こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

【エアコン】暖房時の消費電力について

うちのは20℃に設定すると、液晶画面に「省エネ」と言う表示が出ます。

しかし、エアコンの消費電力を見ると、「暖房低温」の欄は標準より25%ほど高いです。

省エネのはずなのに、消費電力は25%ほど高い…。

これって、どう言う事なのでしょうか?
「暖房低温」とは省エネ表示がつくぐらいの温度と言う意味ではないのでしょうか?

投稿日時 - 2011-01-10 11:47:40

QNo.6437680

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

液晶画面に出る「省エネ」表示は如何なる場合でも設定温度によって出る表示なのでは?
メーカーが「冷房時は28度以上設定で表示」「暖房時は20度以下設定で表示」と云うように。
ただ、トップモデルでは現在の電気料金を表示(精度は不明ですが)するものもあるようです。

低温時暖房能力と云うのは、ヒートポンプ式エアコン(一般家庭用はほぼすべてこの方式)の特性として外気温度が低いほど暖房能力が低下するため、その目安として表示されています。
つまり同じクラスのエアコン同士で「低温時暖房能力」が大きいほど寒さに強いと理解できます。

今のエアコンはほぼすべてインバーター制御なので室温の低い(暖房時)時は標準時を超えて最高消費電力あたりまで可変して能力を上げます。
これは外気温に関係ありません。
つまり、「暖房低温」の欄は標準より25%ほど高いと云うのはメーカーが定めた条件時(恐らく外気温2度時)の最高消費電力時(インバーターブーストMAX時)の数値であって、室温の状態で実際の消費電力は大きく変化します。

投稿日時 - 2011-01-10 12:43:48

お礼

仰るとおり、設定した時点で「省エネ」と言う表示が出てます。

外気温による制御の違いで、そう言う差が生まれてくるのですね。

勉強になりました。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2011-01-15 12:59:34

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問