こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

MT車とAT車はどちらが安全?

4年ほどMT車に乗ったあと、2年間AT車に乗りまして、今度は新車を購入しようと考えておりますが、この車種(スズキジムニー)にはMTとAT両方の設定があります。どちらにしようか迷っております。アウトドア系の車ですのでレジャーではMTが楽しいと思いますが、ほとんどは町中の通勤や買い物に使用するのが多いのでATが楽といえます。燃費や耐久性などMTとATを比較する要素は多いと思いますが、ここは安全性を決め手にしたいと考えています。
高齢者の方に多いようですが、ブレーキとアクセルを間違えて店先や舗道に突っ込んだというニュースを聞きます。AT車特有の事故と思います。自分にはそういう経験はありませんが、眠気のするときなどもし間違えて踏んだらエンストせずそのままスーッと行ってしまうのは怖いなと思うことがあります。一方、AT車の方がシフトチェンジに気を取られずハンドル操作に集中できるので安全ということはあると思います。特に自分の場合、2年間MTから離れているので、大丈夫かな、いやまたすぐ慣れるかなと迷っております。
MTとATの安全性の比較について皆様のご意見をお聞かせいただければと思います。

投稿日時 - 2011-01-08 09:16:29

QNo.6433079

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(21)

ANo.21

もう買い換えた後だとは思いますが・・・

「AT車の方がシフトチェンジに気を取られずハンドル操作に集中できるので安全」というのは違うようです。
最初のうちはハンドル操作に専念しているでしょうけど人間は慣れるモノ。AT車は楽に運転できるので、つい考え事とか脇見とかをしてしまうんですね。
他の方がMTよりATが事故率が高いと書いておられますが、特に出会い頭衝突とか追突がATはMTの2倍くらいと突出して多いのです。運転に集中してないのですね。脇見をしたり、顔は前を向いていてもちゃんと見てなかったり。

たとえば、燃費計を取り付けて運転中いつも集中する対象があると事故率は下がります。

投稿日時 - 2012-03-28 11:01:34

ANo.20

この手の質問には意味がないのでは。
どちらも、50%ずつの確率と考えて良いのでは。
車は人が運転するものです。基本的に。
一人ではしるわけではありません。

燃費や、購入費用、等で、判断されたほうが言いとおもいます。

ボディーの剛性や、エンジンは同じなのですか、

まったく、安全を考えることのメリットがないと思います。

投稿日時 - 2011-09-16 09:56:40

ANo.19

大型車はMT車、通勤はAT車です、AT車は半クラッチ操作やシフトチェンジ操作がなく、その分安全運転に専念できます、、又、コンビニなどでは、必ずバックで車を駐車します、大型車では鉄則です、MT車ではクラッチを踏んで、エンジンキーを回します、又、坂のある場所では車止めを使い、ギャシフトを必ず、滑る落ちる方向と反対側のギァにいれてハンドルを一杯回して、タイヤブレーキがもし外れても、道路の側面に当たって止まるようにします、無人暴走を防ぐためです、
AT車では操作が楽だから、運転や安全確認が雑になりやすいです、運転には靴を履き、アクセルペダルは踵を床につけてつま先だけでアクセル操作します、、AT車にはバックブザーやABS装置(アンチスキッドブレーキ)を取り付け、事故を自動的に動画撮影できる記録するドライブレコーダーを登載しています、視界が良い車で死角の少ない自動車を選びます、大型車は注文生産なのでオプションで何でも登載できる

投稿日時 - 2011-02-01 18:05:18

ANo.18

事故はヒューマンエラーから来るものだと思いますから、事故率の面では同じだと考えます。
AT比率が多いのですから、ATのほうが事故率が高いのは明白です。
メカニカル部分での安全性はMTに軍配が上がると考えます。
トラブルの際に、MTのほうが選択肢が多く対処の幅があるからです。(押しがけ、セルによる移動等)

MTがATと比較される際に、足が疲れる、渋滞が・・・、シフトが面倒等ありますが、当たり前の動作になった時にその部分がネックとは考えません、そういったことを言う方たちはMTに乗れていないから(身についていない)機能的な部分じゃなく、操作の部分で比較します。(ノーマルクラッチが重いとかありえない)

疲れたときなど運転してはいけないんですが、ATは楽なので運転してしまい事故につながる(軽い追突等)MTは操作に難がある反面、集中できるというメリットもあるかと、同乗者がいれば、異常に気付いてもらえやすいというのもあるかもですね。

MTは積極的にコントロールするものなので、ミスもわかりやすく、集中しないといけません(安全につながる)
ATはMTのコントロールする部分を自動制御してくれるのでそれを抑える運転です、集中力が切れれば暴走してしまう危険性があります。

ヒューマンエラーの部分でも事故とは別にATの欠点はまだまだ多いと感じます。

質問者様は両方乗られているので、好みで決められたらいいと思います。

関係ないんですが、ATの足踏み式Pブレーキは走行中に踏めないような制御が必要なのではと思います。
あと、ブレーキペダルが無駄に大きいので左足ブレーキする方があとを絶ちません。

投稿日時 - 2011-01-26 13:34:57

ANo.17

ATとMTの事故率を比較しましょう。
参考http://www.itsforum.gr.jp/Public/J3Schedule/P20/5washino.pdf
ATはMTの二倍の事故率です。
一部例外として正面衝突、死亡事故はAT、MTほぼ同じです。
データから単純に言うならば「MTの方が安全である」と言えます。

ATの事故率の高さを考察すると、
・未熟なドライバー比率が高い。
・特性上、「ながら運転」がしやすい。
などが上げられます。
上記を考えると、ドライバーの要因が多く含まれますので、一概にはMTが安全とも言いづらいですね。

しかし、事故率がATはMTより遙かに高いというのは事実です。

投稿日時 - 2011-01-11 09:28:04

ANo.16

さっき、Yahooニュースで、女子中学生が4駆を盗んで事故を起こした事件を見ました。
映像を見る限り、日産 ダットサン ピックアップのダブルキャブでしたが、おそらくATだったんだろうなぁと想像しています(AT/MT両方あり)。
さすがに中学生でも、MTなら盗まれなかったかなって。

まぁ大袈裟と言えばおその通りですけどね^^;

投稿日時 - 2011-01-11 09:13:34

ANo.15

一応補足ですが、
MT車を車外からエンジンスタートした際に車両が動き出してしまう件ですが、
あれはギアがきちんとN(ニュートラル)にしてあれば問題ない事です。

ですから、上記の行動をして動き出してしまった…というのは、
車外からキーを回してしまった人が、その所有者でない(親の車であったり他人の車であったり)という特異なケースです。

まさに私と親父がそう。
2人とも完全MT派ですが、親父は駐車時に1速もしくはRに入れておきます。
親父の車を私が運転するときに、これを念頭に置かないとビックリする羽目になります(-"-)

あくまで質問者さん自身しか運転しない…というのなら、まったく考慮する事ではありません。
余談ですが、昨年秋からクラッチスタート付のMTに乗り始めました。
まー面倒ですね。今の時期、暖気運転しようにもとりあえずシートに座らなければなりませんから。。。

投稿日時 - 2011-01-10 08:47:32

ANo.14

そうですねぇ・・単純に機械操作という点で見たとします。
基本的に車は停止する方向が安全サイドですよね?何か問題があったときに加速する(あるいは走り続ける)方がいいのか、停止するほうが良いのかといえば、まず後者の方である場合が大半でしょう。

で、基本的に人間はミスをするものです。MTの場合にはATに比べてはるかに沢山の操作が出てきますが、基本的にミスをすると空ぶかし状態になってしまったり、エンストしてしまうものが大半でしょう。
たとえば、ギヤを間違えてバックに入れたまま発進したとします。普通はクラッチをつなぎはじめるところで、もしここでいきなりつないだらエンストでしょう。逆にクラッチを踏み込めば、いくらアクセルを踏もうと加速しなくなりますね。
もしも急発進したとすると、慣性の法則で体は前に押し付けられる形・・つまり足はペダルをドンドン踏み込む方向ですが、発進後はまだクラッチペダル上に足があるでしょうから、やはりクラッチが切れる方向です。
また、通常の発進加速でも、1速に入れて(2速発進はとりあえず置いといて)思い切り踏んだところで、到達できる速度は低いですからね。

一方、ATの場合にはというと、操作事態が単純化された一方で、間違えると発進するという方向になってしまいやすいというのが最大の問題でしょう。
たとえば、Rレンジに入れて動き出しして、足がアクセルペダルに押し付けられたら、更に加速=>更に足が押し付けられるという具合で、危険サイドへのループに陥ります。これが「ギヤを間違えて暴走」の大きな原因かもしれませんね。

逆にMTが不利なのは「坂道発進」ですね。特に今はATだらけになったため、上り坂で後続車が車間をとらないでぴったりくっついてしまうことが多々ありますから。今お住まいの地域がアップ&ダウンの多いところならそのあたりにも多少配慮されたほうが良いかもしれません。(以前MTに乗られていた時から同じ場所にお住まいであれば問題ないとおもいますが)


ジムニーは中古でもMT人気が高いですし、実際あのタイプだと燃費面からもMTの方がいいかもしれません。なにせ、ATはロックアップの無い昔ながらのトルコンで、しかも車体が重く、FRベースの4駆ということで伝達ロスも多いので燃費はかなり悪いです。多分街乗り主体だと8km/L程度っていうところじゃないでしょうか?

投稿日時 - 2011-01-09 19:39:38

ANo.13

No.12の回答を読んで思い出したのですが、旧式のMT車はペダル操作なしでエンジンにスイッチを入れて、急に車が動き出してびっくりしたことがあります。(窓の外からキーを回した時だった)
AT車は楽にエンジンスタートしやすいです。

新式のMT車はクラッチを踏まないと、エンジンがスタートできないように変更されたようです。

運転時の安全性から見ると、MT車が有利です。楽でないのは確かですが・・・。

投稿日時 - 2011-01-09 17:22:56

ANo.12

MT車の方が安全です
ただし、MT車をごく普通に扱える人に限ります
シフトチェンジを当たり前に出来るようになればAT車の方がハンドル操作にー…という理屈は無くなりますから

AT車の誤発進事故はMT車では起こり得ません
なぜならMT車は停止する際に必ずクラッチも切るから

投稿日時 - 2011-01-09 13:13:54

ANo.11

端的に申し上げますと、MT車とAT車に安全性・危険性の差はないと思います。他の方々も言われていますが、車は機械であって、それ自体が勝手に動く事は有り得ず、動かす人が介在して動く為、安全性・危険性という事であれば、やはりその車を動かす人の問題と言う事かと思います。

投稿日時 - 2011-01-08 21:06:14

ANo.10

駐車場等での徐行停止時にブレーキと間違えてアクセルを踏んでしまった場合の急発進は、基本的には書かれている通り『AT車特有』だと思います。MT車の場合は停止時はブレーキとセットでクラッチを踏まないとエンストするので、ほとんどの人が無意識でクラッチも同時に踏むと思います。従って右足でブレーキと間違えてアクセルを踏み込んだところで、左足でクラッチも同時に踏み込んでいるので空ぶかしになるだけで発進はしません。昔、初心者の友人に自分のMT車を運転させたところ、駐車場での停車時に踏み間違えましたが空ぶかしになって、慌ててブレーキを踏みなおしたので、停止ポイントが少し遅れたのと、慌てた際にクラッチを無為に離してしまいエンストしたぐらいで、急発進にはなりませんでした。

私はMT車にずっと(約20年)乗っているので、MT車のほうが運転し易いですが、AT車が運転し難いとまでは思いません。ただアクセル操作に対する忠実度(少しでも踏めば踏んだ分だけ加速し、少しでも緩めればエンブレで減速する)が圧倒的にMT車のほうが上に感じるので運転が楽に感じる訳です。

漫然運転やながら運転の件ですが、周囲のクルマ(=AT車)を見ていると、下り坂で速度が上がったり、高速道路やバイパス等でクルマが多い状態での巡航時に頻繁にブレーキを踏んだり、といったクルマをよく見かけますが、これはAT車がイージードライブとなった分の犠牲である、アクセル操作に対する加速減速の忠実度が落ちていることに対して無頓着なのだと思います。そういう運転だと左手と左足の操作から解放された分「楽になった」訳でしか無い訳で、注意力が散漫になったり、ながら運転が増えたりするのは当然なのかも知れません。

しかしAT車の場合でも、アクセルの踏み方にMT車の時以上の注意を払って(特に「無駄な」キックダウンが出ないようにとか、エンブレが効かない前提でのアクセルオフのタイミングなど)、また絶妙な車間を取って、などと注意しながら運転していると、漫然運転やながら運転には成り得ないような気がします。私はMT車の愛車の他にAT車も一台ありますが、それを運転する際はこういう運転をしているので、「MT車より楽な乗り物だ」という感覚はあまりありません。

さすがに渋滞中はAT車は「楽な乗り物」でしか無いので漫然にならないよう「意識する」必要がありますが、少しでも速度が乗っている時は上記の通りと思います。

以上をまとめると、

・踏み間違い事故に関してはMT車のほうが安全性は高いと思う。
・漫然運転やながら運転に関しては運転者の意識の問題と思う。

以上です。

なお、4年間も乗っておられたのならまず無いと思いますが、MT操作にどうしても完全には慣れない(=左手と左足に一定の注意力をそがれる)という場合は、絶対にAT車のほうが安全だと思います。私は「頭をかく」とか「服を着る」とか、そういうものと同じレベルでシフト操作やクラッチ操作を行っているので、安全性が劣るとも思わないし、また渋滞が苦痛と思ったこともありません(住んでいるのはいわゆる「都会」です)。また「どんなタイミングで操作しているの」とか聞かれても全て無意識でやっているのですぐには思い出せません。じっくりイメージするなり場合によっては実際に運転して確かめてやっと「こういうタイミングでやってた」と答えれるような感じです。

もし、こういう感じでシフト操作とクラッチ操作が行えているのであれば、「左手と左足の操作に気を取られる分だけ安全性が落ちる」ということも「まず無い」と言えると思います。

以上、参考になれば幸いです。

投稿日時 - 2011-01-08 16:38:26

ANo.9

走行(走る、曲がる、止まる)に関しては差はないと言えますので、
要は、どのような人的ミスを犯しやすいか? ではないでしょうか。

人はパニックを起こすと、通常では考えられない操作をしてしまうことがあり、
ATとMTでは違いがあります。
それを考慮して選択すれば良いかと思います。


ATは、
アクセルとブレーキを間違えた → ペダルを踏みかえることが出来ない
ドライバー以外の人でも走行中にPにシフト出来てしまう。

MTは
(坂道だったのでローまたはバックギヤに入れて駐車していたことを忘れ)
車外からエンジンを掛けて無人走行させてしまった → エンジンを切れない

など

投稿日時 - 2011-01-08 14:01:28

ANo.8

同じと考えています。踏み間違えは、ATの絶対数が多いので、当たりまえですが、そんな事故も多くなあるでしょう。 
もし、どちらかが客観的だったり科学的に安全と言い切れるなら、どちらかに、何か販売規制(たとえば、運転経験などの制限)がされていると思われます。 

投稿日時 - 2011-01-08 13:44:46

両方所有(CVTですが)しています。
基本的に他の方々が言われるように、心構え次第って感じですが、
「必ずどちらか一方を選択しろ!」というのであれば、
MTだと思います。

・体の左半分を使うので、運転そのものにメリハリがあり漫然とはなりにくい
・基本的に「ながら運転」ができない(そもそもしようと思わない)
・万一の際に、「アクセルを戻す」、「ブレーキを踏む」以外に「クラッチを切る」ことができる

他にも何かあったような気がするけど、とりあえずこんなところです。
中古だったら、ATのほうがジムニーは安いかもしれませんけどね。
ミラ乗りですが、ジムニーはほしい車の中の1台です。

投稿日時 - 2011-01-08 13:31:56

ANo.6

MT車もAT車も経験している立場からいうと、操作方法、ルールをきちんと身につけば、安全性はどちらも同じでしょう。
でも、本当はよくないですが、ながら運転からみれば、AT車の方ができることになります。そういう危険性はあります。
MT車は携帯電話をかけながら運転するのは、非常に難しいので、ある程度は緊張感を持てます。
MT車の危険性は、坂道を止める時にサイドブレーキだけでかける場合です。ブレーキが緩んで下っていきますので・・・。
どちらがよいかはご自身でご判断ください。

投稿日時 - 2011-01-08 12:56:50

ANo.5

MT車に約25年間、AT車に乗り始めて約15年の者ですが、普通に乗るなら安全性は同じだと思ってます。
アクセルとブレーキの踏み間違いは普通ではあり得ないですが、人間は勘違いする動物ですから絶対ないと自信を持って言える人はいないはずです。
昔も、MT車でブレーキとアクセルの踏み間違いはあったようで停止するつもりが加速してしまった事故を聞いたことがあります。
しかし、AT車の場合は発進や後退する際にブレーキとアクセルを踏み間違えるケースがあるようですから、そのような例を知るとAT車は怖いです。
ところで、ジムニーの初代は登坂能力45°と本物のジープ並みのクロスカントリー車でしたが、最近のジムニーはSUV車のようなイメージですね。
まぁ、街乗りが主な用途ならAT車のほうが運転が楽であることは間違いないですが、運転の楽しさや安全性ではMT車ですね。
セカンドカーで乗るなら、迷わずMT車を選びます。

投稿日時 - 2011-01-08 11:39:30

ANo.4

MTとATと両方に乗った経験があるのですから、好きな方にすれば:

ATがまだMTより少なかった頃、
ATはMTに比べて操作が少ないので事故が減るはずだが、ほとんど変わらないという記事がありました。

その例は
 ATでは駐車場でうっかりバックしたりしてもエンストせずにそのまま動き、壁を突き破った、
 MTだったらそこでエンストして止まったのに、
というものです。

その後ATには様々な改良がされて、今ではMTより危ないという事はないでしょう。
MTの時には運転できなかった人がATなら乗れるようになって、事故が増えた、というのはあるかも。

坂道発進とか細い道をゆっくり走るとか、渋滞時とか、ATの方が安全な場合が圧倒的に多い筈。
眠いときはどちらでも乗ってはだめです。

投稿日時 - 2011-01-08 10:43:51

ANo.3

心がけ次第でそんなに変わらないといえばそうですが

事故のほとんどは駐車時発信時ですから

ギア間違いこつんはAT特有で考慮しておいたほうがいいといえるのかと

やはり発信時に半クラでワンクッションあるMTのほうが安全でしょう

投稿日時 - 2011-01-08 10:19:02

本人の心がけ次第です。

「もの」を使うのは人間です。
日本刀だろうが包丁だろうが、拳銃だろうが、それ自体は何も問題はありません。

それを使う人間によって違う。ということです。

私は、MTしかない頃の人間ですし、現在私が使う車のほとんどはATです。
ATだからと危険な思いをしたことはありませんし、MT操作は呼吸するのと同じぐらい自然なことです。

>AT車特有の事故と思います
日本の乗用車の9割がAT車です。
事故を起こした車はほぼATと思って良いわけです。
ですから、特有というのはどうかと思います。
基本的に「老齢者」特有 年齢だけではないですけれど と言っても良いのでは?

自分の技量の問題ですから、腕に自信があって楽しみたいのならMTを選べばいいですし、楽がしたければATを選べば良いだけです。

投稿日時 - 2011-01-08 09:41:07

お礼

なるほどありがとうございました。

投稿日時 - 2011-01-08 10:05:08

ANo.1

クラッチ操作やシフト操作をしない分、ハンドル操作に専念出来る人であればAT車がいいに決まっています。
ところが現実はその余裕を「楽ちん楽ちん」とサボリに充てている場合が圧倒的に多いと思われます。
逆にMT車はうっかりするとエンストしてしまうという緊張感等が付きまといますが、それは意識せずとも「運転」という総合的な作業に専心しているとも言えます。

いずれの場合でも安全運転には緊張感が必要です、もともと余裕の無い人ならクラッチ操作にまで神経を振るよりも、AT車でステアリング操作や安全確認に集中した方がいいということです。

投稿日時 - 2011-01-08 09:29:54

お礼

確かにいつ事故を起こすかもしれないという緊張感があればMTでもATでも同じかもしれませんね。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2011-01-08 10:08:27

あなたにオススメの質問