こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

予想師

競馬の世界には天才と呼ばれた予想師もいるみたいですが、名前は忘れましたが生涯1億の赤字みたいな事を読んだ事がありますが、1億の赤字なら天才とは呼べないと思いました。だって素人で競馬で年収1千万も稼いで生活してる人がいますし、そちらの方のほうが天才だと思います。
それなのに何故、その人は天才だと呼ばれていたのでしょうか?
勝てそうなレースだけじゃなく荒れそうなレースにもチャレンジしていたんでしょうか?
競馬で生活してる人は確実に勝てそうなレース選択を慎重に選び勝負してると思うのですが…

投稿日時 - 2010-11-28 19:28:15

QNo.6349903

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

4人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

こんばんは。


少し批判的な回答になってしまうことをあらかじめご容赦くださいな。 


さて、あなたの中で語られる天才とは結果をプラス計上で残さないと天才と呼べないのでは?、、、単なる結果主義的な思考では世の中つまらなくなります。


勝てそうな、荒れそうな、堅そうな、、、あくまでも予想です。結果がでるまでは想像の、予想の範囲からは抜け出しません。そしてチャレンジもなにも所詮ギャンブルはギャンブルどんな予想であれ常にチャレンジです。競馬に限らず、事の大小は違えど常にチャレンジしているのは人として当たり前なことです。 


数多くの人がチャレンジし打ち破れない壁をあたかも楽々越えた人達を「天才」というくくりで仕分けしてしまうのが、理解できないものをそのままにしては置けない人の弱っちいとこなんだと思う、今日この頃だったりします。


結論として、この質問はなにかの勧誘がらみなのでしょうか?「競馬で生活」などと戯言を語る方はいわゆる詐欺、、、まがい?の予想会社の手先?使いっぱ? 


多分に個人的、且つ私的な意見が数多く?ありますがあくまで個人的な意見なので、気分を害されていたら大変申し訳ございません、と語るしかございません。

投稿日時 - 2010-11-30 04:01:32

お礼

回答ありがとうございます。質問は生涯に1億の借金している人が天才と呼ばれ、競馬で現在生活している人が天才と呼ばれないのは何故か?です。ここのサイトの過去のスレでも女性が競馬で生活して精神状態が、おかしくなっていく…みたいなスレを読んだ事がありました。友達もいなくなり、しかし結婚して結婚を引退したそうです。確かに競馬は10レースに1度当てる事ができたら生活できますが、普通の資金や財産では不可能ですね。自分は競馬で負けていますが、それでも12レースに2レースぐらいは必ず的中します。G1だけなら、まだ3敗しかしていません。しかし資金が限られているのでプラスにはなりませんし、大きく賭ける勇気もありません。平日は仕事終わってから部屋で毎日4時間もの間、データーや勉強しています。予想サイトや人の意見では馬券は買いません。外れたときに納得ができないからです。
ただ天才と呼ばれていた人が負けているのは不思議だと思いましたが、他の人の意見を聞いて納得しました。たくさんの人達に影響を与えたから天才だと…
競馬やり始めた時は、これで生活できたらと甘く考えていましたが、競馬だけで生活してる人達の共通点が、やはり精神状態の危険、毎日が不安、プレッシャーなどで、大変さを知りました。

投稿日時 - 2010-12-03 03:54:38

ANo.2

天才ではないですが、競馬の神様と呼ばれる大川慶次郎氏は、「1億円勝ったが2億円負けた」の名言がある人です。

神様と言われるのは、競馬新聞の黎明期を支えた人物であること、展開というファクターを予想に持ち込んだこと、予想家として通算4度のパーフェクトを達成したこと、それらによりファンから支持されたことなどが挙げられます。

天才や神様などという称号は、自分で言うのではなく、他から評価されるわけです。
馬券では儲けがなくとも、後世に与えた影響が大きければ、そのような称号が与えられても不思議はないでしょう。

投稿日時 - 2010-11-29 16:35:42

お礼

回答ありがとうございます。奥が深いのですね。ただ競馬で生活してるより、皆に影響を与え何かを残した人が天才。そこまで考えていなかったです

投稿日時 - 2010-12-03 03:35:51

ANo.1

昔、昭和50年代だったと思いますが、宮城?なんとかいう評論家が天才と呼ばれたことが有りますが、莫大な借金を作り組織に追われ消息不明ですね。天才なんていませんね。比較が無いですから。天才と凡才の差が何かなんて有りません。誕生日馬券で万馬券を取れば天才ですね。競馬は25%進上金を取っていますから、100円買ったら75円しか帰ってこない仕組みです。その中で勝ち続けるのは至難の技です。これと言ったレースに絞り、勝負しても同じことです。そういう意味では一時的には天才と呼ばれる局面も有り得ますが。皮肉ではないですが、京都競馬場の入り口付近にいる新聞売りの赤い帽子のおばちゃんは、立派に競馬で生活していますね。このように競馬はやるよりさせるほうが儲かるものです。長くやれば必ずマイナスします。私もマンション一戸分以上は負けていますね。

投稿日時 - 2010-11-29 09:15:30

お礼

回答ありがとうございます。その昭和50年の人の人生が気になりだしました。今は、どうしてるのか気になります。競馬で生活している人がいますが、やはり精神状態が、おかしくなるみたいな事を書いていました。プレッシャーや、その日暮らしなどの不安で精神科まで通院されてるそうです。何故そこまでして、競馬で生活しているのか不思議です

投稿日時 - 2010-12-03 03:33:53

あなたにオススメの質問