こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

今こそ、超党派でインド大訪問団を・・・。

今こそ、超党派でインド大訪問団を・・・。

インドのシン首相が来日され、インドと日本との間でEPAが締結されました。
中国との関係が悪化した現在、これから中国を抜いて世界一の人口を持ち、潜在的成長力世界一、そして、何と言っても民主主義国家であるインドに超党派で大訪問団を結成し送るべきだと思います。

その訪問団の規模は小沢一郎が、民主党の議員で大訪問団を結成し中国に行った時の規模を上回る数です。
当然、経団連も連れて行きます。

そして、メディアをフル動員し、「21世紀はインドの時代」キャンペーンを展開します。

ここまで来ると端から見ている中国は、日本は中国を見限ってインドになびき出したと焦り出すかもしれません。
そして、日本の顔色を伺いだし、ご機嫌をとる為に、「尖閣は当然、日本の領土です!!」、
「最新の研究では、南京で虐殺などなかったらしいです!!」、などと言い出すかもしれません。

これは中国に対する最高の「外交カード」になると思います。

この私のアイデアはいかがでしょうか?

投稿日時 - 2010-10-26 16:47:42

QNo.6276925

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

ベリーグウズアイデア。私もその大訪問団に参加したいのですが、あなたが団長になり早く実現してもらいたい。
中国が「日本がとんでもないことをはじめた」と焦れば大変喜ばしいことです。日本はいずれ核武装が必要になると思いますがインドやオーストラリアに核実験場提供もお願いすることです。インドで赤痢になったり誤魔化されるようでは、近隣のごろつき国とは付き合えません、インドで鍛えてもらうことです。
頑張ってください。机上の空論にならぬように。

投稿日時 - 2010-10-27 22:18:52

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(10)

ANo.9

 インドの重要性に気付いていた政治家は一部ですがこれまでにもいました。
 安倍元首相は幹事長代理時代に奥さんとインドを訪問しています。
 質問者様がおっしゃる通り、これからは超党派で協力してインドとの外交を発展させていってもらいたいものです。
 パキスタンが、中国を全面擁護する発言をして親中姿勢を鮮明にしたり、北朝鮮と核兵器開発で協力しているとも言われています。この点だけではありませんが、インドの重要性は更に増していますね。グッド アイディアだと思います。

投稿日時 - 2010-10-27 17:10:00

ANo.8

小沢一郎が大訪中団を中国に行かせたのは、自分が日本と中国のパイプ役であると、中国と日本に共に認めさせるためでした。
中国に、田中角栄の開始した中国利権は俺(小沢)が引き継いでいると、再確認させ、、日本には、田中角栄の筋の利権は俺が貰い受けているのだと、再確認させた。

中国は、その本気度は知らんけど田中角栄を「国の恩人」として崇め奉り、田中角栄の恩は国の運命尽きるまで無くなる物ではないと…そう豪語し、田中角栄ゆかりの政治家達に手厚く報いた。
そういう状況下において、小沢一郎が田中角栄利権を受け継ぐのに払った努力は涙ぐましいもので、あらゆる所で田中角栄との結びつきを誇示した。大訪中団もその一つ。
将来中国は世界一の国になるから、俺が日本を支配するのは間違いない…とでも自信持ってたんでしょね。

つまりは大訪中団は小沢の私利私欲、金銭欲・権力欲によって発生したものだから、これを同様にインドへ大訪問団を送る…という発想にはなっていかない訳です。
大訪問団を送るというのは、そもそも共産主義系の発想じゃないんでしょうかね。

インドとの友好親善、経済強化は非常に好ましいですが、わざわざ小沢被告のような道化をする必要も無い。
ちなみに一種の病気の人でもある岡田は、インドが核実験するのであれば原子力協力協定をやめるぞ!なんて言ってましたが、その辺は、どうなったんだろww
私ならインドの核実験にのっかって、自分の核実験もさせてもらいますけど。

投稿日時 - 2010-10-26 22:15:18

ANo.7

 大訪問団を結成するかどうかは別として、インドとの関係強化は必要です。どういう訳か日本は中国に肩入れして、中国の経済発展に多大な貢献をした挙げ句、その中国に安全を脅かされています。我が家を狙う強盗団にせっせと貢ぎ、友好だの共存共栄だの寝言を繰り返している。中国への肩入れは日本建国以来の失策と言えるでしょう。
 日本は中国へ向けたエネルギーを、全てインドとASEAN職国へ振り向けるべきでした。

>そして、日本の顔色を伺いだし

 まあ、これは余りにも楽観論に過ぎるともいますが。とにかく中国への依存度を下げる事、対抗勢力を作る事は緊急の課題でしょう。

投稿日時 - 2010-10-26 20:03:40

ANo.6

結論だけを言おう。0点です。インド側にメリットがない。
質問者には駆け引きというモノがまるで理解できていない。
日本の腐敗したメディアが、国際的に何の力を持つというのか。
インドに足元を見られるだけだ。そんなものはカードでも何でもない。

麻雀とポーカーで勝てるようになってから、考えましょう。

投稿日時 - 2010-10-26 20:02:23

ANo.5

この質問はギャグならギャグなりの味わい深い表現が
無いから、ストレートな質問と思い回答します。

小沢がごり押しして習近平を陛下に合わせた事、何百人も
引き連れて訪中した事は日本人として全く情けない気持
にさせられた。小沢は中国と太いパイプがあると権力誇示
したいのだろうが中国への尻尾振り以外の何物でもない。
それが証拠に小沢は尖閣問題で何も出来なかった。

大統領や首相が自国の産業界代表団を連れて、経済的に
重要な国を訪問する事は大抵の国でやっている。しかし
小沢訪中団以上の規模なんてマンガだ。世界中から
今度はインドにおべっかかと笑われるだけです。

そんな馬鹿な事して「中国が日本のご機嫌をとる」なんて
想像するのは、相当お目出度いと言わざるを得ません。

投稿日時 - 2010-10-26 19:53:31

ANo.4

素晴らしいアイデアです。
ぜひ実行して欲しいです。
インドは東京裁判で、日本を断罪する国際世論が渦巻く中、敢然と日本は無罪と言い放ったパール判事の母国です。そのような恩義のある国とパートナーシップを組むことは素晴らしいです。賛成します!

投稿日時 - 2010-10-26 18:43:50

>これは中国に対する最高の「外交カード」になると思います。

素晴らしいアイデアです。

感服しました。

投稿日時 - 2010-10-26 17:57:01

そして大訪問団の半数が赤痢になって帰ってくるの?


楽しいギャグですね。

投稿日時 - 2010-10-26 17:14:59

そして大訪問団の半数が赤痢になって帰ってくるの?

投稿日時 - 2010-10-26 17:13:55

あなたにオススメの質問