こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

Shared service center

Each country (and subordinate political grouping) where-in you are "doing business" as they define it may impose a tax on income, gross receipts, value added, etc. from the business being done within their jurisdiction. Even if there is a tax treaty between a country and the U.S. (or another country), those treaties usually do not extend to taxes imposed by subordinate jurisdictions.

Ralph H. Weintraub, CPA
Irvine, CA

ユ-ロ圏内の5つの国にそれぞれ販売拠点があると仮定してください。
アメリカのある掲示板にユ-ロ圏内にシェア-ド・サ-ビス・センタ-を設置すると各国のTax Plannningをなぜしなければならないかと質問しました。

回答が上の英文であって、私に英語力がぱっとしないのでこの回答に対して返事ができない状態になっています。

どういうことをいっているか概略でいいのでお助けください。

投稿日時 - 2003-08-22 09:50:37

QNo.634258

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

それぞれの国(および各国の中の行政単位)は、あなたがその国(の税法)が定義している意味での「営業」を行っている場合、それぞれの管轄地域内で行われた事業から生じる所得、売上総額、付加価値等に対して課税を行うことがあります。ある国と米国(他の国でも)との間に租税条約がある場合でも、下位の権力(地方自治体等)により課税される税金には、そのような租税条約の適用はありません。

投稿日時 - 2003-08-22 13:02:21

お礼

どうもありがとうございます。助かります。

d-yさんのレスを参考に下記の再質問をしてみました。

According to your explanation,I supose as follows.

A shared business manager must have knowledge of tax system of each country in Euro area.
He/she must expect how much each subsidiary may make a profit or loss.
Since the tax rate is different respectively, he/she must take an internal cotorol among subsidiaries in Euro to reduce the tax due.

Am I right?

なんかあればコメントください。

投稿日時 - 2003-08-22 13:46:31

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)