こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

電子回路について

今電子回路について勉強しているのですが、以下の回路で疑問な点がありました。
この回路、たぶんコルピッツだとおもうのですが、このR9の4.7Ωは何の働きをしているのでしょうか?
よろしくお願いします。

大変申し訳ございませんが、この投稿に添付された画像や動画などは、「BIGLOBEなんでも相談室」ではご覧いただくことができません。 OKWAVEよりご覧ください。

マルチメディア機能とは?

投稿日時 - 2011-02-15 02:48:49

QNo.6523883

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

コルピッツの一種類のクラップ回路です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%83%E3%83%97%E7%99%BA%E6%8C%AF%E5%9B%9E%E8%B7%AF

R9とR10で9Vを分割して約2.9Vの電圧をトランジスタのベースに供給します。
2.9V = 9Vx4.7k÷(4.7k+10k)
これによりエミッタ電圧が約2.2Vになる様にエミッタ電流が流れます。
エミッタ電流は 2.2V÷300Ω = 7.3mA になる。

投稿日時 - 2011-02-15 05:48:02

お礼

ありがとうございます。大変わかりやすく理解できました!

投稿日時 - 2011-06-05 16:18:34

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

トランジスタの動作点であるエミッタ。ベース間のニー電圧の0.6ボルトを確保する抵抗です。4.7キロオームです、これらのバイアス回路で安定した発振をさせるのです、この抵抗がないと水晶発振回路といえども、周辺温度変化でトランジスタの動作点が変化して、発振が停止したり、発振周波数が変動します

投稿日時 - 2011-02-15 10:33:24

お礼

なぜ動作するのかがよくわかりました。ありがとうございました!

投稿日時 - 2011-06-05 16:19:09

あなたにオススメの質問