こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

建築士重要事項説明に関する質問

私は、兄と二人で小さな工務店を営んでいます。一級建築士事務所登録(私が管理建築士)もしています。新築の仕事は、無く主にリフォームの仕事が多く、設計(簡単な設計)、監理、施工,管理も自社でやっています。設計監理の報酬は、工務店も、一級建築士事務所も貰っていません。リフォームの設計監理の契約は、結ばず、工事請負契約のみです。その場合でも建築士の重要事項説明は、必要なのですか。また、リフォームの仕事でも管理建築士の実務になりますか。

投稿日時 - 2011-02-06 18:38:40

QNo.6502729

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

2か月程前ですけど、県の建築指導課による事務所調査があってこういった件に聞きました。

報酬の有無に関係なく、建築士事務所として図面を作成する場合には重要事項説明は必要と言っていました。

リフォーム工事は、担当できる人がいなければ、単に現場を担当者であることでいいでしょう?

ちょっと曖昧な返答もあったことも付け加えますが、
お施主さんではなく工務店さんからの図面依頼があって、報酬も工務店さんの場合はどうなのかと聞きました。
業者間を対象としたものでは無いと言いながら、工務店には重要事項説明書は出しておくよう教示されました。(でも国交省の説明会では迷わず出すように示唆していましたけどね)

また、その時に士法に基づく契約書か見積書は必ず保存しておくことと、年次報告に似た書類を求めに応じて常時閲覧出来るようにしておくこと(士法の24条?の何だったけかな)は確認してったから注意しといた方がいいよ。(帳簿ももね)

投稿日時 - 2011-02-06 21:20:04

お礼

詳しい説明有難うございました。

投稿日時 - 2011-02-06 23:26:18

ANo.1

http://www.goodreform.jp/edit/kiji/kenchikushi/
リフォームでも必要な時は重要事項説明しますよ。
設計行為があるかどうかでしょう。設計すれば監理もされているのですし。
設計図をお渡しするならば説明が必要と考えてもいいでしょうね。
やってないと固い話ですが違反です。
もちろんキッチン交換工事などに必要だとは思いませんよ。

建築士の業務は法令にでていますからそれに相当すれば建築士事務所の仕事です。
建築士事務所の業務であればそれを技術的金銭的に監修するのが管理建築士です。

よって、全てのリフォームが重要事項説明を必要とはしないが、
設計をする場合は重要事項説明が必要。
設計だけでなく他にも建築士の業務はありますのでそれを行えば建築士事務所の仕事になりすなわち、管理建築士の実務となりますね。

法令抜粋)建築士は、設計及び工事監理を行うほか、建築工事契約に関する事務、建築工事の指導監督、建築物に関する調査又は鑑定及び建築物の建築に関する法令又は条例の規定に基づく手続の代理その他の業務を行うことができる。

管理建築士講習と建築士定期講習は受けられましたか?
忘れると一から事務所登録が必要ですよ。気をつけてくださいね。

報酬は請求できる額ときめられていますがリフォーム工事にはなかなか当てはまらないですよね。
請求できるけどしない。請求しなければ「業」ではありません。
なので、明細の書き方を工夫するか工事費の何%という形で税務上や業務台帳上処理するかその辺りは考えられた方が良いでしょう。

投稿日時 - 2011-02-06 19:21:57

お礼

いろいろと細かく回答して頂きまして本当に有難うございます。
これからのリフォーム工事で設計した場合は、重要事項説明をします。
建築士定期講習は、受けましたが、管理建築講習は、まだ受けてませんので、これから受けます。

投稿日時 - 2011-02-06 20:22:00

あなたにオススメの質問