

ANo.1

貯金額だけではわかりません。
広大な土地や、たくさんの賃貸物件を持っているというのなら、貯金は必要ないでしょうし。

家や子どもを希望するか否かでも変わりますし、老後に年金以外にいくら欲しいのかでも変わります。

とりあえず老後は微々たる年金しか収入がないことを頭におき、それを補うには今の段階で月々いくら貯金すればいい、という額の算出はできるはずです。

投稿日時 - 2010-09-30 20:38:17

お礼

家は実家がありマイホームの予定も子供の予定もありません。
資産は親から譲り受ける家や土地くらいです。
親の預貯金はあてにしていません。
真剣に考えたいと思います。ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-09-30 21:25:56

あなたにオススメの質問