こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

狂犬病予防はしなくてもいい

財団法人どうぶつ基金では、狂犬病予防接種の義務化について疑問を投げかけています。
私も同意なのですが、皆さんはどう思われますか?
以下に(財)どうぶつ基金の文を抜粋します。

-------------------------------------------------------
狂犬病予防接種は法により義務付けられていますが、例外として年齢、健康状態、過去の副作用歴などから副作用を伴う疑いがある場合接種しなくてもいい制度があります。10年間予防接種を続けて何もなかったのに、10年目の予防注射により副作用で死亡という報告もあります。飼い主さんは狂犬病ワクチンには死を伴う副作用リスクがあることを理解して、獣医師による十分な診断のうえ注射を受けてください。


3月24日に衆議院会館で開かれた「犬猫等の殺処分を禁止する議員連盟」の講義

日本は狂犬病根絶国です。狂犬病がまだ存在する地域とは分けて考える必要があります。
根絶国にもかかわらず鑑札や注射済票が無い犬などは、捕獲して狂犬病の疑いがあるという理由で検診もされずに殺処分されています。これは動愛法の精神にも矛盾しています。

狂犬病予防法5条、6条を早急に改正すると共に予防注射の義務化廃止を含め60年前に出来た賞味期限切れの法律全体を、動物愛護精神に基づいて抜本的に見直すことが必要です

農水省ホームページ「副作用情報データベース」で、過去○○年間の関連事例を公開しています。キーワード欄に「狂犬病」と打ち込んで検索してみると、平成14年から現在まで142件の副作用報告が抽出され、悲しいことにその半数以上が「摂取後に死亡」していることがわかります。

狂犬病予防法5条6条の改廃(立法) 議員連盟勉強会テキストより狂犬病予防注射は法律により飼主に強制されています。先進国で、まして狂犬病根絶国で狂犬病予防注射を毎年強制している国があるかどうか、私の知る限りありません。
狂犬病ワクチンの原価も1頭当り¥100以下です。注射の技術料がついて¥3,000程度になりますが、飼主を呼び出して1日に何十頭も 集合注射をしてこの価格は異常に高額です。狂犬病予防のためにワクチン注射が必要 であると言うなら、価格をなるべく安くして普及に力を入れるのが筋でしょう。
日本では500万頭以上の犬が毎年の接種を受けていますが、それでも全体に対する 接種率は40%前後だろうと思われます。予防接種をしているから狂犬病が発生して いないという見方も出来ますが、半数の犬が接種を受けていないのに狂犬病が発生し ていないという見方も出来ます。予防接種の必要性に対する説得力はまるでありません。
狂犬病を発症したらほぼ100%助からないのは事実ですが、狂犬に嚼まれた後であってもワクチン注射をすれば発症しないで済みます。つまりほぼ100%助かります。 狂犬病はすでに50年以上日本では例がありませんが、もし狂犬病が発生してもそこから感染が拡大することはまずあり得ません。他の感染症と同じような方法で防疫(病犬の隔離と周辺の人間や犬へのワクチン接種)をしっかりやれば済む話です。他 の先進国で狂犬病予防接種を強制していないのは、野生ほ乳類が多いところでは犬だけ予防しても根絶が出来ないことと同時に、予防接種よりも狂犬病 が発生した初期に対応した方がずっと効率的だということがあると思われます。
狂犬病予防法は昭和25年9月に施行された法律です。当時この法律には必然性があったのですが、今は業界の利権を守るだけ の法律になってしまっています。現実に狂犬病の予防接種をしないからといって罰せられる例は普通には皆無であり、動物虐待に対する別件容疑として利用されているに過ぎません。 罰則がありながらそれを適用しない法律は国民の法に対する軽視を生みます。
狂犬病予防接種は体に負担を与えますが、そのリスクは飼主にほとんど伝えられておらず、しかも老犬であれ何であれ一律に行なうので数多くの副作用による問題が発生していると思われます。 狂犬病予防法を隠れ蓑に飼主を欺瞞している利権構造があることを白日の下に曝さない限り、この悪法はいつまでも残ると思います。
--------------------------------------------------------

投稿日時 - 2010-12-05 21:21:46

QNo.6365260

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

大賛成です!!
私も狂犬病予防は必要ないと思います。
殺処分のための法律になってしまっているとおもいます。
大賛成です!!

それよりも、動物取得税をかけ、気軽に犬を飼わせないようにしてはどうかと考えます。
そうすれば、費用をかけずに犬を飼いたい人は愛護センターから犬を譲り受け、殺処分減の効果もあります。
さらに、悪徳ブリーダの乱繁殖も防げます。
取得税収済証が無ければ、病院にかかれないようにすれば効果があるでしょう。

投稿日時 - 2010-12-06 08:44:34

補足

良い案だと思います。
ただ、一点。犬を飼う事がお金持ちの道楽になる事だけは避けたいですけどね。

この案、広まればよいですね。

投稿日時 - 2010-12-06 16:15:47

このQ&Aは役に立ちましたか?

7人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(9)

ANo.9

法律が無ければやらなくていいとほざく民主党と同じクズは
動物を飼う資格はありません。 その事実を知ったなら
通報しなければ、貴方も動物虐待の加担者です。

ワクチンが効く効かない、副作用は暗中模索状態の
医学の永遠の問題です。ナノマシンによる病原体の
物理破壊ができる世界にならないと解決できませんが
今出来る事をしないのは、動物を飼う人に銃を突き付ける
行為と何ら変わりません。

日本人は何時から北朝鮮以下のウジ虫になったのですか?
私は動物を飼えない環境で生きていますが
覚悟無き者を叩き落す準備だけは怠りません。

投稿日時 - 2010-12-12 00:36:42

補足

民主党のくずとはどういう意味でしょうか?その後の文も意味がよくわかりません。もう少しわかりやすく書いていただけますか?
北朝鮮以下の蛆虫の意味もよくわかりません。もしよろしければ、判りよくもう一度書き込みください。

投稿日時 - 2010-12-13 13:45:52

ANo.8

狂犬病予防接種をしていない犬に咬まれたら、24時間以内に狂犬病ワクチンの曝露後接種の1回目を受ける必要がありますが、国内のヒト用ワクチンは希少であり、緊急接種可能な医療機関を全国から探し、可能な限り早い移動手段を用いて接種可能場所に赴く必要があります。

狂犬病ワクチンの曝露後接種は計6回が必要です。

咬傷事故犬は2週間の鑑定留置となります。鑑定留置で異常なしとなれば以後の予防接種(5回目以降)は省略できます。

100万円程を支出する覚悟がありますか?

投稿日時 - 2010-12-11 18:27:35

補足

上記文章と質問文にはどんな関係があるのでしょうか?
わかりにくいので、話のつながりをはっきりと書いていただけますか?
100万円の支出の意味もよくわかりません。質問は、かかった場合どうするの話ではないので、全く違う話をされているように思われますが、もしよければもう一度お書き込みください。

投稿日時 - 2010-12-13 13:43:02

ANo.7

犬の殺処分に関しては私も反対ですが、全く犬の狂犬病予防注射が必要ないかといえば、私はそうとは思いません。発症の初期に対応すれば良いというのは事実かもしれませんが、その「発症の初期」状態を知るにはしっかりとした知識が必要です。それを全ての人に認識させるのは非常に難しいと思います。自分の犬がいつ狂犬病に感染したのか(例えば野生動物に噛まれたとか)全くわからないパターンもあると思います。そのような時には手遅れになることもままあるのではないでしょうか。万が一のことを考えて事後処理ではなく、「予防」と言う形で狂犬病の将来的な蔓延の可能性を抑えるのは理にかなっていると思います。ただ、毎年予防接種をする必要があるかといえば、そうとは思いません。私が獣医さんから聞いた話によると、6年で十分とのことです。6年に一回と言ったら大体犬の一生で2回、長生きの犬でも3回すれば良いということですから、確かに日本の犬は異常な量の予防接種を受けていると思います。

投稿日時 - 2010-12-07 12:26:31

補足

そうなのですか。アメリカが3年に一回とかいう話は良く聞きますが、
6年に一回でよいというのは初めて聞きました。
情報もとは獣医師との事ですが、確かなものなのでしょうか?
確かなものであるとすれば、予防接種による副作用死の犬たちはやはり利権にやられたことになりますね。
他の方からも情報が入ることを期待します。

投稿日時 - 2010-12-07 14:22:05

ANo.6

NO3です。多くは語りませんが結局は貴方も所詮その他諸々と一緒でしたね。

投稿日時 - 2010-12-06 12:33:07

補足

多く語っていただかなければ、よくわかりません。
その他諸々とは何なのかもよくわかりません。

もっとよくわかるように書いていただければと思います。

投稿日時 - 2010-12-06 16:13:04

ANo.4

>もし狂犬病が発生してもそこから感染が拡大することはまずあり得ません。他の感染症と同じような方法で防疫(病犬の隔離と周辺の人間や犬へのワクチン接種)をしっかりやれば済む話です。

財団法人どうぶつ基金ですか?
どのような趣旨で設立された団体か存じませんが、狂犬病は他の感染症とは違う次元で考えるべき問題です。
たった1度でもいったん狂犬病が発生したら、日本は狂犬病汚染国です。
終息すればそれでお終い、そんな簡単なものとお思いですか?
もし本当に動物のことを考えて設立された団体であるなら、ちょっとがっかりです。

この7?8年間で142件の副反応報告(うち半数が死亡)、毎年500万頭の犬が接種するとあるので毎年20件ちかい副反応となりますが、それが多いのか少ないのか私にはわかりかねますが、、
でも飼い犬の狂犬病ワクチン接種を義務とするなら費用はもう少し低く設定すべきだと思います。
でも個人的には現在の費用が不当に高いわけではないと思いますね、私は。
人間に打つワクチンも動物用も一応別物となってますが、基本的には同じものなんですけど、人間用になると12,000~14,000円ですから。
あと文中に

>狂犬病を発症したらほぼ100%助からないのは事実ですが、狂犬に嚼まれた後であってもワクチン注射をすれば発症しないで済みます。つまりほぼ100%助かります。

とありますが、これは正しくないです。
正しくは狂犬に咬まれたあと直ちにです。
他にも万全を期するには狂犬病ワクチンと抗狂犬病ウイルス免疫グロブリンの併用使用が望ましいのですが、残念ながら日本では抗狂犬病ウイルス免疫グロブリンの製造を認めておらず承認すらしていないので、国内で抗狂犬病ウイルス免疫グロブリンは使用できません。

>狂犬病根絶国で狂犬病予防注射を毎年強制している国があるかどうか、私の知る限りありません。

確かに日本だけかもしれません。
ただこれも論点がずれてるとの指摘をいただくことになりそうですが、
日本以外のそれらの国への犬の持ち込みは厳しく、それは指定国からであっても数か月係留施設で留め置くという国もあることを知っていただきたいところです。
また不正に日本に持ち込まれた動物が感染していて、その動物が自分の犬を咬んだ時、愛犬の命を救えるのは暴露後接種以外方法がありませんが、果たして人間の場合と同等に暴露後接種等の処置がなされるのでしょうか?

現状の飼い犬の狂犬病ワクチン接種義務は制度的には問題があるかもしれません。
でもワクチンは愛犬を守るためのものであったはずで、それは今も昔も変わらないと思いますが、少なくとも接種義務が全廃となれば犬を連れて海外で暮らす者にとって厳しい事態になることだけは確かだと思います。

投稿日時 - 2010-12-06 00:20:43

補足

回答ありがとうございます。
多方面から物事を見て検討をしていくことが大切だと考えているため、いろんな意見の書き込みは大変参考になります。

財団法人どうぶつ基金の設立の沿革については私もよく知りません。もう少し調べてみます。
が、この法人が出されている「狂犬病予防法改正」についての考えに同調しているだけであり、この法人のすべてが正しいと考えているわけではありません。
一つに、この法人は猫の耳をカットする表示方法を勧めています。これに関しては大いに疑問を持っています。

人間への予防接種の金額については初めて知りました。確かに高額ですね。この価格差はどこからきているのでしょうか?犬人間いずれもはっきりとその価格設定理由を開示してもらいたいですね。情報の無い中で私が想像するにその安全性の違いが影響しているのでしょうか。

諸外国の対応についてはできる限り調べましたが、まだまだ手落ちの部分はあると自覚しております。暴露後接種は、どこの国でも犬に対しては行われないでしょう。そこは任意、飼い主の判断による責任の範囲でよいと考えています。
海外からの出入りに関しても(その状況に応じて)摂取すればよいのではないかと思います。われわれ人もそのようにしているのではないでしょうか。

すみません、もしかしたら少しずれた文であるかもしれません。
ずれた部分がありましたら、再度指摘してください。

投稿日時 - 2010-12-06 08:09:24

ANo.3

私自身ショードック専門のブリーダー、家内はトリマーとペットホテルを自宅で営んでます。文の抜粋を掲載してますが貴方御自身は接種によって愛犬を亡くされたとかでしょうか?ペットの法にあれこれ言う人は数多居ますが、私自身ペットに関する法は果たしてペットにとって好い事なのか悪いことなのか判りません、私が言いたいのは貴方自身悪法だと思うのならばこんな小さな処で賛同を求めるのではなく、あなた自身が国会議員になって悪法をねじ伏せなさいと言いたいです。それが出来ない内弁慶ならば沈黙してなさい。それから狂犬病(恐水症)は日本では無くなったかもしれませんが、海外からは発展途上国からの船舶も入港します、それらの船員が連れてきた捕菌犬が逃げ出しそれから感染することも皆無とは言えませんから接種は必要だと私は思います。

投稿日時 - 2010-12-06 00:19:33

補足

お察しの通り、経験からきているものです。

投稿日時 - 2010-12-06 07:50:17

お礼

 

投稿日時 - 0000-00-00 00:00:00

Q、皆さんはどう思われますか?
A、主義主張に何かが欠けている!

 確かに、生体展示販売の中止等の主張びは、私も共鳴するし反対するものではありません。が、私には、何か得体の知れない<ある種の違和感>を非常に強く感じます。
 「犬・猫等の殺処分を禁止する取り組み」自体は、極めて結構なこと。だが、それのみに純化した主義・主張の団体・運動ってのは、果たしていかなる意義をどの程度に持っているのか?
 <それのみに純化した主義・主張の運動>というものは、大概が広範な国民の日々の生活から遊離したステージでの取り組み。あるセクト集団の特定の主義・主張を掲げての取り組みに近いことが多い。つまり、その手の取り組みには、一般庶民の暮らしが感じられないのである。もっと言えば、その手の取り組みには、社会経済構成体の矛盾と問題点の反映という視点が見えてこないのである。つまりは、問題の根っこに迫るという視点が欠けていることが多い。
 このように、私は<何かが欠けている!>という<ある種の違和感>を強く覚えました。一体、なぜでしょうか?まあ、私は、質問者ほどに素直じゃーないということでしょう。

Q、狂犬病予防はしなくてもいい?
A、No!

 議連の狂犬病予防法に関する疑問の一つひとつは、ある意味でもっとも。でも、全体の見方・考え方で私と決定的な差が。一つは、義務から任意へという目標を現時点で掲げるのが正しいのか?二つは、現状での乱繁殖を取り締まる上での狂犬病予防法の利用価値をどのように考えるのか?三つは、欧米云々よりも日本独自のシステム構築を考えるべき。
 この三つのテーマに関して明瞭な答えと方向性が見えていない現段階では、NO!ですね。

投稿日時 - 2010-12-05 23:41:54

補足

ご回答ありがとうございます。

質問文に書きました通り、私は法律改正に賛成です。しかし、物事は多方面から見ないと自分の考えが正しいかどうかわかりません。その意味で、このように意見を頂けるのは大変ありがたいことです。

納得を得るには何か不十分な部分があるとの事。私もそれは何か感じます。これからさらに勉強したいところです。
現段階では、他国と比べることで日本の対応のずれを訴えているのみであり、おっしゃられるとおり日本独自の対応の仕方を構築すべきだと思います。
それを前向きに考えるのか、どうかだと思います。

投稿日時 - 2010-12-06 07:46:37

日本では狂犬病撲滅しましたが狂犬病は世界中の哺乳類すべてにかかる病気ですが、あまりニュースに流れませんが5年前神奈川県内で発症者いますが・・・。海外旅行中犬にかまれて帰国。日本で発症してます。海外から法に基づいての輸入ならまだしも、悪徳ブリーダーいたらどうしますか?海外から持ち込まれた哺乳類に感染疑いあるかもしれないし。

投稿日時 - 2010-12-05 21:48:59

補足

それは海外で感染し、日本で発症した方の話ですよね。論点がずれていると思います。
現在でも感染した哺乳類は入ってくる可能性がありますが、質問文をよくお読みになられましたでしょうか?

投稿日時 - 2010-12-05 23:02:53

あなたにオススメの質問