こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

建築士か理学療法士、将来性や給与に関して

タイトルを見ると全く畑違いの分野と思われるかもしれませんが、現在どちらの資格を取得しようか真剣に悩んでいます。

私は現在自営で店舗や住宅のインテリア、家具デザイン事務所をしています。
この仕事における収入ですが、数年前までは同年代のサラリーマンより若干収入が多かったのですが、現在は取引があった工務店や設計事務所が相次いで倒産したこともあり収入が激減してしまいました。
私は芸術大学のデザイン科卒で、建築士などの資格はありません。よって図面は一応描けますが、無資格なので申請業務等は出来ません。
ただ店舗などの改装や家具設計などには特に資格は必要無かったので、今まで困ったこともありません。
ただ、現状から言えばこのデザイン業を続けることが困難なので、ここは人生をやり直すつもりで資格を取る為に専門学校に入学しようと思っています。

タイトルで理学療法士と言っているのは、実は私の父親が医師で、理学療法士なら仕事に困ることも無いのと、専門学校を卒業して国家試験に合格すれば一応安泰だと勧められました。
ただ、この職業は求人数は多く仕事は十分あるのですが、その反面給与はそこまで多くは無いようですし、長年勤めても昇給もそこまで見込めはしないそうですが…それでも「食いっぱぐれる」ことは無いそうです。

建築士と言っているのは、私は基本的にそのような仕事が好きだから悩んでいるまでです。
ですが昨今の景気悪化により、建築業界もかなり厳しい状況にあるのはよくよく理解しています。
私の知っている一級建築士事務所でも倒産したところがあるくらいです。
しかしその反面、そこそこ業績が良い設計デザイン事務所もあります。多分ツテがあるのだとは思いますが。

私は現在建築士の資格が無いので、どこか他の設計事務所や工務店からデザインの仕事をもらう、つまり依存しないと収益は生まれません。
よって、とりあえず二級建築士の資格でも取って、その他宅建やインテリアプランナー、福祉住環境コーディネーターなどの資格を複合的に取得すれば仕事をやって行くことが出来るのかと思っています。
もしこれでおおかた仕事が出来るなら、私の好きな道なのでやり甲斐もあるでしょうし、また勉強もはかどるかと考えています。

理学療法士の勉強も出来るのでしょうが、ジャンルが全く違うので自分にとっては結構辛いと感じるかもしれません。
こんなことで弱音を吐くくらいなら初めから無理と言うご意見もあるかもしれませんが、将来を見据えて、もし建築関係の仕事に希望はあまり無いから理学療法士になった方が安心で、それを勧めるご意見が多ければ、何としてでも理学療法士になる為に頑張りたいとは思っています。

ちなみに私は現在35歳なので早急に今後の進むべき道を決めなければなりません。
※尚、一応先日理学療法士養成の専門学校で入試があり、受験したところ合格はしています。
※まだ未婚なので専門学校へ通うことに問題はありません。

以上ですが、どのようなご意見でも構いません。様々なご意見をお聞き出来れば幸いです。
アドバイス宜しくお願いします。

投稿日時 - 2011-01-20 15:24:43

QNo.6461782

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

私も35歳で今年から理学療法士の専門学校に通う妻子もちです。

以前は建築の設計にいた2級建築士です。

お父様がDrなのであれば断然理学療法士をお勧めします。
後ろ盾にDrがいるのであれば鬼に金棒です。

ただ、私も、もう少し若ければ看護師を目指そうと思いましたが、女社会、そして実務経験や現在の家庭の事情を
考慮してPTに進みました。

病院勤務になれば薄給しか見込めませんが、やり方を模索すれば決して薄給の職業ではないと思います。

建築とPTとのリンクは畑が全く違うため難しいとおもいますが、やってから考えてはいかがでしょうか?

私ならやらずに後悔するくらいならやって勉強します。

お互い頑張りましょうね。

PS 建築とからめるならOTの方がいいんじゃないかなと思いました。

投稿日時 - 2011-01-25 10:07:49

お礼

お礼が遅くなり申し訳ございません。

「やってから考える」と言うのは始め
無責任な回答だと思ったのですが、
実はそんなことは無かったです。
正にその通りで、私も後悔するよりは
やってみることを決意しました。

今春よりPTの専門学校に通おうと思います。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2011-02-02 22:15:04

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

理学療法士は、病院や施設の職員になるパターンと、介護関係の
会社の「訪問リハビリ」の社員になるなどのパターンがあります。

いずれにしても、給与は大体決まっていて、あまり昇給は望めない
と思います。
但し、安定しているので食いっぱぐれは無いでしょう。

病院なら、怪我でリハをしている若い方もいらっしゃるし、年齢層も
様々なので、それなりに会話をして楽しい部分もありますが、
介護施設や訪問リハは、殆ど高齢者で寝たきりで、口もきけないような方が
多いと思います。

もし、後者の場合、毎日黙々と手足をさすったりするだけで、1日中
それを続ける訳です。

お年寄りが好きで、少しでも楽になって頂きたいという気持ちがあるなら、
やりがいのある仕事として、続けられるでしょう。

しかし、そのような気持が無い場合、ただ給料を貰えるので安心だから、
という気持ちしかないなら、すぐに嫌気がさして、溜息をつくと思います。

好きな仕事をして生きていけるのが最善ですよね。

可能かどうか分かりませんが、理学療法士になり安定したお給料を
確保しながら、デザインの仕事をバイト程度でされたらいかがでしょう。

まずは、安定した給料が大事なので、デザイン関係の仕事をメインにするのは
冒険だと思います。

取るなら1級建築士を取らないと独立できません。1級と2級では大きな
開きがあります。

依頼者としては2級の方に頼みたいとは思いません。
しかし、1級を取っても食べて行けるか、不明です。

ですから、二足の草鞋ではありませんが、理学療法士をメインにされた方が
安全だと思います。そして好きなデザインも続ければ宜しいのでは。

あくまでも、参考程度にお読み下さい。

投稿日時 - 2011-01-20 20:57:01

お礼

とても現実的な御回答だと思いました。
確かに「食いっぱぐれ無い」のは生きていく上では
重要なことです。
ただし本当に好きな仕事で無ければ、特に介護に
関わる仕事ともなれば続けられなくなると言うご意見も
ごもっともかもしれません。

私も本当にこのような仕事が好きなのか?と言われたら
正直声を大にして「ハイ」とは言えないのかもしれません。

そう考えると、また悩んでしまいます…

人生を左右することなので、もう少し考えてみたいと思います。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2011-01-21 07:35:32

ANo.1

どちらも現実的とは思えません。

2級建築士の資格取得のため、専門学校に2年通い、受験して合格まで1年、自分で開業のためには3年の実務経験がいりますので、合計6年後しか個人事務所は設立できません。
しかも、そのときにあなたに仕事をくれる人はいますか?
また2級をとっても住宅設計の経験が無い人に仕事くれますか?

理学療法士はわかりませんが、今までの経験を全て捨てて、好きな仕事を捨ててまでチャレンジする価値があるとは思えません。

現実的なのは、設計事務所等に入って仕事をしながら2級建築士の資格取得を目指す方法だと思います。

投稿日時 - 2011-01-20 18:59:10

お礼

御回答ありがとうございます。

一生の問題なのでご意見を参考に再度真剣に考えて
みたいと思います。

投稿日時 - 2011-01-21 07:29:10

あなたにオススメの質問