こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

今までいた大学が許せません

4月から新しい大学に通う者です。私は今まで2年間大学に在学していたのですが、今までいた大学が許せないのです。

今から話す部分は今までの大学のおかしいと思う部分のほんの一部分です。本当はもっと多くを具体的に書きたいのですが、これ以上書いてしまうと特定されてしまうためにところどころぼやかした表現になってしまいますが、どうかお許しください。

私がもともと在学していた大学の学科は新設学科でした。そこの学科のシラバスが、実際にやっている内容が著しく異なることが多々あり、学科の名前から連想される学問と実際に学習できる授業の内容がぜんぜん違っていました。

例えば、プログラミングの授業ではシラバスにC言語を用いたプログラムの作成を行うと書いてあるのに、実際は機械工学実験室に連れて行かれ材料の弾性係数の測定、といったような類のものしかやらせてもらえず、C言語はおろかプログラミング言語なんかまるでできなかったです。しかもその先生はシラバスでプログラミングを担当するはずの先生ではありませんでした。このような例は他にいくつもあります。

更に、シラバスで授業を担当するはずの教員が授業に来ないで、授業を助手や研究員(教員ではない)に任せたり、他学科と合同で同じ授業を行い、まったく違う名前(学問分野もまるで違う)の単位をそれぞれの学科の学生に与える、というようなことも行われていました。そのため、私の学科で授業をしているはずの教員が、同じ時間に他の学科の講義で教壇に立っているなんてこともしょっちゅうです。演習系の授業に至っては教員を見かけることはほとんど無く、大学院生が授業を進めていました。

もともとこの新設学科は他の学科からの寄せ集めの先生から構成される学科であり、多くの先生がその学科の名前から連想される学問領域に対して意識が低かったです。

他大学から引き抜いたとされる有名な先生が学生を集めるために広告塔として使われていましたが、その先生はもともとそんなに長くその学科に滞在する予定では無いただの「客よせ」であったために、すぐにもとの大学に戻ってしました。入学案内のパンフレットにはその先生の研究が大々的に書かれていて、シラバスにはこの先生が担当する講義があるのですが、私たちはその授業を受けることはできませんでした。

また、その学科はあと3年以内に教授が5人もいなくなってしまいます。そして、残った先生は全員この学科に着任するまで他の大学での教員経験が無いです。

大学の教員に「このようなことが許されるのか?」と聞いたら、「新設学科だから仕方が無い」といったような返事や、挙句の果てには「嫌なら君、大学を辞めればいいじゃない」といった返事が返ってくる始末です。

大学内に設置されている公益通報に通報したこともありましたが、何の影響も無かったようです。文部科学省には実名で手紙とメールでこれまでの経緯を書いて送った経験があるのですが、返事はありませんでした。集団で大学に抗議しようと友人に相談したこともあるのですが、大学側に目をつけられて不利益な扱いを受けるのが怖いといわれて協力してもらえませんでした。

このような経緯から今までの大学を辞めて新しい大学で学び直すことにしたのですが、やはり今までの大学に時間を無駄にさせられたという想いが強くなっていきます。

そこで相談なのですが、このような不当な大学に何かしらの罰を与え、これからこの大学に入ってしまった新入生に、少しでも全うな教育を受けられる機会を与えることはできないでしょうか?もう他の大学に入ったんだから今までの事は忘れろ、という意見があるのは承知していますが、やはりこの大学を許すことが私にはできないですし、入学してしまった新入生が私のような思いをすると思うと悲しいです。

投稿日時 - 2011-02-27 22:44:26

QNo.6555371

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

ものすごく志が高い方だなと感じますし、義憤も非常によくわかります。

ただ、授業をしていないというわけではなく、許容範囲とされそうです。
なぜそのような判断かというと

受験生が今の2倍もいた受験競争の一番激しかった1991年に日本経済大学は
当時の入学定員(500名)の約12倍にあたる5,954人を入学させるという事を行いました。
そんな状況なので体育館も講義に使用せざるを得ない状況に陥ったほどでした。

まともな教育はもちろんできませんよね。それでも問題にはなりましたが大きくは変わって
いません。文科省の大学指導などその程度のものです。
なぜかというと大学は自治が認められているので、あんまり口も出せないんですよね。

ですので、他の方も言われているように、後ろ向きに考えずあなたが
新天地で輝くことが一番だと思います。
あなたの活躍がご友人や後輩に伝わることにより、いろいろ変わると思います。
どうか誰かの勇者になられてください。

投稿日時 - 2011-02-27 23:05:57

お礼

回答有難うございます。

大学の自治は分かるのですが、少なくとも大学の教員ではない人に授業を進行させるのは問題なはずだと考えています。どこでもそんなことやってるといわれればそれまでですが。

個人的な感想なのですが、大学の自治を理由に本当に学習意欲のある学生に不利益を与えるようでは、本末転倒ですよね。

投稿日時 - 2011-02-28 00:27:58

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

> 少なくとも大学の教員ではない人に授業を進行させるのは問題なはずだと考えています

それだけ見ればそうでもないんです。
会社の「優秀な」研究者に講義に来て貰う、なんてことなら素晴らしいことです。
例えば、ノーベル賞を取った田中耕一さんは会社員でしょうけど、あの人の講義を聴きたいという人はいるかも知れません。
余所から来て良い講義をする人も居ますよ。

しかしまぁ、
詐欺罪で学費全般の返還と慰謝料を求める、文科省にも指導官庁としての責任があるはずで、そっちからも慰謝料を求める、なんて方法ならあるかも知れません。
お勧めするわけではありませんが。
勿論、「ちゃんと指導していたなら」文科省の責任は問われませんけどね。
きっと学費等々は全額学生に返すよう指導があったことでしょうねぇ。

だってね、解決しない事じゃないんですよね。
講義ができる奴を連れてくれば良いだけでしょ。
やっている内容がまともであれば、よそ者だからだの何だのあなたも言わないわけで。
集中講義の連続で、一つの科目の担当教員が4人、なんてことになるかも知れないけれど、そこは新設だから、で仕方ないでしょう。
それを仕方ないと言うなら仕方ないんですがね。

投稿日時 - 2011-02-28 01:23:30

お礼

回答ありがとうございます。

私が言いたかったのは、シラバスの上では教授などの教員が講義をすることになっているにもかかわらず、実際は教授等の手先の研究員や助手などの大学に教員として認められていないものが、教授の代理で講義をやっているケースは、少なくとも手続き上大きな問題があるのではないかと言うことでした。

また、大学で正規に講師として講義を担当する人は、すでにその大学で「講師」という職階を(一時的であれ)持ち、その人は「教員」であるという認識が私の中にありました。

誤解を招くような発言をして申し訳ありません。

投稿日時 - 2011-02-28 01:48:51

ANo.4

マスコミを使うのも効果があるかもしれません。

投稿日時 - 2011-02-27 23:30:20

あなたの説明は,実際に経験しないと書けないように具体的で,かつ,いいかげんな大学運営ではありうるトリックなので,かなりの信憑性があるとぼくは判断します。文科省に告発したのなら,あなた個人に返事はこなくても,大学執行部には行政指導が入ったんじゃないかと思います。あなたにできるのは,そこまでだろうと思います。

投稿日時 - 2011-02-27 23:03:33

お礼

回答有難うございます

行政指導ですか・・・。それで大学が少しでも変わるといいんですけど。
少なくとも大学在学中には大きな変化は見られなかったですね。

投稿日時 - 2011-02-28 00:23:27

若いあなたには始めての経験かも知れませんが、世の中にはこの手は話はゴマンとあります。

所で、せっかく新世界に向かう事が出来るのですから、その世界で生きる事に全力を尽くす事です。

>>入学してしまった新入生が私のような思いをすると思うと悲しいです。

とても立派な心がけですが、それらもその新入生の人生・あるいは試練です。
何より、選択です。
あなたにはもう関係がないのです。
その様な事を考えている間に必要な勉強をしましょう。
それよりも、2年間の遅れ?を取り戻す工夫をしましょう。

あなたは他人の為の事よりも自分の事をしましょう。
「自分の為は他人のため。」
もし、新入生があなたと同じ考えになった時に・・あなたが新世界で素晴らしい活躍をしている姿をみれば、言葉であれこれ言うよりも余程説得力があります。

それが、自分の為は他人の為・・の意味でもあります。

投稿日時 - 2011-02-27 22:52:49

あなたにオススメの質問