こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ヒスパニック/ラテン系アメリカ人

ヒスパニックは大きく
メキシコ系
プエルトリコ系
キューバ系
中南米系の4つ分けられると思いますが

それぞれの特徴について
詳しく教えて頂けないでしょうか?;;
調べたのですがなかなか出てこなくて・・・

あと、ヒスパニック/ラテン系アメリカ人の
人々についてどう思いますか?

いろいろな方の意見がお聞きしたいです。
ご返答よろしくお願いします!

投稿日時 - 2010-12-07 12:12:17

QNo.6368629

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

Hola! Buenos dias Amigo!!
残念ながら御質問を制限(2000文字)以内で
回答するには無理がありますm(_"_)m

よって参考になるかもしれない論文などを紹介させて頂きますので、
御時間が許す時にでも御一読いただければ幸いです^^

何を「特徴」と捉えるかは?ですが、
「ヒスパニックという集団の中には様々な民族集団が属し、
入国理由においても様々なバックグランドを背負っている」
っていう意味でならば下記などが参考になるかもしれません。

Hokusei Gakuen University Graduate School Economic Review 2, 1-18, 2005-03
◆『アメリカ合衆国におけるヒスパニック-現状と問題点-/見上沙織』
http://ci.nii.ac.jp/naid/110006818787
上記の[3/18~5/18]の「第1章 ヒスパニックとは何か」の中で
(メキシコ系)(プエルトリコ系)(キューバ系)(中央・南アメリカ系)に分けて
その歴史的背景が纏められています。

続いて、特に「メキシコ系」についての詳細が述べられているのは、
ジェトロの調査レポート『米国の移民/日本貿易振興会海外調査部/2003年3月』
http://www.jetro.go.jp/world/n_america/reports/05000661
http://www.jetro.go.jp/jfile/report/05000661/05000661_001_BUP_0.pdf
[5/100~10/100]の「1.メキシコ移民」
[61/100~72/100]の「9.移民の影響(3):メキシコ移民とゲスト労働者」
の中に詳細があります。

あと、「プエルトリコ系」については下記など
岩手県立大学社会福祉学部紀要第3巻第2号(2001-03-30)
『アメリカ合衆国におけるプエルトリコ系移民社会の歴史的推移とアイデンティティの変容/志柿禎子』
http://ci.nii.ac.jp/naid/110000036306

余談ですがアントニオとアリシアから聞いた話によれば^^

今は昔、南北戦争<1861~1865年>より遡ること約30年前の1830年代頃、
現在の米国テキサス州地域はコアウイラ・イ・テハス州というメキシコ(連邦共和国)の領土だった。
後に「テキサスの父」などとふざけた称号を与えられることになる
スティーブン・F・オースティンいうアングロ野郎が入植を推し進め、
1834年までには彼の仲介によって約750世帯の米国人入植者がやって来たかと思う間もなく、
翌1835年にはアングロサクソン系入植者が反乱を起こし、
アラモの戦いをはじめとするテキサス独立戦争の末、
1836年にはテキサス共和国独立、かつてメキシコ政府が廃止した奴隷制復活。
1845年には28番目の州として米国併合ととんでもない事態に…

業を煮やしたメキシコとの間で、翌年から米墨戦争突入、
米国にメキシコシティを占領されて1848年にメキシコが敗北、
米墨戦争終結に伴うグアダルーペ・イダルゴ条約により米国がメキシコから
テキサスのみならずカリフォルニアなど8州に相当するリオ・ブラーボ川以北の領土を割譲。
1821年にメキシコがスペインからの独立をした時から1848年までの27年間、
同地域はメキシコ領であり、それまでの全メキシコ領のおよそ3分の1にも及んでいた所に現在の国境線が確定、
元来メキシコ北西部であった地域が米国の「西部」として帰属。
国境線は、この広大な地域に居住していたメキシコ人を分断、
国境北側に生活するメキシコ人達(当時約8万人?)は、自らの意思とは無関係に米国に吸収され、
多くは言語的・法的ハンデと差別により、土地などに関する元来からの権利を喪失、
西部社会の底辺へと組込まれメキシコ系米国人の最初の層となる。

領土喪失の経緯から米国との対立は深まっていたが、
1861年南北戦争勃発とともにフランスのナポレオン3世がメキシコ出兵を開始。
1863年にはメキシコシティが失陥、フランスの傀儡政権である第二次メキシコ帝国が建国される状況。
インディオ出身のベニート・フアレス大統領は米国の支援を得て、
仏軍に対抗し1866年に主権を取戻すものの、このことは後々まで米国の影響力が高まるキッカケとなったとか。

1848年1月24日に端を発するカリフォルニアのゴールドラッシュ、
1901年テキサス州で初の大油田、
1930年東テキサス油田(石油貯蔵庫)発見と続く…
歴史にifは野暮だけど、歯車が別な方に回転していたなら…

以上 少しでもヒントに繋がれば幸いです^^Adios Amigo!!

投稿日時 - 2010-12-19 18:13:28

お礼

とても詳しく説明していただけてとても助かりました><
論文も参考になりました!
ありがとうございました^^

投稿日時 - 2011-02-09 11:14:15

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

6人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問