こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

デザインの仕事をしている人に質問です。

デザインの仕事をしている人に質問です。

僕はグラフィックデザイナーになろうと思っています。
デザイナーというのは聞こえはいいですが、現実的にどうなんでしょうか?
また、デザイン業界の厳しさ(?)見たいなものを教えてください。

変な文かもしれませんがご容赦下さい。

投稿日時 - 2010-10-28 22:03:42

QNo.6281957

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

私が経験した狭い範囲での回答になりますが。

時間的にはかなりハードです。
先ず納期ありきなので間に合わせる事が第一条件です。
クライアントによっては殆ど時間が無い事も有りますし、大体の場合伝家の宝刀のごとく「予算が無い」と言いますからデザインに時間を掛ける事も出来ません。(時間と売り上げの関係)
そう言うところに限ってデザインの質に関してはうるさかったりします。

クライアントの担当者からはOKを貰い後は印刷と言う段階まできていても社長とかの鶴の一声でチャラになる事も珍しく有りません。
勿論納期が伸びる筈も無く徹夜してでも間に合わせます。

繁忙期とういものが有ります。
基本的にはゴールデンウィーク、お盆、年末年始等長期休暇前後です。
これはデザイナーと言えどもお休みになりますが、その休みを取るためにはその分を前倒しでさばかなければなりません。
レギュラーの仕事がある場合は特にです。
通常なら例えば1週間で1案件だとすると、これが2~3倍の量になります。

この辺は体力勝負なので何とかなるかも知れませんが、デザイナーで重要なのは相手の意図を性格に汲み取る事です。
クライアントもいろいろいますから、デザインの事に詳しい人もいれば全く解らない人もいます。
前者の場合要求レベルが高いのでデザインに関してあれこれ細かく注文されます。
後者の場合は何となく頭の中にイメージはあっても表現出来なかったりするのでそれをこちらで形にして更にそれ以上に仕上げなければなりません。

色々なものにアンテナをはって今何が流行っているのかとかを知っておかなければなりませんし、日々勉強です。

投稿日時 - 2010-10-28 22:19:30

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

売れてナンボの世界
売れなきゃ消え去るのみ
生きる道を確保してから立ち入るべし
入ってから生きていこうなんて甘い考えは通用しない

投稿日時 - 2010-11-23 14:22:34

ANo.2

No,1の方の補足
特にイベント物は、春に夏物のデザインを作ったり
今の時期には正月物を山ほど作ってたり、季節感が結構めちゃくちゃです。
しんどいな と自分が思っていても、そんな事には関係なく
おちゃらけたデザインやおめでたいデザインを、うんうん唸って考えます。
業界によっては、3年先に売り出すモノを今考えてたり。

現実は、デザイン屋なんて
よっぽどの人でない限り(佐川急便のトラックをデザインした人とか)
地位は低い。というか、地位なんてそもそも無い。
肩書きに興味無く、1ヶ月ぐらいは休み無く、夜もろくに眠らずにいられる人は
いずれ名のあるデザイナーになる(可能性がある)んじゃないか と。

注文を受けて、天啓を受けたように「これしかないだろ」ってのを上げてもボツになる時はなるし
どうでもいいや と、ロクに考えずに提出したものが採用されたり
これが本チャン、あれは捨て案 と提出したのが捨て案で決まったり
そんな時は「なんでやねん!!」と思いますが、これは仕方ない。

クライアントありき ですからね。
ゴリ押し出来るようになるまでに、どれほどの理不尽な思いをしなければならないか
クライアント・流行・自分 との果てしない戦いです。

投稿日時 - 2010-10-29 02:55:20

あなたにオススメの質問