こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

普通徴収について

市役所に提出する給与支払報告書と総括表についてですが、ここで「普通徴収」と「特別徴収」に分けるように指定されています。この普通徴収に該当するのは、毎月の給与から市民税を天引きしていない人、または退職者という認識で合っているでしょうか?前の担当者が作った書類では社会保険料を支払っていない人が普通徴収の対象者というようになっていたのですが、社会保険料支払いの有無は何か関係があるのでしょうか?

投稿日時 - 2010-12-13 11:34:07

QNo.6381449

3ya

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

>この普通徴収に該当するのは、毎月の給与から市民税を天引きしていない人、または退職者という認識で合っているでしょうか?

 少し違います。
 
 ここでは、毎月の給与から市民税を現在天引きしているかいないかではなく、

 退職者・乙欄給与等の事情のため、翌年度(6月分~)は天引きしない・できない人を「普通徴収」、それ以を「特別徴収」とに分けて市役所に提出することとなります。

>前の担当者が作った書類では社会保険料を支払っていない人が普通徴収の対象者

>社会保険料支払いの有無は何か関係があるのでしょうか?

 間違いです。無関係です。

投稿日時 - 2010-12-13 13:24:52

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

>普通徴収に該当するのは、毎月の給与から市民税を天引きしていない人、または退職者という認識で…

合っています。

>前の担当者が作った書類では社会保険料を支払っていない人が普通徴収の対象者と…

間違っています。

>社会保険料支払いの有無は何か関係があるの…

関係ありません。

投稿日時 - 2010-12-13 11:41:00

あなたにオススメの質問