こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

遺産の分割について

妻の母が亡くなりました。
母の配偶者は10年前に亡くなっており、当然のことながら遺産分割も終えております。
(母には私の妻も含めて娘2人がありますので、今回の法定相続人は娘2名となります)

今回、その母が亡くなったため遺産分割を協議しようと調べたところ、公証役場で作成した遺言書が出てきて、遺産の全部を私の妻に相続させると記述されていました。
遺産の内容は銀行口座の預金が600万円、母が1人で住んでいたマンションが一戸です。
生命保険などはありませんでした。
さて、こうした場合、遺産の分割については法で定められた遺留分がありますので、財産の4分の3が私の妻に、残る4分の1が妻の姉にと分割されると思うのですが、その際、マンションについてはどのように分配したらよいのでしょうか。
2名の相続人双方とも自宅を所有しており、当該マンションに居住することは希望していないため、売却を希望しています。
たとえば相続人のどちらかがマンションを相続して売却、その売却益を比率に応じて分配するといった方法になるのでしょうか。
どなたかご教示願えれば幸いです。

投稿日時 - 2010-11-18 13:26:48

QNo.6327561

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

あなたのおっしゃるとおり遺言どおりに妻がすべての財産を一旦相続し、
売却後相続財産の1/4に相当する金銭を姉に渡す。

遺留分に相当する財産を不動産でわたすか、金銭で渡すかの選択はお姉さんにはありません。
相続人が自由に選択できます。

相続登記申請書に遺言書・戸籍等を添付して妻名義にします。
その後売却依頼した方がいいでしょう。

譲渡所得に関しては、母の所有期間を使えますので長期所有(五年以上)でいいです。
取得費はマンションを買った時の代金+今回の売却にかかる費用です。

それと遺留分は請求されれば払うもので、請求されなければ払う必要ありません。
相続を知った時から一年で時効になります。

たった二人の姉妹の関係にひびを入れるような遺言をなぜしたのでしょうかね。
生前贈与してたのですか。

遺言書によらず遺産分割協議、法定割合での相続ももちろんできます。

投稿日時 - 2010-11-18 15:28:51

お礼

丁寧なご回答を頂戴いたしまして、ありがとうございました。
知りたかったポイントについてもしっかりご教示いただきました。
助かりました。

投稿日時 - 2010-11-21 11:55:44

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

遺留分は、相続分を侵害された人が請求することが出来る権利でしょう。
請求あり気で考える必要はありません。

マンションの評価がわかりませんが、遺言書を前提にはしますが、預金の一部や全部を遺言書で渡されなかった姉妹に譲り、遺産分割協議で捺印をしてもらうというのも良いでしょう。

または、遺産分割協議外でいくぶんかのお金を渡し、特別受益証明(相続分不存在証明)に署名捺印(印鑑証明)してもらうのも良いでしょう。

奥様のお姉さまが争う気持ちがあるのであれば、奥様も司法書士や弁護士へ相談して考えるべきです。

相続を円満に行うためには、相続人だけで話し合うべきでしょう。相続人の配偶者や家族などが一緒に話し合えば、もめることにもなりかねません。

不動産を分けるのであれば、持分での相続を行えば良いでしょう。その後売却となれば、持分にあわせて売却金額を分ければよいでしょう。一時的にでも奥様が相続した後にお姉さまに渡すこととなれば、贈与と考えられ、相続税の基礎控除内であった相続であっても、贈与税が発生する可能性が高くなることでしょう。結果が同じでも、経緯によって取り扱いも変わりますし、手続きなども変わってくることでしょう。

最後に、遺言書があったとしても、すべての財産について記載があるとは限りません。もしも借金や冷帯債務などがあれば、そちらも相続となってしまうかもしれません。遺産調査は大切ですよ。

投稿日時 - 2010-11-18 15:22:01

お礼

贈与税が発生する可能性があるとは思いもよりませんでした。
ご丁寧な回答をいただき、ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-11-21 11:50:26

相続に関する規定の解釈に誤りがあります。

最初は遺言によります。
遺言の無い場合は、遺産分割協議をいたします。

質問はこの順序が逆になってます。
遺言により遺産分割の内容を被相続人が決めてしまったのです。
それを無視して、当事者どうしで遺産分割することはかまいません。

遺留分は遺言によって侵害された相続人が請求出来る権利であり、相続分とは関係ありませんし、請求するか否かはその相続人の判断です。

ですので、お母様の最終意志表示である遺言を無視するなら、判断基準は自由です。
奥様が相続し売却した後、申し訳ないからと売却代金からお金を渡すと贈与になります。
話し合いがつかないなら、売却して慈善団体に全額寄付するということも考えられます。

投稿日時 - 2010-11-18 14:09:18

お礼

ご回答ありがとうございました。
こういうこと、まったく初めてなので解説本片手に悩んでおりました。
いろいろ思い違いがあったのですね。
スッキリしました。

投稿日時 - 2010-11-21 11:48:34

あなたにオススメの質問