こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

借りてる土地が二重でしかも赤の他人の土地なのです

みなさんに質問です
両親が土地を借り、趣味で野菜作りなどをしています。
実はその土地のことで問題が発生しました。法律に詳しい方、ぜひお答えください。

問題の概要は以下の通りです。
二年前から地主Aから土地X、地主Bより土地Yを、
それぞれ年2000円で借りて家庭菜園をしている。
この土地は25年前から、2年前までの23年間
C氏にやはり菜園として貸し出されていた。
借りるに際し、借用書や領収書は
田舎のことでもあり口約束のため存在しない。

しかし実際は土地Xは20年前に株式会社Dに貸し出されており
また、土地Yは地主Bの所有は半分であり
残りの土地は地主Aの所有であって、土地Xと共に会社Dに貸し出されていた。

二重の賃貸借について地主A、地主B共に悪意は存在しない模様である
一方、会社Dは土地Xと土地Yの半分について
地主Aに(さらに広大な土地の一部として)賃料を払い続けていた。

今回、事実関係が会社Dの調査により判明したことで
両親は土地Xと土地Yの半分について
遅くとも二か月以内の立ち退きを求められている。

とまぁ書いていて頭が痛くなりそうな状況なのですが・・・

両親が言うには、このまま土地X、土地Yと共に菜園として借りる事はできないのか?
もしくは立ち退くのは仕方がないとしても、収穫や次の土地を探すのも考えれば
せめて一年ほどは待ってもらえないだろうか?という事なのですが・・・

できれば両親の希望をかなえてあげたいと思っているのですが
何か良い方法はないでしょうか?

投稿日時 - 2011-02-13 22:40:11

QNo.6520909

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

会社Dの言い分が正しければ、最終的には会社Dの賃借権が優先される
と思いますが・・。

・会社Dの言い分(調査?)が正しいかどうかという問題があります。
 言い分の法的根拠を確認したほうがいいでしょう。
・会社Dに対しては、地主A、地主Bから賃借している旨主張すればいい
 と思います。会社Dと直接やり取りするのではなく、地主を入れた方
 が条件交渉はしやすいと思います。
・占有状態を続ければ、ある程度の時間かせぎはできます。
 縄をはるとか、種苗を植えて立て札立てておけば、勝手に立ち入る事
 は賃借権の優劣によらず両親の財産権の侵害になる可能性があります。
・2重賃借によって被った両親の損害は地主に請求することができます。

と、いうようなことがあなたの両親の対抗策になります。
「23年間C氏にやはり菜園として貸し出されていた。」という点も多少
の主張にはなると思います。

↑のような事を踏まえ、地主と交渉してみてください。
弁護士入れるような話でもないと思いますので、後は両親がどこまで踏ん
張れるかということでしょう。

投稿日時 - 2011-02-14 06:58:49

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

正式な賃貸契約といえる料金を払っていれば別ですが、2000円では使用貸借程度にしかならないでしょうから対抗の余地はありません。
ですがそうは言っても交渉ごとなので、相手に収穫まで待つ余裕がある(すぐに土地を使う予定が無い)なら交渉しだいで収穫まで安く借りれるかもしれません。

投稿日時 - 2011-02-14 03:23:55

あなたにオススメの質問