こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

手術について教えてください!

長くなりますが、専門の方にお聞きしたいです。
先日父が病院で亡くなりました。
父は検査の結果、間質性肺炎の疑いがあるとのことで緊急入院し、入院した次の日の夜9時くらいにお腹がすごく痛むことを訴えたのですが、その時にまず痛み止めを注射され、それでも痛みがおさまらずそのあとも3本、合計4本の痛み止めを注射されました。

結局それでも痛みが治まらなく、次の日になってやっと検査をしてみたら、もしかしたら血栓があるかもしれないが、お腹を切ってみないとわからないとのことで全身麻酔をして手術をしました。
小腸が3分の2くらい壊死していたらしく切り取りました。

その後人工呼吸器を付け、薬で眠らせた状態のまま何日かたち、最後のほうには脳震盪にもなり、結局良くならず亡くなったのですが、ICUにもいたのに、約12時間くらい痛み止めの注射だけでちゃんと検査もせずにこのようなことになってしまうことってあるのでしょうか?

ちなみに、間質性肺炎だけでなく、皮膚筋炎、膠原病などの疑いもあるといわれていました。
医師からの説明は、いろんなところが一度に悪くなり、しかも早いスピードで悪くなっていった、ということと、血栓はなぜできたのかわからないが、動脈に血栓ができていたと言われました。
痛みを訴えてからなぜすぐ検査をしなかったのか聞いたところ、とりあえず様子を見てから(すぐには手術ができない)ようなことを言われました。
そして、父が痛みを訴えた夜は看護師さんが電話で医師に痛み止めをするように言われたとのことです。

なんだか納得がいかないので、ぜひ力になって頂けたらと思います。よろしくお願いします。

投稿日時 - 2011-03-05 02:13:31

QNo.6569077

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

おそらく上腸間膜動脈閉塞症と思いますが、これは本当に見つけにくい病気です。
腹痛があると、通常は、虫垂炎や急性膵炎のように押して痛い場所があったりお腹が固くなって原因を推定できるとか、腸閉塞のように腸音が異常となって原因を推定できるとかありますが、上腸間膜動脈閉塞症はそういうのがありません。お腹は柔らかいですし、腸音も初めは正常です。
腹部エコーでも、腹部大動脈瘤や尿管結石ならよほど条件が悪くない限り、わかりますが、上腸間膜動脈閉塞症はエコーでは条件がよくないと診断できず、間質性肺炎など肺疾患があると腹部エコーでの診断はとても困難です。特に末梢の方の閉塞なら診断は特に困難になります。

間質性肺炎で入院したら主治医は肺疾患が専門でしょうから、上腸間膜動脈閉塞症を診断するのは難しかったろうと思います。

間質性肺炎だけでも致死率が高い病気の急性期に、上腸間膜動脈閉塞症という診断しにくく致死率の高い病気を併発されたら、早期に診断されても救命は困難だったろうと思います。

投稿日時 - 2011-03-05 07:24:12

お礼

ご丁寧な回答ありがとうございました。
自分なりに納得のいくようにしていきたいと思います。

投稿日時 - 2011-03-05 23:35:25

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

 ご心痛お察しいたします。

 ただ正直、病院側の問題は診断や治療よりは、家族の方への対応(説明)の方にあるったのではないか、とも思います。

 このような患者さんは当院でもめずらしくないため、今後の患者さんへの説明の参考にさせていただきたいと思います。

投稿日時 - 2011-03-05 17:52:06

お礼

ありがとうございます。
医学の知識がないと、正直説明を受けていても疑問が残ると感じました。
今後の説明、対応に役に立ててもらえれば幸いです。

投稿日時 - 2011-03-05 23:30:52

あなたにオススメの質問