こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

韓国・北朝鮮は、戦争がしたいのでしょうか?

20の大学生です。
今日、韓国の金国防長官が、先日起こった延坪島の問題に関して、
早急に軍を編成して、そこで軍事演習を行わせる。と言ってるのをニュースで見ました。
こちらの武力をしっかりと見せつける。そんなことを言ってましたが、僕からしてみたら威嚇のようにしか見えないワケです。
次に北朝鮮が撃ってきたら、戦闘機も飛ばす。とも言ってました。

でも、北朝鮮からしてみたらどうでしょう?
日本でも北より韓国寄りの報道をしていますが、北の主張では延坪島付近は北の領海となっています。
そんなところで軍事演習をされる。
ある程度の警告・威嚇はしなければなりません。
まあ、そこで考えなしに打ち込んだり、攻撃したりするのも問題ですけれど・・・・・・

次に韓国が大規模な軍事演習をしたら、北も当然何かしらするでしょう。
そこに軍備の整った韓国が、攻撃されたとして、やり返す。そして、朝鮮も。
どう考えても、これが一番起きそうな感じがします。

でも、僕自身、どちらも行動としては誤ってると思うのです。
韓国と北の双方で、延坪島付近の領海図に行き違いがあるのは明らかです。
どちらが正しい・正しくない。そこが問題になっています。
しかし、何で、その行き違いを解決しないのでしょうか?
目先のプライドや威信、思想に捉われがちです。

今後予定される韓国の軍事演習でも、双方に被害や死者が出るのは容易に想像出来ます。
そうしてシコリが出来、戦禍は広がっていく。
結果をあらかじめ考える必要を、何故理解出来ないのでしょうか?
韓国は軍事演習をして、北がやりかえさないと思ってるのでしょうか?
報復されたとして、その犠牲は北にだけ原因があるのでしょうか?
朝鮮は何故、考えの浅い、攻撃ばかりしてくるのでしょうか?
自分たちの攻撃の正当性を、韓国は理解してくれると思ってるのでしょうか?

どちらも、より被害を出さないやり方を選ばないのは何故でしょうか?
被害や犠牲になるものは、人なり土地なり、その国を支え構成する、国の一部、財産に相当すると思います。
それを損なう方向を選ぶ。それが理解出来ません。
小さいものの価値よりも、大きな国としての価値を選ぶ。
しかしながら、その大きな価値を作ってるのは、有数の小さな価値です。
大きな価値は、小さな価値の代表であり、小さいもののリーダーですが、
小さな価値を見ないやり方は、大きな価値自体も減らします。
言わば、大と小は持ちつ持たれつの関係です。
どうしてそれを理解しないんでしょう?

僕自身の考えを述べても、それは僕の独りよがりの側面しかないのは分かっています。
ただ、それを理解したうえでも、後の後のさらに後の結果にまで考えが及ばない、
ヒドい事態になることを、出来るだけ避けるようには動かない。
そしてその失敗に、望まぬ人たちが含まれるのには、腹正しさを感じます。
人間が好き勝手にやって、地球温暖化、異常気象、自分達の暮らしが脅かされる。
しかし、その責任を理解していない・・・そんな感じです。

打ち込んでて、話がだいぶそれてしまったのですが、
韓国と北朝鮮の対応について、みなさんの意見を聞かせてください。

投稿日時 - 2010-12-06 03:02:48

QNo.6365911

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

反撃するのが人道的、、という場合もあるのです。
戦争を仕掛けるぞ!と脅しにかかる… それが多くの人々の名誉を守り、死んでいった者を尊び、その家族の悲しみを和らげ、彼らを取り巻く人々の気持ちを救う。
オバマが急遽、米韓合同演習の実施を日米演習の直前に入れたのもその気持ちから。

そして多くの戦争がそういう事をきっかけにして起こっていった。


韓国にも仲間の悲しみを自分の悲しみと感ずる人の心がある。
今度の北朝鮮の突発的な砲撃行動は、民間居住地を含む地域への周到な準備を経ての攻撃であり、そのために民間人と兵員に死傷者が出ました。
韓国兵が2名ばかり死亡しましたが、軍葬が行なわれ、家族も列席し、そしてその映像が世界的に流されたので私も見る事が出来ましたが、韓国人の多くも見るわけで。

韓国人の多くの葬儀は、日本でも有名な『ウソ泣き』、『演技なみだ』が見られ、『泣き女』や『泣きじゃくり屋』が出てきますが、映像の中の家族の涙は本物だった。
身内や親しい仲間を失った経験のあるものなら誰でもわかる…そういう悲しみ方だった。
何故、あの兵士たちは死んだのか?

韓国側の不当行為ではなく、北朝鮮側の体制の欲求に応じて行なわれた不意打ちの休戦協定違反であり、しかも北朝鮮側は詭弁的自己弁護で逆に韓国側の責任と主張する。
今回だけでなく、この前は韓国艦艇の魚雷による轟沈事件があった。
更に北の横暴な攻撃はその2件にとどまらず、以前からずっと、何度となく繰り返され、多くの韓国人後々が奪われてきた。

それに対し韓国側は何を行なってきたのか?何を行なえたのか。

今度の一件、韓国側は国連提起も躊躇しているようですよ。今のところは。
先回の艦艇轟沈事件の際も、中国側の非協力により満足行く成果が得られなかった。持ち出しただけ恥みたいなもの。
今回の砲撃事件を国連に持ち出しても先回のようになれば無駄どころか名誉を傷つけられ、その上に北を実利的に利する。

しかも、韓国軍は当日、北の砲撃に対し応戦したが、現地の該当部隊そして上層部の不十分な対応が目立った。
その不十分さに責任があるわけではないが、不十分だったのは間違いなく、それにより韓国は大きく傷ついた。
国防大臣が辞任し、新大臣が就任した。
やる事はたった一つ。。。今度同じ事があったら今度こそは「充分に、たっぷりと」反撃を行なうつもりだ、と言う事。
今回で経験は積めた。これを元に次回は抜かりなくやる、と。
軍人として、国の長として、行政職として、政治家として、当たり前の責任の処し方ですよ。

具体的には戦闘機を敵の砲撃陣地にまで飛ばし、ミサイル攻撃・空爆を行って叩く事です。
今回は韓国軍砲撃部隊は与えられた状況下で善戦したと思う。

以上、韓国側の戦争の論理。

投稿日時 - 2010-12-06 09:02:11

ANo.3

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(9)

ANo.9

 テレビのコメンテーター達のコメントを聞いても皆さん、基本的な所を踏まえてらっしゃいませんが、この海域はそもそも韓国軍が年中実弾訓練をやってる所なんです。日常茶飯事にやってる演習の1つを口実にして北朝鮮が「侵略」だ「自衛行為」だと、休戦協定違反して攻撃を加えて来たのです。しかも民家密集地を狙って、武器1つ持っていない非武装の民間人を2人殺しました。
 船で仁川へ非難する住民もインタビューに「最初はいつもの訓練の音だと思ったんです。でもちょっと経って、これは違うんじゃないかと、少ししてから本当の爆撃だとわかったんです。」と答えてます。
 いつもの訓練をとらえて、完全に北の言い掛かりです。
 双方の言い分を聞いて、バランスよく情報を得てから考えようとなさってる質問者様のお考えはすばらしいと考えます。しかし、片方の言い分・主張をそのまま素直にお信じになるのはちょっと・・・。

 話し合いや非軍事的な解決方法を最初から捨てているのは北の方です。北はこの度の攻撃の理由を「韓国が我が領海に砲撃を加える軍事挑発をした」からだと言ってますが、もし仮にこれが本当だとしたら「我が領海に砲撃を加えるのをやめろ」とか「やめる為の話し合いをしよう」とか言えばいいんです。話合いのチャンネルはいくらでもあります。板門店もあるし、南北将軍級会談というシステムもあるし、中国だっているし、国連だってあります。
 そういう対応を全くせず、いきなり百数十発の武力攻撃です。最初から話し合う気が無いということです。
 話し合いをする気が無い北が数ヶ月前から六カ国協議をすべきだと言っています。今回も中国が北の代弁人役をやって六カ国協議の前段階の会合をやろうと言いましたが、ポーズだけ話合いを口にしてる事はみんなに見えています。

 武力攻撃されてあわてて米国と軍事演習をした韓国がどうして責められなくちゃいけないんですか?
 突然振り上げた拳をおろして4人の命を奪った北と、「私だって拳ぐらいはあるんだぞ」と主張する南と、どちらが責められるべきですか?

 北はこの海域を自国の領海だと言ってますが、1953年8月に韓国と国連軍が海の軍事境界線(NLL)を発表してからずっと、実は北朝鮮はこれに異議を唱えませんでした。北は長年これを黙認して来た経緯があるのです。そして1999年にいきなり北朝鮮独自の海の軍事境界線を発表します。
 1953年からどれだけ年月が経ってますか?長年黙認して来たのに北がここを自分の領海だというのは国際的な同意を得られません。
 朝鮮戦争中の韓国軍はこの海域よりもっと北西にある島々も占有していました。しかし、北朝鮮&中国軍に追いやられて制海権が今のヨンピョン島を含む5島までに下(お)りました。
 休戦協定でも、第2条2項で「ペンニョン島、大青島、小青島、ヨンピョン島、牛島は国連軍総司令官の軍事統制下に残す」とあります。休戦協定は言うまでもなく北も署名してます。
 2000年3月北はまた突然、朝鮮人民軍海軍司令部が「5島通航秩序」というのを「公布」しましたが、ここでも北は韓国・国連軍が引いた海の境界線の中にあるヨンピョン島等5島の管轄が南側にあることを自ら示しています。
 5つの島の管轄が南にあることは北も認めているのです。

 なのにその島に武力攻撃です。これは明らかに休戦協定破棄の行為です。南の対応が生ぬる過ぎます。本当ならここで戦争です。
 3月の天安爆沈の時、イ・ミョンバク大統領は「今度やったら、(相手に)やるんじゃなかったと骨身にしみて後悔させてやります。」と涙&鼻水流しながら演説しましたが、その「今度」が来たのに、6門しかない大砲のうち3門は故障して使えず、やっと撃った3門から出た弾も畑に落ちて、全然相手の砲台に当たってない模様。
 天安撃沈の後、国防省は「今度こんな事があったら、5分で反撃します!」と言っといて、いざとなったら13分で反撃開始。しかもレーダーが壊れてたので北のどの基地から攻撃受けたか分らず、やたらと撃った(!)。
 ヘナチョコ対応。「意外と弱いぞ韓国」。天安の後に「今度やられたらこんなにしてやります!」「こんな事もしてやります!」と散々勇ましい事をマスコミを通じて言わせといて、えっ、こんだけ?
 北は島の対岸3ヵ所にシルクワームミサイル・サムレットミサイルを配備してるってのに、南はミサイル配備無しだし。
 もしかしたら、事実上軍隊が守ってる竹島の守りも意外と弱ッチイかも~。

 でも、韓国は全面戦争する気ありません。本気だったらイ・ミョンバクが開城工団を全面閉鎖させてます。800人の韓国人が人質になる可能性が大であり、北経済に利益を与えてるこの国策事業をそのままにしてるのです。全面戦はさらさら考えてません。今回も口だけです。 

投稿日時 - 2010-12-07 09:29:14

お礼

私としては、グーにグーで返すのではなく、パーで返すのが一番だと思います。
同じやり方で、目には目。とやっても、問題の解決にはつながってないと思うからです。

例えばそうですね・・・
北の横暴な攻撃で死んだ韓国人の葬儀を、
国全体規模でとり行って、それに各国の外交の重鎮とかも参列してもらう。
イメージとしては、広島の原爆のアレと近い感じで、もっと壮大に。
再びこのようなことが再び起きないよう、散って逝った魂に誓います・・・と、テレビでも報道をかけるのです。

そうしたら、当然のように北と他の国との関係にも問題をきたすワケだし、
それを受けた北が、同じように韓国人を殺すような行動に、些かブレーキが掛ってもおかしくなくなるハズです。
こんなことをされたとして、経済制裁を受けたからと、不当な処置、軍事的挑発、と騒げなくなると思います。
そんな感じで圧力をかけて、無血解決に持ち込むのです。
そうした方が、双方の溝を深める数倍マシかな・・・って、そんな感じです。

投稿日時 - 2010-12-07 15:49:33

ANo.8

韓国側は国民に対するアピールもあるんですよ。
今回は民間人の被害もあって国民世論は北に憤っている。
ここで国が強気にならないとなにやってるんだ、へっぴり腰、とイ ミョンバク政府が打たれる。
そうでなくても経済政策の失敗?で人気が落ちてるところにふんだりけったり。
本気で戦争するつもりってよりここで甘い対応したら世論からボカスカ。

...っていうのは穿った考えだけどなまじ外れてもいないと思います。

投稿日時 - 2010-12-07 00:34:38

お礼

多分、私が不満に思ってるのはそこですね。
国の威信やらプライドやら固執するのは勝手ですが、そのせいで死ぬ人達もいる。
人が死ぬことで恨みが生まれるし、そうして溝は深まる。
溝を埋めて、みんなで仲良く助け合っていけたらいい。というのは夢物語なのかもしれませんが、人が目指すべきところはそこにあるのではないかと・・・
でも、過去に付けられた傷とかがネックになってたりもするんですよね。
過去はどうあがいても戻って修正することは出来ないし、時代や場所や人によって善悪の線引きは変わる。
その時、容認されてたことを掘り返す。
解決しようのないことを、自分達が気に入らないからと、責任を要求する。
そんな人達もいれば、そうでない人達がいるのは分かるけれど、
やはり、どうしようもないことなら許容するのが無難だと思います。
辛くて難しいことかもしれないけれど、過去に固執して、今を、未来までも台無しにして、その責任まで視野に入れるべきです。

投稿日時 - 2010-12-07 15:33:39

ANo.7

>どちらも、より被害を出さないやり方を選ばないのは何故でしょうか?
そもそも原因となる北朝鮮の核開発はイラン、パキスタンなどと同調して進行している現状があり、核の拡散の恐れが高い国です。

東アジアの安全に危機感を持つ日本、韓国、アメリカ、中国、ロシアは北に対して核の放棄をさせるために金正日との合意で食料と油と安全な原子炉の援助をしていました。しかしながら核施設から IAEA の査察員を追い出してそのあげく IAEA から脱退する結果になり、更に秘密裏に核燃料の製造をすると云う現状があり金正日は約束を簡単に覆す結果が公然となりました。

あくまでも核放棄を前提とした交渉なのでその放棄がなければ日米韓からのの幾つかの支援は無いだろうと金正日は見ているだろう。そこで彼はこのままでは北の経済がとても厳しいのであらゆる支援をさせる為に緊張をあおる瀬戸際外交をする訳ですから、特にこうした独裁国家では約束とか話し合うことが無い国とされています。

しかしながらこの後北からの武力に依る挑発があれば韓国は反撃を開始すると言われている事、アメリカが韓国軍を武力で支援するとなると、真っ先に「北の核施設の爆撃」が開始される事は、金正日は当然承知している筈なのでこれ以上の武力衝突のリスクは少ないと見ている。

投稿日時 - 2010-12-06 11:52:21

ANo.6

まことに有意義なご清談だと思います

なんだか自分が偉かなったような気がして満足致しました

素晴らしいと思います

投稿日時 - 2010-12-06 11:10:53

ANo.5

寧ろ、戦争状態を膠着させて、両者共に消耗させる米中の思惑に乗るのが日本としても
無難だと思います。手を出すとカネを出さなければならない状態になり得るでしょう。
それは日本側として、何のメリットもありません。

朝鮮半島の動向なんて、日本にデメリットを及ぼさなければ関係ないですね。
ただ、冬の場合は大陸から季節風が吹くので、大げさにならない事を祈るばかりです。

いちばん心配なのは、民主党がどれだけ予想の斜め上の行動を取るかです。これが
国益に反する行動なのはほぼ間違いないでしょう。処分してくれれば有り難いのですが。

投稿日時 - 2010-12-06 10:52:44

ANo.4

双方とも戦争はしたくないが周辺諸国から援助、、支援が欲しいということでしょう、
もし朝鮮半島に戦争が起こったら、互いに砲弾やミサイルが打ち合い、多数の犠牲者がでて、北朝鮮の貧弱な軍備では、韓国軍に、敗退するでしょう、韓国はIMF(国際通貨基金)から資金を受けて経済を建て直し中です、もし戦争となれば経済は混乱し、北朝鮮からの難民が押し寄せ、焦土化した北朝鮮への再建費用負担に耐え切れないでしょう、朝鮮半島は冷戦時代に、自由主義陣営と社会主義陣営によって分断された過去の遺産です、いつまでも休戦ラインでにらみ合っているわけにもいかず、北朝鮮は、デノミ政策の失敗、食料難、経済制裁、後継者への権力移譲、などの問題解決の最後の手段が戦争しかないのです、そこで戦争の勃発の危険性を演出して、六カ国協議で、最大の援助を周辺国から引き出す、瀬戸際外交を続けてきたのです、アメリカは重油、韓国は肥料、食料、医薬品、日本は米、軽水炉発電所建設(中断)
韓国も、今まで耐え抜いてきたのです、哨戒艦沈没事件、大韓航空機爆破事件など、多数の韓国人がなくなっているのです、韓国内でも世論が、噴出しているのです
大方の見方は、朝鮮半島には戦争は再発せず、中国の面子を立てて、六カ国協議で、北朝鮮への資金、食料援助を、日本、米国、韓国、中国、ロシアで分担して北朝鮮が滅亡するのを防ぎましょうという話になると思います、戦争して勝つても誰も得をしない時代です、戦争が起きると周辺諸国に大きな被害、影響が起きるからです、だから北朝鮮は、軍事的行動を起こして、交渉のテーブルに米国をつかせ、米国による資金凍結の経済制裁を解除して欲しいという、メッセージなのです、

投稿日時 - 2010-12-06 09:56:57

北朝鮮と韓国の戦闘問題に、日本は本来関係ありません。
できるなら立ち入らないほうがよいのです。
韓国兵士を招いたのは、失敗です。

あまり立ち入ると、金も出せ!になります。

日本は、借金苦ですからね。
★民主党は間違わないかな?
と、心配です。

平和論ですが、現実は違います。
各国の利害関係により決まります。
北朝鮮は、中国が支援 / 韓国はアメリカが支援しています。
そこに、利害もあります。

投稿日時 - 2010-12-06 04:02:27

ANo.1

お若いようですので、もう少し過去にさかのぼって一連のやり取りと、彼らの文化、価値観がどういったものなのか調べられるといいですよ。

あなたのような考え方は日本では普通ですが、それが成り立つためには条件が2つ要ると思います。
1つは隣やまわりにあなたとおなじ価値観を持った人たちで埋め尽くされていること。
2つ目は、奪い合いをしなくても暮らしてゆける豊かさがあること。
だと思います。

もしその中に自分のことしか考えていない者が数人加わるとどうですか?
ひどい事をしてもやり返さない、話し合って終わらそうするならば
「あいつら馬鹿だな~」「それならどうにでもできる」と喜ぶ人たちです。

我慢していれば、少しずつ少しずつ、脅したり、騙したり、盗んだり。
ゆくゆくは堂々とまわりの者を下僕扱いしだすでしょう。
こういった輩は、手を出すたびにその手を叩いてやるしかないのですが
半島や大陸では、これさえも当たりまえですから、相手を駆逐し、この世に居なくなってもまだ憎み続けるのです。

もし貴方が思う普通の社会があるとすれば、彼らからすれば平和馬鹿が多くてラッキーとしか思わないと思いますよ。

投稿日時 - 2010-12-06 03:52:06

あなたにオススメの質問