こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

簿記について

将来、簿記への就職を考えている中学生です。

私は前々から事務系の仕事に就きたいと思っていました。
調べてみて、簿記がそうなんだとわかり、資格を取りたいと思いました。

そこで進路についての質問ですが…



事務関係の仕事に就くとなると、高校は普通科より商業科などがある高校の方が良いのでしょうか。

自分としては、普通科高校⇒専門学校or短大⇒就職…となるのが理想です…。
また、専門学校や短大で、就職に有利な簿記の資格は必ず取れますか?

そして簿記は日商簿記が良いかなって思います。3級から受けるのが一般的だそうですが、
今から参考書など買って勉強するのはどうなんでしょう?中学生が理解できますか?

また、勉強して、合格さえすれば中学生でも簿記の資格(1~3級)を取得することは可能ですか?
無知ですみません。教えてくだされば嬉しいです。

投稿日時 - 2011-01-22 21:17:08

QNo.6467298

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

中学生でも取得は可能です。しかし下の方々が回答しておられるようにお勧めしません。
それに、会計の方法は毎年のように少しずつ変わっていきますから、資格を取得してから実務経験を積まずに年数がたっていると不利になります。

昇進という観点からみれば、4年制大学に進学すべきです。
また、簿記知識だけあっても、経営学や経済学・法学の教養がなければ、できる仕事は限られます。
4年制大学に進み、どの学部であったとしても経営学、経済学、法学の概要程度は学んでおくべきです。

商業高校や専門学校卒業で仮に運よくどこかの会社の経理に採用されたとしても、機械的に数字を打ち込むだけのオペレーターとしか扱われないでしょう。

大企業の経理や会計士、税理士を目指すなら、大学在学中に簿記1級に挑戦してみてください。
2級でも就職できますし、1級でもその他の要素で就職できないこともあります。
経理の仕事に就きたいなら、簿記だけでなく日商電子会計実務検定も取得しておくとよいでしょう。

投稿日時 - 2011-01-23 19:16:01

お礼

質問する前とだいぶ考えが変わってきました。
頑張って4年制大学に進んでみようと思います!
回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2011-03-14 20:58:40

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.3

中学生でも勉強しだいで3級は取れるでしょう。

でも私はその考えは薦めません。

まず大学に行く気がないのならば、確かに商業高校のほうが簿記だけを言えば有利です。卒業生の殆どは3級を取りますし、優秀な学生は2級も取れるでしょう。

でも就職して経理に入ったとしても殆どの会社の経理のマネージャーは大学でです。それを超えるのはよほど本人の能力が高いか、努力をするかです。

経理で活躍したいのならばやはり経理課長や経理部長にならないと本当の活躍はできません。それは殆ど大学卒業者です。
従って回り道のようですが、基礎的な学科を勉強してよい大学に行くほうが経理で活躍するには確実な道です。

また、私自身経理で永年はたらいたものですが、いろいろな会社の人生の中で大学で学んだ一般的な教養はないよりもあったほうが仕事の上でもはるかに有益です。判断力では大学を出た者の方が一般的に上です。


ということで、長い人生ですからまだ限定的に進路を決めないで、学生本来の勉強にがんばることをお勧めします。

投稿日時 - 2011-01-22 21:46:20

お礼

お話を聞いて考えが変わってきました。
大学には頑張って出ようと思います!
回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2011-03-14 21:01:54

ANo.2

まず、簿記は↓の受験資格にもあるとおり、学歴・年齢・性別・国籍に制限はないですよ。
http://www.kentei.org/boki/

・事務の種類
事務には経理事務、営業事務、総務事務、人事などとっても色々種類があります。
その中で専門知識が必要で会社に入る前から準備できるのが、経理と人事で
経理は簿記や税理士免許、人事は社会保険労務士の資格などがあります。


・有利な資格と学校
 事務に限定であれば、簿記に限らずMOUSやシスアドなど色々あります。ただそこまで有利かどうか。
 商業高校もいいと思いますが、給与が低い事が多いです。
 それに専門学校できたら短大、4大の方が就職しやすいと思います。

 簿記は2級はとってもあまり評価されないので差別化するなら1級まで頑張ってくださいね。
   

・早目の勉強について
簿記は財務諸表を理解する上では役に立つので、早目に勉強してもいいと思います。
ただ、財務諸表の分析ができることが目標の場合は、です。

実務に就く頃には色々名称が変わってしまうのと、一度資格を取っても実務に使ってないと記憶を保つのが大変です。
実際私は資格取得しても仕事で触らなかったので数年で忘れてしまいました。

就職活動でもあまり昔の記憶系の資格は「覚えてる?」って聞かれると思います。
なのでもし早目に資格を取った場合は、専門学校などに入ったら使うバイトなどをして実務を積むと就職活動の時にも有利だと思いますよ。

投稿日時 - 2011-01-22 21:45:43

お礼

資格のことなど細かく書いてくださってありがとうございます。
参考にさせていただきます。

投稿日時 - 2011-03-14 21:02:42

ANo.1

中古ショップでDSソフトを衝動買いして簿記を勉強している者です(笑)

中学生から資格を取ろうという意思があることは素晴らしい事です
(私は野球ばかりやっていたので^^;)

商業科の授業については詳しくはわかりませんが簿記の資格取得を目指した授業があるようです。
なので、事務系を目指すのであれば商業高校へ行くのも選択肢のひとつかもしれません。



中学生ですと売掛金、買掛金など最初の段階で出てくる用語が身近なものではないので
理解するのが少し難しいかもしれませんが、勉強次第だと思います。

簿記に受験資格はありませんが、中学生で日商簿記1級を合格したらニュースになると思います。

投稿日時 - 2011-01-22 21:35:45

お礼

簿記のDSソフトがあるんですね!
回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2011-03-14 21:03:29

あなたにオススメの質問