こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

接触事故について

接触事故について

駐車場での接触事故なのですが
当方が入ろうと思いバック駐車で進みました。
車留めまで1mほどのときにその右の車両が(前に突っ込んで駐車)
バックで出ようとしているのがわかりました。同時に動くのは危ないと思いその場所で
ニュートラルに入れブレーキを踏みました。
ところがその車が異常に接近してくるので
(当方の車と反対の方向に後ろを向いてバックしているからかもしれませんが)
危険を感じ思わずクラクション、しかし間に合わずぶつかりました。

ぶつかってこちらを見て驚いた様子でした。
数秒のことです。
当方の車の2枚ドア中央に相手車両のタイヤ、その周辺のバンパーがめり込んだ感じです。

ドアとドアは結構平行に近くおよそ20cmくらいで相手のタイヤがこちらのドアの方向に
向いてめり込んでいました。

反対ドアから降りてすぐにその様子を写真にたくさん撮り
以前友人の事故のときの教訓を生かし
相手、当方、警察との現場検証は動画にしました。

その中にも残っているのですが
相手は当方の車両が駐車場にあり止まって動かないものを確認して
バックしたがぶつかってしまった。
だから当方が悪いと言っています。
また、警察の当方の車両は駐車して動いていない、止まっていたんだねという問いに
しっかり「止まっていました。」と何回も言っていました。

保険屋同士の話し合いによくある話しですが
相手は自分の都合いいように
当方が止まっている先方車両に突っ込んだから100%当方の責任。
しかし駐車場ということもあり
相手:当方=3:7
とすぐに言ってきたそうです。
当方の車両が相手車両に突っ込む説明図付きです。

その図はもしこちらが突っ込んだとしても100%不可能な図。
なんでこの無茶な図でそんな要求ができるかと思い
証拠写真を出しました。
双方の保険屋はその写真で相手が突っ込んだと認識。

しかし当方が止まっていたというのは
相手が認めません。
確かに止まっていたと言ったがそれは駐車していたのを見たと
言っただけで止まっていたとは一言もいっていないが相手の言い分。
もし止まってもぶつかる瞬間に止まったは止まったと認めないが
相手保険屋の言い分。

そこで相手が当方が駐車して止まっていた、事故はそれから
数秒後におこったと話している、
また、相手が止まっているのを確認して動かないと確信して動いた。数秒のことだ。」
と言っている動画を見せますと提示。
動画をうまくパソコンに載せられずとりあえず内容をすべて書面にしました。

当方保険屋がでは双方の保険屋、当人、中立に判断する
外部の損保関係者などを呼び現場検証を持ちかけました。

相手保険屋も了解ですが相手当人が
「そんなもの行きたくない。」

事実をすべての人に説明できすぐに解決できる案ですが
拒否されそのまま。

また相手保険屋は言い逃れ的に
当方の車はあり得ない動きをするんだ、だからぶつかったのような
まるで当方の車両に問題ありのようなことも言ってきました。
まだ半年の新車で整備も出したばかりと言ったら車の性能自体が
問題ありのような発言。つまり車の会社にケンカを売るような発言でした。

そのまま何か問いかけても相手保険屋からは何もないそうです。

仕方ないので弁護士さんにお願いするのですが
客観的にどのくらいの過失割合ですか?

最初の嘘の証言、ぶつかるかずのない状況の図での
当方:相手=7:3はないと当方保険屋に言われました。

また車自体への問題発言、これもどうなのでしょうか。

なかなか過失配分のお答がいただけないので
再度の質問で申し訳ないのですが
どうか教えてください。

投稿日時 - 2010-10-08 08:25:35

QNo.6235261

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

判例の無い事案は、50対50からスタートするのが一般的です。
双方の保険会社が介入していれば、第三者の意見を聞く必要もないと思います。
又、弁護士に依頼するのであれば、全てを弁護士に委ねるべきでしょう。
ここでの回答者の回答がどの程度有力か?
まず、意味がありません。事故事実を確認せず適せな回答がだせる訳がありません。

投稿日時 - 2010-10-08 19:16:45

お礼

有難うございます。

弁護士さんとの打ち合わせの前に通常はどうなるものか
知りたかっただけなので。

投稿日時 - 2010-10-21 07:44:28

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

駐車場内の事故なので、一般類型に当てはめることが難しく、現場の状況、双方の車両の動きを細かに検証できないこのようなサイトでは適確な過失割合は出せません。

弁護士に依頼するのであれば、弁護士に任せることです。

こういったサイトでもマルチポストは嫌われますので、弁護士だって自分以外にあちこちに相談されると嫌がります。

投稿日時 - 2010-10-08 09:25:43

補足

有難うございます。

ここでのご意見を弁護士さんに主張するつもりはありません。

ただ、こんな場合はどのくらいの過失割合なのか
最初に事故自体対起こりえない図でこちらに過失ありの相手保険屋主張。
また事実がわかってもその場を逃げるだけの発言が相手、相手保険屋に多いです。
そして無視状態。

この場合の接触事故なら通常どのくらいの過失割合かも
さっぱりわかりません。

そのために参考にさせていただきたいのです。

また弁護士さんに相談するにしても弁護士さんのスケジュール上
まだまだ先の話しになってしまいそうです。

投稿日時 - 2010-10-08 09:48:29

あなたにオススメの質問