こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

製造原価について

初心者ですみません。

製造業(研究開発)をしている企業において、
受注を取るまでの営業活動にようする機材費は
どう原価処理をしていけばいいのでしょうか?

A製品の受注を取るまでにA製品を開発設計し、
営業に行き、A製品の受注が取れた場合と取れなかった
場合の会計上の処理方法をお教えください。

よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2003-09-09 13:21:02

QNo.650537

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

【営業活動にようする】
営業にかかる費用ということでしたら
販売管理費でいいと思います。
受注がとれたとれないで、原価にいれるか販売管理費に
計上するかという考え方ではないので、どちらにせよ
販売管理費でいいと思います。
ただ、A製品を開発設計にかかる分は原価に入れてもいいと
思います。

投稿日時 - 2003-09-09 14:58:16

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

受注を取るまでの営業活動に要する費用は「販売管理費」のなかの交通費・交際費など、各々の勘定科目で処理されます。
機材費や研究開発に必要な費用は「研究開発費」として処理されます。

製品として完成してからの製造に要する費用が「製造原価」となります。

投稿日時 - 2003-09-09 16:27:03

補足

皆さん、ご回答有難うございます。
例えば、1,000万円をかけて作った物を持って営業に行き、
受注が取れた場合は、契約金に1,000万円をぶつけることは
不可能なのでしょうか?

また、営業時説明用として作成した物が売れた場合は、
原価が不明になってしまうのですが、どうしたらいいのですか?

最後に、もし仮に同じものを今後作成しようとしたときに、原価(幾らかかるのか)わからなくていいのでしょうか(営業の交通費等は、無視しますが)?

よろしくお願いします。

投稿日時 - 2003-09-10 20:31:26

ANo.1

>”営業活動にようする”機材費

ということなので製造原価に含まず、販管費に計上では?受注が取れても、取れなくても同じになります。

投稿日時 - 2003-09-09 13:31:28

あなたにオススメの質問