こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

「天皇陛下」という呼び方にとても違和感があります。

「天皇陛下」という呼び方にとても違和感があります。

明治期に制定された皇室典範により、天皇・皇后に対しては「陛下」という呼び方をすることが
規定されているそうです。

しかし、そもそも「陛下」という語は、天皇に対して上奏をする際に文書中で天皇を指し示す語で
あったということです。

すなわち、天皇ご本人に上奏するなど畏れ多くて無理なので、「陛下」、つまり玉座へ続く階段の下、
にいる取次ぎの従者に対して申し上げるという形式をとっていたとのことだと思います。

同様に、文書中で天皇の事を指し示す場合は文書の種類に応じて
「天皇」「天子」「皇帝」「陛下」などを使い分けていたのですが、
(これは大宝律令?に定められているらしいですが)
発音する場合は全て「すめらみこと」と発音したといいます。

そもそも、日本の統治者の日本語での呼び名は「すめらみこと」であったのが、
自国に文字が無かった為に漢語で「天皇」「天子」など相応しい文字を当て字にして
表記したのでしょう。

また、天皇を呼ぶ際には他にも「御門」や「禁裏様」などが用いられ、
いずれも婉曲表現として天皇がおわします場所を呼ぶことで
天皇ご本人を表しているものです。


これらの様な事を考えますと、明治の皇室典範にあるように
天皇に「陛下」という称号を付けてお呼びすることは、どうにも不自然な気がします。


まず、「陛下」とは上奏という特定の状況において、天皇を指し示す語であり、
言葉本来の意味は「取次ぎの従者がいる場所」です。

上奏文の中で「陛下に申し上げる」というのは至極妥当ですが、
現代のように天皇ご本人に対して「天皇陛下」と呼びかけるのはどうなのでしょう。

いわば、天皇ご本人に対して「天皇の階段の下の従者」と呼びかけているようなもので、
むしろ失礼ではないでしょうか。


また「天皇」を「テンノー」と音読みする様になったのも同様に明治期からであるとのことです。
本来やまと言葉では「すめらみこと」が正しいはずです。


他にも天皇が軍服を着たり、人前に姿を表したりと、
明治期には天皇に関する事に対して多くの伝統破壊があったのではないかと思っています。

もちろん西欧列強に対抗する為の政策として必要であったのかもしれません。
ただ、明治維新の立役者の多くが下級武士で有った事を考えると、
「陛下」という意味や用法も良く知らずに決めたのではないかとも思えてしまいます。


言葉は変わっていくものだ、と言われればそれまでですが、
国の最高位の方に対する呼び方ぐらい、自国の伝統的な言葉でお呼びしたいものです。

また、右翼や国粋主義の人達が主張する「伝統的な」日本とは、
多くの場合この様な明治期に作られ、昭和初期にかけて強化された作られた日本像
であると思います。
そのくせ、「2000年以上の皇室の伝統」とか「万世一系の天皇陛下」などと
さも古来からの伝統であるような言い方をします。

「てんのうへいかばんざい」などというやまと言葉が一切ないフレーズを
「日本人の心意気だ」などと言います。


本当の日本の伝統とは、そのようなものではなく、明治維新が起きる前の
日本の姿なのだと思います。(良いか悪いかは別にして)

その中で天皇は「すめらみこと」であり「禁裏様」と呼ばれ、お歯黒をし、
京都の宮中でひっそりと雅の世界を守っていたのではないでしょうか。

もちろん権力などは無かったでしょうが、少なくとも、現在の今上天皇のように、
自由を全て奪われ、国家の為に決められた仕事をひたすらこなし、
内閣の命令に従い、さらに崩御なさるまで引退も許されないといったような、
(ご無礼を承知で言えば)まるで奴隷のような状態ではなかったと思います。


昨日の文化の日、役人が決めた文化勲章受章者に対し、モーニング姿で勲章を親授される
「天皇陛下」の姿をテレビで拝見し、その様に感じました。


質問が分かりにくくなってしまいましたが、「てんのうへいか」という呼び方に対して、
詳しい方のご意見をお聞きしたいです。

どうぞよろしくお願い致します。

投稿日時 - 2010-11-04 15:04:52

QNo.6296582

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.6

同じように違和感を感じ、検索してみたらこのページにあたりました。
皆さんの回答を拝見していると、呼称問題はなかなか難しいですね。
全くこの問題に詳しくはないのですが、印象を述べさせてください。

基本的には、各自が好きな呼称を使われては良いと思います。

ただすべての言葉にはイデオロギーが含まれています。
明治期に「天皇陛下(てんのうへいか)」と漢語を使うようになったのは、軍隊の統帥権を保持する「大元帥」としての権威を意識してのことでしょう。明治の国難の時代に対応する為いたしかたないことだったのかもしれません。

一方、やまとことばというものは、その響きの中にわれわれの祖先の信仰へと魂を結び付ける力を有しています。そして天皇(すめらみこと)は、本来そういった信仰と深く関わる存在であらせられるにも関わらず、天皇(てんのう)という漢語の呼称を使うことにより、そういった関係が断ち切られる、そのように質問者は感じておられるのではないでしょうか。

そういったことを考えると、戦後になっても同じ呼称を使い続けることには一考の余地があるかもしれません。

ですから今上天皇に関しては、「みかど」や「すめらみこと」、「おおきみ」などの呼称を用い、以前の天皇に関しては、「明治のおおきみ」や「昭和のみかど」という呼称を用いればよいと思います。

ちなみに大阪の鶴見神社の宮司さんのブログによると、その方の一族は決して「天皇陛下万歳」とは言わないそうです。「天皇弥栄」(すめらみこといやさか)と言うそうです。

参考URL:http://turumi-jinjya.blog.so-net.ne.jp/2011-03-05

投稿日時 - 2012-10-28 10:53:35

詳しくないものですが、言わさせてもらいます。



全くせぇーへん。

寧ろ違和感は感じません。

批判するならするでどうぞしてください。

ただ若しかしたらそう言う捉え方をする方もいると思います。

けんどだからといって、違和感を感じようとも「天皇陛下」と言うお言葉しかないんです。

寧ろ「天皇陛下」と言うお言葉が陛下に対して言う最適なる敬意のこもった良き呼び方なんです。

一個人の意見ですが、おかしいと思います。

何故こんな質問をしようと思われたんですか?

自分にはよう分かりません。

誰もが「天皇陛下」と言うお言葉を言われると思いますが。

これで終えますが、先ほど述べた通り批判するならどうぞしてください。

投稿日時 - 2010-11-21 21:06:32

ANo.4

語源を基に違和感と言うのなら違和感だらけです
お前、貴様、有り難い、奥さん
どうですか?
きりがありません

投稿日時 - 2010-11-17 21:53:55

ANo.3

 詳しいことは他の方のご回答がありますね。
 詳しくありませんが、確かに私も違和感ということが否定はできないので私の考えを投稿します。

 机下、貴下、猊座、そして殿下とかありますね。
 そっと机の下(下=みもと)に、・・とかの意味でしょう。
 
 ある種の歴史と伝統を活用したのかどうか分りませんが、大日本帝国憲法で天皇制度定め、その改正手続きという形式で日本国憲法が制定されたことになっています。
 そして旧皇室典範は、衆参両議院で制定、改廃する法律とされました。
 そこでは天皇という呼称と地位、そしてその敬称が定められました。
 それは新たな言語の作成ではなく、従来使用されてきている言語を正式に採用し、その意味と使用の仕方を定めたのです。

 ジャーナリズムや一般においてこの地位やその人を指す時は、天皇陛下ということを強制はされませんが、一定の正式の場ではその呼称と敬称は決められています。
 多くの人の目に付くジャーナリズムや報道、或いは著述でそれに準じない呼称をすることは、理由がない限り不自然であるとされる可能性があります。

 今の時代私達の私的関係の場では、どう呼称しようと余り問題がないと存じますが、これ以外の呼称を新作することも不自然かと存じます。

 天皇制についていろいろ意見があり、それが故に、対米英敗戦以前の国民的観念が付着している呼称に違和感を感じるという側面はあります。
 新しいいい呼称があればそれは結構ですが、新作はとても難しいことだと存じます。
 天皇制を廃止し、薨去などを博物館にし、名誉館長か総裁にでもなって頂いたとしてもやはり名誉館長や総裁とお呼びするのも一面の不十分さがないでしょうか?
 

投稿日時 - 2010-11-06 09:16:24

ANo.2

 
 下々 vs 上々 ~ 陛下・殿下・閣下・猊下・聖下・座下・台下 ~
 
 あなたが、園遊会に招かれた場合を想像すればいいのです。
 陛下に「これからも、仕事に励んでください」と声をかけられたら、
「天皇さんも、奥さんと仲よく、お元気で」と答えるつもりですか?
 
 あるいは、エリザベス女王に向って、ジェームズ・ボンドあたりも、
「女王さん、ご主人によろしく」とは云わないでしょう。
── 《女王陛下の007 On Her Majesty’s Secret Service 19691218 England 19691227 Japan》
 
──【陛下】「陛」は宮殿の階段。階下にいる近臣を通じて奏上する意
から 1 中国で天子の尊称。2 天皇・皇后・皇太后・太皇太后の尊称。
── 大辞泉
 
──【陛下】〔三人称〕His [Her] Majesty; 〔二人称〕Your Majesty 
天皇陛下 H. M. [His Majesty] the Emperor 皇后陛下 H. M. [Her Majesty] ..
── プログレッシブ和英中辞典(JapanKnowledge)
 

投稿日時 - 2010-11-05 13:36:36

ANo.1

語源と語義を混同されて、違和感があると言われても……

> まず、「陛下」とは上奏という特定の状況において、天皇を指し示す語であり、
> 言葉本来の意味は「取次ぎの従者がいる場所」です。

 陛下というのは本来は中国語で皇帝に対する敬称として使われていたものであり、それをそのまま輸入して天皇に対する敬称として利用しているものなので、上記の語源の話は中国の皇帝に対するものであって、天皇に対するものではありません。
 そもそもは皇帝に対して面と向かって物を申す事が憚られたので、「階段の下の従者に呼び掛ける形をとって」間接的に語りかけていて、それが長年の習慣の変化によって皇帝自身に呼び掛ける時の敬称になったというものでしょう。現在では「陛下」という言葉に「階段の下の従者」なんて意味はありません。あくまでそれは古義であり、語源の由来でしかないわけです。漢字を直訳すれはそうなる、語義の由来としてはこうだったというだけのことでしかありません。
 漢語にはこのように長年の間に意味が変化して、語句の意味と漢字の直接の意味が合致しないというものも珍しくありません。それにいちいち「違和感を感じる」といって言葉を拒否するのでしょうか?

 日本では律令時代に中国の皇帝に対する敬称である「陛下」を天皇の敬称として輸入して以来、その言葉の意味は変わっていません。「陛下」という敬称は制度として公式に定められているのです。律令制定以降でも「みかど」と呼ばれたりはしていますが、それらは公式の場の敬称ではありません。

 何が公式の場なのかわからないから、天皇に対する呼びかけをひとからげにして「陛下」はおかしいとか言ってるのかもしれませんが、貴族の日記や手紙のような私用文書に公式の場の敬称がそのまま使われたりするのはあまり無いでしょう。公式の敬称が使われるのは公式行事の場や公式文書の中です。
 そりゃ、臣下が天皇に御目通りを願うような場合は非公式であってもきちんとした敬称を用いたと思われますが、日常会話のすべてに置いて天皇自身とは無関係の場所でまでいちいち公式の敬称が用いられていたかどうかは普通に考えればわかることです。
 そういう場では現在のわれわれは普通に「天皇」と書いたりしますが、その代わりが「みかど」などの呼称です。

投稿日時 - 2010-11-05 11:37:14

あなたにオススメの質問