こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

CICについて

はじめまして、今回CICへの登録情報についてお伺いします。
実は今回住宅ローンを組むにあたり、CICとJICCと全銀協から信用情報を取り寄せました。
その書類には何も記載がなく、問題ないと住宅販売の営業に言われ、いざローンの申し込みをしてみました。
昨日結果が届いたのですが、内容は否決との事でした。理由は7年前に私に延滞があるからとの事でした。
私自身全く身に覚えがなく、尚且つ自身で取り寄せた開示情報に記載もなかったのですが、銀行からはCICで確認したと不動産屋には回答があったそうです。
そこで今回お伺いしたいのが、下記3点です。

1)私が開示請求した情報と、銀行が開示する情報は違うのでしょうか?
2)銀行が確認した内容を私が確認するにはどうすればよいのでしょうか?
3)今後住宅ローンに限らず、その他のローンも関係してくるのでしょうか?

私は28歳で妻と子の三人暮らしです。
年収は650万円で勤続6年です。
他の借り入れもありません。
実は今までクレジットカードや車のローンを組んだ事なく、全て現金払い主義でした。
ローンを組むのは今回が初めてです。


どなたかご存知の方、回答の程宜しくお願い致します。

投稿日時 - 2011-02-19 11:06:03

QNo.6534205

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

> その書類には何も記載がなく、問題ないと住宅販売の営業に言われ、いざローンの申し込みをしてみました。
本当は、住宅販売の営業に見せてはいけないものですよ。
大切な個人情報ですから。

私は、私の勤務先の保証会社に出向していたことがありまして、その保証会社はCICの加盟会員なんですが…。
> 1)私が開示請求した情報と、銀行が開示する情報は違うのでしょうか?
はて、私が知る限りでは、「CIC」で「本人情報の開示」を行った結果と加盟会員が照会した結果は、全く一緒でしたけれど…。(実は、参考にしようとして、お客さまに「本人情報の開示」で受け取った結果を拝見させていただいたことがあるんです。)

> 理由は7年前に私に延滞があるからとの事でした。
ということは、7年前の日付を「情報登録日」とした「異動」情報が登録されているということになりますね。
7年前の「異動」がそのまま残っているということは、その延滞は解消されていないことになりますね。

> 昨日結果が届いたのですが、内容は否決との事でした。
> 理由は7年前に私に延滞があるからとの事でした。
> 銀行からはCICで確認したと不動産屋には回答があったそうです。
この銀行は、CICと加盟会員との契約において「してはいけないこと」をしてしまいましたから、CICに「某銀行に住宅ローンの審査を依頼したところ否決となった。その理由がCICに延滞情報が登録されているというものだった。」と、銀行名を出して通報してもいいですよ。(その銀行はペナルティを喰らいます。)

融資を断る理由に「個人信用情報機関に瑕疵(ネガティブ)情報が登録されているから」と言ってはいけないんです。

ついでに、「本人情報の開示結果では、異動情報が表示されていないが、銀行の言い分としては『CICで確認したところ、延滞情報があった』とのことだった。本人に対して開示された『私についての情報』と加盟会員が照会した『私についての情報』が一致していないというのはなぜか。」と訊いていただいてもいいです。
「一致していない」という点に重きを置いてください。

> 2)銀行が確認した内容を私が確認するにはどうすればよいのでしょうか?
これは「できません」が、本来、「一致している」ハズなんですけれどね。
特に、「異動」なんて重大な情報が異なっているとは思えません。
ご自身が取り寄せた開示結果を、その銀行に持参して、「住宅販売の営業にはこう言われたが、私が開示した結果では延滞に関する情報は記載されていない。CICに確認したというのは、本当に私の情報なのか。」と訊ねてみられてもよろしいかと。
一歩間違えばクレーマーになってしまいますが、納得が出来ないということであれば、「確認」に出向かれるしかないと思います。

これが、マニュアルどおり「当行のローンの審査基準に照らし合わせ、総合的に判断して。」という理由での否決ならば、引き下がらざるを得ないと思いますが。

> 3)今後住宅ローンに限らず、その他のローンも関係してくるのでしょうか?
『個人信用情報機関』に登録されている情報が「銀行の言うとおり」であれば、その他のローン、クレジットカード、割賦販売契約にも影響してきます。
「異動」情報は、CRINというシステムによる交流対象情報ですから、KSC、JICCから照会した場合もその旨掲載されます。

ところで、ご質問者さまが住宅ローンの審査を出された金融機関は1行だけだったのでしょうか?
また、住宅ローンの審査依頼は、住宅販売の営業に「丸投げ」だったのでしょうか?

複数の金融機関からNGの回答をもらった…ということでしたら、難しいかもしれませんが、1行だけの結果ならば、「試しに」のいう気持ちで、ご自身で金融機関に出向き、住宅ローンの相談を受けてみてください。
もしかしたら、別の銀行・金融機関ならばOKとなることもありますので。

投稿日時 - 2011-02-21 18:17:38

まず否決がCICのみが理由ではないと言う事を理解しましょう。

質問者さんと金融機関が閲覧した内容は同じものだと考えて良いでしょう。
ただし各社が固有に保持している情報はあるかと思われます。

今回の審査に関しては何処から何の問い合わせがあったか、のみが記録されるだけです。

質問者さんに不利な事があったとするならば、
過去に良好な金融取引が無かった事でしょう。
完済または持続契約の記録が無い状態では返済意思の判断が出来ないと言う事です。
これに年齢や勤務先の規模などが考慮され今回の結果となったと考えます。

販売会社は否決と言う芳しくない結果を和らげて伝えようとしているのでしょう。

投稿日時 - 2011-02-19 17:21:47

補足

早速の回答ありがとうございます。
住宅ローンの事前審査の段階では問題なかったので、正直安心していた所でした。
しかし、7年前という学生時代に私は借金を組んだ記憶もないので、どうすればよいのか
全く気持ちが悪いです。

手付金や頭金等を既に払っている為、何とかローンを通したかったのですが現状では厳しそうですね。

投稿日時 - 2011-02-20 02:27:13

1)当然ですが、一般人が取り寄せできる個人の信用情報と、金融機関や各ローン会社などが取り寄せできるものとでは、天と地くらいの大きな差が生じてきます。
2)銀行が確認した情報を一個人が確認できる方法は、全く皆無です。金融機関やローン会社などでのみ調査や検索が出来る仕組みとなっております。
3)勿論、今回、申込された履歴と否決された履歴については、最低でも、10年以上は削除されることもまた皆無であり、今回の否決の情報を探すことも全く出来ない仕組みとなっております。CICなどで検索しても全く開示されることはありません。
更に、今後、各種ローンやクレジットカード等の新規申込みされた場合には、今回の件が大きく影響することはまず確実ですので、審査通過に関しては、少額のローンなどについても、大変に厳しい審査となります。

投稿日時 - 2011-02-19 14:12:34

補足

回答頂きましてありがとうございます。
やはり、開示出来る情報は違うのですね。
販売店からも銀行独自のネットワークがあるので一概には言えないと今更ながら言われましたが、
今回の件で販売店に落ち度がないので、文句も言えません。
しかしながら、自分の知らない所で情報が広まり、且つ身に覚えが無い延滞という事で
正直気持ち悪いです。
調べる術がないとなると、私個人としては動き様がないとの事ですね。
今後もローンを組む事は住宅以外では考えてませんが、如何せんどうすれば良いのか・・・。

投稿日時 - 2011-02-20 02:30:31

あなたにオススメの質問