こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

受験生と親

高校3年生の受験生です。
国公立志望です。

今日の昼間、親に
「あんたは1月に
いつも失敗してきてるから
(塾の入塾選抜やクラス分け等のこと)
センター試験気をつけなさいよ」
と言われました。
その時は受け流したのですが
さっきふと思い出し
もし失敗したらどうしよう
と寝れなくなりました。
今は涙がとまりません。

私の行きたい大学は
センター重視なので
センターを失敗したら
出願すら受けてくれません。


母は最近ずっと
私が良い成績の度に
「夏休み頑張ってなかったもんね」
(おそらく今は頑張ってる
と言いたいのだと思います)
と言います。

私はこの夏は人一倍頑張って
その成果が今の成績に
反映しているのだと思っています。
でも私の夏休みを見てきた母に
そう言われると
自信がなくなってきて
やはり涙が出てしまいます。
もう一回夏休みやり直したいって
いつも思います。
泣いてばかりです。
私の意志の弱さが
原因なのだとは思います。


くよくよしている時間も
惜しいはずなのに
立ち直れない自分が嫌です。

でも泣きながら母に
もう夏休みの事を言わないで、と
過去に言った時があります。
そしたら「こんなにあんたの事を考えてるのに親不孝」
と言われました。
本当にそうだと思います。
多分泣いてるのが気にくわなかったらしく
「お前は悪魔や、絶対落ちる」
と怒鳴られました。

それも夜の話だったのですが
次の日の朝には
何事もなかったかのように
接されました。
今も夏休みの話は相変わらずですが
私も感情を抑えるようにしています。

母との付き合い方が分かりません。
本人は応援しているつもりな分
尚更途方にくれています。
もう疲れました。

強い人間になりたいです。

投稿日時 - 2010-11-11 01:40:18

QNo.6311375

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

>次の日の朝には
>何事もなかったかのように

これができるのが家族です。
他人だったら、もっともっと引きずります。

親離れ・子離れのいいチャンスですよ。
「何をっ!」と思ってがんばってください。

投稿日時 - 2010-11-11 12:33:45

ANo.3

誰のために大学にいくんですか?
自分の将来の為?
親が望むから?喜ばせたいから?

親が~~と言ったので、親から~~と言われた。

関係ないだろ?

ついでに言うと、親がどれだけ子供の為を思っているか
・・・も子供には関係ない
子供のことを親が心配するのは当然のことだし
親が心配しているから子供はそれに応えないといけないこともない。

自分の未来は自分の力だけで掴み取れよ

そんな親の一言一言に反応してるから、大事な試験の時に
周りの状況にびくついて失敗しまくってんじゃないの?

強くなりたい!と思うなら、まず自分の気持ち・目標を強く心に刻め!



























多分、センターさえ良ければ定員割れで受かるよw

投稿日時 - 2010-11-11 11:16:33

ANo.2

お母様からみると夏休みの努力が足りない、質問者さまからみると
夏休みの成果がいまの成績に反映している、二人の食い違いは
成績についての見解の相違なんだと思います。

お母様からしたら、今成績がよくなってきているが、夏休みに
もっとしっかり勉強してさえすれば、もっと上位の成績を
とることも夢ではなかったのに、、、というお気持ちなんですよ。

お母様からしたら、やはり自分の子だから贔屓目に見ていて
「この子はもっと伸びる可能性がある!」と思いたいんですよ。
期待がついついきつい言葉になってしまうんだと思います。

質問者様も高校3年にもなって、めそめそ泣くなってみっともないから
やめましょう。
泣いたってなんの解決のもならないのですから。
夏休みしっかり勉強したら今成績が上り調子になったと
自分がわかっていればそれでいいじゃないですか。

センター試験は本当に基礎中の基礎的問題だけなので、きちんと
勉強すれば絶対に高成績がとれます。

注意すべきことの失敗でよくやるのが、あとに解こうと思って空欄にしたのを
わすれて次の問題の答えとして塗りつぶしてしまい、
答えがずれてしまうので、すべてが不正解になるパターン。
1月はアンラッキーな月とあらかじめわかっているなら、
普段より慎重になって、落ち着いて試験にのぞみましょう!

投稿日時 - 2010-11-11 11:01:34

読みました。
【強い人間になりたいです。】
●良い結果を出しましょう。これがお母さんへの『ありがとう』に。
今途方にくれてる時の針は止まりはしない。これ以上悔やむ過去(夏からの時間)を増やす必要ないんじゃない?【本人は応援しているつもり】と思うのではなく、母の嫌みも励みの意とし頑張ってみてはどうだろうか?ちょっと無理あるけど考え方を変えるだけだから出来なくはない。オイラも国家試験の勉強中(海外)ただ昨日は参った。Share してるAがオイラの朝食を邪魔したのね。『もう前日にカンベンしてよ~』。Aはオイラの鍋に漂白剤入れて雑巾を洗っていやがった。思った以上に凹んだし怒りさえおぼえて喧嘩になった。それで今日の試験当日を迎えました。結果は神のみぞ知るといったところか。。。文化の違いもあるから些細な(ご厚意という名の非常識)ことが頻繁にある。だけど俺の目指すものは俺自身のものだから頑張るしかない。質問者さんも【私の行きたい大学】はお母さんのものじゃないんでしょ?だから頑張ろう。

投稿日時 - 2010-11-11 07:40:43

あなたにオススメの質問