こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

資格を取得すべきか

 資格取得についての相談です。
 以前勤務していた部署から戦力外を通知され、今は、別の部署で勤務しています。(同じ会社ですが)そこで、もう一度、復帰できるための一つの手段になるためにはと、試験(危険物甲種資格)を受験しようと計画しました。しかし、なかなか思うようにいきません。原因を分析すると、
 1 その資格をとったからといって、その部署に配属される保証はない。
 2 大事な子育てを一部がまんしてまですべきか。仮にしても、希望(配属される)保証はない。
 3 あくまで、その資格がないと仕事ができないわけでもなく、あくまで自分の教養で終わってしまう  め。
 4 モチベーションが続かない。(以前、別の資格も取得したが、人事には影響なし。) 
比較的に、自分の時間がとれる環境にもいるのにも関わらず、以前は、必死にやり、資格取得のため勉強していたが、最近はモチベーションもあがらず、今日に至っています。
 とはいえ、与えられた仕事の中で、業務はすべきです。いっそ、資格取得ではなく、その会社が求めることに力を注ぐのがベストかもしれません。
 アドバイス願います。

投稿日時 - 2010-12-12 15:11:45

QNo.6379652

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

質問者様のご希望は「元の部署に戻ること」なのでしょうか?
そうであれば、「戦力外」とされた理由をハッキリさせることが一番大事だと思います。

「戦力外」となる理由って色々ありますよね。資格をもっていて難しい事ができる人が何人もいるから資格がない人やスキルの低い人は戦力外、たまたまメンバーと相性が合わないから戦力外、その部署の人数自体を減らそうとしている、スキルはあるけど仕事が遅い、etc。
質問者様が戦力外となった理由がスキル不足で、資格を取る事でスキルは十分になったとアピールできるのであれば人事に影響するでしょう。しかし、それ以外の理由があるなら、または戦力外となった原因をカバーできない資格なら、人事にはなんの影響もないと思います。

私自身も仕事の割り当てでは悩まされていますが、「会社が今求めること」と「自分の教養」は両輪だと思います。
「今、現実に求められている事」をおろそかにしては、今の部署で「戦力外」になってしまいます。しかし一方で他の力も付けていかないと部署が変わった時に「戦力外」となってしまいます。
お子様がいらっしゃるなら、育児に影響がないレベルで、「会社が求める事」と「資格取得」を7:3くらいの割合でなさっては、いかがでしょうか?

投稿日時 - 2010-12-12 15:32:20

お礼

まずは、なぜ戦力外されたのか、自分なりに分析し、まずは自分の与えられたことに精一杯努めたいと思います。
アドバイスありがとうございました。

投稿日時 - 2010-12-13 07:56:03

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(8)

ANo.8

同じような境遇です。僕も資格取得のため頑張っていますが、3年目で、
丁度モチベーションが落ち、取ったところで会社からの評価が変わる訳でもなく、
単に自己満足なだけです。でもムチ入れて勉強しているところです。

でもあなたも土日に頑張って勉強して資格取ったらどうでしょう。
教養に終わっても良いではありませんか。
資格とって無駄だったかなと思うことと、
資格取らずに自分を慰めることは違うと思います。

頑張ってみて下さい。

投稿日時 - 2010-12-12 22:50:54

お礼

必要だと思いやっていたことです。
言い訳いわず、がんばります。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-12-13 07:45:15

ANo.7

結論から先に書けば、取得すべきではないということになります。
なぜなら、あなた自身に取る気がないからです。
本当に取る気なら理由はどうあれ、すでに取得するための勉強を
始めて、続けていると思います。

ある部署では戦力外でも、違う部署では主力になれることもあります。
中途半端にやるくらいなら、お金も時間も無駄になるのでさっさと見切りを
付けた方がいいと思います。

今の部署で一生懸命仕事するのが今あなたがすべきことではないでしょうか。

投稿日時 - 2010-12-12 22:37:13

お礼

言い訳していては、きりがありません。
やる、やらないと明確にし、行動したいと思います。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-12-13 07:46:43

ANo.6

生活費を稼ぐ為だけの行為に時間を掛ける意味は何ですか?
経営側から見たら、貴女は使いやすい道具にしか映ってませんよ。

投稿日時 - 2010-12-12 20:23:10

お礼

自分だけの立場だけでなく、経営者側の立場も踏まえたうえで検討しなければならないことがわかりました。
アドバイスありがとうございました。

投稿日時 - 2010-12-13 16:33:54

ANo.5

資格はあまり役に立ちませんよ。

弁護士とか公認会計士みたいに
難しくて、それが無いと仕事が出来ないものを
除けば、仕事には役に立たないし、会社も
評価してくれないでしょう。

こういっては失礼ですが、危険物程度の資格
では尚更です。

質問者さんが最後に言っているように、
仕事に全力を尽くすのがベストだと
想います。
その場合も、あまり先のことは考えないで
目の前の仕事に全力を尽くす、という
ことが大切だと想います。

投稿日時 - 2010-12-12 18:50:42

お礼

まずは、今置かれた仕事がうまくこなせたらの話です。
一度失敗しているがゆえ、次にその失敗を反省し、活かせる行動をしたいと思います。
アドバイスありがとうございました。

投稿日時 - 2010-12-13 07:50:32

こんにちは。30代既婚女性です。

う、うーん。
こういうことをがたがた言って、いいわけばっかりして行動が伴わないから、戦力外通知を受けるのでは?と思ってしまいました。


>その会社が求めることに力を注ぐのがベストかもしれません。
それができなかったから戦力外通知されたってこと、気づいてますか?
かもしれませんじゃないんです。やるべきことなのにやらなかったから、こうなってるんですよ?

今、会社で、あなたがすべきことをとにかくやるべきでは。
2回目はないのではないでしょうか?

投稿日時 - 2010-12-12 15:51:30

お礼

現実を直視できず、自己中心的な考えだったと思います。
今、何をすべきか考えます。
アドバイスありがとうございました。

投稿日時 - 2010-12-13 21:01:13

ANo.3

社内での資格、難しいですね。
資格の目的にはいろいろありますね。
(1)その資格がないと業務ができない:運転免許、危険物取扱、宅建、管理栄養士
(2)対外的な目的で取らせる:弁理士、弁護士、公認会計士、税理士、FP
(3)業務遂行レベルが分かり教育の必要がないので取らせる:簿記、TOEIC、英検、ITパスポート
(4)仕事には役に立たないが自己啓発として:中小企業診断士
多くの場合、会社が必要ならば会社の金で取らせます。

あなたの場合は元の部署であなたに仕事をやってもらいたくて、その資格がないと仕事ができないのならば、資格を取れと言って時間と費用を出したでしょう。
その部署を出されたという時点で、資格のうんぬんよりもあなたがその部署に不向きであると判断されたとしたら、資格をとってもその部署はあなたを取りたいをは考えないでしょう。
ですから、元の部署に戻ることが目的で資格をとろうとしているのであれば無駄かなと思います。

しかし、会社というのはここでなければ働けないといういものではないでしょう。
いろいろな仕事があり、いろいろな人を求めています。
どんな部署に行ってもそこで精一杯やっていれば、必ず人は認めてくれます。
その一所懸命やっている一つの姿勢として、何かの資格を取るために勉強することはいいことだと思います。
資格をとろうとするとかなり集中して勉強することになります。
あなた自身も言っているように、単に自分の教養を身に付ける、だけでもいいのです。
会社は教養ある人を放ってはおきません。

どんな場所においても、不満を漏らさず、精一杯努力してください。
がんばれ!

投稿日時 - 2010-12-12 15:37:26

お礼

今置かれた立場をまずは責任もって遂行してからの話だと思います。
まずは、そこから始めます。
アドバイスありがとうございました。

投稿日時 - 2010-12-13 07:54:12

ANo.1

こんにちは

これからもずっと今の会社で雇用されていられるという確信があるならば、資格を取るために国にお金を貢ぐこともないかなと思います。資格制度とは、元来そういうものなので。

でも、我が身が危ないという危機感があるならば、取るべきです。戦力外通告を受けたのですよね?

で、部署を移されたのですよね?

次はどこに移れるのでしょう?

そういう心配がないのなら、取るだけムダです。危機感があるならば、取るべきです。

投稿日時 - 2010-12-12 15:29:33

お礼

資格ばかりにとらわれ、自分のおかれた立場をを考えていなかったのかも知れません。
アドバイスありがとうございました。

投稿日時 - 2010-12-13 07:57:19

あなたにオススメの質問