こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

退職後判明した横領の疑いを晴らせるか

知人の男性の話でつい先ほど聞いた話です。
その知人は過去、経営者の指示で書類を改ざんしていたそうです。

今回、書類が会社の上層部に見つかって、
正直に「経営者からの指示だった」とゲロったそうですが、
その経営者としては知らぬ存ぜぬで、
知人の横領として処理されようとしているそうです。
すでに社内で結託しているのか、味方はだれもいないそうで。

一般社員ながら、金庫、銀行、その他金銭的な処理はすべて任されていて、
状況からしても知人が犯人として最有力になってしまうそうです。



ちなみに、この知人はその上司からいわゆる、
給与以外の「お小遣い」を貰っていて、
口封じ目的だったのではないかと私は推測しています。

実際に知人が横領していなくても、罪になりますか?
いや、改ざんは罪になるとは思うのですが、何の罪にあたるのでしょう。
公務員ではなく一般の零細企業勤めだそうです。



また、改ざんした書類は確かに会社にあるし、
知人は会社のお金を自由に引き出せたand書類改ざんできたという立場上、
もう知人は横領の罪に問われるという事で確定なのでしょうか。

さらに悪いことに、払うという念書にサインしないと今すぐ刑事告訴する、
ということを密室で言われて、なくなくサインをしてしまっているのです。

これから小学校に上がるお子さんがいるのに、
今にも死にそうな顔だったので心配で…。



質問をまとめますと、
・知人が横領の疑いをかけられている(数年前に退職済)
・書類の改ざんは経営者の指示だった
・しかし経営者はとぼけてなすりつけようとしている
・改ざんの口封じ?的なお小遣いを定期的にもらっていた。(大金らしいです)
・3回払いで払いきるという念書に無理やりサインさせられた(数千万単位)



ちなみに無料相談にもいったそうですが、
「改ざん書類がある以上、高確率で負けます」だそうです。

意見、アドバイスなど、なにかあればお願いいたします。
この状況を少しでも打破できるのであれば、
誰かお知恵を貸していただければ幸いです。
改ざんの罪は仕方ないにしても、横領の額がでかいので、
横領金の返済や罪については何とかしてあげたいのです。

知人の事とはいえ、年末に聞かされてこちらも心中穏やかではありません…。

投稿日時 - 2010-12-30 03:50:57

QNo.6415385

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

実際に「横領」をしているのが経営者としても、「小遣い」を貰っている時点で「共犯」となります。

これを「訴訟」で争っても、訴訟には「原告立証責任」がありますから、会社の場合でしたら「改ざん書類」で証明ができますが、友人には証拠がありません。

刑事告訴は「高確率」と思いますが、そこで逮捕後に調書にするしかありません。

投稿日時 - 2010-12-30 04:49:29

お礼

ありがとうございます。

小遣いを貰っている時点で共犯ですか…。
たしかにその小遣いの出所も横領金から、
という考え方に自然となりますよね。

その書類っていうのがイタイんですよね。実際に存在するわけですし。
やはり逮捕されて暴れるか、おとなしく払うかですか。参考になりました。

投稿日時 - 2010-12-30 12:41:49

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

<ちなみに、この知人はその上司からいわゆる、給与以外の「お小遣い」を貰っていて、口封じ目的だったのではないかと私は推測しています。

理不尽な経営者に対して、この上司が味方になってくれないのですか。まあ、味方は無理にしても、その上司を問質すことを何故しないのですか。また、無実なのに、何故、数千万円もの支払い念書にサインしたのでしょうか。刑事告訴を受けて立とうということに何故ならないのですか。更には、何故、退職三年後を経て帳簿の改ざんが発覚したのでしょうか。しかも「一般の零細企業」が数千万もの横領を、何故、数年間も気付かなかったのでしょうか。そういう不自然な辻褄の合わない言動をする友人を、何故、疑わないのでしょうか。そういう事柄を総合すれば、友人の狂言であることは明らかで、あるいは、貴方から金品の援助を受けようという姑息な策略を企てたものと考えるべきでしょう。

つまり、友人の自作自演の狂言(または真犯人?)に気付かない貴方が迂闊だったという話かと思われます。

投稿日時 - 2010-12-30 04:51:04

お礼

うわあ、上司じゃなくて経営者の間違いでした。
関わっている人間は、『知人と経営者』のみです。

経営者を問いただすことはしたそうですが、
知らぬ存ぜぬだそうです。紛らわしくてすみません。

従業員数が少ないので零細企業呼ばわりしましたが、
投資関係の会社ですので動くお金は大きいようです。
それにしたって、確かに数年はおかしいですよね。

狂言かどうかについては断言できないのでなんともです。
世の中に絶対という言葉はありませんし。
信じたい気持ちのほうが強いです。疑う気持ちも確かにあります。

あと少なくとも無実じゃないんですよ。改ざんについて。
知人一人の犯罪として逮捕されてもされなくても、
現状の立場ですと返済の義務はあります。
こちらでも調べてみましたが破産しても意味は無いようですし。
となれば、逮捕されずに返済という道を模索したのは、
そういう結論があってもおかしくは感じません。
ただ、払えるわけないってのは同意です。

知人としては、共倒れになろうと経営者も逮捕or横領金の返済を負担
してほしいようですので、質問させていただいた次第です。

投稿日時 - 2010-12-30 13:10:50

あなたにオススメの質問