こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

レポ取引の質問です。レポ取引で取り扱う債券は長期国債、中期国債、超長期

レポ取引の質問です。レポ取引で取り扱う債券は長期国債、中期国債、超長期国債、などの利付国債や短期国債が取引の中心と書かれています。短期金融市場の取引なのになぜ長期国債がでてくるのですか?実は長期金融市場なんですか?

投稿日時 - 2010-10-23 01:39:08

QNo.6269089

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

9人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

例えば、債券を11/23に売り渡して、12/1に買い戻す場合とかがレポ取引に当たります。
だから、その間の1週間程度の資金を供給する事になります。
売買がセットな為、供給量が非常に多い長期債券がレポの中心です。
買い切りレポとなると短期国債に中心が移ります。

投稿日時 - 2010-11-15 18:03:44

ANo.1

取扱う債券(原証券)は長期国債でも、現証券を取引する期間が短期(オーバーナイトから1ヶ月くらい)なので短期金融市場なのです。取引する期間はレポ取引なら貸し借りする期間のことを言います。

投稿日時 - 2010-10-23 19:27:28

あなたにオススメの質問