こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

小さな会社を日本でやっています。年に3回ほどタイに旅行でいっているので

小さな会社を日本でやっています。年に3回ほどタイに旅行でいっているのですが、短期で
いいので、月に1回いけたら満足できると思います。
まだ若い方なので、ずっと滞在というわけにはいきません。 日本の会社もあるので(経営者)
社内社外向けにも仕事で行っているという理由があれば、一番まっとうな理由でいいのですが、 タイで会社を作ることについて調べると最初300マン程はかかるみたいですし、
51パーセントはタイ人が出資しないといけないことになっているらしく、よって信頼できるタイ人がいないと難しいらしく、ほかの面などいろいろ難しいことも多いみたいです。

お金をあまりかけずに 月に一回ほどタイにまっとうな理由で行くための
いい方法というのは何かあるのでしょうか? 会社を作らなくても
まっとうな理由でいく方法があるでしょうか?
旅行で5日いませんとかはいいにくいですしね。
サラリーマンではないのですが、 社内の体裁上なにかまっとうな理由で月5日程
空ける方法があるでしょうか?

投稿日時 - 2010-10-22 08:27:02

QNo.6267130

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

タイ行きの目的は現在は油抜きですよね
それはそれでいいとして問題は家族や知人あるいは取引先からの連絡に
どう対応するかですが「外国へ行っている」と第三者が答えれば
日本人の場合は道楽と見られかねないですね
こういう骨抜きぼ時間はできるだけ人目につかない部分でやるべきでしょう

であれば理由付けですが、実際に会社を作ってしまったらどうでしょう
香港であればJPYで20万ぐらいあれば設立はできますし
会社の設立場所はバンコクにこだわる必要もないかもしれません

とかいう私も実際に会社を作ったことがあります
海外へ出る口実としてはまっとうですね
ただ銀行や取引先にはあまり理解が得られるものでもありませんので
「いない」の一言でいいのではないでしょうか

掛かってきた電話は転送やローミングなどの方法もあります
私はできるだけメールを使うようにしていますが
メールだと相手には国内か海外かはわかりませんね

参考にならないようなくだらない回答ですみません

投稿日時 - 2010-10-22 15:50:07

補足

ありがとうございます。

香港ならたった20マンでいけるのですか。
仕事で日本にいないというなら確かにタイにこだわる必要はないですね。

香港は外国人が会社つくったり働いたりする基準が緩いのでしょうか?
仕事で海外に堂々といえますよね。
それで 香港には行かなくても タイに行けばいいことですよね。
また 用事が出来てタイに寄り道したといえばいいことですよね。
参考になりました。ありがとうございます。 思いつきませんでした。

会社の維持費はどれくらいでしょうか? 20マンでつくったあとに。

投稿日時 - 2010-10-22 16:38:25

ANo.2

ご質問の趣旨は、会社の費用で毎月タイに行っても税務署から文句を言われないようにするにはどうしたらよいかという意味だと思います。

その趣旨では毎月視察というのは無理でしょう。
税務調査では海外出張が常識的に多すぎるとその目的や費用の内容を精査されます。事業目的ならば通りますが、その中に個人な遊興費まで入っていればそれは役員賞与ということになり課税されます。

場合によっては使途不明金で、これは重加算税です。

したがって、何らかの取引をタイの会社と日常的に行うか、現地会社を作ってそこで実際に事業を行うかのいずれかが必要です。

簡単なのは雑貨類を輸入してネットで販売することでしょう。利益が出るかどうかは別としても仕入のために現地に行くのは立派な事業目的です。

私の知り合いでもこれが発展して今では現地に専用工場を持つまでになったものがいます。

現地法人は資本比率が問題のようですが、実際は設立時の名義貸しをするコンサルタントがいるらしく、設立後しばらくしたら残りの株式を買い取って100%自分の子会社にする方法があるようです。

でもそこまでのリスクを負いながら税金を気にして、毎月タイに行く必然性が少々わかりません。

今の会社で堂々と利益を上げて高額な役員報酬を受け取れば、毎日でもタイにいけると思うのですが。

投稿日時 - 2010-10-22 09:57:32

補足

ありがとうございます。

毎月いけるのであれば、別に経費でなくてもいいのです、日本の会社を運営しながら
毎月会社をある期間留守にする 周りが納得いく理由がほしいところです。

>簡単なのは雑貨類を輸入してネットで販売することでしょう。利益が出るかどうかは別とし>ても仕入のために現地に行くのは立派な事業目的です。
これは 会社を現地につくらなくてもいいからリスクが少なそうですが、輸入しなければならない雑貨の量などの制限はあるのでしょうか? 少しの輸入(現地で購入ということですよね?)
でもいいのでしょうか? なおその購入については 労働VISAでなくても 購入はできるという
ことになるのでしょうか? 

>今の会社で堂々と利益を上げて高額な役員報酬を受け取れば、毎日でもタイにいける>と思うのですが。

代行するものがおればいいわけですよね。 代行者がいればいちいち
何々で留守にするとかいわなくてもいいのでしょうか?
代行者がいないと これこれの理由で5日いないとかいわなくてはならないのでしょうか。

投稿日時 - 2010-10-22 10:23:26

ANo.1

視察でいいのでは。

投稿日時 - 2010-10-22 08:50:49

補足

ありがとうございます。

毎月視察でも問題ないのでしょうか?
もしかして視察(本当に昼の間視察したら) 
航空券も経費で通るのでしょうか?

投稿日時 - 2010-10-22 09:14:55

あなたにオススメの質問