こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

通常国会と内閣について

通常国会について初歩的な質問ですが・・・

代表質問をしている議員と、それに答弁している総理大臣や国務大臣が放映されていますが、国会の中で、内閣と国会との違いがよくわかりません。
代表質問をしている議員は、国会議員ですが、答弁している総理大臣や国務大臣は内閣の代表ですよね。ということは、国会とは、内閣から法案の提案があり、それを審議する国会議員との討論の場なのでしょうか?
つまり、国会とは、国会議員と内閣(官僚の代表)とが出席する会なのでしょうか?

また、官僚主導から内閣主導の政治・・・といわれますが、官僚=内閣ではないのでしょうか?

投稿日時 - 2011-02-28 15:49:33

QNo.6556855

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

先ず最後のご質問からお答えしますが、「官僚=内閣」ではありません。もしかしたら、「閣僚」と「官僚」を混同されていませんか? 閣僚は国務大臣の別呼称です。官僚というのは、広くは行政機関で働く公務員を意味しますが、通常は、中・上級の国家公務員を指すことが多いです。内閣は、行政機関(省庁)の上に立ち、その仕事に責任を負う部隊で、内閣総理大臣と国務大臣から構成されます。総理大臣は国会議員でなければならず、国務大臣は過半数が国会議員でなければならない、と定められています。よって、内閣はほとんどが国会議員から構成されています。現菅第2次改造内閣も、片山総務大臣以外は全て国会議員です。

日本の国会では、政府(内閣)と政党が向き合う形で質疑応答が行われ、その論議により、政策や法案の意義や問題点が明らかにされます。ですから、質問者様がお書きの通り、国会とは国会議員と内閣(官僚の代表ではなく、官僚の仕事の最高責任者)が出席する会、と言うことはできるでしょうが、上記の通り、内閣もほとんどが国会議員です。ただし、議員の質問には、国務大臣が答えるほか、必要に応じて官僚が出席し、説明を行うことがあります。

投稿日時 - 2011-03-05 15:18:04

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問