こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

FETによるアナログスイッチについて

よく下図のような、アナログスイッチを見かけます。

この動作は、
「Vinに正の入力信号が入っているときに、
Switchが閉じればFETがOFFして、Vout=0V。
Switchが開けば、Vgs=0VとなるのでFETがONして、
Vout=Vinとなる。」
といった解説がなされます。

しかし、Vout=Vinのとき、
電流はFETのソースからドレインの方向に流れることになります。
これはおかしくないのでしょうか?
N-ch FETはドレイン→ソースの向きにしか、
電流を流さないのではなかったでしょうか?

大変申し訳ございませんが、この投稿に添付された画像や動画などは、「BIGLOBEなんでも相談室」ではご覧いただくことができません。 OKWAVEよりご覧ください。

マルチメディア機能とは?

投稿日時 - 2010-12-06 23:52:51

QNo.6367897

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

No.1のk_kotaさんの回答どうりで
デプレション型のJ-FETはソース・ドレインが全く対称なので、どちらの方向に電圧が流れても同じ動作をします。

では何故ソースとドレインがあるのかというと、ソースとゲートが同電位の時にN/P両チャンネルともFETの抵抗値が最小になると決まっているからです。つまりゲートの電圧を規定する方がソースということですね。

その回路で、ゲート電圧の基準を入力電圧にしているから、入力が回路図上のソースになるのです。物理的にソース・ドレインを入れ換えても全く同じように動作をします。

図の回路は簡単な分だけ制約が多く、入力電圧が低くなるとFETがOFFしない、入力電圧が負(-0.6V以上)になるとFETが破壊される等の問題があり、あまり実用的ではありません。FETの動作を理解するためのものと考えましょう。

投稿日時 - 2010-12-09 07:10:55

お礼

わかりやすい解説ありがとうございます!
[ソースとゲートが同電位の時にN/P両チャンネルともFETの抵抗値が最小になる」
という点がポイントだったんですね。
解決しました。ありがとうございました!

投稿日時 - 2010-12-10 08:13:08

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

全部とは言いませんが、基本的なJFETはドレインとソースの区別が無いというか入れ替えても動作する場合が多いです。

要するに電圧の高いほうがドレインになると言う感じです。

少なくともこのような回路に使う場合はそのような性質のものを選んでいるでしょう。

投稿日時 - 2010-12-07 00:03:45

お礼

なるほど、
JFETは記号が対称なだけでなく、
性質も対称なんですね。

回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-12-10 08:11:12

あなたにオススメの質問