こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

遺産相続他

一般的な法律知識として、夫が死亡した場合は妻が遺産の1/2を相続し、残りの1/2を子供たちが平等に分割して相続するものと理解しています。またその際に、夫名義の銀行口座はロックされて、引き出しができなくなると聞いています。ところで妻が先に死亡した場合、遺産がほとんどなく、銀行の妻名義の預金が小額(例えば100万円以下)あるような場合でも、夫死亡の場合と同じようにロックされてしまうのでしょうか、そしてそれを解除するためには、子供たちに財産放棄手続きをさせなければならないのでしょうか。

投稿日時 - 2011-02-27 10:02:20

QNo.6553589

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

相続経験者です。法律上はわかりませんが、税理士等にお願いして対応した内容で回答いたします。

・分割比率について
一般的(もしくは分割時にもめたときの法律上?の参考??)としてはkawa1234さんの通り、
配偶者が1/2、子が残り1/2を分割するのが基本です。
但し相続人全員の承諾があればこの比率に従う必要はありません。
また遺言書があった場合は、遺言書に従う必要がありますが、これも相続人全員の承諾があれば、遺言書に従わなくてもよいようです。
また遺言書で特定の人物に相続させるとあっても、相続人には最低限相続する権利が認められており、その比率はkawa1234さんのいわれている比率の半分です。
これを遺留分といい、配偶者と子に認められています。
この請求があった場合、たとえ遺言書に誰かに100%相続させる記載があっても、
原則、従う必要があります。

・銀行口座の相続について
被相続人が死亡したからといっても、銀行等の金融機関が自動的に口座をロックしてくれるわけではありません。
相続人等から死亡の事実を金融機関に連絡し、口座から自由にお金を引き出せないようにしてもらうのです。
その後、口座からお金を引き出すには、遺産分割協議書や金融機関指定の書類(相続人全員の承諾を示すもの)、印鑑証明等が必要になります。
これは金額の大小に関係ありません。

投稿日時 - 2011-02-27 10:44:58

お礼

ご回答ありがとうございます。大変参考になりました。

投稿日時 - 2011-02-27 15:25:03

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問