こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

債券型投信では「利子収入及び値上がり益を主な分配原

債券型投信では「利子収入及び値上がり益を主な分配原資とする」とありますが債券の価格と金利は逆の動きをしますよね?購入したら価格の上昇=金利低下or価格の下落=金利上昇どちらに期待すれば良いのですか

投稿日時 - 2011-02-15 23:06:44

QNo.6525847

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

市場の債券の利回り・金利が変動しようが、既に買った債券の利回り・金利は下がりません。
債券の利回り・金利低下とは「買った時点での利回り・金利」と「比較する時点での利回り・金利」の相対評価です。

なので、購入したら基本的には「金利低下=価格上昇」を期待することになります。

投稿日時 - 2011-02-16 10:09:42

ANo.1

価格の上昇=金利低下に期待すればいいです。
景気がピークを過ぎて、リーマンショックがあり、でFRB(アメリカの中央銀行)は金利を引き下げていきました。ジャンク債(信用の低い高利回り債)ファンドは利回り27%から10%に下がり、半年で60%も値上がりしました。為替ヘッジをつけていれば80%の値上がりでした。
いま、ブラジルなど金利を上げています。債券自体は下落しますが、利息が多いのでそれほど値下がりしません。(専門的にはデュレーションが小さいといいます。)高金利なので、為替レートは上昇します。ファンドの円での価額はまあまあ上昇する程度ですかね。外債ファンドは為替にも注意が必要です。
金利上昇、インフレですから、今は株式、商品などの資産が有利かと推測します。また、為替は金利の高い国のレートが上昇すると推測します。

投稿日時 - 2011-02-15 23:39:37

あなたにオススメの質問