こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

債務整理中、その後の家計管理(長文すみません)

実家の父親が債務整理中です。
実家は、祖母、両親、妹(28)、兄夫婦とその子供2人(小学生と保育所)の8人家族です。実家は代々自営業で、食費以外の家計の管理は全て父親がしており、父自体が話をほとんどしないため、誰一人として借金のことを知りませんでした。
先日発覚し債務整理をするに至ったのですが、兄夫婦、妹ともにお金にルーズで危機感がありません。
現在の主な生活費は父の収入(良くて30万)でまかなっており、食費を兄夫婦が出すことになっています。兄の収入は最低手取り14万でその中から、生命保険25000、ガソリン代15000、携帯15000、学費27000、学資保険22000(全て2人分ずつ)、ローン3万を払うと食費すら残りません。先月までは義姉のパート代7万位を食費に回していたようですが、現在求職中。失職した経緯は分かりませんが、生活費が足りないのに辞めれる神経が信じられません。とりあえず、兄に生命保険と携帯代を削れと話はしたのですが、今日、義姉と話した感じでは何も聞いてないようでした。

母には父の収入と支出が不明だから、聞いて管理するようにいいましたが、どうせ何も話さないから・・と言ってあきらめ気味。
兄夫婦にせよ妹にせよ、親のすねをかじりまくりで挙句父の借金が発覚しても生活が変わらないという金銭感覚のなさが理解できません。それを許している親も親です。
債務整理をし、払い続けていくにせよ自己破産にせよ兄夫婦の収入が必要になっていくのに・・。

個人的な意見として、家計を1本化して母親が管理し兄夫婦に関してはおこずかい制にすべきだと言ったのですが、母が義姉に対して言いにくいようです。兄はそれでもいいといっていました。
父とは時間が合わず話をしていないのですが、個人個人で話をしても埒があかないので、母に家族会議をして家計をどのようにしていくか話し合って、兄夫婦にちゃんと生活費を払わせるよう散々言ったのですが、最後には「なるようになるよ!」と言ってました。生活費を払わないなら、家を出ていきなさい!まではいえないようです。だから、甘えるのに・・。
父が少しでも兄夫婦に言ってくれたらいいんですが・・・

まだ、債務整理中でどうなるかわからないですが、こんなんでなんとかなるんでしょうか。
自分も一緒に生活しているわけじゃないので、義姉には言いにくい部分もあり、兄、妹、母にしか話をしていません。
私が難しく考えすぎなんでしょうか・・・?

どうやったら危機感を持ってこれからのことを考えてくれるのか。
いろいろ提案しても本人達がやってくれないと、私の空回りで終わってしまいます。
なんとか意識を変えてもらいたいのですが・・
それとも痛い目見るまで、放っておいたほうがいいんでしょうか。
最近は疲れてきたので、実家には近寄らないほうがいいかな、とも考えてます。
ただ、祖母のことだけが気がかりなので、なんとか生活は立て直して欲しいと思っています。

私自信も自分の生活で精一杯ですし、将来的に結婚もするでしょうから、後で泣きついてきても金銭的な援助は一切するつもりありません。
できることは家計管理の助言だけですかね。


乱文で申し訳ないのですが、意識改革、債務整理後の家計管理について、ご助言頂けたらと思います。

投稿日時 - 2010-11-14 02:31:30

QNo.6317982

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

債務整理というのは具体的になんでしょう?
個人再生も任意整理も自己破産も全部債務整理です。
いずれの場合もこれまでのお金の流れなどを追求されますし
自己破産でも管財事件となった場合、車も売られますし保険も解約させられます。
家の名義も債務者が持っていればそれも換価処分される可能性もあります。
管財事件となった場合、不動産などの資産については管財人の判断で
処分をするかどうかが決定されてしまいます。
債務者はこれに口出しできません。

任意整理というのは各債権者に各々交渉をして支払い額の減少などを
お願いするものですが、交渉が決裂したらそこでおしまいです。
裁判所を通さないで済むため官報にのらない以外には他の債務整理
と比べてメリットはあまりありません。

不動産などを処分したくない場合は個人再生を選ぶことになります。
これは簡単に言えば会社などの民事再生の個人バージョンです。
個人再生は今後の計画を立てて生活を見直しつつ返済をしていくもの
ですから、本人がしっかりとお金の流れを管理して、家族の協力のもと
返済計画を実行していくことになります。

どのケースにおいても家族皆に現状をしっかり本人の口から
説明する必要があります。
最悪の場合車どころか家まで失いかねないということですので
それを理解させれば皆協力せざるを得ないかと存じます。

いずれにせよ弁護士へ相談し、その上でどんな手続きを選択
すればいいかの指示を仰ぐのが良いかとおもいます。
相談だけなら各地方の弁護士会や自治体などで無料相談を
行っていますし、実際に委任するにあたっての弁護士報酬を
立て替えてもらえる帰還も存在します。(法テラス)

お住まいの自治体が実施する相談会へご家族で一度都合を
つけて足を運ばれるか、近所の人と顔をあわせるのが嫌とか
いうことならば、一度法テラスに問い合わせて最寄りの
相談可能な場所を伺ってみるといいです。

法テラス
http://www.houterasu.or.jp/

投稿日時 - 2010-11-14 03:45:27

補足

詳しいご説明、ありがとうございます。
言葉足らずのようでしたので、少し補足させていただきます。

すでに弁護士さんには依頼済みで、過払い金の計算をして頂いているところです。
結果は来年に出るということで、任意整理、個人再生、自己破産のどれになるかはまだ分かりません。
私の予想では、父の年(60)と債務額を考えると、任意整理では間に合わず、良くて個人再生だと考えております。
財産は全て父名義なので、最悪、自己破産になり家もなくなるかも、ということは兄には話してあります。
それを踏まえた上での今の状況です。。

父親と話をし、現状を家族に説明してもらうことが一番良いですよね。
生活を見ていない私が言っても、説得力がないようで、あまり耳を貸してもらえません。

投稿日時 - 2010-11-14 17:55:34

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問