こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

立証しにくい食中毒の損害補償

先日、旅行先で妻が食中毒になり、医師からも『非加熱の魚介類などによる【急性腸炎(ウィルス性)】』と診断書を貰いました。
その前後での食事は2件のみで、ホテルでの朝・夕食か外出先のカフェでのドリンクのみ…その他は口にしていません。
医師の診断では、発症のタイミングからカフェのドリンクは考えにくいと言われましたので、対ホテルになります。
実際にそのホテルのレストランでは、小さなハエが料理に止まっているような環境で、非加熱の魚介類を食べたのは妻だけで私は食べませんでした。
ただ、その症状を訴えているのが私たちしかいないそうで、ホテル側は集団でない限り認めないという姿勢です。
ホテルから保健所へ食品検査を依頼し、現在は回答待ちの状態です。
ホテルも無駄に延泊し、帰りの飛行機も自費キャンセル・再手配となり、その他諸費用もかかってしまっています。
このような場合、こちらとしてはどのように立証することができますでしょうか…?
どなたかご存知の方がいらっしゃれば、アドバイスをいただければ幸いです。

投稿日時 - 2010-12-09 18:33:35

QNo.6373606

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

確実な立証ができなければ損害賠償を請求(法廷で)しても勝てる見込みはありません

仮に、見つかって訴訟したとして、勝訴出来たとしても「急性腸炎」程度だと大して慰謝料が取れない。急性腸炎って「お腹が痛い」程度なものでしょ。


ホテルの延泊代や飛行機代等々を考えても、対費用で考えると割り切って帰ってくるべきでした。

しかしながら、病院に行く
・必要性がある
・それが故に大きな逸失利益が生じた(損失が1000万円とか)

だったら、延泊、諸費用が生じても証拠集めに徹して後の訴訟に備えた方がよい

投稿日時 - 2010-12-09 20:36:58

お礼

さっそくのご回答、ありがとうございます。
こうした事例で特定が困難なことは覚悟していましたが、立証は難しそうですね…。
今後の勉強になったと思うようにします。

投稿日時 - 2010-12-09 20:49:32

ANo.1

立証は不可能に近いです。
というのも、ウイルス性の急性腸炎は空気感染や接触感染もあるからです。

感染者の吐瀉物や糞便から空気中に浮遊し、
それが誰かの手について何かの物に触れてそこにウイルスが付着し、
それに触れて物を食べたことで感染した可能性もあります。

そうなるとホテルどころかカフェでも駅の手すりなんかでも感染の可能性はありますから、
原因を特定することは出来ません。


だからせめてもう一人でも当日の客の中に感染者が出るか、
食品から直接ウイルスが検出されない限りは証明しようがありません。

投稿日時 - 2010-12-09 20:31:29

お礼

ご回答ありがとうございます。
食品以外でも可能性がありますので、このような事例で争うのは不利なようですね…。
詳細な説明も添えていただき、ありがとうございます。

投稿日時 - 2010-12-09 20:51:13

あなたにオススメの質問