こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

短絡的な考え方の癖を直したい。

30歳の社会人です。

短絡的な考え方の癖を直したい。
今具体的に一番困っているのが、会社の同僚に食事などに誘われてちょっとでも都合が悪いと、考えず断ってしまう癖です。

この癖のため、人との接点が少なくなりがちで、人生がすごく寂しいものになりかかってしまっています。人との接点は「人生の機会」だと、最近ようやく気がつくことができたのですが、自分の短絡的な考え方・行動癖のため人生狭まっているなと感じ始めたからです。


過去に、短絡的な理由で誘いを断ってしまって後悔していることがいくつもあります。
・高校時代クラスメートから遊びに行く誘いを断ってしまった。
・大学時代、旅行の誘いを断ってしまった。
・社会人、合コンを断ってしまった。
など。

最近でも、同僚の飲みの誘いを断ってしまい、「また人との接点を狭めてしまった」と後悔してしましました。


ただ、よく考えてみると、全く理由がなく「断った」わけではありませんでした。

上述の高校時代の場合は、中学時代の別の悪友に騙されてトラウマがあったため、その頃は、あまり人と関わりたくないと思っていた背景がありました。

大学時代、旅行を断ったしまった時は、お金がなくって(正確にはどうしても買いたいものがあって)断ってしまいました。

社会人になって合コンの断りは、別の友人らと映画を観に行きたかったからでした。

先日の同僚からの誘いも、高カロリーな食事が連日になってしまうことと、どうしてもその日のうちに終わらせたい仕事があったためです。


以上のように理由はあるのですが、どうも後々で後悔することが多いです。

というのは、後々、色々自分で考えて気が付いたのですが「優先順位づけがおかしい」のでは?ということです。

高校時代に誘いを断ってしまったのは、仕方なかったとしても、大学時代、友達との旅行を断ってまで、その時に買いたいものだったのかどうか?と言われると、今思えばそうじゃなかったような気がします。

社会人になってから合コンを断ってしまった時も、新しい出会いを断ってまで友人との映画の誘いが大事だったのかどうか?

先日の同僚からの誘いも、食べる量を調整すればいいだけで、その仕事も、実はその日に終わらせなければならない状況ではありませんでした。


要するに自分の優先順位づけ・判断が、すごく幼稚で短絡的ということに気が付きました。

上述の例のどれも支障がない範囲で、少しだけ自分を調整すれば、周りに合わせることができたはずでした。それこそ「仕事が終わったら、参加したいので場所か連絡先を教えて」など。

でもなかなか、機転が利かず、その時は、上述のように調整ができません。
ついつい短絡的な行動として、「断る」というのが癖になってしまっているようなのです。

考えないでパターン的に「断らない」癖も結局同じなので、そうはなりたくないのです。
何か、行動を決めるための考えるためのワンクッションを置く、あるいは後からフォローできるパターン(ここばかりはパターンで良いと思っています)があれば、アドバス欲しいです。

よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2010-12-12 14:04:20

QNo.6379515

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

別に良いと思いますよ。社会人になれば何かを取れば、何かを失うようなケースがたくさんあると思うのです。あなたは一定方向の中で結論を出されているようですから問題無いかと思います。断ったのが単純に理由が無ければ本当に人間関係を壊しますけど、基本的には先予約を優先して約束を守っているのであれば社会人として問題無く、むしろ受けていてドタキャンをする方が圧倒的に失礼ですし、迷惑が掛かります。接点を増やすことは重要ですけど、全部が有効とは言えないことが多いですね。だからあなたに取って将来絶対必要な事は確かに優先順位として必要でしょう。1.仕事、2.恋人、3.親友、4.世話になった先輩や先生、上司などです。順番は人によって違うでしょう。私はそのため、先予約の際には
このことを先方に伝えておくようにしてます。それで3日程度前まではある程度決めてしまう。それで
それ以降の予約は断る。それで、両親や恋人の急病や急用の際でドタキャンが発生する際には、誠心誠意謝罪して次回埋めあわせをすることを伝える。こんな具合にしてます。私は酒が飲めないので、同僚と友人等の酒の席は結婚式の2次会でなければ絶対に行きません。それでもちゃんと人生送れてますし、最終それ程友人を含めて本当に困った時に助けてくれる人は多くありません。一緒に遊ぶのもごく一握りで最終的に家庭中心になり、友達が中心に成るケースは珍しいと思いますし、それほどみな経済的にゆとりありませんよ。

投稿日時 - 2010-12-12 14:28:26

補足

ご回答ありがとうございます。

予め連絡する、、、というのは有効な手段な気がしました。

早く家族になってくれる人を見つけて、会社外に意識を向けるようにしなきゃダメだなって気がしました。

投稿日時 - 2010-12-14 22:09:00

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

A No1の方と同意見です。
その時々の判断で断るのはありじゃないでしょうか。
その上で。

理由があって断ったとしても、折角のお誘いを断ったのですから、
逆にあなたの方でも、色々お誘いしてみてはどうですか?

簡単な話では会社の昼食同席のお誘いでも、合コンでも
ボーリング大会でもカラオケパーティでも。
自分からアプローチすれば、人脈も広がります。

例えばどうすれば企画できるか不明であれば、
一緒に合コンの企画考えて、と友人に頼んで、巻き込んで、
自分が主催という形でもいいですし。

みんな面倒くさい事はやりたがりませんが、企画してくれる人が
いれば意外と乗ってくる事も多いですよ。
そういう経験をしておくと、断られる方の気持ちもわかって一石二鳥です。

投稿日時 - 2010-12-12 14:54:48

補足

ご回答ありがとうございます。

え、、、と残念ながら、私は「人を誘う」というのがものすごく苦手です。
1つは「楽しむのが苦手」ということがあるからなんですが、、、。

本当はみんなとワイワイ楽しみたいのですが、、、、。

投稿日時 - 2010-12-17 23:25:31

あなたにオススメの質問