こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

「喫煙者は採用しない」は異常では…?

 今日(2011/01/14)のニュースで就活について、喫煙者を採用しない企業が出始めたというのを聞きました。
 ただでさえ今の就活はおかしなことだらけなのに、これ以上学生に無茶振りしないで欲しいのですが…異常じゃありませんか?

 社会人にとって喫煙はどういったデメリットがある行為なのですか?学生にそこまで求める理由を企業がテレビでも言っていたのですが、どうにも納得できません。社長・会長クラスにもなればタバコどころか葉巻吸ってる人もいるのでは…彼らも禁煙するというのでしょうか?
→企業側の主張「体調を悪くすれば会社にもそれだけ迷惑がかかる」

以上を踏まえて…
 Q、採用条件に「禁煙」を掲げるのは異常ではないですか?そこまで求める必要があるのでしょうか?

投稿日時 - 2011-01-15 00:04:24

QNo.6448403

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

 禁煙手当を出している企業があるくらいですから喫煙者は不採用という企業が出てきても不思議ではないですよね。理不尽だと思えば受けなければいいだけですから。
 正しいかどうかは不明ですが一般的にたばこは病気の原因と言われていますよね。今、どこの健康保険組合も財政状況が思わしくないみたいです。それを解消するために組合員(企業)の負担金を一律ではなく、医者にかかった頻度による累進徴収に変更するという考えがあるようです。そうなると、喫煙者を沢山抱える企業は費用負担が多くなる可能性が高くなるので事前に喫煙者を排除しておくと言うのも一つの対策だと思います。
 たばこの他、メタボも万病の原因なので面接の時、デブは落とされているかもしれませんね。さすがにデブは不採用などと容姿を条件にすると世間から叩かれるから表には出さないでしょうけど。

投稿日時 - 2011-01-15 13:29:50

補足

 質問者です。
※内容は補足ではなく、回答期間終了の挨拶になっています。

 皆さん、本当回答有難うございました。
 ベストアンサーは、どれも甲乙つけがたく選ぶのが大変でした。

 通報ギリギリの回答(通報した回答もあります)がいくつか見られますが…まぁ、これについては私が感情的になって煽った部分が大きいと思います。
 反省します。

 また、質問文の不備から誤解を招いていることもありました。
 精進します。

 「学生-社会人」、「学校-企業」、「個人-組織人成員」などの視点の違い、資本主義における「合理的」、喫煙に関するコストとリスクなどなど…色々なことについて考えさせられました。
 「喫煙者不採用」という事柄一つとっても、こんなに「現代社会」が表れるものなんですね。

 またお世話になることもあるかも知れません。
 その時はよろしくお願いします。

投稿日時 - 2011-01-26 02:28:49

お礼

 回答有難うございました。

>今、どこの健康保険組合も財政状況が思わしくないみたいです。(中略)喫煙者を沢山抱える企業は費用負担が多くなる可能性が高くなるので事前に喫煙者を排除しておくと言うのも一つの対策だと思います。
→あぁ、そんな流れがあったのですか…怖い。ますます税収をタバコに頼れなくなってきました。

>たばこの他、メタボも万病の原因なので面接の時、デブは落とされているかもしれませんね。さすがにデブは不採用などと容姿を条件にすると世間から叩かれるから表には出さないでしょうけど。
→それは既に…というか昔からあるようです。接客業なんかでは、「ブスで不採用」はなくても「美人で採用」はある、と匿名社員が答えてるインタビュー見ました。デブの場合は、身体の自己管理ができていない、と見なされるらしいです。

投稿日時 - 2011-01-15 15:22:36

このQ&Aは役に立ちましたか?

20人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(36)

ANo.36

二度目の回答になります。

企業が喫煙者を採用しない理由については
質問者さんもほぼ結論が出たようなので何も言いません。
企業の側に立てば当然の主張ですから。

質問者さんはまだ就活中の学年ではないでしょうが
企業というのはとにかく理不尽なことが多いですよ。
学生時代のものとは全く別物です。
私も大学に6年間通いましたが、学生時代のお気楽さが懐かしいです。

通勤途中に喫煙マナーが悪いと近隣住民から苦情が来るのも
会社の教育となってしまうのです。
質問者さんは、いい成人を掴まえて教育ですか・・・(笑)と言いますがそれが現実なのです。
学生時代は個でいいのですが、企業で働くとそうはいきません。

他に例を出せばこんな会社もあります。
交通違反をすれば謝罪文を書かされた上に、ボーナスの査定に響く、場合によっては異動。
当然学生であれば罰金と減点だけですみます。

質問者さんはまだ学生なので現実を知らなさすぎます。
これは企業で働かないと分かりませんから当然のことです。
でも今回の質問を通して
社会とは厳しいものだと少しでも感じることが出来たのであれば
プラスになると思います。

投稿日時 - 2011-01-22 13:35:21

お礼

 二度目の回答有難うございました。

 かなりプラスになりました!皆さん本当に有難うございます。
 今回は働いている方からの回答が多く、社会人から見た企業・世間というものをちゃんと知ることもできました。就活はまだですが、就活生に求められている「社会人の目(視点)」が少し分かった気がします。
 学生は、学生と社会人(学校と企業)の違いをしっかり理解しておく必要がある、と実感できました。


 嫌煙社会や厳しい雇用現状の流れで罵詈雑言が飛び出しかねない質問でした。実際に、(私が煽った部分もありましたが)明らかなネチケット違反で通報・削除した回答者(社会人)もいらっしゃいます。本当にマナーが悪い人って目立ちますね…
 質問文に私自身の立場を明確にしておくこと、ネチケット、様々な視点を持つこと等々…自らの未熟な部分が浮き彫りになり課題が見えた質問になりました。

投稿日時 - 2011-01-24 18:35:43

ANo.35

健康保険を負担する企業からすれば、病気に罹患する確率の高い人間を採用したくないというのは、そんなにおかしい話ではないと思います。
健康保険が、ただで付いてくる特典のように思っているのでしょうが、あなたの働きから得られる会社の収入から捻出されているのです。あなたが経営者なら、わざわざ病気なってコストがかかることが高い確率でわかっている人間を採用することは、正義でしょうか?どうやってステークホルダーに説明できますか?他の非禁煙の従業員にたいしてフェアですか?

体を壊して苦労するのは、自分自身と家族くらいです。会社の業務は、一人くらいがいなくなっても回ります。
たからタバコを吸う時間は、さぼってるから生産性云々は、へりくつです。もともと人間一人は、そんな大した作業はしてませんから。
しかし、治療費というコストは翌年以降に企業に跳ね返ってきます。

だから、禁煙は、自分にとっても会社にとっても良いことしかないのです。

投稿日時 - 2011-01-22 09:24:07

補足

 失礼します。質問者です。

 TOEICは750点以上ではなく「730点」以上でした。
 あと、今更思ったのですが、喫煙者不採用は企業にとって合理的かどうかの視点で決められている、ということなので「正義」は関係ないかと…

投稿日時 - 2011-01-26 02:02:48

お礼

 回答有難うございました。
 お礼まで時間がかかってしまい申し訳ございませんでした。

 休憩時間や生産性ではなく健康保険(治療費+コスト)の面から、企業は禁煙を掲げているのですね。その方が「合理的」で納得しやすいです。
 となると、就活だけでなく、「喫煙」について税収や健康のこともしっかり考えていかなければいけませんね。

 最近は採用条件にTOEIC750点以上を掲げたり、社内公用語が英語になったり、外国人採用枠が増えたり…人の働き方が大きく様変わりしているように思えます。
 それに乗り遅れないように頑張りたいと思います。

投稿日時 - 2011-01-24 18:19:38

ANo.34

学歴を重視するのも、外国語の能力を重視するのも、パソコン能力を重視するのも、その会社の勝手であり、個性です。
喫煙所が各階に常備されているビルに入るのも、原則なし!(1Fの喫茶店のみ)のビルに入るのも、その会社の勝手であり、個性です。

そう考えれば、ひところ言われた「血液型で選ぶ」に比べれば、はるかに合理的な基準だと思います。
手間がかからず、一切のごまかしがきかないので、会社側でもこの基準は導入するメリットが大きいと思います。
それぐらい自己管理ができていて、時代に適応する協調性があり、身ぎれいで健康な可能性が高いことが、たった一つの質問で判断できるんですから、導入する会社はドンドン増えてくると思います。

私も以前、自分が編成するチームから喫煙者を排除したことがあります。
すごく仕事が出来る人が空いていたのですが、あえてその人を外してみました。
理由は単純で、その人と打ち合わせしたいときに「ちょっとタバコを吸っていて」ということが何回かあったのと、その人がくるとクサイからです。
その人以外は凡庸な人が多かったのですが、その人を外したことでちょっといい意味でピリッとした空気が生まれ、プロジェクトはうまくいきました。

結果その人は(それだけが理由ではないと思いますが)会社をやめ、噂では今も私を恨んでいるそうです。
何が異常か、正常か、正義か、悪か、議論しても結論はでないと思いますが、こういう変わった上司がチームのメンバーを選ぶケースも、世の中に存在すること、それは現実です。

正直言ってあなたは、好かれていない会社に向かって「喫煙者の門戸を閉じるなんて異常だ」と文句を言い、インターネットで意見を求めているなんて「ずいぶんのんびりしたヒマな学生だなあ」と思います。
その姿勢では、タバコ関係なく、今のご時世厳しいのではないですか。

一方、クリエイター系やIT系、マスコミなどの一部では、依然としてデスクでタバコをもうもうと吸っている会社もあるんですから、あなたがそこまで自分の喫煙習慣を重視するのであれば、そういった会社を選べばいいのではないですか?
あと、フランスなどでは今でも全面的にタバコOKのようですから、このさい海外に雄飛してはいかがでしょうか。

極端な話、日本を代表する大企業「JT」を志望したらよい。
あなたにしたら今の異常な社会状況を、タバコをイメージアップすることで変えてみせる!という強い熱意を持っていれば、ぜひ目指すべきだと思います。
がんばってください。

投稿日時 - 2011-01-20 14:43:20

お礼

 回答有難うございました。
 初めての回答で、宜しいですね?

 私は非喫煙者なので喫煙習慣も何もありません。

>喫煙所が各階に常備されているビルに入るのも、原則なし!(1Fの喫茶店のみ)のビルに入るのも、その会社の勝手であり、個性です。
 はい、そういう結論に今の私は至っています。回答が多すぎて全て読むのは大変だと思うので、もし良かったら、一つ前の回答に対する「お礼」を見て下さい。

>導入する会社はドンドン増えてくると思います。
 ごく一部でほとんどの企業はそんなこと相手にもしませんよ、という社会人もいれば…広がるという社会人もいる…ほんとに結論が出にくい問題ですね。

>好かれていない会社に向かって「喫煙者の門戸を閉じるなんて異常だ」と文句を言い、インターネットで意見を求めているなんて「ずいぶんのんびりしたヒマな学生だなあ」と思います。その姿勢では、タバコ関係なく、今のご時世厳しいのではないですか。
 正直かなりムカッときました。それに答えている貴方もずいぶんと暇な方なのですね…
 企業側の視点をこちらが持つことも大事ですが、学生側の視点を持てない社会人も「ずいぶんと視野の狭い小さな大人」にみえます。そういった意味では、企業側の視点を学ぶことができて私には有意義な質問になりました。

 …ご覧になった方には不愉快は書き方をしてしまいました。すみません。
 でも回答者さんには謝る気はありません。学生の主張を「甘え」の一言で切り捨てられるのは我慢できません。
 それと、質問内容と一切関係のない、また蛇足にしても人を傷つけるだけの回答はおやめ下さい。

 最後に一つ…
 回答数も多くなり、また似通った回答もあるので、申し訳ありませんが回答だけでも全て読んで頂けると嬉しいです。付け足しや補足、違う回答、お礼への返信といったことであれば回答して頂けると嬉しいですが、同じ主張の回答に何度も目を通すのは…失礼な話ですが…正直しんどいです。
 初見の方は、これより一つ前の「お礼」に今現在の私の結論が載っていますのでそちらをお読み下さい。

 質問文の不備による誤解もありました。精進したいと思います。
 長々と失礼しました。

投稿日時 - 2011-01-20 16:35:09

ANo.33

この質問盛り上がってますね。No.8です。二度目です。

まずNo.8で書いた通勤者へのクレームですが、これは会社側もやめるべきだということで通勤者に通達を出しました。会社がその場所にあってそこを目指してやってくる通勤者が住民に迷惑をかけているのですから、近所の住民との調和を考慮する以上、当然です。

あと社長・会長クラスの話を書き忘れました。うちの会社(一部上場の某大会社)は前社長が社長就任前ヘビースモーカーで社内で有名でしたが、社長就任した途端に前任(そのときは会長に昇格)から会社のイメージが落ちるから禁煙するように、と言われて禁煙しました。まー言われたからじゃなくて、前社長ご本人自ら会社のイメージを慮ったのだと思いたいところですが。

質問者様の補足によれば、質問者様は喫煙を嗜好だと考えておられる。ここの認識が違うかなと。

ボクは元喫煙者ですが、喫煙は「ニコチン中毒」という病気だと思ってます。JTや喫煙者はタバコは嗜好品だと表現しますが、嗜好ならいつでも止められるはず。それができない。つまり喫煙は嗜好じゃないんです。
嗜好だと考えている人は喫煙の害を軽視しすぎているか、無視しようと必死になってます。ちなみにお酒も同様です。ずっと飲み続けているとどんどん酒量が増えていって依存度が高まる。これが中毒です。

で、お酒の話が出てきたので、今回の回答の結論を書きますが、質問者様が社長でアルコール中毒者を採用しますか?しないですよね?大麻中毒者を採用しますか?しないですよね?じゃあニコチン中毒者はどうですか?

どれも中毒なんですよ。
そういう認識を持たないと社会におけるタバコの犠牲者が増えるだけです。
就活で喫煙者が差別されるのは行き過ぎだ、異常だという見方(喫煙擁護的な見方)も、ニコチン中毒である喫煙を助長することにつながります。

投稿日時 - 2011-01-20 07:02:54

お礼

 二度目の回答有難うございました。
 初めて見る方のために…私は大学生で非喫煙者です。

 盛り上がりが予想以上で…驚いています。喫煙について、みんな思うところがあるのでしょうね。

 今のところ私の結論は、
 企業が自社の業務やマナー、健康、必要経費のことを考え、コストを抑えるために禁煙方針を掲げている。それは企業の自由で法に触れることではない。合理的なことでもある。喫煙就活生も無駄足を踏まずに済む。「喫煙者不採用」を行っているのはごく一部なので過敏にならず、学生も判断材料の一つとして活用すればいい。
 といった感じです。

>会社がその場所にあってそこを目指してやってくる通勤者が住民に迷惑をかけているのですから、近所の住民との調和を考慮する以上、当然です。
 なるほど。それもそうか。

>前社長が社長就任前ヘビースモーカーで社内で有名でしたが、(中略)と言われて禁煙しました。
 大変だったでしょうね…まぁ、上がしなきゃ下はしませんね。愚問でした。

 中毒まで行かなければ、嗜好品だと思うのですが…?回答者さんはタバコがなければやっていけない程のめり込んでいらっしゃったんですね…そこから禁煙に成功するのは大変だったでしょう?お見事です。
 「吸えるけど、吸うのは酒すすめられた時に逃げるため。“ちょっと吸ってきます”と非喫煙者に配慮しているように見せて酔い冷まし。普段は吸わない」という人もいたので、「喫煙者=ニコチン中毒」とは限りませんね。私の周りは意外とそんな人ばかりでした。

 「中毒」は度が過ぎた状態のことですよね。「依存症」にも言い換えられるでしょうか…?
 お酒は成人の多くが飲みますが、中毒までいく人は稀です。性行為も「SEX依存症」がありますが、そうなる人は稀。麻薬は依存性が極端に強いものなので中毒になるでしょうが…
 タバコも酒よりは依存性は強いでしょうが、麻薬よりはずっと弱いです。
 となると、やはり程度の問題では…?

 学生が急性アル中以外のアル中になるなんてほとんど無いですよ(笑)
 というか、アル中は仕事中にも飲むのですか?誰か教えて…!

 話が広がって(盛り上がって?)きたので、タバコについて私が知っていることを少し話したいと思います。ただの雑談で今回の質問とは関係ありませんが…
 タバコは中南米原産で、宗教儀式で神との交信の際トランス状態になるために使用されていました。そこから海を渡り、日本で最初の喫煙者は徳川家康だと言われています。当時は薬として持ち込まれました。欧州では黒死病がこれで治る、もしくは予防になると信じられてきたからです。
 まぁ、阿片もはじめは鎮痛剤(麻酔)として使われてましたしね…ちなみに時のアメリカ大統領は、自分の分の葉巻を大量輸入してから、葉巻の貿易禁止を行ったことがあります。せこい…
 時は流れ、現在は薬ではなく嗜好品として広く流通。税収の大事な収入源。喫煙者のマナーや健康への悪影響から、今では禁煙・分煙が世界中で広がっている。
 て感じでしょうか?結構前に学んだことなので、うろ覚えですが…

 長くなりました。ごめんなさい。

投稿日時 - 2011-01-20 15:48:13

ANo.32

再び回答します。

「喫煙者はマナーがなっていないというのは偏見です」というお礼に反応しました。
質問者の世代では実感ないと思いますが、かつては、平均的な喫煙者は、今の基準だとマナーが全くなっていないと言えるレベルでしたよ。
どこで喫煙しても、「失礼」の一言が出ればむしろ礼儀正しい人とされた時代です。植え込み、道端、あらゆるところに吸殻が山とありました。
私個人は、自宅では自分以外全員が喫煙者でしたし、職場は常に空気が霞む程の紫煙。しばしば頭痛を感じる位でしたが、当時はそれが普通過ぎて「我慢している」という意識すら希薄でした。でも今思えばえらく理不尽を強いられていましたね。
嫌煙運動のヒステリックなまでの高まりで、それまでいかなるマナー向上運動にも無反応だった喫煙者のマナーが、ようやくマシになったというのが実感です。だからやはり、喫煙者は肩身が狭い位で丁度良いのだと個人的には考えています。
まあ、自身の会社で喫煙を採用条件にすることはあまり考えていませんが、採用面接時にヤニ臭さに気付いたら、合否に全く無関係ではないでしょうね。

投稿日時 - 2011-01-19 11:46:08

お礼

 二度目の回答有難うございました。
 ANo.5の方ですね。一桁とか、大分昔のことのように感じられます。

 「かつて」というと…一世代か二世代上の話ですかね…?合ってます?
 それを現代の就活生に当てはめられても困るのですが…喫煙前から喫煙マナーについて学んでいる世代だし、「タバコが吸えなきゃ大人じゃない」という強迫観念みたいなものだあるわけでもないし…

 非喫煙者なので説得力はないかも知れませんが…あぁ、それはお互い様ですね。
 うぅ~ん、喫煙者はどう思っているのでしょうね…「喫煙者のマナーは悪いのか」どうか。

 嗜好なのに肩身が狭いのもおかしな気がします。
 タバコについては税収や健康、マナー等々…一度ちゃんと考えた方がイイのでしょうね。

投稿日時 - 2011-01-19 13:27:27

ANo.31

昨今の禁煙ブームにのっかって企業側が勘違いをしたか。
なんかしらの目的のためのパフォーマンスではないでしょうか。

>社長・会長クラスにもなればタバコどころか葉巻吸ってる人もいるのでは
>…彼らも禁煙するというのでしょうか?
これは、ドラマに見過ぎかもしれません^^
が、既に雇用されている社員で喫煙者がいたら
非現実的ですが、クビなんでしょうね(笑)

喫煙者を雇う会社のデメリット、喫煙者自身のデメリットを考えても、
星の数ほどあると思いますが、意味はないでしょう。
喫煙のみに限定してもと思いますし。。

いつの世の中も、どの企業でも、
うまくやる人、タイミングの良い人のみが成功者だと思います。
それと比べると、非常に些細でどうでも良いことですよね^^
資本主義で平等って言われても。

ただ、「喫煙者採用しない企業」と聞くと、
逆に、「何か新しいこと。何か面白いことを、この他にやってるのかな」
なんて、その企業に対して興味がでました。
あくまで、私はですが。

投稿日時 - 2011-01-17 16:49:56

お礼

 回答有難うございました。
 またまた、新しい見方の回答が…!

 パフォーマンスかぁ。社員や学生からしたら迷惑で面倒な話ですが…

>これは、ドラマに見過ぎかもしれません^^
 いやぁ、あっはっはっは(笑)でも取り敢えず喫煙者はいますよね。

>逆に、「何か新しいこと。何か面白いことを、この他にやってるのかな」なんて、その企業に対して興味がでました。
 なるほど…よそと違う採用基準ですから、やっていることも何か違うのではないか、ということですね。これでなんの変哲もなかったら興醒めですが(笑)

投稿日時 - 2011-01-17 20:42:24

ANo.30

書き込み二度目
例えばです、組み立てライン作業員の中で一人喫煙者が居たとします
「たばこ吸うんでちょっと席外します」
するとそのラインは止まったも同じ、離席した人が組み立てないと先に進まない
これは企業にとって大損害です
あくまで例ですから実際には労基法上の休憩時間に喫煙するのでしょうが
事務職の場合、喫煙者と非喫煙者では明らかに「たばこ休憩の差」による勤務効率
に差が生じますが、トイレや食事は両者同じ条件なので、この差は埋められないのです

「効率ばかり」と仰いますが、従業員は一日8時間、週40時間企業に対して時間を
売っているも同じです、その対価として給料をもらうのです。
たばこを吸うと言う行為は労働時間ではありません、これは理屈であって、質問者さんの
-それってトイレ行く回数が多かったり、デスクに座ってても集中していなかったら同じ
じゃありませんか?-  それは屁理屈というものです。

そして同じ時間働いても他の人より仕事で成果を上げれば上に上がれ給料が増えます。
そのように評価する基準、はじめの足切りとして喫煙者は採用しないと言うこと

投稿日時 - 2011-01-17 12:39:07

お礼

 二度目の回答有難うございました。
 ANo.15の方ですね!

 屁理屈ですかね…?イマイチよく分かりませんでしたが…

 「タバコ休憩の差」は労働時間の差であって勤務効率(もしくは能率)の差ではないでしょう。ライン作業で言うなら、実際に休憩時間内で喫煙している場合時間の差すらないですし。

 働いてすらいない学生相手に未来を決めつけて判断されても困るのですが…「社会の理不尽」の1つですかね。覚悟しておきます。

投稿日時 - 2011-01-17 20:36:15

ANo.29

回答すべて読ませていただきました。

質問者さんは労働者の立場で全て考えているんですよね。

企業側(資本家)にとっての従業員(労働者)を雇用する上でのリスクを少しでも減らしたいため
喫煙者は出来るだけ避けたいのです。
(1)健康被害による損失 タバコは発癌物質を多く含むため健康にマイナスなのは事実
(2)タバコ休憩による損失 一日に数10分といえども年間人件費で10万円以上の損失
(3)分煙化による損失 喫煙所の新設に費用がかかります。

質問者さんは学生のため、おそらく企業で働いたことがないと思うのですが
(アルバイトは意味ないですよ・・責任がないため)
会社に入ると理不尽なことはいくらでもあります。
学生の時点で企業にゆとりを求めているようでは働き出してから苦労しますよ。

会社と従業員の関係は
資本家(搾取する側)と労働者(搾取される側)の関係です。

労働者である限り資本家の言いなりなのです。
喫煙者を採用しないというのは資本家側に立てば当然のことです。
いつの時代も、力関係は常に資本家>労働者ですから。

喫煙者不採用に疑問を持つのならば
資本家側に這い上がってください、気持ちが分かるでしょう。

何度も言いますが、企業にゆとりを期待しては駄目。
労働者は永遠に搾取されるのです。

投稿日時 - 2011-01-17 07:43:27

お礼

 回答有難うございました。
 全部読んだんですか…!?回答どころかお礼文まで長いのに…

 雇う側も基本的に労働者で、また、はじめから「資本家」ではなかったケースがほとんどだと思いますが…立場が変わることで考えも変わるということでしょうか?視点が変わりますもんね。

 労働に関する国際比較でよく目にするのが、
(1)日本は労働時間が世界から見ても多い(それでも昔より減っているらしいですが)
(2)労働時間の割に生産性が低い
 といったことです。サービス残業などの不透明性や、そもそも統計なので「絶対」とは言えませんが、傾向としてはあるようです。

>会社に入ると理不尽なことはいくらでもあります。
 学生時代にもありますよ…学生なりに理不尽だと思うこと。イヤもうほんと…

>学生の時点で企業にゆとりを求めているようでは働き出してから苦労しますよ。
 むしろまだ学生がからこそ企業にゆとりを求めているのかな、と今回の質問で思いました。「そんなこといってられない現実がある」という回答も頂きましたし…

>労働者は永遠に搾取されるのです。
 人によっても見方は変わるでしょうが、それが改善されればいいと思います。

 沢山の回答と長いお礼文ですが、読んで頂けて嬉しかったです。
 有難うございました。

投稿日時 - 2011-01-17 20:10:05

ANo.28

お礼拝見しました。
ありがとうございます。

>嗜好は個人への評価基準になり得ません。

そうですね。なので、「仕事に影響しない」「仕事の時間をそれにあてない」「仕事環境に影響をおよぼさない」のであれば、喫煙者かどうかは問題ない、と思いますよ。また、既にまじめに働いている人間の評価として「喫煙者だから」という理由だけで評価を下げられたとしたら「異常」だと思います。
ただ、「喫煙」に関しては本当に難しくて質問者さんのお礼にもありましたが「禁煙して」といって禁煙できるものではないですよね。また「マナーの問題」ということですが、そもそも吸わない人であればそういった部分で「マナーが守れるかどうか」を判断する必要すらない。短絡的であるとは思うけれど、採用時のリスクを減らすという部分では
「わかりやすく判断しやすい」という点では否定できない、ということです。

「優遇」という言葉の使い方は間違っていましたね。(というか、私の在籍していた企業ではタバコを吸う人の休憩室はあったけれど、タバコを吸わない人の休憩室がなくて休憩したくてもタバコの煙を我慢する以外に休憩場所がない、という問題があったのをつい思い出してしまいました。でも「優遇」とはちがいますね。)

「マナーの悪い人だけの話」といった部分、これもそうともいえません。タバコ室では一種独特な仲間意識ができるようで、普段からマナーのよい人でも「タバコ室から席をたつ」ことができにくく、その分席をはずす時間が長くなる、ということが往々にしてあります。私は過去4箇所の会社に在籍していましたが、こういった部分は会社が変わっても共通していました。
「タバコ」が免罪符になっていたそういう時代があるのです。
だからこそ、JTはひたすらに「マナーを守ろう」CMを展開しています。

何でも排除すればよい、とは思いませんし、その「採用基準」が正しい、というつもりもありません。「喫煙者ですが、仕事中は仕事に集中し能力も働く意欲もあり、御社のために必ず役立ちます!」ということが確実に測れるものがあれば、そんなことを言い出す企業もないでしょう。これまでの「喫煙者」の例で、新卒の「喫煙者」が一律に迫害がされているという点では不幸であるとは思いますが、今後の喫煙者の動向によってはこの傾向は増えていくように思います。うまく問題点が解決できれば、「喫煙」についてどうこういうこともまた無くなるのでしょうが。

投稿日時 - 2011-01-17 02:49:28

お礼

 二度目の回答有難うございます。

>「わかりやすく判断しやすい」という点では否定できない
 今の就活って雇う方も雇われる方もやたらしんどいことしている気がします。わかりやすいことが結構大事になってくるのですね。昔を知っているわけではありませんが…学閥があったりバブル期は売手市場(?)だったりとか…そんなところでしょうか。
 問題のない時代は無いのかも知れません。

 質問-回答の遣り取りも、互いにしっかり伝わるようにしないといけませんね。精進します。質問の部分にも答えて頂き有難うございます。おかげですっきりしました。

 煙草が免罪符…たち悪いですね。酒と煙草って「大人」の証みたいなイメージがあるから、できないとかっこわるい時代があったとは聞いています。

 煙草と就活が絡み、個々で複雑な問題がもっと複雑になった気がします。
 何度も回答して下さり本当に有難うございました。

投稿日時 - 2011-01-17 19:45:52

ANo.27

喫煙者を採用しない、と、明言されたのはちょっとびっくりしましたが、
採用したくない気持ちはわかります。

「完全禁煙、分煙室もなし、就業時間中は吸わない」で耐えられるなら、問題ないかと思いますが、現状の喫煙者の状態を見ていると企業が「分煙→禁煙」に向けて会社の舵取りをしていきたいとしたら、最初から吸わない人を増やしていった方がそういった方向に持っていきやすいでしょうし。

質問者さんの回答で「トイレ休憩はどうなの?」ということがありましたが、「トイレ休憩」は喫煙者さんも必要ですよね。「席についていても集中できない場合」というのも、「喫煙者はタバコ休憩するからその分集中して仕事ができる」ということでもない。結局「タバコ休憩」以外は喫煙者・非喫煙者ともに必要であったり、起こりうることであり、喫煙者だけの特別な時間が「タバコ休憩」ということになるのです。能力があきらかにはっきり見える場での評価でなら「タバコを吸っていても能力がある」ということももちろんあるでしょうが、新卒などの今後の成長がどうなるかわからない段階でなら、特にその「タバコ休憩が必要になりそうかどうか」の採用基準もあながち否定できないと思います。

そして喫煙者さんのマナーの悪さも目立ちます。分煙でタバコ室に行くと、同じくタバコ休憩中の人と話し始める、話が盛り上がったり、途中で出られなくて1回10分はかかる、といったことが結構「普通に」あるのです。非喫煙者はトイレの時以外は席から立てず、頻繁に出ると「何度も行っている」のが目立ちますが、喫煙者の人は「トイレか喫煙かわからない」部分が、傍からみて「タバコ?トイレ?具合悪い?」と突っ込みづらかったり。(そして実はタバコのたびにトイレも行っていて戻りが遅い、ということも・・・)

私は非喫煙者で、やっぱりそんな部分が見えると、「嗜好品であるタバコを吸う人がなぜ優遇されるのか?」という不公平な気分になりましたね。

投稿日時 - 2011-01-16 23:41:36

お礼

 回答有難うございました。
 私の書き方が悪いのか、今回は誤解を招いていることが多く…精進します。
 最初に私について言っておきます。私は非喫煙者でまだ学生です。ちなみに女性です。チャリ煙草と歩き煙草は嫌いです。立ち止まって吸って!灰が飛ぶ!目に入るから!!

 「トイレ休憩」と「集中力」は「非喫煙者でも能率の悪いことはあるでしょう?」という意味で、非喫煙者のみに当てはまることとしてあげたわけではありません。「喫煙」も含めて、「程度」の問題だと言っているのです。仕事の能率や労働時間について仰る方が多かったので例として挙げてみました。

 あと問題になるのは、嗜好を個人へのマイナス評価としているところでしょうか。死体愛好とかになると話は別ですが、嗜好は個人への評価基準になり得ません。

>喫煙者さんのマナーの悪さも目立ちます。
 マナーのなっていない人は煙草に限らず目立ちますよ。いい人はあまり目立ちませんが。そういうものでしょう?「喫煙者はマナーがなってない」というのは偏見です。

>「嗜好品であるタバコを吸う人がなぜ優遇されるのか?」
 休憩は身体(心)を休めることなので、必要な回数や時間は個人によって変わるでしょうね…「優遇」というのが分からないのですが…「休憩時間が非喫煙者よりも多い」ということでしょうか?合ってますか?
 分かりませんよぉ、休憩時間の長短なんて。意外と喫煙者の方が総休憩時間短いかも知れません。多いように見えるのか、実際に多いのか…計ってみます?(笑)

 なんにせよ企業の自由なのでどうにもなりませんが、ブラック企業が増えないように祈ります。
 長々と失礼しました。

投稿日時 - 2011-01-17 01:21:45

ANo.26

採用条件にあげるのはちょっと異常かと思いました。
本来仕事とは関係ないことだと思いますので。

席を外す=サボるとかいうのもちょっと
考えすぎではないかと。

タバコ吸わなくてもただデスクに座っている
だけで頭働かしてなかったら一緒ですし・・
目に見えるものでそう規制しているだけに
すぎないのではないかと思いました。

分煙で別にかまわないだろうし、ましてや
何故に採用基準に・・・?

投稿日時 - 2011-01-16 22:05:08

お礼

 回答有難うございました。
 ほんとに回答数が多くて…今までにも何回か質問しましたが、初めてのことです。
 色々な面が見えてきて面白いと思いました。

 「採用基準」てところがポイントなんですよね。
 何事も度が過ぎれば、悪いに決まっています。問題は程度なのに全てを否とすればただの排除・差別になります。
 嫌煙社会では、いずれ一部が大きく広がりはしないか、心配です。

 最近はコストだ効率(能率)だと騒ぎすぎです。人件費やそれに付随する費用を過剰に惜しんではいけません。
 ゆとり教育よりゆとり労働が必要ではないかと思うことがしばしばあります。

投稿日時 - 2011-01-16 23:37:04

ANo.25

異常というほどではないと思いますね。

なお、以下ANo.8への賛成意見です。
非喫煙者で働いています。

>>通勤電車を降りた喫煙社員がついつい気を許して一服、吸殻を排水溝に隠すように
>捨てる。それを近所の住人が見かけて「オタクの会社は一体従業員にどういう教育をして
>いるのか」とクレームしてくる(実話)。携帯灰皿持ち歩いていても、煙が近くに来ただけ
>でクレームしてくる人もいるでしょうね。
>→成人捕まえて「教育」ですか…?それは別に会社の責任でなく個人の責任とマナーの問
>題ですよ。社員教育の問題じゃなく。

「お宅の会社の社員が」とクレームがくるわけですね。べき論の問題ではなくて
現実問題として。それに企業は対応を迫られるわけです。


> 煙については、立ち止まって吸っているなら落ち度はありません。クレーマーの方がお
>かしいです。クレームも落ち度がない時ははっきり言っていいと思います。
> どうしたって個人でなく会社を見る傾向があるのかも知れませんが、毅然としてていい
>と思います。

上記と同じですね。


>>社員のスムーズな親睦が喫煙従業員によって妨げられている格好です。
>→嫌煙家はいつの時代にもいるのでしょうが…行き過ぎじゃありませんか?そこまで…?
>ほんとですか?

あると思いますね。
私もたばこをスパスパすう人が多い飲み会は、ちょっと遠慮したいですね。


まぁ、いろんな事情を抱えた会社がありますので、それはそれで受け止めつつ、
自分が変わるという選択肢も検討してもいいかもしれませんね。
あなたはなぜやめられないのですか?やめないのですか?

投稿日時 - 2011-01-16 14:14:26

お礼

 回答有難うございました。

 イヤ、私は非喫煙者なのですが…質問文に書いておくべきでしたね。すみません。

 …現実問題として、おかしな保護者(モンスターペアレンツ)やクレーマー(客)には色々な人が困っています。企業や教師だけでなく。べき論も語れなかったら好転しません。
 まぁ、だからこそ理想派と現実派で分かれるのですが。

 個(社員)を変えるなら、全(企業)も変わらなきゃいけませんね。個に犠牲を強いてばかりではいずれ駄目になります。全て排除すれば済むというわけでもありませんし。コストばかり惜しんでも仕方ありません。

 そう簡単に答えの出ることではありませんでしたね…喫煙1つでも結構難しい問題だと分かりました。

投稿日時 - 2011-01-16 23:12:33

ANo.24

採用条件は会社しだいですので異常とまではいいませんが、本来はまったく必要
のない条件ですね。そもそも喫煙と仕事の能力には相関がないのに、こんなことを
採用基準に入れる時点で、会社のチェック機構がまともに働いていないと広言して
いるようなものです。

おおむね、こういった話は
1) 偉い人の思いつき
2) 思慮の浅い現場担当者の暴走
のいずれかが発端になります。質問の例で言えば、
「たばこを吸う」→「会社を休む or 病気になる」
という短絡的な思考が元になっているようですので、後者に属するのではないで
しょうか。

誤解がないように付け加えますが、私は非喫煙者であり、タバコの匂いは大嫌い
です。

投稿日時 - 2011-01-16 12:28:30

お礼

 回答有難うございました。

 「喫煙」を個人の嗜好というならば、個人の好き嫌い(煙・臭い嫌い)で排除できるものではない。「社会(みんな・周り)の迷惑」を錦の御旗に振りかざしてもそれでは筋が通りません。

 回答者さんの場合は「煙草はイヤだけど…」ということなので、個人の好き嫌いを全体化していないことが分かります。
 私もそうかも知れませんが、冷静にならないといけませんね。

 学生が自己PRで自己を掘り下げて考えているので、企業も働き方などを掘り下げてみましょう!

投稿日時 - 2011-01-17 00:26:52

ANo.23

採用条件にというと、禁煙すればいいだけのこと。

うそついて採用されたら、そこから禁煙すればいいだけのこと。

私の職場は喫煙ルーム?がありません。
「場所」はありましたが、廃止、禁止になりました。

そして、敷地内禁煙です。
だから、公道上にあるいは、近場公園まで行ってすう人がいる。
そして、近所から苦情が来る。
公園で子供がいるのに煙たいとか、灰皿を公園では撤去しましたので、タバコのごみが落ちていると
また、苦情がくる。

1日に何回喫煙するでしょうか?
喫煙できるところまでいって、戻ってくる。

そして、喫煙者が集うので、席に戻ったときに「燻製状態」ですから、
締め切った暖房、冷房の室内で非常にくさいです。
本人だけが気づかない。

あえて、良くない職場環境を他の人にもたらすことも気づいてない。

さらにです、どうも、喫煙者は風邪を引くことが多いようで、非喫煙者に比べて、始終、咳をして、熱が出たの何だのと
いって、体調不良で休みます。

私の職場では喫煙者だけが3人すでに今年の冬は2回づつ休んでます。

非喫煙者は、だるいとか、眠いとか言いますが、あまり風邪では休まないです。

投稿日時 - 2011-01-16 11:17:05

お礼

 回答有難うございました。

 実例ではありますが、全て人によりますよね…体調が悪い時は無理に働かせる方が効率悪い気がします。身体が弱い人は非喫煙者にもいます。

 「喫煙者-非喫煙者」と何でも二元論にして個人を見ないのは危険です。この二元論問題は「男-女」でも有名ですね。

 なぜ貴社では喫煙スペースが無くなったのでしょうか…?
 非労働時間の面で言うなら、スペースを無くさなければ外に出る必要もなくかかる時間も短縮されるのでは?公園の苦情も来ませんよね。喫煙者を社外に追い出したなら、そこで生まれた問題を喫煙者に押し付けてはいけません。あまりにも無体です。
 吸い殻の未処理はマナー違反ですけど…

 それに禁煙は「すればいいだけのこと」と簡単に言えるものではありません。医者が禁煙を指導する程です。安易なら「喫煙」は社会で取り沙汰されることすらないでしょう。
 禁煙を社員に求めるなら禁煙支援を惜しんではいけません。

 「喫煙」は正誤がでにくい問題だ、と今回皆さんの回答を読んで思いました。

投稿日時 - 2011-01-16 23:57:25

ANo.22

私はタバコ吸いませんし、起業して社員も抱えてるものです。
個人的なかんがえですが結論からいうとそんな事求める必要はないでしょ。
あと企業が真剣に求めてるのかも疑問です。

タバコをたまに吸おうが吸うまいがたいした影響は仕事にありゃーしません。
1本吸うと2分が3分が休憩とか、真剣に言うのも考えすぎです。
日本の大部分の企業は喫煙がどうとかその程度の事、真剣に考えてませんよ。
現にそんな採用条件の企業探すほうが難しいくらい。
ごく一部の企業の事をメディアがあおてるだけにしかみえません。

関係ない話だけど、ある日連絡もなく突然来なくなる今の若者のが頭痛い。
お母さんから退職しますて連絡させない人を採用条件にしたいくらい。
アホみたいな話だけど毎年必ず数名います。

投稿日時 - 2011-01-16 06:31:03

お礼

 回答有難うございました。
 組織の長からの回答は初めてです。緊張しますね…

 メディアの煽り…そうだとは思いますが、それを推奨しているかのような世間の流れがあるのではないかとも思っています。
 過剰嫌煙で分煙から禁煙に進んでいることが少し怖かったのです。
 でもそう言って頂けて安心しました。

>お母さんから退職しますて連絡させない人を採用条件にしたいくらい。
 うぉぅ…そんな人がいるのですか…精神的に脆い部分があるのかな。鬱とかになってたら自分で言うのは難しいでしょうけど、けじめは自分でつけなきゃね…

投稿日時 - 2011-01-16 22:29:09

ANo.21

まず、企業内で分煙が進んでいる以上席を外して喫煙所に行くという行為が必要になってきます。

少なくとも、会社内で普通にタバコを吸う機会は4度あります。
始業前、午前午後の小休憩、昼休みの4回です。そして仕事が終われば当然吸い放題です。
それにも関らず、その時間以外でタバコを吸いたいというなら、その喫煙時間は「有給扱い」になります、これはトイレ休憩も同様ですね。
いわゆる仕事時間内なのに働いていない時間です。


ということは、休業規則に定められている小休憩以外で喫煙をするなら、喫煙者は非喫煙者よりも有給が多くなるということになります。
タバコ1本吸い終わるのにどのくらいの時間をかけますか?3分?5分?

仮に1本5分として、2回休憩以外で吸ったとすると、月21日労働したとして

10×21×12=2520(分)

我慢のできない喫煙者は非喫煙者に比べて、年間約42時間は無駄が出ているという事になります。
トイレは生理的なもので人間なら誰にでもあるものです、更に我慢することは健康に害になるので仕方がありません。
ですが、タバコはあくまで嗜好品です。趣味の範囲です。趣味なのに有給が多いというのは非喫煙者から見ればたまったものではありません。
「仕事してるんだからそのぐらい我慢しろよ」と言いたくもなります。
現に私の勤めているところでも喫煙者がたびたび席を外すことが問題視されていましたし。

ちなみに、トイレもあまり頻繁に席を外すようだと健康を疑われて、通院するとか療養するとかの改善をしないと会社の評価は落ちます。


タバコを吸わないと仕事の能率が落ちるという理由なら、やはり企業は採用を見送ると思います。
これはお酒に例えると分かりやすいかもしれませんね。
仕事はできる人だけど、アル中で酒を飲まないと手が震えて仕事ができない、イライラする、仕事の能率が落ちる。
だから仕事中に席を離れて酒を飲む。

これは常識的に考えて許される事だと思いますか?

投稿日時 - 2011-01-16 03:43:51

お礼

 回答有難うございました。
 予想以上に回答が来て驚いています。

 そう言う計算をちまちましている方が嫌味たらしくて好きじゃないです。反応が過剰では…?
 気を悪くされたらごめんなさい。でも、そこまでゆとりのない働き方は会社にとっても社員にとっても良くないと思います。

 席に着いていても集中してなかったら同じでしょう。能率も何もあったもんじゃないですよ…

 中毒者と一緒にしては失礼でしょう。酒も煙草も程度の問題ですから。

投稿日時 - 2011-01-16 22:15:15

ANo.20

こんばんわ。

それを異常と思うなら、貴方が社長になって自ら社員を選びなさいな。

何が異常で何が正常か教えて下さい。

貴方なら、どんな人を採用しますか?極論で構いません、教えて下さい。(脱線して申し訳ありません)

投稿日時 - 2011-01-15 23:57:41

お礼

 回答有難うございました。

 また新しい切り口の回答が…

 異常-正常の考え方というよりは程度の考え方なんですけど…最近の就活過熱が終にここまで来たか、て感じで

>貴方なら、どんな人を採用しますか?
 うーん、職業にもよりますよね。どんな人…強いて言うなら大学にちゃんと行って単位取ってる人。卒業に必要な単位数は3年の間にほとんど取れるはずだし。学生の本分こなせてない人はちょっと…て思います。
 バイトもサークルも頑張るのはとてもいいことだけど、学生であるからにはしっかり勉強して欲しい。どんなことを勉強して卒論(←ない所もありますが)でどんなことを研究しているのか、とか聞いてみたいですね。

 こんな感じでいいですか?抽象的ですけど…新卒に限定して答えてみました。自己PRとか…自分より何かオススメ品でもPRさせた方が分かり易いと思うんですけどね。自己だと企業に合わせた嘘(もしくは嘘に近い脚色)とか入りやすいし。

 面接官とかしんどそう。人事も大変ですね…

投稿日時 - 2011-01-16 02:13:11

ANo.19

>喫煙者てそんなに早く死にますか…??
>ウチの隣人は15才から吸って今87才なんですが…あれぇー?
>健康リスクも色々言われてますけど、全然丈夫なヘビースモーカーもいるし…

 統計的にという意味ですよ
中には、長生きする人もいます

 例えば 欧米では80%の肺癌が喫煙に
由来するというデーターもあるようです
 残り20%は違いますが 統計的に言って
肺がんだけみてもコレだけリスクがあるので
他の病気をみても 喫煙していない人と比べると
http://homepage3.nifty.com/tobaccobyo/listactive.html
 はるかに病気になる確率が上がるという事!

なので、「あれ~」じゃないのですよ(笑)

 なので、非喫煙者の私的には喫煙者が
早死にしてくれてうれしいのですがね~
 保険料の事を考えると複雑なんですがね~

あと、マナー悪い人 多過ぎ>喫煙者
 投げ捨て、周りへの配慮等

投稿日時 - 2011-01-15 20:24:36

お礼

 二度目の回答有難うございました。

 統計って傾向しかでないのに、それが全てみたいな言い方されることがあるからあまり好きじゃないんですよね…「個」が見えにくくなるというか…

 早死にしてくれて…とか言っちゃ駄目ですよ。

 マナー…いい人も多いですよ。悪い人の方が目につきやすいのでしょうけど。嗜好品なだけにマナーとか個人の裁量で正すしかありませんし。
 あぁ、でもチャリ煙草とと歩き煙草だけは絶対やめて欲しいですね。灰が飛ぶんですよ。

 話が大幅に逸れました。
 もう、アレですよ。いっそのこと煙・灰が出ない煙草か、身体にいい煙草でもできればいいんじゃ…

投稿日時 - 2011-01-16 01:12:55

ANo.18

アメリカでは肥満者つまりデブを採用しないところも普通にあるそうです。
理由は自分の体調管理もできないってことらしいです。

タバコも同じような理由なのかな。

私も異常とは言えないと思いました。
しかし新卒で喫煙者となれば私のいる会社では採用不採用に響きます。

大学に行きながら学生でタバコかよって思われる。
学生だからこそ「なぜタバコを吸っているの?」と質問したくなる。
そして何も答えることができない 評価が少し下がるっということにもなります。

まぁ面接の場で喫煙を告白する人はあまりいないでしょう。
ニコチンチェックまで採用試験で行う会社はさすがにないでしょう!!

投稿日時 - 2011-01-15 18:50:14

お礼

 回答有難うございました。

 流石、個人主義大国アメリカ…メタボが深刻というのもあるんでしょうがね…体調管理って結構難しいものですよね。

 おおぅ、お宅では響きますか…まぁ、最初に「喫煙者お断り」を掲げてくれた方が学生はやりやすいでしょうね。公表してないけど基準にしてた、ていうのが最悪パターンですね。

 そんなにおかしいですか…?20才以上は飲酒・喫煙は認められていますし、嗜好に学生かどうかは関係ないと思いますが…社会人から学生になった人も最近は増えましたし。
 大学の先生(60過ぎ)は「昔より喫煙する学生は大分減った」と言ってましたが

投稿日時 - 2011-01-15 19:13:02

ANo.17

コピペ場所です

http://college.nikkei.co.jp/trend/hojo/article.aspx?id=MMCCzd000016122010

投稿日時 - 2011-01-15 18:32:49

お礼

 二度目の回答有難うございました。

 お手を煩わせてしまいました。
 拝見させて頂きます。

投稿日時 - 2011-01-15 19:03:46

ANo.16

むしろ喫煙をする人間自体が異常。
喫煙者は社会のゴミです。
そんな異常でゴミのような人間を採用したくないという企業の意思の表れだと思います。

投稿日時 - 2011-01-15 18:01:05

お礼

 回答有難うございました。

 わぉ、そこまで言い切る回答者さんは初めてですよ!世界中の喫煙者を敵に回しましたね。
 申し訳ありませんが、最低ラインのマナーは守って発言して下さい。

 大概の差別者って「社会のゴミ」て言いますよね。
 私はそういう酷い人を雇う(雇っている)会社の方が異常だと思います。

投稿日時 - 2011-01-15 19:02:50

ANo.15

一日何本吸いますか?
勤務時間の間に何本吸いますか?

昨今は社内禁煙又は分煙が進んでいます
ですから喫煙のためには離席しますから、その間は仕事をしていない
喫煙本数、喫煙回数が多いほど仕事をしない時間が多くなる
つまりサボっていると同じと見なされ、仕事の効率が悪い人と認識される
そんな人は雇用しない

投稿日時 - 2011-01-15 17:59:01

お礼

 回答有難うございました。

 それってトイレ行く回数が多かったり、デスクに座ってても集中していなかったら同じじゃありませんか?

 効率ばかりを見て無駄を一切排除するのもいかがなモノかと…ゆとりのない働き方は身体にも会社にも良くないと思いますが。

 社内禁煙や分煙で十分だと思うのですが…やっぱり人によるのでしょうか。

投稿日時 - 2011-01-15 18:54:16

ANo.14

そういう決めを作るのは会社の自由。
喫煙する応募者にとっては、応募しないで済み無駄しないですむメリットがあるでしょう。喫煙しない社員のほうが会社に貢献している経験則がある会社なら納得できないことはないです。

投稿日時 - 2011-01-15 17:43:44

お礼

 回答有難うございました。
 お礼が遅れて済みません。完全に見逃してました。

 うぅ、一番反論できない回答が…それもそうですよね。
 就活してる人からすれば、最初に言っているから無駄足踏まずに済みますし…就活ってお金かかりますしね。黙って採用基準にしているより断然マシですね。

 でもそれが多くなってくると大変です。一部の会社で済むことを祈ります。

投稿日時 - 2011-01-17 01:28:54

ANo.12

そんな会社できたんですね。
でも異常じゃないと思いますヨ。

例えば、会社で上司から何かを怒られたとします。
僕の経験からいうと、その怒られることの50%ぐらいは上司によっては怒られないことなのです。
今の上司では怒られることが、他の上司だと怒られない。
=上司の性格によることが多いのです。

会社の方針もそうです。どの会社も同じ方針ではなく、経営者の方針が反映されてます。
結論をいうと会社って理不尽なことが多いんですよ。w

「喫煙者は採用しない。」程度の理不尽は日常茶飯事なので気にしないの一番です。
そうしないと社会にでてから鬱憤がたまりまくってしまいますよ

投稿日時 - 2011-01-15 12:45:17

お礼

 回答有難うございました。

 上司でそこまで違いがあるモノなんですか…?うわあ…

 私が怖いのは、これがどこまで広がるか、なんですよね…一部にとどまってくれればいいのですけど。

>「喫煙者は採用しない。」程度の理不尽は日常茶飯事
→まだ酷い理不尽があるのですか…覚悟しておきます。

投稿日時 - 2011-01-15 15:10:48

ANo.11

異常でしょうか??

質問者さんが例えば社長の立場なら以下の二人どちらに給料を渡したいですか?

仕事は箱を一日50個作るとします。給料は一日1000円とします

非喫煙者:一日で箱50個完成。能力ある人は70個まで完成させる。
喫煙者 :一日で箱30個完成。50個できていないので残業。残業代は+500円

喫煙者が箱の作る数が少ないのは、喫煙の為のタバコ休憩が多いからです。
タバコ吸う側も休憩時間のみだけという姿勢に変われば
企業もそういった事を言い出さないでしょうね・・。

投稿日時 - 2011-01-15 12:14:54

お礼

 回答有難うございました。

 かなり簡略化した例なので、何とも言えません。トイレ休憩が多くても同じでは?集中力がなくてもそうだし。
 それに、20個も差ができるような吸い方をする程のヘビースモーカーはそこまでいません。

 エリートの喫煙者を何人か知ってます。喫煙者かどうかではないと思います。

投稿日時 - 2011-01-15 15:06:49

ANo.10

採用条件に「禁煙」とか……
もう、ギャグですねぇ。

この不景気な現代社会ならではの、ヒトを落とすための“条件”でしょう。

安定した就職を求める方々が飽和なら、企業は“何か”で人材を落とすしかない。
だから些細な物事でも、振り分けるのでしょう。

ただ、こういった企業は…先は望めません。
喫煙によって個人の才能を一切無視しているのですから。
発展はないでしょう。
見限る事です。

投稿日時 - 2011-01-15 02:33:10

お礼

 回答有難うございました。

 なるほど…今までの回答と違う見方が出てきました。
 ギャグ…(笑)
 まぁ、確かに…最近の就活はほんと異常です!

 でも内定取れないとこの先不安ですし…行きたい企業がそうだったらショックですよね。
 私はまだ就活する年ではないのですが、これからが不安です。

投稿日時 - 2011-01-15 02:45:18

ANo.9

難しい問題ですね。
確かに喫煙はマナーに気をつけて、喫煙場所でのみ吸っていればそこまで叩かれる筋合いはないだろうと思います。これまでも喫煙者を雇ってきているんだし、「体調を悪くすれば…」の主張も筋が通りません。
しかし「百害あって一利なし」と言われるタバコですから、企業からすれば非喫煙者の中から雇えるならその方がいいだろうとも思います。

まあ禁煙の条件を出している企業はまだそれほど多くないでしょうから、別の企業を選べばよいのではないですか。

投稿日時 - 2011-01-15 01:50:45

お礼

 回答有難うございました。

 私が見たニュースのインタビューでも喫煙学生が「タバコはやめない」と言ってました。他を選べばいいのでしょうが…内定が取れなかったら、と考えると他人事ながら心配です。
 最近の就活の異常っぷりにはほんと呆れます。

 少子化なのに、現役世代少ないのに…つくづく若者に優しくない社会だなぁ…

投稿日時 - 2011-01-15 02:41:31

ANo.8

喫煙者・非喫煙者両方の気持ちが分かる元喫煙者です。

社会人にとって、というよりも従業員がタバコを吸うことで受ける会社のデメリットは山ほどあります。もちろん喫煙者がそんなことを聞くと、「そんなことまで目くじら立てるな」と腹を立てそうなことも含まれてます。でも非喫煙者にとっては大変なことなのですよ。

たとえば、駅から会社までのわずかな距離。通勤電車を降りた喫煙社員がついつい気を許して一服、吸殻を排水溝に隠すように捨てる。それを近所の住人が見かけて「オタクの会社は一体従業員にどういう教育をしているのか」とクレームしてくる(実話)。携帯灰皿持ち歩いていても、煙が近くに来ただけでクレームしてくる人もいるでしょうね。

飲み会の席。居酒屋に行くとついつい一服したくなります。周囲では他の客がタバコばんばん吸っています。
でも近くの席でタバコ吸われるのって、タバコを吸わない人からすると非常に厳しいのです。でも宴会の席で喫煙者に直接文句言うのは場の雰囲気が悪くなるから言わない。何も言われない喫煙従業員は「このくらい許されているのかな」と勘違いする。とんでもないです。でもそれが嫌な非喫煙従業員は、次回から飲み会に出たくないなんて言い出す。社員のスムーズな親睦が喫煙従業員によって妨げられている格好です。

喫煙室や屋外灰皿の設置コスト、一服タイムのせいで生産性悪化。そのうち体を壊す…。それだけじゃないんですね。

ということで、今の世の中、喫煙者は民族浄化されかかってますから、どうせなら最初から吸わない人を雇った方がメリット大、ということかと。別にそういう条件を付加しても優秀な人材は集まりますから。

投稿日時 - 2011-01-15 01:39:03

お礼

 回答有難うございました。

 私は非喫煙者ですが…

>通勤電車を降りた喫煙社員がついつい気を許して一服、吸殻を排水溝に隠すように捨てる。それを近所の住人が見かけて「オタクの会社は一体従業員にどういう教育をしているのか」とクレームしてくる(実話)。携帯灰皿持ち歩いていても、煙が近くに来ただけでクレームしてくる人もいるでしょうね。
→成人捕まえて「教育」ですか…?それは別に会社の責任でなく個人の責任とマナーの問題ですよ。社員教育の問題じゃなく。
 煙については、立ち止まって吸っているなら落ち度はありません。クレーマーの方がおかしいです。クレームも落ち度がない時ははっきり言っていいと思います。
 どうしたって個人でなく会社を見る傾向があるのかも知れませんが、毅然としてていいと思います。

>社員のスムーズな親睦が喫煙従業員によって妨げられている格好です。
→嫌煙家はいつの時代にもいるのでしょうが…行き過ぎじゃありませんか?そこまで…?ほんとですか?

投稿日時 - 2011-01-15 02:37:15

ANo.7

雇用契約は私的な契約なので、労働法等に違反する条項が無ければどんな条件でもアリです。
契約自由の原則、私的自治ってやつです。
嫌なら社会運動を巻き起こして、喫煙者に対する差別だって世論を作り上げて法律を改正させるしかありません。

投稿日時 - 2011-01-15 01:20:46

お礼

 回答有難うございました。

 うぅ、私的な契約…そう言われるとそこまでなのですが…そうすると「法律に反していなければ何をしてもいい」てことになりませんか?脅迫して内定辞退させているのも法律違反じゃないから許されるのでしょうか?
 それでいいのでしょうか?何でも法律にしなければいけないのもどうかと思いますが…仕様がないのでしょうか。

 就活に関する運動なら去年あたりから学生の間でもあるのですが…喫煙者の運動てあるんですかね?

 社会て怖い…

投稿日時 - 2011-01-15 02:27:15

ANo.6

健康だけの理由では無いでしょう、
すでに雇用されている喫煙者のための分煙施設などを将来簡単になくせます(資源の有効活用に繋がるし、コスト削減にもなる)。
労働組合があれば、喫煙所設置(分煙室)は組合交渉事項にもなります。
(全面禁煙させるなら、喫煙所を設けろという環境改善の交渉は出来ます)。

また、「時間や場所が拘束されていれば、喫煙していても労働していたとみなされる」という識者の見解があり、
実際に仕事をしていないのに、労働時間とみなされることがあります。
仮に、タバコを吸ってくると、指定された喫煙所で1時間いても休憩扱いにはならないので、
非喫煙者から見れば不公平と考える人もいるでしょう。
そして、企業側がその喫煙時間を労務費の損失と考えれば、採用条件に非喫煙者や入社日までに喫煙を止めるとしても異常とは思えません。
喫煙時間を個々人のモラルだけに依存することは出来ません。

個人の嗜好は守られるべきですが、会社は自宅ではありません。

>社長・会長クラスにもなればタバコどころか葉巻吸ってる人もいるのでは…彼らも禁煙するというのでしょうか?
上が率先しなければ、下は規則を守りません。

投稿日時 - 2011-01-15 01:10:22

お礼

 回答有難うございました。

>また、「時間や場所が拘束されていれば、喫煙していても労働していたとみなされる」という識者の見解があり、(中略)指定された喫煙所で1時間いても休憩扱いにはならないので、非喫煙者から見れば不公平と考える人もいるでしょう。
→それはその喫煙者が酷いだけでは…タバコで1時間も出てる人なんてそうそういないでしょう。多分そう言う人はトイレでも1時間かかりますよ。

>個人の嗜好は守られるべきですが、会社は自宅ではありません。
→会社内で吸わなければいいだけなのに、会社外(勤務時間外)の喫煙にまで干渉しているのが「喫煙者不採用」なのですよ。

>上が率先しなければ、下は規則を守りません。
→そりゃそうですね。

投稿日時 - 2011-01-15 02:20:40

ANo.5

小売業経営者です。
私自身は吸いませんし従業員の喫煙を禁止もしませんが、喫煙者のアルバイトに対して「タバコ臭い」というクレームが来たことはありますよ。

あと、勤務時間中に「ちょっと一服」と席を立つから、非喫煙者より働く時間が短くなっているという指摘を何かで読んだことがあります。
わずかな時間かもしれませんが、非喫煙者のほうが働く時間が短くなる理由は存在しないので、喫煙者を排除する理由にはなりそうですね。社内全員非喫煙者なら、喫煙所を作る費用も不要になりますし。

なにもそこまでしないでも、と思わなくもないのですが、世間が喫煙に厳しくなったことで、喫煙者のマナーがだいぶ良くなったのも実感としてあります。肩身が狭いくらいで丁度良いのかなとも思います。

投稿日時 - 2011-01-15 00:52:15

お礼

 回答有難うございました。

 社会全体が喫煙に対してあまりにも過敏な気がします…分煙できればいいと思うのですが。臭いぐらいは多少イヤでも我慢しませんかね?煙なら目にしみたりもするので言いたくもなるかも知れませんが。

 肩身の狭さがストレスになって別のモノに手を出したり、病んだりしなければいいのですが…

投稿日時 - 2011-01-15 02:11:10

ANo.4

正当とまで行かなくても、合理的な理由があれば致し方なしなのかな、と喫煙者ですが思います。

書類を焦がされたり灰で汚されたりすると困るので、職場内での喫煙は禁止と言われれば戦う気はありません。
非喫煙者を同様の理由で採用条件とするのも「合理的」と言えなくもありません。

但し、「体調を悪くすれば会社にもそれだけ迷惑がかかる」と言った健康面に関しては異議ありですね。
採用されるために禁煙して体調を悪くすることもあるからです。
前立腺がんの発症率は非喫煙者のほうが高いですし、喫煙者が禁煙すると糖尿病の罹患率が3倍になるというデータもありますから。

投稿日時 - 2011-01-15 00:49:31

お礼

 回答有難うございました。

 合理的…そこまで神経質になるようなことでしょうか?
 職場の環境にもよるとは思いますが…思っていたより難しいことなのでしょうか。

 そんなデータが…!?医学データもどこまで信用していいのか分かりませんよね。

投稿日時 - 2011-01-15 02:06:32

ANo.3

コピペ

『たばこに関する対応は企業ごとに分かれる。採用面接に当たって、就業時間中は喫煙できない点を説明して、納得を得た上で採用する企業もある。喫煙は防災上のリスクである上、社員の健康面でもマイナスと判断する企業が多い。業務上の非効率、職場での迷惑という認識も広がっている。


 喫煙室で吸うのだから、周囲に迷惑はかけていないと思う人もいるだろう。だが、実際には喫煙室にこもっている間、もし電話が鳴れば、吸わない人が呼びに行く羽目になる。たばこのにおいをまとったまま席に戻れば、周りの非喫煙者にとってストレスともなり得る。喫煙による健康被害が健康保険組合の負担になる点も見逃せない。


 面接で黙っていればばれないという思い込みは甘いだろう。非喫煙者はたばこの匂いに敏感で、その日の朝に吸っていれば、気づかれる可能性は小さくない。同じスーツで何日も回っていれば、その合間に一服した匂いが服に残る。そもそも入社後にばれれば、立場が危うくなりかねない。』

だそうですが、納得しなければいけない部分はあると思います(私は喫煙者ですけどね)

投稿日時 - 2011-01-15 00:32:30

お礼

 回答有難うございました。

 むう、喫煙者にそう言われると非喫煙者の私はあまり言えないじゃないですか。
 …ちなみにどこのコピペなのでしょうか?新聞の記事か何かですかね?

 でも、面接で「禁煙できる?」て聞かれたら嘘でも「ハイ」と答える人が多いと思いますが…一昔前の採用面接で女性に「結婚しても働き続けますか?」て聞くのと同じじゃありませんか?

投稿日時 - 2011-01-15 02:03:44

ANo.2

>Q、採用条件に「禁煙」を掲げるのは異常ではないですか?
>そこまで求める必要があるのでしょうか?

 買い手市場なので仕方ないかと・・・
人事担当でないので合っているかわかりませんが
企業としては、「喫煙=不健康」という印象があるのでは
保険料もバカにならないですしね~

 非喫煙者の私的には喫煙人口が減らない方が
喫煙者が早死にしてくれて年金的にうれしいのですがね~

投稿日時 - 2011-01-15 00:28:57

お礼

 回答有難うございました。

 喫煙者てそんなに早く死にますか…??ウチの隣人は15才から吸って今87才なんですが…あれぇー?

 健康リスクも色々言われてますけど、全然丈夫なヘビースモーカーもいるし…人それぞれってヤツですか。くそう。

 買手市場…やっぱそれで企業も強気なんですかね

投稿日時 - 2011-01-15 01:58:28

ANo.1

喫煙者なので意見は擁護側になりますが・・・。

喫煙のデメリットはあります。

ただし、無菌室勤務や、臭覚が重要な職務環境など、正当な理由があれば別ですが、業務に支障が無い範囲の喫煙を不採用の理由にするのは、行き過ぎだと感じます。

勤務時間中の禁煙や、喫煙場所の廃止など、企業内で禁煙を進めるのは企業の判断でやむをえないと思いますが、喫煙の習慣だけをもって就職の機会を閉ざすことは認めがたいですね。

正当な理由が無い限り、採用条件に禁煙を掲げるのは反対です。

投稿日時 - 2011-01-15 00:23:28

お礼

 早速の回答有難うございます。ちょっと目を離したすきに沢山の回答がきていて驚きました。

 確かに職務環境によりますよね。機械とか、薬品とか…結構デリケートですし。

 ニュースのインタビューで喫煙者の就活生が、「喫煙はやめない。そういうところには行かない。」と答えているのを聞いて、そう強く言える喫煙学生が何人いるのかな…?と思いました。

 問題は何を正当とするか、ですね。 

投稿日時 - 2011-01-15 01:54:54

あなたにオススメの質問