こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

母親がADHDを理解してくれない

子供がいる30代の女性です。
鬱病がきっかけでADHDであることが心療内科で判断されました。
「大人のADHD」と言う著書のセルフチェックは100点中94点でした。
小さいころから多動は少しありましたが、「子供だから」と野放しされてたみたいです。
実際は普通に生活しておりますが、掃除(片付け)が大の苦手で未だに掃除、片付けができません。
小さいころから「だらしない」と言われ続け、片付けても人の3倍はかかってしまいます。
どう片付けてよいかわからないんです。
なんとか片付けても3日後には洗濯物が山のように和室に積みあがる状態。
フルタイムの仕事をしているので時間が無いのは仕方ないのですが、たたんで寝るころにはすでに2時を過ぎてしまうぐらい、周りに注意がそれてしまいます。

ADHDで片づけが苦手だということを実母に話したのですが、「病気のせいにして、あんたは単に怠けているだけ」としか言われません。
本を渡して「この本読んで理解して」といっても「時間が無いから」と投げられました。
母は医療従事者なので、病気に関しては少しでも患者のことを理解してくれる立場だと思ったので、
私の病気も理解してもらいたいと思っていたのに・・・
私の子供(母にとっては孫)も私と同じ状態で、まだ検査はしてませんがADHDを疑っています。

どうしたら母にADHDだということを理解してもらえるでしょうか?

投稿日時 - 2011-02-23 09:06:11

QNo.6543946

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

質問文からだけではお母さんの気持ちは全て理解できませんが、第三者の客観的な意見の一つとしてお聞きください。

おそらくお母さんは理解しようとしていないのではなくて、質問者さんのADHDを認めたくないのではありませんか?
医療従事者との事ですので、ADHD事態を全く知らない事は考えられません。

今、お母さんが質問者さんのADHDを認めてしまう事は「小さい頃から気付いていたが何も対策をとってあげられなかった。孫にもその傾向が見受けられるので、全ては娘に充分な対応をしなかった自分の責任だ!」と明確になる事が怖いのでしょう。
それと、お母さんとしても何でも病気のせいにしてしまう生き方をして欲しくないのだとも思えます。

質問者さんが考え方を変えてみては如何ですか?
「お母さんに自分のADHDを理解させる」事から「自分はADHDではあるが、自分自身で出来る限りの努力はしている。人に理解されようとされなかろうと、自分自身が病気を上手に付き合って行く!」と認識を変えた方が、質問者さんが楽ですよ。

お母さんへの理解を求める事よりも、質問者さんは母親としてお子さんのADHDの事と真剣に向き合って、対策を練るべきだと思います。
自分がして貰えなくて辛い思いをした事を糧として、ご自身のお子さんには母親として最大限の理解と対策をしてあげて下さい。

投稿日時 - 2011-02-23 09:45:06

お礼

お礼が遅れ申し訳ありません。
その後、母のほうから「ADHDの本を貸して」と言われ図書館で分かりやすいADHDとLDについての本と自分が持っているADHDの本を貸しました。
病気については理解してもらったかと思います。
本を見て納得してました。今度は私の子供に対して対策をとるとのことだったので、家族で克服できるようにがんばります。

投稿日時 - 2011-03-31 11:29:53

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

No.1の方の「お母様が認めたくない」という意見に賛成です。
このようなことは、良くあることです。

認めてしまったら、自分が原因であることを認めることになる。
自分が悪い母親であることを認めることになる。
などなど、完全な自己否定になると考えて、頑なに拒否しているのだと
思います。
なので、御母堂様に理解してもらおうとするのは、やめてください。

怠け者と言われたら……
そうなのよ。
怠け者という病気なの。
だから、どうしようもないのね。
お医者様にかかったら、これは、真性怠け者という病気で、
普通の人の怠けとは、全然、違うらしいの。
治療方法もないらしいの。
だから、あきらめて、付き合ってね。
でも、私にも良いところがあるでしょ。

というように、受け流してはいかがでしょう。
「押してもだめなら、引いてみな」
昔の人は、良いことを言っていますね。

投稿日時 - 2011-02-23 20:06:03

お礼

お礼が遅れ申し訳ありません。
その後、母のほうから「ADHDの本を貸して」と言われ図書館で分かりやすいADHDとLDについての本と自分が持っているADHDの本を貸しました。
病気については理解してもらったかと思います。
本を見て納得してました。今度は私の子供に対して対策をとるとのことだったので、家族で克服できるようにがんばります。

投稿日時 - 2011-03-31 11:31:01

あなたにオススメの質問