こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

マスコミと民主党について

政権交代後、日本は普天間基地を巡って米国との関係が悪くなり、尖閣諸島を巡って中国との関係も悪くなり、ロシアとの北方領土の問題も解決の糸口が遠のいている状態にあります。

もともと、民主党になったら中国との関係がよくなるのではないか、鳩山首相は、祖父が日ロ条約を提携しているのでは、はロシアとの関係をよくするのではないか、という期待を持っていました。

また、政治と金の問題も、小沢氏に対しては、首相や岡田幹事長であっても何もできないのが現状のようです。

経済も異常な円高が続いてから、芳しい状態ではありません。

私が不思議に思うのは、自民党時代にあれほど、政権に対して厳しかったマスコミがそれほど取り上げないことです。

今思い出すのは、安倍首相の時の赤城農林大臣の事務所費問題、森首相の「神の国発言」と「ゴルフ」などです。当時はどのマスコミも特集を組んで報道をして、自民党のネガティブキャンペーンとなりました。今思い起こすと、どの問題も現在の民主党が抱えている問題の比ではないように思えます。

政権交代によって民主党がもたらした政治、外交、経済の混乱こそ国家の一大事のように思えます。
なぜ、マスコミはこれほど大きな問題をかかえている民主党に対しては、特集を組むなどして報道をしないのでしょうか?

投稿日時 - 2010-12-05 10:47:16

QNo.6364036

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

日本は、アメリカに守られ経済が発展し、世界でも最も豊かな国の1つになりました。
しかし、既得権益と政治が結びつき、停滞した社会となり、経済にも陰りが見えてきました。
小泉の就任する前10年間は、暗黒の10年、政争を繰返すばかりの不毛な10年でした。
そこで、改革に乗り出したのが小泉でした。
彼の政策により日本経済はよくなりかけたのですが
しかし、郵政を始めとする抵抗勢力は、既得権益を守るために、アメリカに国を売っった、経済をだめにした、などと筋違いの中傷を行い、また、抵抗勢力のために日刊ゲンダイ等のマスコミが反小泉大キャンペーンをはり、それは今も続いています。
最も哀れなのは、既得権益もない庶民の中で、その屁理屈に乗せられ、小泉竹中批判に同調している人達です。
自分の言動が、富める者の富を守り、豊かでない自分を追い詰めていることに気がつかないのです。
ここの回答者にも沢山いますが、残念なことです。

本題ですが、民主党が愛している国は韓国です。
多くのマスコミも日本が嫌いであり、利害が一致しています。
在日参政権を導入し、いわれのない中傷をあれ、賠償を繰返すことにより、日本を韓国の属国にしたいのです。
そして、小中華思想の民主党は、中国の僕でもあります。

嘘?

これをじっくり読んでください。

http://questionbox.jp.msn.com/qa6334953.html

日本のマスコミは反日勢力(中韓)に浸食され、この重要な問題をほとんど報道しません。
今、民主党により日本の伝統や文化は貶められ、歴史は捻じ曲げられ、中韓の「正史」が日本を支配しようとしています。

日本が日本でなくなるのかどうか、今、日本は歴史の重要な局面にあります。

大変申し訳ございませんが、この投稿に添付された画像や動画などは、「BIGLOBEなんでも相談室」ではご覧いただくことができません。 OKWAVEよりご覧ください。

マルチメディア機能とは?

投稿日時 - 2010-12-06 10:14:18

お礼

安倍首相の時の赤城農林大臣の事務所費問題、森首相の「神の国発言」に対するマスコミの報道は明らかに異常でした。安倍首相、森首相の方が国益を考え、管さんよりずっと優れていたように思えます。

遡って考えれば、住専問題の時以来の大蔵バッシング、これが世界に誇った日本の官僚システムの崩壊と、金融行政の弱体化につながったようにも思えます。

そのとき、先頭を切ってに報道をしていた久米宏氏は何をしているのでしょうか?久米氏はこのような政局がらみのニュースについては、いつもにやにやしながら、愉快そうに話しをしていたことが思い出されます。

マスコミが誤った報道をして、国民の世論をミスリードした場合、責任をとらせるシステムが必要と考えます。

投稿日時 - 2010-12-07 08:11:07

ANo.9

このQ&Aは役に立ちましたか?

5人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(12)

ANo.12

>都合のよいところだけを並べるのは..
これは最近のマスコミ他のお得意技ではないでしょうか。

No.10の回答のリンク情報他をきちんと見られた上で議論して頂けませんか。
講演等の部分的なつまみ食いではなく、全部が参照できるようなサイトを挙げたつもりです。
ninaminさんの情報の中には話の中の一部分の切取りで全体の話からはかけ離れた議論をされているのではありませんか。

>小泉改革の..信念を持って..評価に値します
米国からは年次改革要望書の実現に励み、米国債の大量購入他で赤字の穴埋めに貢献し、大いに評価されているのでしょうね。

自民党をぶっ潰し、銀行の貸出し規制や株式相互持合い禁止等もあって不況を更に酷い状態とし、銀行や主要株式会社の株価が低下している間に大口株主は外国企業に変ってしまい、労働者派遣法の改悪もあり多くの国民が酷い状態になり、日本もぶっ潰してしまいました。

竹中大臣と共に "りそな銀行の闇" 問題で破綻を煽った末に最後に救済処置を取り、その途中で米国会社等の関係者には莫大な利益を与え、インサイダー疑惑が絡んだ新聞記者や会計士の殺人事件迄引起したりしました。
このようなはっきりとした数兆円にも達する疑惑事件やかんぽの宿事件こそ特捜部は捜査する必要がある筈ですが、米国に尽してくれた多くの疑惑事件は全くお構い無しです。

http://okwave.jp/qa/q5784622_2.html #9
小泉が心血を注いで...
http://members.jcom.home.ne.jp/u33/i%20think%20091123urenai%20beikokusai.htm
何故日本が米国債を売れないか?  (売れない米国債は木の葉っぱと同じ)

>国家主権の移譲
これは誤りですし、民主党の中でも反対者が多く対応した正式な動きは出来る筈ありません。

>韓国の講演で日本人を侮辱
http://okwave.jp/qa/q6330882.html #14
の回答を参照下さい。
西村慎吾氏が針小棒大に尾ひれをつけて話されているに過ぎません。

>私は人民解放軍の野戦軍司令官
http://okwave.jp/qa/q6163490.html #4
2010.07の参議院選挙に幹事長として第一線に立って闘う事を言われ、その時にたとえ話をされただけであり、特に問題にする必要はありません。

>パチンコ業界を救済せよ...
これらは自民党時代からの問題であり、また警察官等の再就職先としても有効に利用されているようです。小沢氏がこれらと直接関係があるのでしょうか、韓国の新聞は李大統領に有利に書かれているのではないでしょうか。

>地方参政権問題
小沢氏の考えは次を参照下さい。
http://www.ozawa-ichiro.jp/policy/05.htm
永住外国人の地方参政権について
自分は韓国の外国人参政権には厳しい条件が付けられており、殆どの外国人はその権利を行使出来ない状態にあり、無条件の永住外国人への参政権付与は問題が多い、参政権を得たい場合には帰化されることで実現されれば良いと考えています。

NHKニュースでも短く取上げられていた2010.12.23 の小沢氏ネット会見はビデオ及び文章化された記事を参照下さい。
http://www.asyura2.com/10/senkyo102/msg/782.html
小沢一郎 Ust 岩上安身インタビュー

民主党にも一部誤った点はあるようです。
それらに関してはお詫びし訂正していく必要があると考えています。
最近は岡田幹事長や菅総理のように、既得権益を侵されるのを嫌う官僚機構や財界、マスコミに取り込まれてしまったような行動をする人が出てきたのが残念です。
民主党政権獲得の最大の貢献者を相手に差し出してどのような日本を目指すと言うのでしょうか。

小沢氏の「国民の生活が第一」の考えに戻り、一歩一歩議員や官僚の方々と共に検討してより良い世の中を実現して頂きたいと考えています。

以下のようなサイトも参考になると思います。
http://eritokyo.jp/independent/aoyama-column1.htm
独立系メディア「今日のコラム」
このサイトは数多くのテーマについての充実したコラムがありますので参考になります。
http://eritokyo.jp/independent/today-column-ozawaichiro.htm
テーマ:小沢一郎
http://www.asyura2.com/10/senkyo102/index.html
阿修羅:政治選挙

投稿日時 - 2010-12-24 15:22:07

補足

小沢氏の「国民の生活が第一」って本当でしょうか?
小沢氏が自民党を飛び出てから、私は小沢氏をずっと応援してきました。
しかし、残念ながらいいことはあまり思い当たりません。

具体的には、政治は流動化し、財務省(当時は大蔵省)は弱体化してきました。

古い話では、小沢氏が反対したために、住専の公的資金は遅れ(私も当時は野党とマスコミからの情報を鵜呑みにして、公的資金の投入に大反対していました。今振り返ってみると早めに手当てしていたら傷口が広がらなかったのではないかと自分自身を反省しています)、大銀行は倒産し、金融政策は常に後手に回り、円高が進み、為替レートの乱高下により輸出産業は日本から流出し、経済は弱体化し、国は膨大な赤字を背負い、・・・、などさんざんなことが起こっています。

総理大臣が頻繁に替わるようになり、今や外交も中国、韓国、ロシアからもいいようにされているように思えます。

これでも本当に国民の生活はよくなっているのでしょうか?

民主主義のコストという言葉を使う人がいます。小沢氏が飛び出て作った、細川連立政権の時代はまだ経済も官僚システムもしっかりしていたように思えます。

しかし、現在のように経済ががたがたになり、ニートが増え、外国からも領土問題などで見下される現状となると知っていたら、このように政治や行政が流動化する形の政権交代は望まなかったかもしれません。

私は長年小沢氏を支持してきましたが、本当にいいことは何も見つからないのです。

外国人参政権ですが、北朝鮮の出自の人については、当然のことだと思います。しかし、その他にも、日本から多くの支援を受けながらも感謝もせず、竹島や日本海の呼称などで日本に不利益なことをしている国もありますが、小沢さんは何の抗議もしていないのではないでしょうか?外国人参政権を認めようと主張しているということです。

小沢さんが、自分が権力を掌握するためになりふり構わず一生懸命にやってきたことは誰もが認めるところです。私も認めざるをえません。しかし、国民の生活のことを本当に第1に考えているのかわからなくなります。国民の生活を第1というのは外国の人の国民の生活ということなのでしょうか?

小沢さんの責任は民主党にもとってもらいたいと思います。

投稿日時 - 2011-01-04 15:46:20

ANo.11

下の方、いろいろ言いたいことはあるけれど、都合のよいところだけを並べるのは、落書きレベルですね。

小泉改革の功罪は置いておきますが、彼のように信念を持って国政に立ち向かった政治家は、評価に値します。



小沢を評価の仕方は、あまりにも一方的ですね。
民主党の党首選での不自然な小沢コール、あれは日本国民だと思いますか?
http://anyamomo.cocolog-nifty.com/blog/2010/09/post-4373.html

>「国民のための政治」「日米中の等距離外交」等を目指した小沢氏は、強固な既得権益階層からの反撃に合い、言われ無き捏造事件や同じ党内の権力志向のグループから政治力を削がれてしまおうとしています。




●民主党の基本方針 「国家主権の移譲」
http://bit.ly/bs1CsL

●日の丸を切り刻む民主党
http://bit.ly/cMq6sM
http://bit.ly/bhy6UX

☆小沢一郎「反日活動家の韓国人女性を公設秘書」
http://bit.ly/bmnh4H

☆小沢一郎は韓国の講演で日本人を侮辱
http://bit.ly/ctyXsg

☆小沢一郎 「私は人民解放軍の野戦軍司令官」
http://bit.ly/cXvYg7

☆李→小沢 パチンコ業界を救済せよ(韓国ではパチンコは禁止された)
http://bit.ly/barW95


小沢は、日本よりも韓国に愛情を持っています。
http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/204.html

ninoueさん
大丈夫ですか?

大変申し訳ございませんが、この投稿に添付された画像や動画などは、「BIGLOBEなんでも相談室」ではご覧いただくことができません。 OKWAVEよりご覧ください。

マルチメディア機能とは?

投稿日時 - 2010-12-24 11:41:35

ANo.10

最近のマスコミは劣化が激しく、部分的には壁新聞、落書きレベルに落ちてきているのではないでしょうか。

以前は新しい政権が誕生した後、「新閣僚に聞く」等の記事で各大臣の抱負、各省の抱えている問題、それへの対応等を報道していたのですが、そのような記事は最近見かけません。
日頃の活動は伝えず、取るに足りない発言の言葉尻を捕まえてさも重大事件のように非難合戦です。

日本のマスコミや政治の特異性、問題点などについては次が詳しいので参照下さい。

http://www.thinker-japan.com/think_media.html
マスメディアが伝えない"新聞・テレビの歴史といま"

http://www.thinker-japan.com/thinkwar.html
日本人が知らない日本

http://nicoasia.wordpress.com/2010/09/30/
旧体制勢力に大打撃!欧州の研究者も日本の官僚・検察・マスコミの暴走に注目!

http://www.youtube.com/watch?v=ymBpjPAjQAU&feature=player_embedded
ウォルフレン教授講演会


柳田大臣が「検察の在り方検討会議」を立上げ取組もうとされていた、取調べの可視化、検察審査会の弁護側の反論機会、審議内容の公開などの問題がどのようになるか心配です。
http://okwave.jp/qa/q6335860.html (最近問題の法相発言...)

長妻大臣は、厚生労働省で役所の仕事のやり方を事なかれ主義から成果主義化、天下り制度の廃止(天下り先の都合の良いような制度を作り、天下りで後払いの賄賂をたっぷり貰う慣行)を、他の省庁が実施しない中ただ1人止めようと努力されていました。
しかしこれらの活動は報道されず、これまでの特権を守りたい役人に加担したマスコミの報道や官房長官等への告げ口等で道半ばで交代させられてしまいました。

業界や一部階層からの影響を防ぎ国民のための政治を実行する為、企業献金を受けずに努力されています。
http://naga.tv/ の活動報告、収支報告、政治理念==>■ながつま昭、10の基本姿勢などの項や次の記事等を参照下さい。

http://diamond.jp/articles/-/9823
長妻昭・前厚生労働大臣 核心インタビュー
「年金記録問題やムダの削減では手応えを感じた。
社会保障改革への提言を続け、国民に信を問いたい」

http://naga.tv/101019kikanshi.htm
激動の一年、厚生労働大臣の役所文化を変える闘い
【厚生労働省を生活者の立場に立つ信用できる役所へ】

http://okwave.jp/qa/q6200142.html

小泉氏の活動を賞賛したような回答の議論については、全く不思議としか言いようがありません。
"自民党をぶっこわす"は予言通りで特に異議ありません。しかし竹中大臣や最近破綻した日本振興銀行の元頭取木村剛のようなインサイダー疑惑の張本人を政府要人に据えて、記者や会計士の殺人事件迄巻き起こした"りそな銀行の闇"事件やその他の銀行や企業の倒産、不況下に外国の株主による主要企業の株式買占め、木の葉っぱと同じ米国債を大量に買い込み軍備費、ジャンク債の補填などに貢献したわけです。

http://rightaction.cocolog-nifty.com/blog/2010/03/post-6b7d.html
一気に広めよう、小泉・竹中構造改革(売国政治)の総括

http://okwave.jp/qa/q5784622.html
小泉が心血を注いで...

「国民のための政治」「日米中の等距離外交」等を目指した小沢氏は、強固な既得権益階層からの反撃に合い、言われ無き捏造事件や同じ党内の権力志向のグループから政治力を削がれてしまおうとしています。

http://okwave.jp/qa/q6293806.html
ニコニコ生放送-小沢一郎ネット会見

勿論完全無欠の人は少なく、強力な圧力や命の危険さえ考えられる場合、現実と妥協したり、相手の動きを見ながら進めていく、海千山千の海外諸国との取引など、自分の理想としている政策を一度に実現する事は無理でしょう。
民主党は経験不足や雑多な人も紛れ込んでいます。
あと少したてば官僚との仕事のやり方も、自民党時代より国民の目線で出来るようになるのではないかと考えられます。

その他
http://lm2lm3.blog129.fc2.com/

投稿日時 - 2010-12-07 14:54:37

ANo.8

マスコミも今は、民主を叩く方向性だと思いますが・・・ちょっとキレが悪いと言うか、奥歯にモノが挟まった様な感じですね。

そもそもマスコミは、権力の監視機能ですから、常に政権与党に対して批判的で当たり前なんです。
特に沖縄基地問題とか、尖閣諸島問題に関しては、海上保安官の情報漏洩等も含めて、連日連夜の報道でしたし、未だにその余韻もあります。
それなりにはやってます。

とは言え、本質的な部分では、質問者様が仰る通り、踏み込みが甘いです。
理由は2点かな?

一つは、自民党と比べ、やや緩い点は、
(1)左寄りマスコミは、民主党にやや擁護的。
(2)民主党議員にマスコミ関係者が多い。
と言う2点が主たる原因かと思います。

もう一つは、民主党を叩くネタが、ちょっとデリケートな点でしょう。
マスコミには、各種規制があるんです。
法律上の規制と自主規制で、この自主規制が問題なんです。
法律上の規制には、マスコミは猛反対するんですが・・・その一報で、一部のネタは自主規制と称し、報道しないんです。

例えば、尖閣諸島問題などに発端して、日本の各地で1000人規模のデモが頻繁に行われている事実はご存知でしょうか?
でも、ニュースじゃ報道されません。
中国で日本バッシングの300人程度のデモでも報道するんですけどね。

外国人地方参政権なども同じ。
特集で討論番組でもやれば盛り上がると思いますが・・・マスコミが自主規制的にそういう番組は作りたがらないんです。

民主党のマスコミ対策が上手いのか、あるいは自民党時代の膿を出すために、結果的にマスコミが報道しにくい、そういうデリケートな部分に手を入れてるのかは判らないですが。

投稿日時 - 2010-12-06 09:47:55

■ここに、すこしマスコミ関する意見があります。
http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/20.html

一方通行ですからね、いろいろ偏向報道になっていますね。
残念ながら、日本には、WW2に関する、歴史教育がありません。
日本がなぜ戦争したのかという部分。。アジアの独立のためであったことを、
いまだに学校で教えていないと思います。
なので、マスコミも日教組の流れで日本ことは考えないんでしょうね。


■小沢さんに関しても意見があります。
http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/204.html
この人は、韓国系で日本の歴史教科書の内容さえも否定しています。
こういう人が政治家になったのが間違いでしょうね。

投稿日時 - 2010-12-05 22:18:34

ANo.6

次の阿修羅サイトに投稿されていたコメントを参照下さい。

現在の政治、マスコミ、検察などの問題点、マスコミが官僚機構や経済界等の既得権益階層の利益の為にどのように働いているのか、
その背後の毎年"年次改革要望書"==指令書を送りつけ、日本を属国状態に追込んできた国からの指令があい変らず罷り通り、全力を挙げて「政治と金」のネガティブキャンペーンをやっているのか等の問題点がわかります。

http://www.asyura2.com/10/senkyo101/msg/173.html
http://www.asyura2.com/10/senkyo101/msg/173.html#c15 

======== 以下途中までコピー ========
小沢氏が『日本改造計画』を出版された頃、その志と見識の深さに小沢氏に期待した時期があった。しかし、その後、度重なる政権再編の中で、自民党が復権してしまい、小沢氏への期待も薄れてしまった。

しかし、小泉・竹中時代を経て、そのあまりの売国的所業に、
自民党政権打倒への期待を、民主党に託するようになった。
当時、偽メール事件で小沢氏が代表となった時期で、
福田首相との話し合いで「大連立」を構想した件も、
まあ、それしかないのではないのか、と、思った。

その後、民主党が議席数を伸ばし、いよいよ自民には絶望して
「早く革命よ起きろ!」と念じていた頃、小沢氏に関する「陸山会事件」なるものが忽然として起こった。
「これは、おかしい!?」と思っている矢先に、漆間官房副長官が「自民党議員には捜査は及ばない」などと言った。
「これは明らかに、謀略で政争だ!」と知った。

民主党の議席数を伸ばし、「国民の生活が第一」のマニュフェストを作った、最大の功労者が代表を退くことで、肉を切らせて骨を切る形で昨年の夏に、政権交代が実現した。清清しい青天井を見た。
これで、郵貯資産はドロボウされずに済み、将来の年金への危機もブレーキがかけられた、と、思った。

ところが、小沢氏が身を切って実現した鳩山政権のあっけない退陣と小沢氏の幹事長辞任にも拘わらず、それをしめしめと政権の座についた<カン・センゴク・エダノ・ゲンバ>らが、隠し続けていた正体を現わし、小泉・竹中よりももっとヒドイ売国政治を開始した。
奴らにとっては、「国民の生活が第一」は、隠れ蓑に過ぎなかったのだ。

我々国民は再び、郵貯資産が強奪されて、将来の年金給付額激減することへの不安におののかざるを得なくなり、その上、消費税増税まで懸念されるようになった。
何よりも、戦争中毒のアメリカに抱きつかれ心中をさせられる恐怖に脅えるようになってしまった。

そして、こうした過程を経て、いかに、小沢氏が国益と日本の将来にとって有益な存在であり、戦争屋アメリカにとって「目障りな存在」であるかも理解できた。大きな真実が見えるようになった。

度重なる強制捜査にも関わらず、検察が「不起訴」としたものをCIAの回し者のような検察審査会なる謎の11人によって、民族と国家の英雄とも言うべき小沢氏が、嵌められ、追い詰められるのを、軍産複合体の子分である朝日、読売、産経やテレビ6局が更に煽り、国民の目の前で、リンチにかけて続けている。
そして、国民を洗脳し続けている。

「万死に値する」竹下が、国民のカネがどんどん流出する仕掛けを呑まされたことに憤って、細川政権を作ってそれにブレーキをかけたのは、小沢氏だった(サーキットブレーカー)。

安倍政権時に、軍産複合体に命令されて「共謀罪」なるものを作ろうとしたのを、反故にしたのも、小沢氏だった。

しかしながら、その間、毎年、アメリカの「年次改革要望書」を突きつけられて、日銀は国益に奉仕しないように改編させられ、証券法、会社法なども、外資が日本の資産を奪いやすいように改悪させられ、そして、虎の子の郵貯のカネまでもが奪われるように、「民営化」されてしまった。

その結果、派遣切り、日本の優良企業の6割以上が外資に渡り、日本人の個人あたりGDPは世界23番目(今年現在)となり、世界最大の債務大国(国民1人当たり約1千万円の負債)となり、
60歳以下の国民の将来の年金給付額は約半額となり、
より下の世代は、更に引き下げられる予定になり、
若者の就職難と失業率の増大が続いている。

「9.11」というヤラセの大事件を起こして、戦争再開によって国内経済(軍需経済)を活発化したが、米国民の厭戦意識が高まり、仕方なく、オバマによって目くらましをしたが、やっぱり軍需景気だ、と、米国支配層は戦争再開を狙っている。
日本には、軍需資金捻出のATMであることを義務付けている。

小沢氏の闘いは、「日本は、日本国民は、ATMではない!」と

投稿日時 - 2010-12-05 20:27:29

ANo.5

 少なくとも、新聞に限って言えば結構叩いているという印象を受けます。産経・読売などは、あくまで反政権を認識しているようですね。しかし、一部の新聞・週刊誌。そして何よりTVが酷い。とある番組では、かの鳩山氏すら擁護する始末ですから。

「まぁ、政権取って間もないですし…」
「自民党政権がこれまで…」
等々…。

 本来、報道というのは「反政府・反政権」を主体としています。自民党政権時代、成果はほとんど取り上げられずに負の部分のみ大々的に取り上げた事で政権交代が実現しました。民主党はこれを受け、今こそとばかりに政権を取りましたが本人たちの認識が甘かった点は否めません。
 印象としては、「叩く材料を探して叩いたのが自民党政権」。「叩く材料が有り過ぎて困っているのが民主党政権」であるようにも見えますね。

 特集を組みたくても、TVには多くの中国・韓国資本が入っている為動くに動けないという事もあるでしょう。あのNHKですら、集団訴訟にもあるように日本人を平気で卑下するねつ造報道までしています。情報機関への海外資本流入は、これから防がねばならない案件でしょうね。まぁ、そうなれば人権救済法案持ち出して来るんでしょうが。今の政権、完全に腐りきってますね。

投稿日時 - 2010-12-05 20:16:45

ANo.4

 確かに民主党政権に期待していた「労働者派遣法改正案」や国連人権委員会から再三指摘されている警察・検察の取調べの問題に対する「可視化」について全然進んでないのは気になりますね。
 しかし、アジアとの関係で言えば小泉元総理の時に比べればまだ良いと思いますよ。アメリカとの関係は小泉氏は良好でしたが、男芸者のようにジョージWブッシュの前で歌ったり踊ったり・・。あの姿を観て国民は非常に情けなく思ったんじゃないでしょうか?やるのなら、ブッシュも歌や踊りに誘い込むまでしないとね・・犬じゃないんだから。それにアメリカと有効だということは、アメリカにとって都合が良かっただけ。
「人生いろいろ、会社もいろいろ」の時だって小泉氏は勤務実態のない地元の不動産屋から金貰っていたんでしょう!マスコミは面白おかしく伝えていたけど、本来ならめちゃくちゃだよね。
 小泉・安倍政権で多額の税金を使って行われた「やらせ」と「さくら」の「タウンミーティング」をご存知でしょうか?意外と知らない人多いんだよね。扱い小さかったから・・。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BF%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%9F%E3%83%BC%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0_%E5%B0%8F%E6%B3%89%E5%86%85%E9%96%A3%E3%81%AE%E5%9B%BD%E6%B0%91%E5%AF%BE%E8%A9%B1

小泉氏がアメリカに気に入られた理由は下記です。
●参考資料として、人気の「きっこのブログ」より抜粋します(2007年11月15日)

アメリカへシッポを振り続けてる忠犬コイズミは、自分の飼い主であるブッシュに頭を撫でて欲しくて、沖縄のアメリカ軍のグァム移転に関して、莫大な出資を約束した。総額で、1兆2000億円とも言われてる費用のうち、6割にも当たる7000億円をあたしたちから巻き上げた税金から、ホイホイと支払う約束をしちゃったのだ。(中略)この移転計画の中心になってるのは、何千人ていうアメリカ兵とその家族のための住居施設をグァムに建設するってことなんだけど、これが、ものすごくおかしなことになってるのだ。アメリカ側が、最初に試算した計画書によると、この住居建設費は、総額で「600億円」てことになってる。ぜんぶで約3500戸を建設する計画だから、平均すれば1戸あたり約1700万円てことになる。だけど、不思議なことに、この住居は、ニポンの複数の大手建設会社が、わざわざグァムまで行って作ることになって、知らないうちに総額が、5倍の「3000億円」にハネ上がってたのだ。つまり、1戸あたり、約9000万円になったってことになる。アメリカの建設会社に造らせれば、最初の試算通りに600億円で済むことなのに、なんでニポンの建設会社が、わざわざグァムまで出かけて行って、5倍ものお金を使って、アメリカ兵のための住居を建てなきゃなんないの?

これこそが、バーレーンにあるアメリカの石油会社から、通常の2倍から3倍の値段で燃料を買い、それをアメリカの戦艦にタダで給油してやって、その差額をアメリカへ上納してるのとおんなじシステムってワケだ。このインド洋の給油でも、自民党とベッタリ癒着してるニポンの大手商社が2社、間に入ってオイシイ思いをしてるけど、グァムのアメリカ兵の住居建設でも、まったくおんなじように、自民党の森派とベッタリ癒着してる大手のゼネコンが、オイシイ思いをしようとしてる。

(中略)つまり、普通に考えたら、アメリカに600億円あげれば済む話なのに、ニポンの政府は、自分たちと癒着してる売国企業に甘い汁を吸わせるために、ナンダカンダとデタラメな試算をして、5倍もの金額に膨らませて、「ぜんぶこちらでやりますから」ってことにしたのだ。そして、アメリカにしても、自分のとこで建設するよりも、ニポンに任せたほうが、浮かしたお金の中から莫大な上納金がもらえるんだから、これこそ「濡れ手に粟(あわ)」ってワケ
(中略)そして、イラクに派遣した自衛隊員について、「たった1人の死者も出していない」って自信マンマンにオチョボッてたのも、大ウソだったってことが分かった。それなのに、こうした大ウソの連発に関して、何の謝罪も釈明もないまま、平然と国会に顔を出した厚顔無恥なアベシンゾー。そして、「日米安保条約」っていう大義名分を悪用して、国の防衛費をアメリカへ上納するシステムを作り出した売国奴、コイズミ。(以下略)

全文読みたい人はどうぞこちらへ
http://kikko.cocolog-nifty.com/kikko/2007/11/pos

犬よりもまだ良いかもよ・・

投稿日時 - 2010-12-05 19:41:14

ANo.3

まだ、政権をとってそう時間が立っていないから、ちょっと甘めなんでしょうかね?
個人的には、このまま民主党でやってもイイけど、その代わり総理は小沢さんにやって欲しいです。中国に太いパイプを持っているでしょうし、なんとなく、あの人は周りに流されにくいような気がします。大物の風格がある気がします。

小沢さんで、政権が安定するなら不正献金だろうが賄賂だろうが、僕は、許します。
今はそんなことより、日本国の安定が最優先ですからね。

一説には、民主党は朝鮮人に汚染されていてマスコミも同様でだから仲がイイ。そして、小沢さんは日本的なので叩いて潰そうとしている。という説もありますよね。特にネット上では。
事実、小沢さんのニュースは結構激しかったですよね?

投稿日時 - 2010-12-05 17:16:21

ANo.2

>マスコミと民主党について
なぜ、マスコミはこれほど大きな問題をかかえている民主党に対しては、特集を組むなどして報道をしないのでしょうか?


◇民主党の構成メンバーは旧社会党・旧民社党・旧社民連から旧自民党(田中派)・日本新党等の7~8党&会派から成り立っており。
その出身母体や支持団体に民放連(ラジオ・テレビ局)や産別労組(新聞・雑誌社)があります。

そして、選挙における人・物・金を丸抱えで集票マシーンとして集会への動員・選挙資金支援・後援会名簿の提供等を通じて支援され、その票の見返りに組織防衛や拡大の為の代弁と利益誘導をバーター取引するズブズブの関係にある。


◇それらの組織の中枢・幹部は、かっての反政府・反米・安保反対・ベ平連・成田闘争で連帯していた、全学連や特殊市民団体であり、革労協・中核派・社学同・社青同・赤軍派等のメンバーが地方議会や新党ブーム(日本新党・社民連・さきがけ)や既存政党(社会党・民社党・共産党)に入党し今日の幹部&中堅に成っている。

同様に、多くの学生が、当時の政府・与党である自民党に対し批判的なマスコミ(ラジオ・テレビ・映画・新聞・雑誌)に多く流入し、その活動目的の政治を通じての表現や訴求が同じ源流に在ったシンパシーと連帯感、意識の近似性で発想・価値観の同一化を生み、有形・無形&意識・無意識で共通の敵・批判対象として、保守・親米・実務責任・現業務への攻撃的なスタンスを取らせている。

さらに、民主党に支持・支援する団体には、組織内候補を多く輩出し、要求・圧力団体としての連帯感から、在日(民団・総連)、同和(解同)、パチンコ組合・暴力団(山口組他)が一部目的の共通性・親和性から競合歩調や相互利用の関係にあります。

詰まり、ルーツと思想的な同根・親近感から、マスコミの多くの幹部・中堅・専従組合員には民主党・社民党・共産党シンパがおり、共通認識として反自民のバックボーン・一体感がある。
それが、政権交代前の判官びいき&肩入れ(少しニュアンスは違うが・・・)であり、政権交代が実現して余りの無為無能無策を前にして立つ位置の混乱・混迷を来たしているのが現状です。

個人としての反自民の心情・深層心理と一応ジャーナリズムの一員としての良心や商業主義(視聴者・購読者の意向には敏感)の組織としての存亡への幹部&中堅の立場からの経営的関与のジレンマで葛藤している。
その為に、政権へのエールは材料に欠け、反政府は本音で躊躇・自己否定と感じており、事件や事案に不祥事や失言に中途半端で歯切れの悪い、一貫性の無い追求や取り上げ方に終始している。
想定外の未熟さ・無能さ・識見の無さ・「外交・安保・経済・財政」実務能力の欠落に失望と驚きを抱きどう対処すべきか、マスコミの民主党政権への対応&距離感は暗中模索状態にある。


<関連記事・データー>
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E6%B0%91%E9%96%93%E6%94%BE%E9%80%81%E9%80%A3%E7%9B%9F


http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/1191.html


http://www.crosscurrents.hawaii.edu/content.aspx?lang=jap&site=japan&theme=work&subtheme=UNION&unit=JWORK083

投稿日時 - 2010-12-05 12:35:49

ANo.1

>民主党に対しては、特集を組むなどして報道をしないのでしょうか?

情報工作をしている団体から、マスコミに資金が回らないからだと思います。
報道の偏重が明らかになったのです。
つまり、国民は今まで洗脳されてきていたのでしょう。

私たちで、日本(私たちの生活)を守ることを真剣に考え、行動しないといけないと思いました。

隣国は、いまだに徴兵制があり、戦時状態を継続しているのです。
グローバル化で日本だけが、無事なわけありません、日本人も覚悟して望む必要があると思います。

投稿日時 - 2010-12-05 12:27:27

あなたにオススメの質問