こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

死亡保険金の受取人と税金

死亡保険金の受取人を孫にした場合、税金はどうなるのでしょうか??
まだ、代襲相続は発生していないものとします。

投稿日時 - 2011-01-29 17:43:54

QNo.6483598

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

保険契約者=保険料負担者=被保険者
ならば、誰が受取人でも、
受け取った保険金は、相続税の対象になります。

受取人が、保険料負担者(被保険者)の孫ならば、
相続税となるのですが、法定相続人ではないので、
法定相続人に与えられる非課税枠がありません。
生命保険金ならば、500万円×法定相続人の人数
という非課税枠が使えません。
5000万円+1000万円×法定相続人の人数
という計算において、1000万円×法定相続人の人数
という部分は、利用できません。
基本の非課税枠5000万円は利用可能です。

相続税の計算は、他の相続財産を合算して、
他の相続人との関係もあるので、その点の情報がなければ、
計算不能です。

投稿日時 - 2011-01-29 21:09:45

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

契約者(保険料を払う人)によって異なります。
1.相談者さんが契約者、被保険者で孫が受取人なら、相続です。
2.息子さんが契約者、相談者さんが被保険者、受取人が孫なら、息子さんから孫への贈与となります。
3.相談者さんが被保険者、孫が契約者、受取人なら所得になります。

投稿日時 - 2011-01-29 21:31:21

あなたにオススメの質問