こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

物件の老朽化?によるUR賃貸の家賃減額交渉

物件の老朽化?による、UR都市機構の賃貸家賃を下げる交渉をしたいのですが可能なものでしょうか?

三年程前よりUR賃貸マンション(2004年築)に住んでいるのですが、入居した年の冬から窓や玄関の結露がひどくて困っています。
窓の桟の部分は毎朝水で溢れてしまっており、現在では窓まもちろん、窓付近の壁紙や床板・カーテンなどにも黒いカビが生えてしまっている状態です。
南向きの部屋はまだマシですが、北側の部屋に至ってはその症状がひどく、今年に入ってからは溜まった水が部屋の中に溢れてくるほどになってしまっていて困り果てています。

ここでお伺いしたいことは二点あります。
----------
(1)結露の状態があまりにもひどいので、これを理由に家賃の値引き交渉をすることは可能でしょうか?可能であればどの程度の値引き額が妥当でしょうか?
(2)値引き交渉が無理であれば、結露対策の工事などをしてもらうことはできないものでしょうか?
----------

不動産の契約などについて全く知識がないため、ご教授頂けると幸いです。
宜しくお願い致します。

投稿日時 - 2011-03-01 09:29:23

QNo.6558699

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

上手く行けば良いですね
反論めいた事を書きますのでクリアーして議論の糧にして下さい
結露は建物劣化に原因はありません
結露は室内湿気の多量によります
結露対策用サッシ&二重ガラス仕様であれば当然建設費が高くなる
重仕様でれば家賃も高くなる
黴の発生等は清掃すれば防げる
結露水はサッシ穴から外部へ抜けるので清掃する

いや建設当時からして 現在はもっと良い仕様の建物環境にするべきだとして
インナーサッシ取り付けを勝ち取るか・・できれば良いですね

投稿日時 - 2011-03-01 09:52:59

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問