こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

お金持ちに立派な人はいないのではないのか?

お金持ちに立派な人はいないのではないのか?

どの程度がお金持ちなのか?というと個人の価値観が
違うので、まちまちだとは思います。
したがって、お金持ちの定義は自分の思うお金持ちで
結構です。

お金持ちは、ずるがしこい事をしなければなれない。
違法であろうが合法的であろうが、弱者から搾取して
いなければお金持ちにはなれない。
と、僕は思っています。

もし仮に、倫理的にも責められずお金持ちになった。
としても、そんなにお金があるのなら恵まれていない
人々に相当額を寄付するべきだ。
と、僕は思っています。

結局、お金持ちはそれをしないためお金持ちなんだから、
お金持ちに立派な人間はいない。
と僕はおもっていますが、間違ってますでしょうか?

投稿日時 - 2010-11-02 10:07:06

QNo.6291610

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(28)

ANo.28

馬鹿かおまえ?メディアと国の影響受けまくってんな。
確実に貧乏人より金持ちの方が人間的に筋通った振る舞いできる率高いわ。
貧乏人がどてかいニュースになるようなビジネス上の悪さできねえだろ。そんなのニュースが取り上げねんだよ。
だいたい、人殺したりくそみたいな悪いことすんの金持ちすくねえだろが。
悪いことすんのは、心の余裕ないやつの方が多いし、会話なんか全然違うぞ。貧乏人はいつも不満大会だろ?金持ちは、不満率低いぞ。
テレビの影響受けすぎだ!且つ自分の貧乏を肯定すんな

投稿日時 - 2011-12-10 18:28:13

ANo.27

大富豪と呼ばれている人たちは、多額の寄付をされているそうですよ。

弱者から不当に搾取してお金持ちになる人もいますが、基本的にお金は、多くの人を喜ばせた人の手元に入るものです。
世の中の需要に多く答えた人に、お金は多く供給されるのです。

金持ちが悪人なら貧乏は善人だと思いますか?
貧乏は、世の中が必要としているものを供給する能力がないため貧乏になります。
また、無駄なものにお金を費やしてしまう人も貧乏になります。

ねずみ小僧という大泥棒が、金持ちから金を盗んで貧乏人に分け与えたところ、貧乏人たちは酒と博打と女に使って、あっという間にまた貧乏になったなんて話もあった気がします。
貧乏な人が、努力しても運が悪くて恵まれないのか、単に怠け者で恵まれないのか、判断が難しいところです。

つまりどの層にも素晴らしい人もどーしようもない人も悪人も善人もいるので、金の有無で人格を判断するのは間違っているということです。

投稿日時 - 2011-11-07 16:32:19

ANo.26

例えば、
Aさんは、5人へマッサージを施して、計15,000円ほど謝礼を頂いたとします。
Bさんは、3人へマッサージを施して、計9,000円ほど謝礼を頂いたとします。
Cさんは、更に上級レベルのマッサージを3人へ施して、計18,000円ほど謝礼を頂いたとします。
Dさんは、何にもしなかったため、謝礼0円だったとします。
Eさんは、1人を殴り、慰謝料10,000円を支払ったとします。
Fさんは、3人へインチキマッサージをして体調を狂わせたため、当初頂いた計9,000円を返金した上、償い金6,000円を支払ったとします。
Gさんは、3人へインチキマッサージをして、計9,000円を頂き、逃げた結果、逮捕されたとします。
Hさんは、3人へインチキマッサージをして、計9,000円を頂き、逃げ切ったとします。

上例のように、基本的には他者へ恩恵を与えた謝礼が富であると言えると思います。
ですから、むしろお金持ちほど立派である方が通常だろうと思います。
もちろん、Hさんのような事例もありえますが、こういうあり方であれば、本人自身渇望的状態であり、この世でも地獄、あの世でもそのまま地獄、というのが本質的状態であることでしょう。
また、インチキや手抜き等は、通常、相応の反感を買うでしょうから、謝礼どころか返金を迫られたりすることでもあるでしょう。

投稿日時 - 2010-12-06 22:49:19

ANo.25

それに感けることはできるが、立派な人はいません。
同一人物が、金の無い社会では、やはり安心できる権利を追うでしょう。

投稿日時 - 2010-12-05 19:13:48

ANo.24

お金持ちのも立派な人もいます

それは二宮尊徳です

投稿日時 - 2010-11-23 16:10:21

ANo.23

あなたの主張が絶対正しいと言い張るならさ。No.21にあったサイトで自分の収入入れてごらんよ。仮に年収100万だとしよう。それでも世界の上位14%に入るわけさ。「そんなにお金があるのなら恵まれていない人々に相当額を寄付するべき」とならないか?さっさとアフリカなりどこなり最低コストで暮らせる国に移住して、全財産を自分より下位の86%の人に寄進してから言ってよ、そういう理屈。それなら詭弁にはならないよ。

投稿日時 - 2010-11-10 10:36:48

ANo.22

お金持ちになる為に努力した方々もいらっしゃるはずです。お金持ちの人が会社を設立する時には借金をしてリスクを背負って成功した方もいらっしゃいますよね。なぜリスクを負ってまでして手に入れた富を他人に寄付しなくてはならないのでしょうか。失敗すればホームレスになる可能性だってあるんですよ?

貧困に喘いでる国はたくさんあると思います。自分ならたくさん勉強しお金を頑張って貯めて海外に移り仕事をしてそこでたくさん貯めて起業するなり何か行動を起こすと思います。

口を開けて餌を待つ鯉は嫌です。自分なら餌がなくても生きていける手段を生涯かけて探します。

話がそれましたが金持ちになった人は茨の道を進んだ方もいるんです。一概に立派な人間はいないと決めつけるのはよくないんじゃないですか?

投稿日時 - 2010-11-05 21:50:13

ANo.21

私が知るお金持ちは生まれながらにしてお金持ちなのですがその人達はボランティアでなくチャリティ財団を持っています。稀に成金と呼ばれる人達もいますが必ずチャリティ財団に寄附をしています。金儲けは悪い事等しなくても出来ます。悪い事をしなければ儲けられない人達を私達は小金持ちと名付けてます。早い話少しのお金しか儲けられない人種と思ってます。

投稿日時 - 2010-11-05 02:14:45

ANo.20

あなたの立派度が分かるサイトです。お試しあれ♪

http://www.globalrichlist.com/

参考URL:http://www.globalrichlist.com/

投稿日時 - 2010-11-04 22:36:12

ANo.19

金持ちが天国へ行くことほど難しいことはない、とさるひとが2000年前に喝破したそうですが、
りん77様もおなじ様なことを考えられたのですね。

確かに、金持ちは(その金をどうして得たかは置くとして)、一旦得た金を全部寄付することはないですね。ゲイツさんにしても、祖ロスさんにしても自分の分は十分残して、困らない程度に寄付しているようです。
自分が貧乏になるまでとことん寄付しなければ、貴方は天国へはいけない、立派なひとにはなれない、というわけですね。
厳しいですね。

でもそれは多分あたっていると私も思います。

人間ははてしない欲望に飢えた最悪の動物である。
立派な人間なんか殆ど居ませんね、確かに。ましてや
金は欲望を掻き立てるツールです。金中毒の金持ちが悪くならないはずはありません。

金持ちが天国へ行くことほど難しいことはない。
言いえて妙ということでしょう。
改めて理解できました。ありがとうりん77様。

投稿日時 - 2010-11-04 21:51:38

ANo.18

立派なお金持ち全般に言えると思いますが、基本の思想は「拡大再生産」だと思います。ですから、有為な人材を経済的に支援することはあっても、どこの馬の骨かわからない人間に金を使うのは嫌うでしょう。同時に、自分に関しても意味のない消費を戒めています。

死に金を極端に嫌うから拡大再生産が持続でき資産が減らないわけです。

よって、以上のような方ならば、真の慈善ではないですが人を育て社会を維持するのに貢献しているわけですから経済人としては立派といえるでしょう。

投稿日時 - 2010-11-03 21:59:52

ANo.17

私も昔は同じ事を考えていました。
ですが、現在はそれを否定する結論を出しています。
参考になれば。

1.
お金というものは、どうすれば多く獲得できるのでしょうか。
誰かから盗んだり、あるいは恐喝したりして獲得するのでしょうか。
一見お金を獲得するにはそうした考え方がつきまといますが、実際には世の中の多くはそうではありません。
現在の社会では、基本的に、社会に対して便利なものを提供したその質と量によって、その対価としての報酬が支払われます。
あなたはこの世の中でこれくらいの役に立ちましたよ、なのでこれだけの給料・賃金をお支払いします、という形でお金が獲得できます。

新しい画期的な発明をした人にはその特許料が、面白い本を書いた人にはその印税が、面白い芸人にはギャランティーがそれぞれ貢献度に応じて支払われます。
企業の社長などでもそうです。社会に対して役に立つものを提供しているので、皆がそれを買い求めた結果、利益を上げる事ができ、社員に給料を支払い、自分もそのトップに立つ人間として高い給料を貰っているのです。
あるいは普通の仕事をこなしている人には普通の給料が入りますが、難しい仕事をしている人には「この給料じゃ割に合わない。他へ行く。」と言ってゴネたらその仕事が進みませんので、高い給料を支払う事になります。
あるいは吉本のトップなどは、面白い芸などを芸人にまかせきりで報酬を得るような立場にないように思われますが、その仕組みを作った人として高報酬を得ているのです。
逆に世の中に貢献できなければ、皆がそれを買わない為にたちまち経営難に陥ってしまいますので、基本的に社会貢献できていない人間にお金持ちはいません。
(しかし、二代目社長とかはこれに当てはまらないので、個人的には納得行かない)

繰り返しになりますが、世の中への貢献度の質と量に応じてお金というものが獲得できるのです。

2.
逆にお金を獲得するのではなく、お金が出て行くのはどういった場合に起こるのでしょうか。
誰かから盗まれたり、あるいは恐喝されて出て行くのでしょうか。
一般にはそうした考え方がつきまといますが、実際には世の中の多くはそうではありません。
現在の社会では、基本的に社会から便利なものを提供されたその質と量によって、対価を支払っているのが現状です。
快適なマンションはそれなりに高いけれども、雨漏りするアパートは基本的に安いです。

3.
お金持ちにお金があるのは、その社会から受けている便利なものよりも、社会への貢献度が大きいからお金がたまるのです。
逆に貧しい人にお金がたまらないのは、自分が社会へ与えている貢献よりも、自分が受けている社会的利益の方が大きかったり、あるいは同じくらいなのでお金が溜まらないのです。

4.
更に言えば、「お金持ち=立派な人」という図式が成り立たないという点については同意です。
お金持ちと思想信条が立派な人というものについては相関関係にありません。
しかし、上に書いたとおり、少し言い換えれば、「お金持ち=社会に貢献している人」という事が言えると思います。
(繰り返しになりますが、二代目社長とかはこれに当てはまらないので個人的には納得行かない)

5.
この問題については、次の書籍に解答がありますので、答えを求めるのであれば必ず読んで頂く事をお勧めします。

学問のすゝめ (講談社学術文庫) [文庫] 伊藤 正雄 校柱
http://www.amazon.co.jp/dp/4061597590

斉藤孝さんの訳本もありますが、私としては、伊藤 正雄さん 校柱の書籍をお勧めします。
また、マンガのものもありますが、金銭面での答えはこちらに書かれていません。

金銭面での面白い答えが、
福沢諭吉著作集〈第6巻〉民間経済録・実業論 [単行本]
http://www.amazon.co.jp/dp/4766408829

に記載されているのですが、3000円と高価である事と、明治の頃の文体なので読みずらいため、お勧めできません。

富の再配分について考えたいのであれば、ケインズ型公平分配経済と、ハイエク型傾斜分配経済などを勉強すれば良いと思います。
私は経済をきちんと勉強した事はありませんので、あまり偉そうな事が言えないのですが、簡単に言えば、ケインズ型とは「一旦集めた富を公平に分配しましょう」、ハイエク型とは「先頭の機関車を強くして(金持ちを更に金持ちにして)、列車全両(社会全体)を力強く引っ張って行こう」という形のことです。しかし、リーマンショックに代表されるように、新自由主義の名前を着せたハイエク型傾斜分配経済は失敗しているので、現在世界中で見直しをしている最中です(麻生首相時代の定額給付金などがその後始末の例です)。

投稿日時 - 2010-11-03 13:01:32

ANo.16

確かに難題ですね。
我田先生が30年にわたって観察されたアメリカには金持ち&立派な人が居ないという点に関しては反論しないでおこうと思いますが、アメリカ以外はどうでしょうか。

ドイツのメンデルスゾーンとか、ロシアのチャイコフスキーとか、ミャンマーのアウンサンスーチーとか、日本だったら白洲次郎とか、アメリカ以外であれば「金持ち」で「立派な人」を挙げるのは造作ない事じゃありませんか。

性懲りもなく「立派な人」というテーマをこっそりと「善人」に変更しようとなさっていますが、我田先生のドメイン変更は確信犯じゃなくて、惚けが原因だったんですかい?お大事に!(笑)

投稿日時 - 2010-11-03 12:27:47

ANo.15

>お金持ちは、ずるがしこい事をしなければなれない。
>違法であろうが合法的であろうが、弱者から搾取して
>いなければお金持ちにはなれない。
>と、僕は思っています

ズル賢いかどうかは判定が難しいが、セレブ(一代で成金になった人)はもともと貧乏でしたからね。
貧乏の怖さを知っていれば、ズルなんてへーでもないと思うかも。

貧乏の怖さを知っているので、一円でも減るのはものすごい恐怖なわけです。

かたや昔から家が財閥だった家系の人って、金銭感覚が麻痺してますので、大学生でお小遣いが10万だったりするそうです。
車とか大物商品は親が買ってくれるので、10万はほんと交際費。
デート代とかに使うらしい。
クレジットカードを使用した場合は、親が払うので、ほんと現金で何か食べるとき限定。

で、おぼっちゃまはガツガツしていないので、人と競争をするってことを考えない。
家庭教師とか小さい頃からついているので、善悪の判断はしっかりついているし、まず回りに自分に害を与える人がいない。
名家の子女が通う学校に行くので、まわりもおっとりしている。

で、卒業後は親の経営している系列の企業に就職して、将来は跡取りとして見込まれているので、まわりから七光りなどイジメにあうことは無い。
まず、七光りで営業成績を上げていくので、他の営業マンとスタートの時点から違うわけです。

こんな恵まれた環境にいて、ずる賢くなるわけないじゃないですか。
ですが、自分の系列企業を守ることは、家を守ることになるので、邪魔する勢力に対しては敵とみなし、つぶしにかかります。


ある人と海外の友人を介して知り合ったのですが、はんぱじゃないお金持ち。
21歳でどっかの会社の会長らしい。
船数隻とジェット機所有していて、昔起こった円高の原因は、自分たちがしかけたと言っていた。
見かけはどこにでもいる男に思えたので、「妄想癖のあるヤバイやつ」と思ったが、どうやら本当のことらしかった。

活動拠点を別の国に移すのでひっこすと言ってて、家具が撤去された超豪華アパートメントを訪問し、そこのジャグジーつきのプールで遊び、ヤツの黒のフェアレディーでドライブをした。

「先日 お好み焼きたべたくって、ジイ 大阪に行くぞと言い、東京か大阪まで車を走らせ、店の前に車を止めて食べた」と言ってた。
意味不明・・・と思ったが、「よく駐禁とられなかったね」と言うと、「アメリカ大使館の車使ったから」って。

ズル!
アメリカ大使館の車は、日本の警察が取り締まれない。
それを知ってて店の前に駐車して お好み焼きを食ったのか!
新幹線でいけーーー! ああ、新幹線だと駐禁できないか。。。


うん! やっぱり根っからの大金もちはズル賢い。
あなたの考えは合っている。


ノーベル賞とか政治的に利用されているものね。
うん やっぱりズルだ。

投稿日時 - 2010-11-03 09:18:27

ANo.14

確かに、元はかなりの資産家でも社会的弱者の為に献身的に
尽くしてきた方は資産の殆どを費やしてしまうようですネ。

で、二代目が金にガメツクなるんですよね。

投稿日時 - 2010-11-02 23:48:46

ANo.13

さて難題だ。トップ1%の金持ちね。あたしゃ日本のことは良く分からんが、自分の住んでいるアメリカじゃ、トップ1%どころかトップ2%の金持ちにも善人は居らんと確信している。こっちじゃ40%の富がトップ1%に集中している。人のこと考えていたら、まさかこんな事は出来んから、やっぱ、このドメインの連中は悪人なんじゃよ。


でも嬉しいね。朋有り遠方より来たるだ。米虫大工さんが始めて出て来た頃には、ちらちらと牙を見せていたが、その牙が増々光ってる。日本にはマッカーサーに牙を抜かれていないご仁もまだ居られるようだ。目出度いことだ。だが、これが年寄りばかりで希少価値じゃちと困る。信長スクールじゃ、そのお弟子さん達が仲間内で死闘を繰り返していた。生産的なスクールってなそんなもんだ。みんな張り合ってる。

>いつも、論争を仕掛けるそぶりを見せながら勝手にドメインを変更して、学生を苛めているのでしょ?

ドメインの変更には、少なくとも2つの御利益があるんだね。一つは、物事が立体的多面的に見られるようになる。未熟もんがドメインだなどと定義を持ち出すと、自由度が狭くなっちゃって身動きが取れなくなってしまうことが諸っちゅうだ。だから、下手に定義なんてするもんじゃない。まあ一先ずこう言って置こうって言う程度で良いんだ。数学屋が怒るのを承知の上で、こちとらの都合が悪くなって来たら、途中でドンドン定義を変えて行かなくちゃ、無から有は作れんのじゃ。

もう一つは、ドメイン変更は連想ゲームなんじゃね。論理を横っ飛びするんじゃ。

 男なら出て見よ雷にいなびかり横にとぶ火の野辺の夕立

ってなもんだ。まっ、神懸かりや狐憑き、場合によっては雷神ご登場と言っても良いかもしれん。そうすると、今まで見えなかった世界が見えて来る。無から有を作るってこたあそう言うことなんじゃと、学生を雷火の煙で燻して煙に巻いている。我田ばっかじゃなくて、貴殿にも水を引いている菩薩のつもりなんだが、孤峯は孤独じゃなんて、馬から落ちて落馬したひとりの武士の侍みたいなこと言いながら自画自賛しておる。

人間、惚れると良いことあるが、惚けるともっと幸せになれるようだな。うちじゃかみさんとどっちが先に惚けるか、その既得権の取り合いをしているが、あたしの方がかみさんより一歩前進しているようだ。

投稿日時 - 2010-11-02 22:17:28

ANo.12

#4です。

>例えば、弱者からいくら搾り取っても、、、、

金持ちと弱者の対立ばかり強調されますが、金持ちから搾り取っている金持ちも居るんですよ。
シャネルさんとかロースルさんとかロイスさんとか。

投稿日時 - 2010-11-02 18:35:25

ANo.11

金があるなら恵まれない人に寄付をするべきだ…ですか

なんだか容易に共産主義に結び付きそうな考えですが
金を寄付すれば立派な人?
じゃあこの前コンビニでお釣りをもらったときに、小銭が邪魔で募金箱に入れた私は立派な人
前に並んでた人はお釣りを受け取ったから立派じゃ無い人

立派、って言葉、安くないですかね

いや、金額の話でなくて、金さえ出せば立派になれちゃう、ってとこが


例えば、安価な良品を大量に生産して社会に貢献しても、他の商品で儲けていれば、寄付しなければ立派とは言われない


主の話を聞いていると、立派である必要があるのかな、って気がしてくる

投稿日時 - 2010-11-02 18:05:17

ANo.10

我田引水先生、日本語が益々御上手になられましたね。
センスオヴヒューマーってのが垣間見れるようになった。
御歳で日々学習しているってことは大したもんだ。

物理学者の出現率を1000人に1人として、センスオヴヒューマーを持っている人間が10人に1人としても、なぜか両者はゆるやかな逆相関を示すので、我田引水先生が本当にセンスオヴヒューマーを身につけなされば、出現率100万人に1人ぐらいの”博物館級”になるかもしれないですよ。

でも、間違ってますね。

「出現率を想定して私見を述べます。」という台詞を複写貼り付けしておきながら、出現率を想定していない。
つまり、愚拙のオリジナルでは、
「カネが無い」=「カネが有る」≠「金持ち」という前提で、金持ち出現率を100人に1人と想定した。
にもかかわらず、我田引水先生は勝手にドメインを変更した。つまり、
「カネが無い」≠「カネが有る」=「金持ち」という通俗的かつ卑近なドメイン定義でその境界を論じた。

いつも、論争を仕掛けるそぶりを見せながら勝手にドメインを変更して、学生を苛めているのでしょ?

1000年ぐらい前の中国では人々は食うや食わずで、自分の娘を売り飛ばすか、隣の家から米を盗むかというような選択を迫られておる親爺が大勢いた。そのとき、この親爺に礼節を求めたって無理っちゅうことじゃ。
ところが、科挙の試験にでも合格して、とりあえず日々の食い扶持に困らず、自分の娘を売り飛ばす必要がなくなった場合には、他人を思いやるなどの礼節を考える余裕ができたんだな。

まあ、科挙の試験ちゅえば、現代の国家公務員上級試験ですかね。
たしかに難関だと思うけど、これに合格したからって金持ち座標軸の上位1%に入れるわけじゃあない。

衣食が足らない=生活保護申請のやり方も分からないような人=出現率3%としようか。
残りの97%を二分して、公務員など「衣食足る人」=96%、このテーマの「金持ち」=1%という出現率だな。

整理すると
「カネが無い=衣食足らない」対「カネがある=衣食足りてる」対「金持ち」の三つのドメイン定義で、その分布は
= 3% 対 96% 対 1%
と想定するべきじゃろな。

で、我田引水先生は下位3%の人間と多数派96%の境界においてのみ重要な「衣食足って礼節を知る」を持ち出した。

お得意の確信犯的ドメイン変更に敬意を表して今後は我田引水先生と呼ばさせて頂こうと思います。

投稿日時 - 2010-11-02 15:26:48

ANo.9

お金は、商品の対価として支払われます。
つまり、お金持ちが立派でないかどうかは、
あなたが商品を買う時に;

1.本当に良いものを買う。
か、
2.だまされて粗悪品をつかまされるか。
によって決まります。

投稿日時 - 2010-11-02 15:04:21

ANo.8

>お金持ちは、ずるがしこい事をしなければなれない。
違法であろうが合法的であろうが、弱者から搾取して
いなければお金持ちにはなれない。

確かに見方によってはそのようにも言えるでしょう。とりわけ資本主義社会ではそのように言えるかもしれません。しかし、こうした二分的経済制度によって社会全体に功利主義的効用がもたらされているのも事実です。つまり、経済学的観点に立ちますと、こうした制度は必然ということになります。(もちろん違法な手段を利用するのは論外です。)
さらにつけ加えるなら、会社の大株主になったり、預金したり、国債を購入したり、その他の投資活動によって経済発展に大いに貢献しているのも事実です。
つまり、そのような人の存在によって経済の循環が促進されている部分もあると言えます。換言するとそのような人の存在は経済制度上予定されており、そこに外形的・客観的に分類される人が内的作用面で一律に立派ではないとは言えないでしょう。

>もし仮に、倫理的にも責められずお金持ちになった。
としても、そんなにお金があるのなら恵まれていない
人々に相当額を寄付するべきだ。
と、僕は思っています。

確かにそのような考え方もあるでしょう。アメリカでは何らかの形で寄付している人もけっこういます。しかし、我が国での累進課税制度の下で、彼らは高額な所得税や相続税を支払っていますし、消費量に見合う税なども支払っています。これは高負担であり、且つ、社会貢献と言えるでしょう。つまり個人の寄付は立派なことですが、ある意味では、そうした制度が税制上しっかりと確立しているということもできるでしょう。

>結局、お金持ちはそれをしないためお金持ちなんだから、
お金持ちに立派な人間はいない。

上で述べましたように制度上そのような人の客観的存在は予定されており、また、寄付以外にも社会貢献をする方法は用意されています。よって結論の前提となる仮定設定に問題があると考えます。

なお、そうした立場ゆえに自己中心的な態度を示したり、あたかも金を神に置きかえるような貪欲な考えを抱く人は決して立派な人とは言えないでしょう。逆に庶民でも自己中心的な人や、何かと損得に結び付けたがる貪欲で偏狭な人はたくさんいます。そうした観点からも、金持ちと庶民をオセロの白黒のように十把一絡げに区別することはできないでしょう。

なお、聖書には賢王・富者ソロモンの次の言葉があります。
(箴言 22:29) あなたは自分の仕事に熟練した人を見たか。その人は王たちの前に立ち,凡庸な人たちの前には立たない。
確かに仕事に熟練する人はそれなりに評価され、相応の報酬を受けるものです。この言葉は決して金持ちになることを勧めているものではありませんが、(現世でも)努力する人は報われるというのがキリスト教的価値観です。

投稿日時 - 2010-11-02 12:38:47

ANo.7

 質問者様の定義では、そもそも「お金を持っているならお金持ちといえなくなるまで寄付しなければ立派ではない」ので、「立派なお金持ち」が存在できないことになっています。自分で不可能な定義をしておいて、やはり不可能だったというのは全く意味がないことです。

「頭が悪い人間をバカと呼ぶ」と定義しておいて「バカはみんな頭が悪いですよね」といっているようなもの。自分でそう決めたんだから当たり前。

投稿日時 - 2010-11-02 12:01:27

補足

僕の定義?
僕がそう考えているだけで、他の人はそう思って
いない人がいるのでは?
僕はそれを教えてもらいたいだけですよ。

投稿日時 - 2010-11-02 16:03:09

ANo.6

間違っていますね。

定義なしに議論しようと思うんですが、出現率を想定して私見を述べます。

 衣食足って礼節を知る

と言います。だから、お金の充足と礼節の間には強い相関があるようです。お金がない人よりも、お金がある人の方が簡単に立派になれる、即ち立派な人の出現率が高いと言う経験則を、この言葉は表しているようです。

米虫木造大工、どんなもんかいな。

投稿日時 - 2010-11-02 11:57:32

補足

なるほど。
と、なると逆に貧乏人ほど礼節ができていない。
つまり人間は貧乏になるほど立派な人がいなくなる。
と、いうことになりかねませんか?
いや、確かにあなたのおっしゃるとおりかもしれませんが。。

投稿日時 - 2010-11-02 16:11:33

ANo.5

哲学でも何でもなく、病人の独り言に過ぎません。
負け組の遠吠えを体現したかのようですね。

病院へ行きましょう。

投稿日時 - 2010-11-02 11:10:28

補足

これは、貧乏人は負け組みということでしょうか?
そういう回答しかできない君がまず病院に行くべきでは?

投稿日時 - 2010-11-02 15:30:23

間違っていますね。

定義しないと議論できないのですが、出現率を想定して私見を述べます。

金持ちの出現率は人口100人に対して1人としましょう。
同様に立派な人の出現率は人口10に対して1人とします。

私は金持ちであることと立派であることに相関が無いと考えていますので、金持ちでかつ立派な人の出現率は人口1000人に対して1人となります。

1000人に1人の出現率ですと、身の回りにそのような人が居ない。
あるいは偶々いても、観察力・洞察力の欠けた観察者の場合はその人の立派さ加減に気付かないこともある。

そういう方の存在が身の回りに見当たらないからといって、いないと結論づけるのは間違えです。想像力の欠如といってもよいでしょうね。

投稿日時 - 2010-11-02 11:07:15

補足

それは、あなたの思っている立派な金持ちとは、
どういう人を指すのかがわからなければ、理解の
しようもありませんね。

例えば、弱者からいくら搾り取っても、それは
人間性に関係なく、そのなかで立派な金持ちもいる。
と、いわれれば、立派な金持ちはたくさんいるでしょうな。

投稿日時 - 2010-11-02 18:06:14

お金持ちで、立派な人を 私は知っています。
お金持ちではないけれど、立派な人も知っています。

お金持ちだけど、立派・・と思えない人も知っています。
お金持ちではなく、立派・・と思えない人も知っています。

寄付をしたから立派・・・とは言えないとおもいます。
目に見えることだけで、人は判断できません。

お金持ちならこうするべきだ!!
と、押し付けることもまた、立派な考えだとは思いません。

お金持ちであっても、お金持ちでなくても、
立派な人は、他人に見えない所で、様々な努力をしています。

あなたにも、見えない部分が見えるようになるといいですね。

投稿日時 - 2010-11-02 10:41:55

補足

努力というのは自分のためにするものであり、
して当たり前の事だと僕は思っています。
寄付するのは、当たり前のことではなく、
立派な人間がすることだと、僕は思っています。
そういう見解の相違があなたとはあるようですね。

投稿日時 - 2010-11-02 16:49:56

ANo.2

あなたもお金持ちになればわかるのでは?
お金持ちを目指して、頑張ってみてください。
お金持ちになって、恵まれていない人に寄付してあげてください。
あなたならできるでしょう。

投稿日時 - 2010-11-02 10:36:03

補足

何がいいたいのかよくわからん。
質問をよく読み、その質問に答えていただきたい。

投稿日時 - 2010-11-02 15:36:59

ANo.1

 金で狂うヒトはいるが、大概は元貧乏人だね。時間の使い方、考え方など、やっぱり違いを感じるときはあるよ。帝王学など、理詰めと合理性に頼らない、マンパワーミスを認める人望がないと、金は稼げない。それと、寄付をしているのは、平均収入世帯がいちばん少ないね。金を回す意識があふれているヒトは寄付しないし、さりげないヒトはして、自分に戻ってきている。
 よって、私は君の理論に感覚的なモノだけだけど、共感しない。

投稿日時 - 2010-11-02 10:15:42

あなたにオススメの質問