こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

教員採用試験 地元か他県かで悩んでいます

こんにちは。現在、群馬県のある大学の3年生で、今年教員採用試験を受けようと考えている者です。

地元は群馬県なのですが、倍率は5倍程度とそれ程簡単ではありません。
初任は僻地にとばされる可能性もあり、必ずしも自宅から通えるとは限りません。
希望は小学校なのですが、群馬県の場合、小学校で採用されても中学校で採用となる場合があります。

そこで埼玉や東京、神奈川あたりの受験も考え始めました。
他県だと、倍率が低く、小学校で採用なら小学校に勤務になります。そして受験の際、大学推薦で一次試験免除になりますし、他県に出て違った教育感を学んでみるのもいい経験になります。

地元に貢献したいという気持ちがある一方で他県へのあこがれがあります。

どちらを受験するのが妥当でしょうか?

やはり群馬県で育ったのでその土地をよく知っている地元で先生をやった方が良いのでしょうか?

もし、教職経験のある方がいましたら回答願います。

投稿日時 - 2011-03-02 19:06:54

QNo.6562670

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

補足するならば、「悩む」「迷う」というときには、必ず選択できる道が複数あるからですよね?

道が一本決まったものしかないならば、その先に待っているのが嬉しいことなら人は喜び、嫌なことしかないならば絶望します。

「迷う」「悩む」・・・・選べることを素直に喜んでください。
そして子供らにもそのように導いてあげてください。

そして結論はいろんな人に相談しようとも最後は自分で決めるのだと。
決して人のせいにした生き方はするなと。

いくら肝に銘じようとも、長い人生選びようのない場面はいくらでもあります。
その時、それが良いことでも悪いことでも、いかにそれを受け入れられるか。
人の「強さ」は、選べるときにどれだけ責任持ったかの経験の厚みで決まります。

嬉しいことは「自分で選んだから」、何倍も嬉しいのです。
苦しい、悲しいことも「自分で選んだから」、耐えられるのです。

先生、頑張って!
悩め、苦しめ、迷え!そして決めろ!

投稿日時 - 2011-03-02 19:39:20

お礼

回答ありがとうございました。

とても励みになる言葉をいただき、感激しました。

最近、受験する地域のみにこだわって自分が何をやりたいのか分からなくなっていました。

もう一度、自分自身を見つめ直して悔いのない選択をしていこうと思います!

そして、子供たちのために一生懸命働いていきます!

投稿日時 - 2011-03-02 21:55:54

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

結論から先にいえば「それはあなた次第」です。
誰がどう言ったからと、あなた自身が納得しないことにはどれもが不満にしかつながりません。

「人生、そう思うとおりには行かない。現実を見据えろ!」とも言えますが、
逆に「始めからあきらめたのでは、なるものもならない」とも言えます。

そういった様々な迷い、悩みを乗り越える。
あるいは人生を選択する。

悩んだこと、苦しんだこと、選んだこと、自信につながったこと、失敗・後悔したこと・・・。
あなたはその一つひとつを活かし、そういった思いや機会を持つ、将来ある子ども達を導く職業を目指しているのですよ?

単なる職業として、有利・不利、損得、等々、従事する地域ばかりを重視して人生決めていくなら、子供らもまたそのように導く教師となるのでしょう。

投稿日時 - 2011-03-02 19:29:40

あなたにオススメの質問