こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

小学校に英語講師の採用願の書き方を教えてください。

民間資格の J-SHINEの資格を取っています。が、とっているだけで
いまだ 小学校で教えるチャンスすら得ていません。
 現在は塾や私立幼稚園での仕事をしていますが、
小学校で 高学年での 英語が必須科になったので 小学校で教えたい!と
おもっています。

市長宛に メールで 市内の小学校で英語の講師を採用はないかと聞いたら
「財源がなく予算がない。すでにALTがいるので間に合っている状態」と返答がありました。
(現場では間に合ってないらしく 週1ある学校もあれば1学期に1回あるかの学校もあると 
学校の先生をしている友達からきいています。その友達にも募集があれば私を。。と頼んではいますが、話がでないそうです。)

でも「その学校ごとに特色があるので 学校に直接きいて 学校長が必要に応じて採用があるかもしれない」と 丸投げ発言をされました。

が、周りには 聞いたことがりません。おそらくそういった人はいままでいなかったのでは??とおもいます。

縁もゆかりもない 学校に 「私を雇ってください」と書く場合、どのように 手紙をかいてみなさん
英語の講師として(民間人)採用されているのでしょう??
(学校に子供が通っているなどの場合は それとなく アピールできますが・・まだいません)

募集があればこんなに苦労はしないのですが、自分で表現・申し込んでみてといわれて
困惑中です。
市全体としての募集はないそうです。(それこそ、募集したら全部の学校に配置をしなければならないからお金がないと)

でも コレがきっかけで 小学校で働くことができたら とってもうれしいので 申し込んでみたいのですが。


こういう書き方は? など 教えていただけるとうれしいです。
文章力・表現力がなくて ここぞというチャンスなのに 逃すかも知れない自分が情けないです。

投稿日時 - 2011-03-05 22:04:12

QNo.6571155

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

教員養成系大学の教員です。
「小学校で教えたい!」とのご希望ですが、これはボランティアとしてということでしょうか。それとも金銭収入を得てという意味でしょうか。

後者であるなら、ほとんど100%無理です。その市長の手紙もいい加減だなぁと思います。おそらく制度としての公教育に関する知識が何も無い人なのでしょうね。

>学校長が必要に応じて採用があるかも

ありません。
おっしゃる通りALTの「需要」はあります。しかし、個々の学校(校長)にはそのための予算(人件費)が配当されていないのです。

たしかに学校には非常勤講師や臨時職員(支援学級介護員など)がいます。しかしこの人達の人件費は非常勤講師なら都道府県から、臨時職員なら市町村から出ます。学校からではありません。行政から学校に配当され、自由に裁量できる人件費などというものは、日本全国どこでも全くありません。これは法律に基づく制度です。

ですから市町村が「財源がなく予算がない」ということならば、学校がどんなに熱望しても、人を雇うことはできないのです。これは英語に限らず、例えば特別支援対象児童に対する補助指導員、学校図書館司書なども同じです。

ただし、例外はあります。「ほとんど」と書いたのはそういう理由です。
例えば、どこかの財団の研究基金を学校として得たとか、何かの研究奨励費用に採択された、PTAが予算を出してくれた、などの特殊な条件があれば可能です。事実、私はそうした資金を使って市から配属されたALTとは別に、学校として英語のALTを雇っている学校を知っています。

けれども、そんな特別な学校は日本の小学校22000校の中の100校程度、まさに例外です。割合で言えば1%にもなりません。そういう「特殊な」事例を持ち出して「採用があるかもしれない」などと回答するのは、行政の長としての見識を疑います。

ですから、手紙を書くなとは申しませんが、書いても無駄です,とは自信を持って言えます。


次に、もしご希望がボランティアということなら、こちらは学校長の裁量範囲です。特に難しい手紙を書く必要はありません。教育委員会に「英語のボランティアをしたい」旨を申し出れば、学校を紹介してくれると思います。人が欲しい学校はいくらでもありますから。その上で、一度電話をした上で学校に面談に行き、条件(何曜日に来る)等を話し合えば授業に参加することは可能となるでしょう。

もちろん、あなたが希望する学校に直接手紙を書いて、ボランティアをしたいと言えば門前払いになることは無いと思います。

ただし、あなたは単独で授業をする資格はありません。教員免許を持っていないからです。あくまでも学校の指導計画と担任の指示のもとに補助を務めるという位置付けです。無給(交通費も出ません)、かつ、そうした位置付けでも良い、ということであれば学校は歓迎してくれると思います。

誤解の無いように付け加えておきますが、小学校の英語(外国語)活動=授業を指導する資格があるのは、小学校教員の免許を持っている人間だけです。民間資格は何の役にも立ちません。私達大学の教員がゲストとして授業をする場合でも、あくまでも担任の立ち会いと授業計画のもとに授業をするという位置付けになっています。

投稿日時 - 2011-03-06 01:08:47

お礼

くわしく、それも専門の方からの回答ありがとうございます。
  市から頼まれて通訳をしているので (市主催の青少年の海外派遣にも 通訳随行していました) そのときは1回あたり 3000円の報酬がでていました。
 (夜にある 生涯学習で 外国人の先生と一緒に)

その間隔で 小学校の クラブの英語の時間や 総合学習?の英語の時間などに いって 有償ボランティアがしたいなーっておもっていたのですが、
実際は むずかしいみたいですね。

アルクで 毎週のように 同じ資格を取った人たちが紹介されて 時給や御礼をもらっていると書いてあったので それで生活をとはおもいませんが、
小学校でもお手伝いできると望んでました。
 
無償ボランティアでも 募集がないので 無理みたいです・・。

また質問させてください。

回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2011-03-08 18:03:53

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

小学校の英語教諭になりたいということでしょうか?
自治体の教育委員会に問い合わせてみるのが一番です。
どんな風に教諭を配置するのかを決定するのは、教育委員会ですよ。
自治体の教育委員会の考え次第です。
息子の通う小学校は、ずいぶん前から小1から英語を週1、1時間の授業スケジュールで組んでいます。
総合学習をほぼ英語のみで使っているんです。
が、教育委員会の英語教員の選定は厳しいものです。
外国籍である事や日本に来る前の職業も教える立場を経験(要資格者)のある人など。
ハイスペックを求めています。
あなたの資格がどの程度のものなのかわかりませんが、
報酬をもらおうと思うなら、教員資格がないと無理のような気がします。
小学校で働くって、あなたが思っているよりハードル高いんです。
補助として入れるかどうかは、私にはわかりません。
息子の通っている小学校は、補助教員もみんな教員資格者です。
ボランティアスタッフもいますが、授業中に補助にあたることはほとんどないんですよ。

投稿日時 - 2011-03-08 17:20:01

お礼

身内に 教育委員会で働いているものがいるのですが、
話すら出ないそうです。
そもそも あまり 小学校での 英語教育に 重点をおいていないみたいで。

でも 県内では 一応 国際交流が盛んな市で
市主催の中・高の海外派遣は 姉妹都市が3つ4つある 珍しい地域なんですけどね。(普通は市に1つらしいです)

うちの市でも 英語は小1から いや、幼稚園からあるみたいですが、
市内にも 小学校が点在しているので 小規模小学校もあれば、大規模マンモス校もあります。 
ALTはいますが、 週に1ある学校もあれば 1学期に1回ALTにあったかな?という ばらつきがあるんです。

なので 英語の時間とはあるみたいですが、実際は ALTも1~2年でかえってしまったり 引継ぎがなく 正直何をしているか 分からないという感じだそうです(姪の話)

補助教員は募集がありますが、実際は 障害者対応教員なので
 英語の助手は 望んでいないかもです。

投稿日時 - 2011-03-08 18:15:56

ANo.4

#1です。若干の補足を。
小学校の英語という場合、外部から講師を呼ぶケースは大きく3つあります。
1.ALTとして高学年の外国語活動の時間に定期的・継続的に入ってもらう場合
2.4年生以下で、国際理解教育の一環として英語を実施している学校で、補助指導員として(定期的・継続的に)入ってもらう場合
3.先生向けの研修会などの講師として呼ばれる場合

1は、既に述べたように予算的にも制度的にも学校に裁量権はありません。多くの自治体では、大手の英会話教室と契約を結び、管下の学校にALTを派遣してもらっています。個人が入る余地はほとんどありません。
ただし「特殊な」ケースとして、「予算は年間○○円。人は学校で探すこと」などという無茶苦茶なことを言っている自治体も、無いわけではありませんが・・・。これも来年度以降は(正式な授業になるわけですから)無くなるでしょう。

2は、従来から総合的な学習の時間等で実施してきたもので、その継続性から簡単には「切れない」のでおそらくしばらくの間は続くと思います。先に述べた「特殊な」ケースの場合、ここに予算を使って独自講師を雇うことが多いですね。何故なら、4年生以下の場合、そもそも授業自体が無いわけですから、自治体としてALTは派遣してくれないからです。

3は、#2の方がおっしゃっていた「単発的な」お仕事です。多くても年に3~4回程度。謝金は学校から出ます。これは人件費ではなく研修講師費(年額5万程度学校に予算として付きます)です。こちらは、講師の「身分」によって謝金の規定が決まっていて、あなたの場合だと、2時間やって1万円以下だと思います。また、先生相手に指導法を教えるわけですから
・子ども相手に教えたいという希望には沿えません
・それなりに授業経験があり、自分なりの(先生達に教えられるレベルの)指導法を持っていないと講師にはなれません

ということです。

投稿日時 - 2011-03-07 00:19:02

ANo.3

2番目の回答者です。
すいません、あわてて送信してお名前に様をつけ忘れてしまい、失礼しました。

投稿日時 - 2011-03-06 11:21:58

ANo.2

J-SHINEの資格を取ろうかと検討したことあります。
結局、とっていません。

なぜなら、今現在講師の仕事をしている私にとって、J-SHINEをとってすぐにありつける仕事、というのが、
1番目の回答者様のおっしゃるような、ボランティアの仕事、(無償か交通費のみ)しか見当たらず、失望したからです。
今現在、講師として収入を得ているものが、時間とお金を割いて資格を得て、(J-SHINEの試験の内容は現役講師にとってはさほど難しくはない、というのもおわかりいただけると思います。経験していますから。未経験者にとっては難しいと思いますが。)ボランティア、というのは経済的に明らかな収入減を意味しています。
やりがいも大切ですが、仕事ですし、生活がありますから収入も必要ですね。

知り合いで資格を持っている人もいます。
その人に聞くと、いろんなところに声をかけていると小学校の仕事ボツボツ来る、と言っていました。いろんなところ、というのは英語講師仲間からです。そういうところから回ってくるそうです。仲間作りが大切かもしれません。
単発の仕事が多いそうです。その人は、もともと経験豊富な人でJ-SHINEの資格を取る前からバリバリ英語を教えていました。今も小学校がメインではありません。

あと、学校に子供が通っていれば…ということは、お考えにならないほうがいいです。私は子供がいますが私のまわりで学校関係で働いている人は、すべて子供と同じ学校(もしくは保育園)に絶対にならないように配置されます。わざわざ引き離されています。そのために、移動や転園を余儀なくされている人もいるくらいです。給食センターで働くだけでも、です。

でも、まず、mishinsanmがご自分で市長にメールを書かれた、というバイタリティは素晴らしいと思います。

もし、何かの機会でどこかにお手紙を書かれるとしたら、
●得意なレッスン内容のアピール(歌を使って、ゲームを使ってなど)
●クラスに何人か必ずいるはずの学習障害の子(グレーゾーン含む)に対しても、そうでない子に対しても同等に配慮のできるレッスン内容
●発音指導について(フォニックス教育など)
●使う教材の提案
などがセールスポイントとなりうるでしょうか??

がんばってください。私もなんかいいことありそうだったらJ-SHINEとってみようかなーと考えている一人ですので。

投稿日時 - 2011-03-06 11:15:54

お礼

私も 塾講師をしていて いまさら この資格はいるかな?とおもいました。
アルクでとったので講習代を混ぜても10万円でとりましたが。

でも 小学校で英語が始まるとかなり前から騒がれていたので とっていても
いいか もし小学校などで チャンスがあれば 証明にもなるしと おもっていましたが いまだどこからも 連絡こず。


アルクからは 毎週のように 同じ資格をとっている人が小学校で 英語をおしえていますという メールがきます。そして 時給など 御礼をいただいているので 私もやりたいっておもっていました。やっと子供も ちょっと大きくなったので 本格的に売り込みたいとおもっていたのですが。

すでに塾でおしえているので 小学校での仕事を生活ができるくらい稼ぎたいとはおもっていませんが、 それでも 無償はちょっと 時間がもったいないですよね。

役場でも 単発で通訳の仕事を頼まれたりしますが、(夜に英語教室の 通訳など)小学校でも おしえてみたいな~。

でも いまさら 大学は受けなおしたくないので(非現実的)
教員免許をとるまでは 考えていないです。

子供と同じ学校にはならないんですね。意外でした。
そんなに厳密?!と。 正規の学校教諭ならばですが、
ボランティアのような 人たちも そうなんですね~。
 
回答ありがとうございました。
参考になりました。

投稿日時 - 2011-03-08 18:10:19

あなたにオススメの質問