こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

遺産相続

8月に義父が他界しました。亡くなってすぐからと義兄が戸籍謄本を持ってこいだの、銀行の凍結解除をしないといけないから、印鑑証明を持ってこいだの言ってきていました。うちの夫が相続するものなので、私が口を挟むのもと思い、やんわりと、四十九日過ぎてからでいいんじゃない?と言ってました。

義父には、遺言書があり、自筆で、住んでいる家と土地は長男に譲ると書いてありました。

相続人は、義母と長男と夫です。

そこで質問です。
遺言書のように家と土地を長男に相続させたなら、義母と夫は、貯金を半分づつ相続するものなのでしょうか?
それとも、全遺産の金額をだし、家と土地を長男に相続させるかわりに、相続分(義母二分の一、夫四分の一)を現金などで貰えるのでしょうか?
夫は、もう長男とは連絡を取りたくないし、信用っきないから、どうしたらよいか悩んでいます。
相続人でもない私が、質問するのもおかしい話ですが、やり方があまりにも汚すぎて、長男を信用できません。お金の問題でなく、気持ちの問題で腹がたっています。

どうか、よいアドバイスをお願いします。

投稿日時 - 2010-11-24 15:28:43

QNo.6341029

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

 遺言状がその状態でも「自筆証書遺言」として有効になる可能性が極めて高いです。

 但し、その内容が法定相続分を侵害している場合、他の相続人には「遺留分」として法定相続分の2分1までは主張する事が認められています。(民法第1028条)

 先ず、法定相続分は土地や建物、預貯金を含んだ遺産総額の2分の1を妻、残りの2分の1ずつを長男と次男で分け合いますので、仮に遺言の土地と建物の「固定資産評価額」が遺産総額の殆どを占める場合には、ご主人と義母は取り返す事が出来ます。

 例えば、預貯金が200万円で土地と建物の評価額が1000万円だったとすると、法定相続分は義母が600万円で長男300万円、次男が300万円です。

 ところが、遺言によって長男が1000万円を得ると残りの分を義母100万円、次男100万円と分けるとすれば先の「遺留分」を主張し、義母は200万円を取り戻した300万円、次男は50万円を取り戻した150万円とさせる事が可能です。

 但し、この際は相続人の負債(借金等)も引き継ぐ事になりますので、これらの有無を事前に調べる必要もあります。

投稿日時 - 2010-11-24 16:22:45

お礼

丁寧な解答ありがとうございました。
夫と相談して、夫の気のすむようにさせてあげようと思ってます。

投稿日時 - 2010-11-26 16:49:09

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.4

どのように分割してもいいんですが、
3者が揃ったところで、相続人だけでお話されたほうが良いですね。
相続に関係ない人がいるとややこしくなるだけで
先に進まなくなります。

どのように分割されるかは、決まりはないです。
家督を長男に継がせるという遺言書を尊守し
残りを分割(2人なのか3人なのかは協議)するか、
評価金額に見合う分を現金で分けるかは
決めればよいです。

やり方も何も、始まってないですし
印鑑証明だけでは何も先に進みません。
預貯金も通常は遺産分割協議書無いと下ろせません。
遺産分割協議書に判を付く際
良く吟味なされば良いです。
不備があれば、直してもらう。

そして納得いかないのなら、裁判起こせばよいだけです。

投稿日時 - 2010-11-24 16:00:31

ANo.3

>自筆で、住んでいる家と土地は長男に譲ると書いてありました…

他の財産については何も触れられていないのですか。
妻や次男についても何も書かれていないのですか。

>家と土地を長男に相続させたなら、義母と夫は、貯金を半分づつ相続するもの…

家と土地を長男以外になにも書いてないのなら、あとは当事者同士の話し合い次第です。


>全遺産の金額をだし、家と土地を長男に相続させるかわりに、相続分(義母二分の一、夫四分の一)を現金などで貰えるの…

当事者間で話し合いがつかなければ、法の定めによって配分するよりほかありません、
法の定めとは、

1. 遺言にしたがう。
2. 遺言から廃除された相続人は、法定分の 1/2 を請求する権利があり、これを「遺留分」という。
http://minami-s.jp/page010.html

つまり、全財産から母 1/2、夫 1/4 ではなく、
1. 土地建物はまず兄に優先権がある。、
2. 残りの遺産を母と夫で分けて、全財産との比率で母 1/4 夫 1/8 以上あればそれで終わり。
3. 母 1/4 夫 1/8 以上にならなければ、母 1/4 夫 1/8 になるまで兄から現金で補填してもらう。

となります。

投稿日時 - 2010-11-24 15:55:55

ANo.2

まず、

印鑑証明や委任状なんかをほいほい渡してしまうと、もうなにもかもされてしまいます。

逆にいいましょう。

旦那さんの印鑑証明や、実印が押してある委任状がなければ、土地や家がぜーーーったい兄やお母さん名義にはなりません。
ですから、それを渡すまえにそれと引換に、お金の件とかを話すんです。
きちっとね。遺書を見せてもらったり。
お兄さんたちは、旦那さんの印鑑証明や委任状が、のどから手がでるくらい欲しいわけですから、長期化すればするほど、きっといろいろ譲歩してきますよ。きちんと話すはずです。
そんなに急いでいるってことは、土地などを担保になにやら借り入れなどしたいのかもしれませんね。


これは恥ずかしいことでもなんでもなく、旦那さんは4ぶんの1の権利者です。長男とは平等です。
ま、言葉やわらかくでしたら、きちんとお父さんの財産を僕もわかりたいし、くらいでいいでしょう。

投稿日時 - 2010-11-24 15:53:30

ANo.1

相続は、遺書が、私文書の形態をとられているなら、文面のとおりになりますが、其の遺言書は、誰が開封しましたか?遺産相続の権利を持つ方たちの目の前で、本来なら弁護士または行政書士立会いで行われるものです。皆さんが承知なら全員が揃った所で開封します。
という事で、遺書の全文が書かれていませんから、なんとも答えようがありません。
法律に従えば、義母が全財産の50%。義兄と貴方の夫が25%づつの相続です。家と土地を長男に相続としか書いてないのか、家土地以外の相続方法に触れているのか不明では回答のし様が在りません。
家庭裁判所に調停をお願いします。

投稿日時 - 2010-11-24 15:45:36

補足

説明が足りなくて申し訳ありません。

遺言書は、封がしていなくて、義父の署名捺印がしてありました。死後、大事な書類が入っている箱の中に入っていたそうです。

投稿日時 - 2010-11-24 16:02:21

あなたにオススメの質問