こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

介護職に就きたいと言ったら

細かなねじを通す、ドライバーを回すだけでも手間取ってしまうほど不器用。

自分で段取りを組んで時間内に作業を終わらせるのが苦手。指示を待たないと動けない。

おまけに人付き合いが苦手で、場を盛り上げたり話を繋げるのが苦手。

そして力も人よりありません(人からは力が本当にないのねと言われる)。

こんな人が介護職になるのはやはり無謀ですよね・・・。

ホームヘルパーの資格を取ってから介護職に就きたいと言ったら、産業カウンセラーの方から

「介護職は臨機応変さを求められる。
例えば利用者さんのトイレに付き添ってる間に近くで他の人が脱走しそうになったらあなたは慌てふためくと思うわ。
あなたにはお勧めできない」といわれました。


私は子供の時から、そして仕事に就き始めてから何をしてもだめでした。そして力もありません。

おそらく介護職に就けばおむつ交換はやシーツ交換ではぐちゃぐちゃになり、時間もかかるでしょう。


もし何かあった時に利用者さんを説得させるがあったときにも何も思い浮かばない。

利用者さんとの会話もつなげることも難しい。

お風呂やトイレの介助も自分だけでは出来ず、他の職員の力を借りることも多くなるかもしれません。

やはり諦めるべきでしょうか?

投稿日時 - 2011-02-20 09:47:44

QNo.6536619

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

なんの仕事でもいいから、資格なしで現場に飛び込んで、

「今、自分が何をすべきか」とよく考え、「失敗を恐れず、行動してみる」ことです。

「悩む前に、動け!」

指示待ちクセを治さないと、どの仕事についてもダメです。



「ヘルパー講座」は、「出席するだけで、なにも実技をしなくても、消極的であっても、資格がもらえちゃう」ので、
あなたには向かないです。

それより、「無資格でもOK」の施設に、いますぐ行ったほうがいい。

ヘルパー講座の三ヶ月分が、三日間で学べるくらい、キツイし内容が濃いです。

でも、人材育成がうまい施設なら、成長できます。

自分から、「次はこれをやります。」と宣言して動く。

その覚悟が無ければ、ヘルパーに限らず、何をやってもダメです。

そして、ダメかどうかを決めるのは、あなた自身ではなく、施設長さんですから、自分を悪く言うのも、やめましょう。


私も、典型的指示待ち人間です。
さらに、ヘルパー講座に行って、卒業してヘルパーになり、三ヶ月です。

臨機応変が苦手で、精神的に苦しんでいますよ。

まあ、なんとかなりましたけど…

投稿日時 - 2011-02-21 10:34:33

お礼

ありがとうございます。

講習を受けて実際個別で講師の方に聞き、練習してから行ったほうが自分には分かりやすいのではないかと思ったのですが。
でも講座も田舎なのでやってるところは少なく、私の仕事の都合(休みの日)と近くで授業を開いてる場所と一致するのがニ○イしかないのですが。
私はものすごく覚えが悪いので不安です。

おっしゃるようにま失敗を恐れる前に自分で考えて動く、これが大事だと思います。だけどこれで今まで失敗をしてばかりでした。


現場に入って3ヶ月との事ですが、何とかなったというのはだんだん慣れてきたということでしょうか。

投稿日時 - 2011-02-21 18:40:20

このQ&Aは役に立ちましたか?

16人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(8)

ANo.8

そーですよ!!
何倍も何時間もかかってもいいんです
やりたいことゎやるべきです
応援してます(*´∀`*)

投稿日時 - 2011-02-22 21:17:58

お礼

ありがとうございます。
勇気付けられました☆

投稿日時 - 2011-02-23 18:12:02

ANo.7

やってみなきゃわかりませんよ?慣れっていうのもありますし…
適正かどうかなんてやらなきゃ分かんないと思います

投稿日時 - 2011-02-22 13:28:50

お礼

ありがとうございます。

通常はやってみないと分からないものだと思います。ただ私の場合は本当に技術面でも観察力・洞察力に欠けてるので少なくとも覚えるまでには人の何倍もかかります。

覚えるのが人の何倍もかかったとしてもそこで介護職が勤まるようになるならがんばろうと思います。

投稿日時 - 2011-02-22 20:52:23

ANo.6

不景気で先の読めない世の中だからこそなのでしょう。
介護や医療業界は、以前にも増して注目(?)されていますね。
と同時に、以前なら恐らく無関心であっただろう人たちが「とにかく働き口が欲しい」的に介護業界に足を踏み入れています。
そして案の定、凄い離職率で、万年人手不足・・・。

本気でこの業界に関心を持たれるのであれば、まずは一歩踏み出してみては?
幸い「ホームヘルパー」資格など、今となっては大して意味を持たない資格ですし、要は現場にとっては「即戦力」が欲しいのです。
いくら机上のカリキュラムをきっちりこなし、ヘルパー資格を取得されても、現場で使えなければ無意味な紙切れに終わってしまいます。


少なくとも「体力勝負」であることは確実です。
自分より体格の良い利用者さんを抱え入浴介助することもあります。
自身の無駄な体力消耗・腰痛などの発症を抑えるためにも、様々な技術をもって介護する必要があります。

場合によっては夜勤勤務もあります。
これまた体力勝負です。

そして、介護者といえども、紛れもなく人の命に携わる職種です。
食事介助中のほんの少しのミスで誤嚥を起こし、そのまま死に至ることもあります。

業務の大半は、ごく普通の「人として生活していく上での関わり・支援」にすぎません。
が、1つ1つの重みを感じる必要があります。

資格の有無にとらわれば、まずは現場を知ってみては?
やっていけそうだと思えば、働きながらでも資格取得は可能です。
頑張ってください。

投稿日時 - 2011-02-22 00:07:35

お礼

ありがとうございます。

講習は意味がないのですね。私は未経験なのでまず即戦力を問われると厳しいです。

>食事介助中のほんの少しのミスで誤嚥を起こし、そのまま死に至ることもあります。
私が一番恐れてることです。私は人一倍人を殺してしまうリスクが高いです。
体力だけでなく、一つ一つのことに神経を使う職業なのですね。聞いてるだけでも体力消耗してきます。。

覚悟して望まないとだめですね。

投稿日時 - 2011-02-22 20:41:08

ANo.5

No.1です、追記とお礼にあった質問への回答をします。

> 「10年かけて一人前になるから」

施設ですと老人、障害者などある程度利用者さんの範囲がありますが、
訪問の場合、利用者を限定した事業所でなければ
利用者さんの年齢はお子さんから100歳を超えた方まで、
障害や病気の種類も様々で誰一人として同じ傾向の方はいません。
40代の精神障害者のAさんはきびきびした人が苦手だけど
60代の失語症片麻痺のBさんはてきぱきこなさないと不機嫌になる、
50代の難病のCさんは
会話ははっきりテンポよく話したほうがいいけど
介助はスローペースにしないと肉体的負担が大きい。
そういう方々を一日に何人もそれぞれに応じた形で支援して回ります。
多くの病気や障害の知識はもちろん必要ですが、
その人のその日の体調を観察すること、
同居家族がいるならその人の状況把握(介護疲れしていないかなど)、
調理なら病態に応じた調理技術(栄養学も含め)、
掃除ひとつとっても各家庭で行い方が違うので覚えることが必要です。

一人前とは多くの方を担当し座学や実習だけでは学べないことを学び、
それらすべてに突然訪問することになっても活動でき、
どんな突発事項にも対応できるようになるまで、ということです。
決して
「おむつが手早く替えられるようになるまで」などではありません。


> 仕事を早く覚えないと利用者さんにも同僚にも鬱陶しがられませんか?

一度聞いただけで覚えられないのなら
まず「あとで読み返してわかるように」短くメモを取りましょう。
読めない字やわかりにくいイラストはNGです。
手に書くのもいけません。
(汚いし手洗いのたびにこすれて消える)

介護の場合は利用者さんの前で記録するわけにいきませんから
ある程度支援が落ち着いたところで人目につかない場所で
(またはちょっとトイレ休憩に行かせてもらって)
ささっとポイントだけ書いておきます。
仕事が終わった後、すぐにそのメモを元に
「その時にするべき行動」を文章に起こしてみてください。 
思い出してまとめるくせが身につけばメモだけあればできるように、
そしていつかメモすらいらなくなるかもしれません。

それでも覚えられなければ声に出してメモや文章を読む、
実際にそこに利用者さんがいるつもりで動いてみるなど
何度も練習してみてください。
他の職種でも基本的なコツは同じです。
覚えるための努力は惜しまないでください。

投稿日時 - 2011-02-21 22:08:59

ANo.4

no2です。お礼の投稿感謝です。

>講座を受けることは考えてます。一度講習を受けて少しでも技術を身につけてから行ったほうが
>良いかと思ったからです

一応、言っておきますが養成講習で介護技術が身に付くとは思わないほうがいいでしょう。
養成講習も色々あるとは思いますが、(某大手介護チェーンがどんな講習をするのか知りませんし)実技講習といっても何人もの受講者が一つのシュチュエーションをたった数時間で教わるので、実際に実技をするのは一回か二回しか出来ないでしょうし、職場体験でも素人に介護をさせることはトラブルの可能性もあるため、実際は家事などの雑用や高齢者の話相手などになると思います。(もちろん技術が少しでも身に付くように配慮された養成講習もあると思いますが)

技術を身につけるには反復練習が必要であり、やはり職場で揉まれるほうが技術はつきます。no3さんのおっしゃるとおり、バイトかパートで介護事業所で半年か一年働いてみて何とかついていけそうなら養成講習を受けて知識を身につけるというのも手です。

>介護に詳しいのかは分かりませんが、彼女が的を得た発言をしていると言われたら私は否定
>できる自信はありません。

そうですか・・・・
ただ、あなた自身が「介護をしたい」と思うのであれば一度チャレンジしたら良いと思います。
もし、アナタが介護に向いていないとしても、教科書や介護関連の書籍を何度も読み返して覚えて、家でイメージトレーニングをして(家族など協力者がいるなら練習相手になってもらって)オムツや移動介助など介護の手順を必死に覚えて、人の何倍も努力すればちゃんと介護職としてやっていけるようになるでしょうし。

投稿日時 - 2011-02-21 22:03:52

お礼

ありがとうございます。

一度派遣の会社に問い合わせても最低ヘルパー2級の資格が無いとだめだと言われたことがあります。

求人を見ても「ヘルパー2級資格保持者」が最低用件として出てるものが多いので、資格を取った方が有利なのかと思ってました。
確かに現場と講座では全く違うものだと思います。

家族とは色々あり、友達もほとんどいないので協力してくれる人がいないので厳しいところなのですが。。
覚えが人より悪いなら人一倍努力するしかないですよね。
まずはバイトかパートで働くという形も考えてみます。

介護職は体力だけでなく、神経も使う仕事ですね。

投稿日時 - 2011-02-22 20:48:47

ANo.2

>ホームヘルパーの資格を取ってから介護職に就きたいと言ったら、産業カウンセラーの方から
(略)
>あなたにはお勧めできない」といわれました。

就職に直接は繋がらない無駄な時間を過ごしても構わないのであれば、一度ホームヘルパー養成研修を受けてみてはいかがでしょうか?
実技講習や職場体験を行うので、その中で自分に出来る仕事がどうかがわかるのではないでしょうか?
介護福祉業界に就職しない場合でも、アナタの身内の方が介護状態になったときや何らかの形で高齢者と触れ合う時に役に立つような知識は身に付くので、決して無駄にはならないでしょうし。

産業カウンセラーってハローワーク職員の方でしょうか?介護業界の内情をちゃんとわかっている方なのでしょうか?介護の職場にも色々ありますし、ホームヘルパーや訪問入浴などの居宅介護だと高齢者の方と一対一ですし(家族がいる場合あり)、作業内容がある程度決まっているので不器用で会話が苦手でもある程度対応出来るかもしれませんし・・・。
産業カウンセラーの方が介護分野に詳しい方であれば、その方のアドバイスもある程度は的を射ているのかもしれません。

投稿日時 - 2011-02-20 15:55:14

お礼

ありがとうございます。

私はまずは訪問介護より施設の方で経験を積みたいと考えてました。一対一では余計にテンパってしまうと思います。

産業カウンセラーの方はハローワークではなく、障害者専門の相談機関で働いてる人です。介護に詳しいのかは分かりませんが、彼女が的を得た発言をしていると言われたら私は否定できる自信はありません。


講座を受けることは考えてます。一度講習を受けて少しでも技術を身につけてから行ったほうが良いかと思ったからです(講習はあくまで基礎的なことであり、現場で働いたら全く違うと思いますが)。

投稿日時 - 2011-02-21 18:33:50

ANo.1

「なぜ介護職に就きたいのか」がご質問からはわかりませんが、
どうしても介護職に就きたいのなら
一つ一つ問題と思われることをクリアしていけばいいのではないでしょうか?

介護職にとってコミュニケーション能力は必須ですが
「話すこと」より「傾聴」が大切です。
でも必要なことをきちんと伝えることもできないといけません。
そういうことが苦手ならコミュニケーション能力に関する講習会に参加して
「思いの伝え方」「受け止め方」を学べばいいのではないでしょうか。
ご家族やお友達とまめに話すこともスキルアップにつながると思います。

筋力、体力がないというなら、
筋トレやウォーキングをして基礎体力の向上を目指すのはいかがでしょう?
また、介護技術についでですが
てこの原理や慣性、重力などを利用するため
あまり力を入れなくても利用者さんの介助はできるようになります。

おむつ交換やシーツ交換も練習すれば手早くできるようになります。
おむつはともかく、
シーツやタオルはおうちにあるでしょうから
それで練習してみてはいかがですか?
大きな品だとうまくいかないなら、
新聞紙で空き箱を包むのも手順を覚えるいい練習になると思います。

あと施設だと身体介護が中心になりますが、
訪問介護だと最初は買い物や掃除、洗濯、調理といった
家事援助を割り振る事業所が多いと思います。
日常生活がある程度きちんとできるのでしたら
訪問介護も検討してみてはいかがでしょう?

臨機応変さは経験で身に付きます。
知らないことに出会って戸惑うのは誰にとっても普通のことです。

私がヘルパーになったばかりのころ上司から言われた言葉です。
「2年間はどんな失敗をしてもいいから」
「10年かけて一人前になるから」
逆に言えばそれくらい時間をかけないと
様々なことに対応できるスキルは身につかないということなのでしょう。

大切なのは「知らない」「わからない」「トラブルを隠す」で終わらせず
きちんとわかる人に尋ねること、報告すること。
そして教えてもらったことを覚えることです。
自分で「何をしてもだめ」と決めつけず、
ゆっくりでもひとつひとつ身に付けていくことが大切です。

ただ、もしもあなたが年齢が高いとか何らかの病気・障害をお持ちで、
それを前提としたカウンセラーさんのお話があるなら
介護職に限らず「何ができるのか」をお二人で話し合うといいと思います。

あなたにとって良い道がみつかりますように。

投稿日時 - 2011-02-20 11:44:53

お礼

ありがとうございます。
27歳です。健常者ですが、本当に仕事が臨機応変に対応できず、本文に書いたように不器用です。
カウンセラーの方はそういった私の話を聞いて介護職には向いてない、辞めた方が良い(臨機応変さや観察力が求められることからそうおっしゃったのだと思いますが)と言われました。
それでも私は挑戦したいと言ったら「もっとあなたに向いてる職業を選んだほうが良いよ」と困ったような顔で言われました。

私は仕事を覚えられない、覚えられても時間がすごくかかります。今までも理解できるようになるまで何度も同僚にきいていたために文句を言われてました。当然仕事ができないと人間関係も悪化してくるし、仕事も任せてもらえません。皆の足を引っ張るだけの存在でした。

>私がヘルパーになったばかりのころ上司から言われた言葉です。
>「2年間はどんな失敗をしてもいいから」
>「10年かけて一人前になるから」
>逆に言えばそれくらい時間をかけないと
>様々なことに対応できるスキルは身につかないということなのでしょう。
私の勤務先の職員の人を見ていると他の人入ってから3,4ヶ月経つと他の仕事も任せてもらってるのですが、1人だけ要領の悪い子がいて、半年以上経った今でも風呂の介助やオムツ交換などの作業をあまり任せてもらえないようです。その子はほとんど雑用をしています。
それではその子もいつまでも仕事が覚えられないでしょうからいつまでも雑用係から抜け出せないのではと思います(それだけその子に仕事を任せられる状況ではないからでしょうけど)。

その子を見てると私も人事に思えません。仕事を早く覚えないと利用者さんにも同僚にも鬱陶しがられませんか?
「仕事が出来ない奴はヘルパー失格だ」と。

投稿日時 - 2011-02-21 18:28:38

あなたにオススメの質問