こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

尖閣諸島の問題についてお聞きします。船長を解放したと聞いた時、確かに私

尖閣諸島の問題についてお聞きします。船長を解放したと聞いた時、確かに私も「腰抜け外交」だなと思いました。けれども、もしこのまま船長を拘束して起訴して、、、となると中国が武力で反撃するかもしれませんね。暴力を振るう相手に法律は無力です。こういう時こそいつも非難されてばかりの駐留米軍が出て行って戦ってくれるのかと思いきや、第一段階では米軍は出て行かないそうですね。自衛隊がまず出て勝てば良いですが、負けて尖閣諸島を取られたらそれはもう日本の領土ではないので、米軍はもう完全に出て行かないのですよね。(違っていたら正しい解釈を教えてください)

そうすると、やはり日本を自衛隊だけで守れない現在、船長を釈放するしかないのかなと思うようになりました。日米安保があれば大丈夫、大丈夫というのは幻想に過ぎないように思います。船長を釈放して文句を言っている人達、普段から日米安保、日米安保、米軍は日本を守ってくれると根拠なく言っている方は、船長を釈放せずに中国が責めてきた場合、どのような手段で日本を守ろうと、あるいは守れると思っているのでしょうか?

投稿日時 - 2010-10-04 21:10:17

QNo.6227925

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

この問題はまだ終わってません。ASEMの会議と中国の国慶節が終わるまで小休止というところです。

軍事的・経済的に大幅に強い中国がどう出るかは、まだ、まったくわかっていません。

この尖閣諸島の問題は、日本側の初手の誤りにそもそもの問題があります。国際通例上逮捕しないのが普通です。船長拘束から逮捕までに1日の猶予があったのですが、通例を無視して逮捕してしまったのが、まず大きな問題でした。

元々、中国は勢力拡大に野心があり、尖閣諸島を前々から狙っていたので、船長逮捕は中国にとって怒るチャンスだったので願ったり叶ったりだったでしょう。

中国は元々この周辺を占拠したいと思っていたのですから、釈放しようがどうしようが、最終的には侵略して来ます。船長など中国にとってどうでも良いのです。侵略する口実が欲しかっただけです。こうやって昔の列強諸国は外国に侵略して行ったんです。それを現在、中国が同じことをやっているだけです。

だから、中国との関係が最悪だった頃の小泉首相の時は、すべてその場で国外退去させていたわけです。

小泉元首相はケンカが上手だったので、ケンカを避ける方法も上手だったのでしょう。負ける相手にはケンカを仕掛ける口実を与えないということです。

しかし、一度逮捕してしまった以上、日本の法律で裁かないといけませんね。アメリカが日米安保を遵守して守ってくれるかどうか実際のところわかりませんが、中国には「アメリカは絶対に日本を守る」というように見せかけないといけません。そういう戦術を取らないといけません。そして。中国に躊躇させるように持って行かないといけません。

そういう政治力がないのが、民主党の情けないところです。

結局、船長は釈放されたのですが、この釈放のさせ方が那覇地検の判断によるものとは、実に嘆かわしいことです。同じ釈放でも管首相が「超法規的措置で、私の判断と責任で釈放させました」と全責任を負わないといけません。

那覇地検による釈放は、政府内の誰もが、お互いに責任の擦り合いをして、皆が爆弾怖さに逃げ回った裏の様子が容易に想像できて情けないことではないですか。釈放のさせ方が悪過ぎですね。

もっと毅然とした態度で、自分の行動を相手に示さないといけません。相手に余裕綽々としたところを見せないといけません。すると中国はあの余裕はどこから来ているのか?と勘繰るようになります。

中国が「アメリカの迎撃はすでに出来ているのでは?」と疑うように、日本政府が度胸を見せないといけないかったわけです。それをオドオドするものだから余計に強硬に出られたわけです。

証拠映像があるのなら、国連の場で公開すれば良かったと思います。法律上出来ないではありません。国が危ない時に小さな法律に拘るものではありません。超法規的措置で首相の責任で首相自らが積極的に動くものです。

首相の政治的能力の高いところを見せ付けないといけないわけです。指導者が有能ならば迂闊に攻めてはいけないというのは孫子の兵法にもあります。何も無いのにあるように思わせるのが大切ですね。

それでは実際にアメリカの援護なしに日本は守れるかというと、それは守れないでしょう。1週間くらいで全土を占領されるのではないでしょうか。これは日本の防衛力を怠ってきたツケでどうしようもありません。占領されたら、ゲリラにでもなって抵抗するしかないでしょう。

アメリカも中国との正面衝突は避けようとするでしょう。一歩間違うと核戦争になりますから。

だから、国連の場で話し合い解決にもって行かざる得ないわけですが、そこを日米安保を利用してアメリカに仲介役になってもらうわけです。それまでの間は、日本が攻められないように政府は頭をフル回転させて粘らないといけません。

投稿日時 - 2010-10-05 01:18:30

お礼

どうもありがとうございます。

>アメリカが日米安保を遵守して守ってくれるかどうか実際のところわかりませんが、

まず、自衛隊が出て行って勝てばそれで良し、負けたら米軍が出る前に議会の承認をもらわないといけないらしいです。それに一端中国に占領されるとそこはもう日本領土ではないから安保は関係ないらしいです。よく出来ていますよね、安保って。


>中国に躊躇させるように持って行かないといけません。

中国は米国が恐いでしょうか?恐がっているようには見えないのですが。米国の国債もたくさん持っていますし、

>オドオドするものだから余計に強硬に出られたわけです。

武力がないと、正しいこともおどおどしながらになりますね。

>それでは実際にアメリカの援護なしに日本は守れるかというと、それは守れないでしょう。1週間くらいで全土を占領されるのではないでしょうか。これは日本の防衛力を怠ってきたツケでどうしようもありません。占領されたら、ゲリラにでもなって抵抗するしかないでしょう。

一番頭にくるのは半世紀も政権を取っておきながら、自公がこのような状態を放置してきたことです。日本は徴兵制がないので、若者は銃の撃ち方もわからないでしょうね。

>そこを日米安保を利用してアメリカに仲介役になってもらうわけです。

拉致問題でもそうですが、直接米国の利益にならないことはしないのではないかと思います。

投稿日時 - 2010-10-05 20:42:23

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(8)

ANo.8

No7ッス(・∀・)

中国が持つ米国債はこの夏時点で8437億ドル
ちなみに日本は8036億ドル、ついでに英国は3622億ドル。

米国債の対外保有高は4兆ドルで
日本と中国がそれぞれざっと2割ずつ持ってる勘定です。

アメリカが心配してるのはあくまで平時における中国の米国債投資意欲であって
有事に際してなら中国の金で中国と戦争が出来るわけでありがたい限りです。

もちろんアメリカとしても中国と正面から事を構えるのは出来る限り避けたいと考えているよ。
しかしアメリカは日本と違って一方的に中国に譲る事はありません。
中国も日本相手のような無茶苦茶をアメリカには言いません。

「アメリカに中国がたのまれた」

中国に頼まなくてもアメリカの圧力だけで充分ですから。
日米安保解消されてより困るのは日本なのでそれはないです。
中露に対抗可能な軍事力を日本自前で持たなければならなくなるし、早急には無理です。

また、何を土産にアメリカは中国にあんな恥ずかしい事を頼むんでしょうか。
思いやり予算云々はこれをいい機会に利用しただけでしょう。

投稿日時 - 2010-10-06 04:28:06

お礼

たびたびありがとうございます。

>また、何を土産にアメリカは中国にあんな恥ずかしい事を頼むんでしょうか。

例えば、

「今度、イランの油田、あそこから日本を引かせて、お宅(中国)に譲らせましょう。まかせておいて下さい。その代わり、ちょっと尖閣諸島周辺で暴れてくれませんか?うち、今金欠なんですよね。何もなくて思いやり予算増額要求するわけにはいかないですからね。」

とかいうお土産話を米国が中国にしたのかもしれないな、、、と思いました。

投稿日時 - 2010-10-07 11:47:55

ANo.7

自衛隊は日本の防衛を主に担当し、在日米軍は攻撃と反撃を中心に担当します。

在日米軍は日本や日本人を守るためにいるのではなく、米国の国益を守るためにいます。
日本~台湾の細長い領海は、中国を封じ込める為に有効で
一部でもこれが切れてしまう事は太平洋の制海権を持つ米国の国益を損ねる。

日本の国防と、アメリカの国益が一致しているから
尖閣領域を含めた安保条約が結ばれているのです。

日本だけの利益の為にアメリカが動く事は難しいかもしれないが
尖閣占領の為に中国が実力行使に出れば、米軍は日本と無関係でも100%行動を起こします。

それが分かっているから中国も決して正面から占領とかやりません。
アメリカの顔色を伺いながら、日本だけを対象に出来る所だけ攻めてきます。

だから中国は頻繁に漁船を繰り出し、近海のガス田開発に着手し
周辺海域利用の中国側の既成事実を作ろうと躍起です。

日本の領海資源が中国に渡ろうと、それはアメリカの知ったこっちゃない。
しかし太平洋の防衛ラインが切れるのはアメリカにとって見過ごす事は出来ません。

投稿日時 - 2010-10-05 07:42:49

お礼

どうもありがとうございます。

>在日米軍は日本や日本人を守るためにいるのではなく、米国の国益を守るためにいます

そうですね、それが良くわかっていない人が多いと思います。米軍は日本を守ってくれるためにいると私もかつて思っていました。

>尖閣占領の為に中国が実力行使に出れば、米軍は日本と無関係でも100%行動を起こします。

100%行動を起こすと思われる根拠は何ですか?米国は中国にたくさん借金があります。日本より中国に頭があがらないはずではと思うのですが。

>アメリカの顔色を伺いながら、日本だけを対象に出来る所だけ攻めてきます

私の性格がゆがんでいるのかもしれませんが、今回のことは米国が思いやり予算の増額を要求するためのやらせかと思ってしまいました。どうも中国と米国が裏で手をつないでいるような。中国がたのまれたのではないかと思いました。

投稿日時 - 2010-10-05 20:22:58

ANo.6

軍事力が上なら、侵攻する、という基本的な思想が
中国にはあります。
1962年のインド侵攻しかり、中露紛争しかり
東シナ海、南シナ海は現在進行中です。

まして、沖縄は、日清戦争で日本に取られたと思って
いますから、武力で取り返すのは当然だ、と考えて
いるでしょう。

アメリカは、当てになりません。
戦争してまで、という利益がアメリカ側にあれば
やるでしょうけど、モンデールは、やらないと
明言して、問題になりましたし、
日本が国際裁判所に提訴しようとしたら、アメリカが
協力せず、断念した、という経緯もあります。
そもそも、国防を外国に頼るなんて論外です。
頼ろうとすれば利用されるだけです。
それが国際関係でしょう。

解決は簡単です。
中国を上回る軍事力を持てばよいだけです。
以前、尖閣諸島でアメリカが軍事演習をしたことが
ありますが、中国は何も言いませんでした。

投稿日時 - 2010-10-05 06:08:50

お礼

どうもありがとうございます。

>そもそも、国防を外国に頼るなんて論外です。
>頼ろうとすれば利用されるだけです。
>それが国際関係でしょう。

>解決は簡単です。
>中国を上回る軍事力を持てばよいだけです。


私もその通りだと思います。
外注してはいけないことがあると思います。予算を均等にしすぎだと思います。
塩事業とか、私の仕事館の運営は外注しても、国防を外注するなんて、、、、と思います。
あと情報収集とかも外注したら駄目ですよね。
このままだと米国が教えてくれる情報が正しいかどうかも検証できません。

それでまたあるある詐欺にやられてイラクかどこかへ行くのかもしれませんね。、
イランの油田、拉致問題では歩調をあわせてくれないのに、どうして日本ばかり歩調をあわすように要請されるのでしょうね。
アメリカと仲悪いからと言って日本も仲悪くする必要はないのに。むしろアメリカと仲悪いところを日本が引き受けるとかできないのでしょうか。

そうしたらイランだってアメリカは大嫌いだけれど日本の言うことなら聞きましょうということになったかもです。

また日本独自のエネルギー減つぶされましたね。歩調をあわせないと、バリバリ攻撃して石器時代に戻してやるぞ!って米国の誰かさんに脅かされたのでしょうかね。

投稿日時 - 2010-10-05 21:01:50

ANo.5

間違いだらけです。

>もしこのまま船長を拘束して起訴して、、、となると中国が武力で反撃するかもしれませんね。

船長を起訴しただけで、武力行使をしたら、中国は世界の非難を浴びます。
また、第一撃で自衛隊が不利になったとしても日本の負けてというわけでなありません。
自衛隊は敵の攻撃に数週間耐えればいいわけです。
また、今のところ中国の海軍と空軍は、一撃で自衛隊を打ち破り、壊滅させ、制海権と制空権を維持するほどの能力はありません。
米軍の施設が攻撃された場合には、米軍は即座に対応します。
制空権と制海権を保持できなければ、人民解放軍の陸軍の出番はありません。

>負けて尖閣諸島を取られたらそれはもう日本の領土ではないので、

この解釈も間違い。
たとえば、沖縄はアメリカの領土になったことはありません。
アメリカの軍政下におかれたのであって、領土になったわけではありません。
ですから、安保条約の適用範囲にあります。

日米安保不要論を真に受けすぎ。
以上

投稿日時 - 2010-10-05 02:22:06

お礼

どうもありがとうございます。

>船長を起訴しただけで、武力行使をしたら、中国は世界の非難を浴びます。

戦争が始まるきっかけはこんな自己中心的な考えからはじまるのではないでしょか。
世界の非難をあびるからやめておこうと思ったら、今まで戦争は起きていないのではないかと思います。

>今のところ中国の海軍と空軍は、一撃で自衛隊を打ち破り、壊滅させ、制海権と制空権を維持するほどの能力はありません。

そうなんですか、それが事実であれば安心ですが。人口から違いますからね。全滅しても次から次へと攻めて来そうな気がします。

>安保条約の適用範囲にあります。

でも適用して米軍が出て行くには米国議会の承認がいると聞きました。そんなことしていたら間に合いません。

>日米安保不要論を真に受けすぎ。

不要というか、ボコボコ穴がたくさん開いているのではないでしょうか。
やっぱり自分の国は自分たちで守るしかないと思います。

投稿日時 - 2010-10-05 20:51:12

ANo.3

こんにちは


> こういう時こそいつも非難されてばかりの駐留米軍が出て
> 行って戦ってくれるのかと思いきや、第一段階では米軍は
> 出て行かないそうですね。

ん? 「米軍が出ていって」って その時自衛隊は何しているの
でしょう?"まさか 指くわえてただ見ているだけ"?

あのぉ 自衛隊は我が国の防衛を一義として組織された集団なの
ですけど・・・。

「第一段階では米軍は・・・」って解釈そのものが、ちょっと
ヘンじゃありませんか?

そもそも日米安保は 我が国の防衛に際して 自衛隊では不足し
ている部分を米軍に支援してもらう為のものですよ、それは
締結当時からずっと変わらない原則です。


> 自衛隊がまず出て勝てば良いですが、負けて尖閣諸島を取られ
> たらそれはもう日本の領土ではないので、米軍はもう完全に
> 出て行かないのですよね。

ん~~~と、そう(侵略されない)ならないように「共同対処」
しましょう、ってことで両国でいろんな取り決めをしているの
ですが・・・。

1997年に改訂された「日米防衛協力のための指針」(通称 新
日米ガイドライン)には、どのように共同対処するのか?が
ズラズラと書かれていて、そこには具体的な侵略行為があった
時はもちろんのこと、平素からどんな協力体制を両国でとって
おくべきか?についても明記されています。

ですんで、防衛分野においては平時から日米は緊密な協力体制
を敷いており、様々な面で"普段から共同作戦"を実施している
のと等しい状態です。
なので「まず自衛隊が出ていって・・・」という事態になった
としても、その時 米軍が何にも協力せずに静観したり、まして
や知らん顔している事はまず有り得ない事態です。


> 船長を釈放せずに中国が責めてきた場合、どのような手段で
> 日本を守ろうと、あるいは守れると思っているのでしょうか?

ここ数年の中国の、特に東、南、シナ海における海洋権益の急速
な拡大政策は、日米だけでは無く、周辺諸国は強い懸念を示して
います。

一時、中国寄りになりかけた米国は、その(中国の)様子に敏感
に対応し、この地域の米軍の監視警戒能力をいっそう引き上げ、
なおかつ効果的な戦力の運用体制をとるべく、様々な手を打って
います。

我が国との関係で申せば、今年末に離島奪回を念頭においた日米
共同訓練が九州で実施される予定で、また 昨今のニュースでは
長時間高高度監視が可能な米軍も使っている無人機(Global Hawk)
を我が国でも導入する動きになりつつあります(米軍は近々、同機
をGuamに配備予定)

また、今回の一連の騒動の最中、クリントン国務長官以下、米国
の主だった人々が、それまでの米国の(他国領土に関する)基本
姿勢から一歩踏み出した"尖閣は日本の事実上の領土"という発言
を繰り返し、中国を強く牽制していたのは、ご存知の通りです。

米国はこの間あきらかに「日本の領土に手を出すなら、自分たち
(米国)は 黙っちゃいよ」というメッセージを送っていたので
はないでしょうか?

そのせいか、今回 連日の中国政府高官の勇ましい発言とは裏腹に、
肝心の中国海軍は(及び空軍も)一切目立った動きはとっていま
せんでしたよね?かなり抑止効果が効いたと思いますよ。

投稿日時 - 2010-10-04 23:26:49

ANo.2

回答には満たないと思いますが・・・・・
日本国が領土と主張する尖閣諸島の問題で様々な議論が飛び交っている様に見えますが単に他人事の様にしか考えていない言葉が多いような気がします。
誰が悪いのどうのこうの、批判ばかりで実らず。
私からみれば結果も出せずに他のせいにしないで!! と言いたいです。
他所(他国)から見れば醜い争い事、見失わないで歩むべき道と辿り着くところ。
日本国は誰のものですか?
大切な宝物を見失わないで.....
誰だって自分が可愛ものですが立場ばかり主張しないで義務も果さなければいけないと思います。
他人事の様に思わないで、現実をしっかり受け止めて、けして騒ぎ立てることもせずに
国民一人ひとりがしっかりと日本をたいせつに出来る様に歩んでいくべきだと思います。
どうしたら日本を大切にして行く事ができるかを真剣に考えないといけないときです・・・・・。
誰かの日本ではありません。
どこかの日本でもありません。
私たちが生まれ育って、そして生きて行く日本国です。
過去に反省しないのもどうかと思いますが、拘りを持ち続けてばかりでは進化しません。
お互いが生きて行く為にはどの様な道を切り開いていくべきかを先導者しっかりと現実に目を向けて
導くことも大切ですが先導者を導くことも時には必要かと思います。
どこの国から見ても美しい日本といわれる様な日本を築けあげたいものですね。

投稿日時 - 2010-10-04 22:03:14

お礼

どうもありがとうございます。

>誰が悪いのどうのこうの、批判ばかりで実らず。
私からみれば結果も出せずに他のせいにしないで!! と言いたいです。

はい、反省しています。事情もよく知らず「腰抜け外交」とか「弱虫外交」とか思ってしまって反省しています。

>誰だって自分が可愛ものですが立場ばかり主張しないで義務も果さなければいけないと思います。

そうですね、米軍にお帰りいただいて自分たちで日本を守ることになって徴兵制でも出来たら私も行こうと思います。

>どうしたら日本を大切にして行く事ができるかを真剣に考えないといけないときです・・・・・。

やっぱり、イラクの時みたいに米国の言うことを何でもかんでもハイハイ聞くのはやめた方が良いと思います。国益がぴったり一致するなんてことはありませんから。
言うことを聞くにしても、日本独自でちゃんと情報収集をして分析して、よく考えて行動するべきと思います。

根拠もなく大量破壊兵器あるあると言われてついて行ったのは、本当に良くなかったと思います。

投稿日時 - 2010-10-05 20:11:50

ANo.1

・こういう時こそいつも非難されてばかりの駐留米軍が出て行って戦ってくれるのかと思いきや、第一段階では米軍は出て行かないそうですね。自衛隊がまず出て勝てば良いですが、負けて尖閣諸島を取られたらそれはもう日本の領土ではないので、米軍はもう完全に出て行かないのですよね。(違っていたら正しい解釈を教えてください)

残念ながら、あなたの予想ほど、甘く行きません。
漁船が密漁したり、中国の水産指導船が、うろうろしたり、軍艦が通過して通り抜けたりするだけならまだしも、中国軍が島に上陸したりしたら、直ちに、第七艦隊と沖縄の海兵隊が共同防衛のため
進撃し、尖閣の七面鳥打ちとなります。(もちろん、自衛艦隊と空自・陸自も同行して奪還の花をもたせてくれるでしょうが\(^^;).
 なんといっても、尖閣は日本領土であると共に、在日米軍の射撃爆撃演習場と言う米軍基地の島なのですから
日本国と米軍に、ケンカ売ることになります。
 他の水域では、強引に人民解放軍基地をほとんど水面下の岩礁の上に板貼ってでちあげ、
占領している中国が、尖閣では軍隊上陸させられず、漁船の密漁程度しかできないのは、
尖閣の島が米軍基地領域なのと、沖縄の海兵隊が、即時対応可能と言う
日米安保の効果なのは、明らかです。

zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz

まー、那覇地検は、日米安保という政治には無縁に、法律上の範囲内で
釈放しただけなんだそうな\(^^;).

投稿日時 - 2010-10-04 21:36:33

お礼

どうもありがとうございます。

>中国軍が島に上陸したりしたら、直ちに、第七艦隊と沖縄の海兵隊が共同防衛のため
進撃し、

私も今までそう思っていましたが、どうも尖閣諸島近辺の争いには米軍は出ないと聞いたのですが。

> なんといっても、尖閣は日本領土であると共に、在日米軍の射撃爆撃演習場と言う米軍基地の島なのですから

基地があるのは事実なのかもしれませんが、米軍は出ないと聞きました。

>日本国と米軍に、ケンカ売ることになります。

米国は中国にたくさん米国債をもってもらっているから、米国はその喧嘩を買うと国益を損ねかねないから買わないのではないのでしょうか。

>尖閣の島が米軍基地領域なのと、沖縄の海兵隊が、即時対応可能と言う
日米安保の効果なのは、明らかです。

安保はありますが、米軍が出る時は議会の承認が必要とか、国益を損ねる場合には(出ない)、、、とか、いろいろ保険証書の裏に小さな字で書いてある但し書きのように、なんだかんだといって出ないと聞きました。もし、出ることになってもそれには議会の承認が必要とかで、そんなこと細々やっていたらいざという時間に合わないと思います。

やっぱり、米軍にはお引取り頂いて日本は自分たちで守った方が良いと思います。

投稿日時 - 2010-10-05 20:02:58

あなたにオススメの質問